漂流漁船に「朝鮮人民軍854軍部隊」表札

元ソースは東京新聞とのことですが、本エントリーは韓国の聯合ニュースの記事がソースとなります。

先月、北海道の無人島周辺で発見された北朝鮮の木船が、民間人ではなく人民軍所属の船だった、とのことです。

確かにこの写真(聯合ニュースキャプチャー)には、「朝鮮人民軍854軍部隊(조선인민군854군부대)」という字が確認できます。

http://v.media.daum.net/v/20171206100702858

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

北朝鮮では、軍が農業や漁業などに従事しています。でも、まさか軍服も着ないでやっているとは思ってもみませんでした。

もちろん乗っていた人たちが民間人である可能性がゼロではないでしょうけど、可能性は極めて低いと思われます。日本の警察は、船舶と一緒に発見された北朝鮮人たちを相手に身元と避難までの経緯などについて調査を行っているとのことです。

人民軍所属なら、ただ事ではありません。本当に漂流(避難?)なのかどうかをはじめ、家電の件まで(汗)、徹底的な調査が必要になるでしょう。

 

 

🙂シンシアリートゥデイ

今日は打ち合わせがあります。いよいよ次の本は「日本滞在記」になりそうです。今日の更新はここまでです。また明日お会いしましょう。

(・∀・)ノ

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“漂流漁船に「朝鮮人民軍854軍部隊」表札” への44件の返信

  1. 北朝鮮軍部隊の日本への侵入事件には、脅威を感じます。改めて、日本人が日本海沿岸を中心に複数拉致された事件を思い出し、恐怖しました。施設管理を委託されていた漁協の方々ほかにはお見舞い申し上げます。菅官房長官の発言の通り、国内法に基づき正しく処理が進むことを望む一人です。損害賠償請求などは、その話が通じる連中かどうかがわかりにくいのがもどかしいですが・・(朝鮮総連等の資産を差し押さえてはどうかとも言われますが、法的に可能かどうかがわからない)。

    一方、このニュースに対する韓国サイトへの韓国ネット民の書き込みを読むと、16世紀末には完全に収束した倭寇をひきあいにして日本をからかう内容などがあり、不愉快な気持ちも生じました。それと同時に、二次大戦後に生じた、まさに韓国による竹島侵略や、日本漁民殺害事件や、日本赤十字襲撃事件や、金大中の東京からの拉致事件や、靖国神社への放火犯(中国人)を日本でなく中国に送還した事件や、今度は韓国人による靖国神社での爆破テロ事件や、盗難仏像の不返還問題や、その他沢山の犯罪事件等々も芋づる式に思い出され、朝鮮半島人とその分裂政府は、南北類似すると思えてきました。無論シンシアリーさんや呉善花さん達は別なのですが(このようなとき、何よりこのような「上から目線」的な言葉しか見つからず申し訳ない気持ちです)。

    皮肉でもなんでもなく、「歴史を忘れた民族に未来はない」という朝鮮半島人の言葉を、なんとも歴史好きな半島人にそのまま返したいです。最初の発言者(引用者か?)は、現在も「人種差別被害者コスプレ詐欺」を繰り返しているサッカー選手「キソンヨン」。奴の初犯時には英国紙に顔写真等と共にモン「キ」(猿)と見出しが踊り、ブーメランの様に奴に反動が返りました。とは言うものの「猿」は奴らによる日本人の蔑称でもあり、何より欧米人によるアジア人のネガティブイメージの象徴なので嫌なものです。

  2. 北朝鮮では、漁業は軍の権益とかいってましたよね?
    発見された漁船の何とも貧弱なこと
    本当に漂流した様にも思えますが、国が国だけに油断は禁物
    北海道近海の名もない様な小島に不法上陸
    予備の食料を失敬するのはしょうがないとしても、家電製品やらの備品を持ち出すのはアウト!
    わざと罪を犯し、警察で食事にありつく魂胆か!?
    ┐(-。-;)┌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。