素顔

韓国が日本に対してよく使う言葉の中に、민낯(ミンナツ、素顔)があります。

その言葉を日本に対して使うことが多いのは、何故でしょうか。

日本語で「素顔」というと良いイメージの言葉です。でも、韓国語のミンナツは、意味そのものはともかく、実際にはあまり良くないニュアンスで使うことが多い言葉です。「ありのまま」という意味で、社会の良からぬ面を指摘する番組などで多用されるからでしょう。

そう、「隠そうとしているけど実際はこんな有様」というニュアンスがあるわけです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「ご飯」に、こんな内容を書きました。「日本は、韓国がなりたがっている理想のブランドである。でも、韓国は日本にはなれない」。

韓国では、日本の「見習うべきところ」を指摘する声もあります。歴史問題とは関係ない部分、主に市民意識のことで、昔からもっとも多いのが「街が綺麗(ゴミが落ちてない)」「ちゃんと列に並ぶ」などです。

しかし、そんなところすらも否定する味方が増えました。「偽善にすぎない」「服従しているだけ」「日本人は逆らうことを知らない」そんな無茶苦茶な主張をくっつけて、何もかも否定します。そして、それらのデタラメな主張こそが「日本の本当の姿だ」としながら、「日本のミンナツ」という言葉を用います。

今日もまた、日本で13年暮らしたという韓国の大学教授が、「日本的 心」という本を韓国で出版しました。彼は、日本人の精神は諦めること、服従することだとしながら、靖国神社も村上春樹もそんな日本人の精神を癒やすためのものにすぎないと主張しています。彼は、併合時代に刑務所で死亡した反日作家ユン・ドンジュを集中的に研究している人でもあります。

http://v.media.daum.net/v/20171207033639465

そして、その本を紹介する記事の題が、これです。「13年間現地で見守った日本のミンナツ」。

 

ある意味、こういう解釈もできましょう。

「私が言ったことが本物、ありのままのこと(みんなつ)だ。他の意見など無意味だ」。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

“素顔” への67件の返信

  1. コリアンのあるがままで良い。
    あるがままの現れを直視する。
    ぶつくさ言っても変わらない。

  2. 日本はね、諦めの悪いところがあるんだよ。主に人の為にとか、誰かの役に立つことと信じた物についてだけど。
    悪いことはすぐ忘れる。
    水に流して綺麗サッパリ!
    でも、良いことと思った物については諦めない。正に、己れの身を削ってでも、、、韓国人が一番その恩恵を受けてるんだけどね。

    日本人が思う幸せと、韓国人が思う幸せが違うってことでしょう。
    きっと、もうすぐ叶えてくれますよ。彼らの素敵なムンムンが!

  3. > 反日作家ユン・ドンジュ
    これは違う。ユンドンジュは反日活動をしていたが、「作家」すなわちポエムの内容にはどこまで掘っても反日の影はない。てかそもそも「作家」と言い得るほど作品があったわけではなく、死後に発見されたポエムが少数朝鮮語で記されていた、というだけのもの。
    また「反日活動」自体もテロと結びつくのも難しい観念的な反日で、具体的な民族独立闘争とその闘争勝利後の朝鮮人政権の樹立やその場合の政府綱領(憲法の下敷き)のようなものは一切ない(朝鮮人全体にそうした視野と視座自体がなかった)。
    ごく寡作な「作家」の作品を掘っても掘っても詮無い話。段々と「その思想性」という研究者の側の21世紀の時点での「創作」が加味されるばかり。

  4. 日本語で相当するのは、あまり良くないニュアンスで使うことが多い「本性」でしょうか。

    それにしても朱子学の影響でしょうかね。韓国では心とか精神とか倫理とかに拘りますよね。それはシンシアリーさんにすら感じます。
    それでは、極めて合理的な日本人(日本社会)を理解するのは不可能でしょう。

    シンシアリーさんは違いますが、真摯に相手を理解しようと考えておらず、自分が気持ちいい解釈ができれば満足してしまうのでは、どうしようもないですけどね。

    1. >>mottonさん
      >>韓国では心とか精神とか倫理とかに拘ります
      パスカルが「善いものを正しいといえなかったから、強いものを正しいとした」という格言を残しています。この言葉は価値観以前に現実を認識した言葉です。
      そして日本人は「善いものを強いもの」にした。韓国人は「強いものを悪いもの」にしたといえるかもしれません。
      現実を変えてきたか、現実に恨みごとを言って目を逸らしてきたかの違いだと思います。

  5. 日本人は諦観が底にあるのだとする発想は、自分達の底には恨が流れているからという発想から来るのでしょうかね。

  6. その人がどのくらいの日本語力をお持ちか分かりませんが、幾ら日本で年月を重ねても、文献を漁れない人は結局新しい見方に限界はありそうですね。

    日本を知りたいなら、古事記や日本書記等の古典文献は読んでるのでしょうか。
    海外の大学で日本学を専攻している学生が避けられない最低限の知識を、果たして13年暮らした韓国人学者は身に付けているのでしょうか。

    興味無さそうだけど。

    1. >>名無しさん
      >>日本を知りたいなら、古事記や日本書記等の古典文献は読んでるのでしょう
      呉善花さんが「韓国の知識人は『日本の文化は低俗なので学ぶまでもない』と思っている」と書いていますね。
      実際に呉さんの講演で韓国人の聴衆が「彼女は韓国の地方大学しか出ていない。なんで日本人はありがたがっているのか」と叫んで周りから失笑を買ったそうです。
      『酸っぱい葡萄』の狐と同じ心理なんだと思います。

  7. 「そんなところすらも否定する味方が増えました」見方ですかね
    Let it Go〜ありのままで〜 余話です(笑)
    韓国人は自分で思った事をズケズケと言い、日本人は本心をさらさないと韓国人は言いますけど
    中国や米国への態度、内向きの発表との差
    ずる賢いけど戦略が無いと見えますね

  8. 以前のお話の、
    ソウルに行った人より行ったことがない人の話の方が多くの支持を受けることが出来るのと通づる内容ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。