素顔

韓国が日本に対してよく使う言葉の中に、민낯(ミンナツ、素顔)があります。

その言葉を日本に対して使うことが多いのは、何故でしょうか。

日本語で「素顔」というと良いイメージの言葉です。でも、韓国語のミンナツは、意味そのものはともかく、実際にはあまり良くないニュアンスで使うことが多い言葉です。「ありのまま」という意味で、社会の良からぬ面を指摘する番組などで多用されるからでしょう。

そう、「隠そうとしているけど実際はこんな有様」というニュアンスがあるわけです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「ご飯」に、こんな内容を書きました。「日本は、韓国がなりたがっている理想のブランドである。でも、韓国は日本にはなれない」。

韓国では、日本の「見習うべきところ」を指摘する声もあります。歴史問題とは関係ない部分、主に市民意識のことで、昔からもっとも多いのが「街が綺麗(ゴミが落ちてない)」「ちゃんと列に並ぶ」などです。

しかし、そんなところすらも否定する味方が増えました。「偽善にすぎない」「服従しているだけ」「日本人は逆らうことを知らない」そんな無茶苦茶な主張をくっつけて、何もかも否定します。そして、それらのデタラメな主張こそが「日本の本当の姿だ」としながら、「日本のミンナツ」という言葉を用います。

今日もまた、日本で13年暮らしたという韓国の大学教授が、「日本的 心」という本を韓国で出版しました。彼は、日本人の精神は諦めること、服従することだとしながら、靖国神社も村上春樹もそんな日本人の精神を癒やすためのものにすぎないと主張しています。彼は、併合時代に刑務所で死亡した反日作家ユン・ドンジュを集中的に研究している人でもあります。

http://v.media.daum.net/v/20171207033639465

そして、その本を紹介する記事の題が、これです。「13年間現地で見守った日本のミンナツ」。

 

ある意味、こういう解釈もできましょう。

「私が言ったことが本物、ありのままのこと(みんなつ)だ。他の意見など無意味だ」。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

“素顔” への67件の返信

  1. 〉日本人の精神は諦めること、服従すること
    韓国人の「恨」の説明ですか。
    本来ならば世界的に優等なのに、悪辣な日本に奪われ、破壊されたから正当な評価を受けられない悲劇の民族、それが日本を恨む、上から目線で許せない理由。
    韓国が見えてますか。ケンチャナヨと詰めずに諦めて、自大主義やってるじゃないの。
    「おもてなし」や頻繁に「すいません」と謝るあたりから、他人の目を気にし、媚びへつらっていると結論を出したように予想しますが、それが道が綺麗な理由って、分析足りないでしょ。
    韓国式茶道で、自分で飲んでいる姿は象徴的ですよ。もったいぶって、綺麗な衣装着て、気取って飲んで、ああ、おいしい。
    それを見てろって、両班ですね。
    いずまいを正すなんて経験がないのでしょう。日本はもし茶道を観客として見ていて、突然振る舞われたら、両手で受け取ります。それが、媚びへつらってとなるのは、その教授が根っから白丁だからです。

  2. 素顔がどうとかいう問題じゃない。

    結局は、日本の表向きがあまりに善なので、「日本の素顔は悪だ!」と世界中でジャパンディスカウントをおこなって、日本の正体を暴くと称して日本を卑下する嘘を振り撒かないと収まらないんですよ。

    なぜなら「日本は下でなければならない」から。
    韓国人はレイシストなんです。
    世界中で日本の評判を落とし、教科書を書き換えて、日本人差別を正当化するレイシストなんですよ。
    「日本の素顔は悪でないといけない」んです。

    日本の仮面を剥ぎ取って、世界中で慰安婦像を建て、日本人に無様な思いをさせてやることこそ、韓国人の勝利なんです。
    韓国人はお金のためにやっているんじゃない、日本人が世界中で差別され卑下される賤しい存在になるまで、韓国の日本卑下と捏造は永遠に続くんです。

    そして日本はその韓国と仲良くしたいと手を差し伸べる、結局この関係が間違いなんですよ。

  3. 「素顔」という単語に含まれる意味で見る社会
     肯定・否定とも同程度:正常な社会。誰しも裏表はあるもの。
     極端に肯定的:社会全体が慢心した状態。驕れる者は久しからず。
     極端に否定的:自己を含む全てに疑心暗鬼。モヒカンヒャッハー。

  4. 著者の主観なので限界があるとして、タイトルを「日本の心」じゃなくて「日本的心」とした、といった話で記事が〆られているのですが韓国における「的」と「の」はどのように違うのかなと気になりました。

    日本語の「的」はもとは英語の接尾語 ‐ic 等(英語に限らなかったようです)の音写訳だったりします。(scientific で科学的、とか)便利すぎて名詞の形容詞化に留まらず断言を避ける言い回しとして(~的な~的には等)根付いています。中国語でも、もとは主に所属の意だったのが若い世代で乱用の傾向がある模様。

    で、近年の日本語や中国語で、そんな多義的な使われ方をされる「的」なんですが文脈からすると断言を避ける曖昧な表現として使われているように思われるのですよ。

    長々と書いといてあれですが、このタイトルにした出版社とそれを認めた教授、排斥すべき日本語的言い回しを採用する親日派なんじゃないかなと。吊るすべきです。( ΦДΦ)ふぉいや
    素顔の方はどうでもいいやです。

    1. 台湾では「の」がものすごく流行していて、何にでも「の」がついていますね。

      元々、漢文は文書構成が難しく(授業で返り点とか苦労しませんでした?)
      日本的な、形容詞助詞をつかう文章のほうが合理的で楽だったんです。

      現代中国語と漢文は違うものになっている。
      じゃあ現代中国語は何でできているかというと、日本語の文書構成に、中国語を乗っけたものになっている。だから中国人も漢文が読めないわけですよ。

      1. 漢文はずっと昔から中国人も読めませんよ。
        四書五経を暗記した者(科挙に受かった者)の間での行政用プロトコルと言っていいものだから。(漢文は古代中国の話し言葉を記述したものですらないかもしれない。)

        中国の話し言葉を記述した書き言葉は「白話」。「紅楼夢」などの小説もある。
        「的」などは白話から(英語などの訳のために)近代日本語に取り入れられ、その使用例が中国語に逆輸入された。

  5. 前回記事のコメントで「韓国人はどの程度他人の立場に立てるのか」に対する疑問を延々と書かせていただきましたが、なるほど、こうなるんですね。

    これは日本人の韓国人に対する認識でも多少同じ部分があるのかもしれないですけど、無意識に自分の持っている「理想」と比較してるのかもしれないですね。

    日本の場合、日本の言葉で言えば「現実主義」で、周りにはあまり逆らわずに今ある環境の中で最善を尽くそうとします。環境そのものを変えない点では「諦観」と捉えられるのは間違っていないのかもしれない。ただ、その環境が悪だった場合は割と強めに反発するのも日本人だと思います。まあでもこれも、最近の大企業の不祥事を見てるとどうかなとも思いますが、それでも日本製品の品質が高いと言われるのはそんな正義感が基になってると思います。じゃなきゃ良いものは作れません。

    その教授は「韓国人は日本人みたいに諦めない」と無意識に主張してるんでしょうね。まあ、それも間違っていないかもしれない。日帝の蛮行に対する韓国人の諦めの悪さはピカイチですし、韓国人の情緒の根本には諦めない「恨」があるわけですからね。ただその割には「上」の人間に対しては真っ先に諦めますけどね韓国人は。

    さらに、嘘やバイアスで塗り固めて事実そのものを検証する意志を持たないこの国と、あるいはそんな価値観を持っている人間と、仲良くしたいと思う国は世界にどのくらいあるんだろうかと思います。韓国内での人間同士の軋轢の原因は、そのまま韓国と関係する国との軋轢の原因にも適用できるんだろうな思いました。もちろんみんながみんなそうではないのだろうとは思いますが、少なくとも韓国政府の要人は「諦めの悪い韓国人」達に選ばれ、監視されているので何も変わらないんでしょうね。

    振る舞いや思想の正しさを決めるのは絶対的な価値観が存在しない以上難しい面がありますが、日本人に対する世界からの肯定的な評価を覆すほど、韓国人の日本人評に普遍性があるとも思えません。自己完結して満足してしまう韓国人の限界が見える気がします。

    1. それは間違いだね。
      嘘を垂れ流しつづけることで、日本の評価を簡単にひっくり返すことが彼らにはできる、アメリカにも認められた従軍慰安婦しかり、南京大虐殺しかりです。

    2. 従軍慰安婦問題でもそうだけど、自己完結して諦める。
      ひっくりかえらないんだったら、それで罪を認め満足してしまうのは日本人の方なんですよ。

      1. それもその通りかもしれません。

        でも、インターネットで現実を知った現代日本人は反発しています。知っていたか知らなかったかで変わるのなら、自己完結で諦めているわけではないと思います。

        そこから見えるのは「人間そんな安易に他人を貶めるための嘘はつかない」と性善説へのバイアスを持った日本人がいるだけです。韓国も中国も、さらに言えばアメリカに対してもそう判断してしまっていたのは反省すべきだとは思います。

        韓国の話に戻りますけど、韓国人は「普遍性」についてはどういう認識でいるんでしょうかね。韓国は必死に日本を批判するけど世界はあまり日本を批判しない。韓国は必死に自画自賛するけど世界はあまり韓国を褒めない。それに疑問を持つ韓国人もネットにはチラホラいますけど、現実世界では自己完結組が優勢に見えて仕方ありません。

        「普遍性」を軽視する傾向が韓国人はあまりに強いような…。声が小さいからもっとでかい声で主張することを延々繰り返してるのが、韓国人が認識する「普遍性」をそのまま表しているようにも見えてしまいます。
        「相手は知らないだけ。私の完璧な自己完結を知れば相手も変わる。」
        と無理筋な思いを持ちながら。

        1. 韓国人は自己完結しない人々なんです。
          だから「他人からの評価を気にする、他者から常に称賛されることを要求する」んですよ。

          日本人は自己完結しているから、いわゆる職人肌、自分がよいと思ったものを作る。
          他者から誉められれば嬉しいけど、それが目標にはならない。
          韓国人は自己完結しない、だから他人が誉めるものを奪うんです。

          韓国人は、ウリナラマンセーとやりながら、実は韓国を嫌っている。だから他国に移民として逃げ出す。
          韓国人は自己完結しないので、その評価は他者に依存するんです。

          韓国人の目標は、日本に崇められることなんです。
          自らを良い国にすることではなく、日本が韓国を愛することなんですよ。
          韓国は日本を嫌い卑下するが、日本は韓国を敬い崇拝する。この関係こそが韓国の求める「正しい関係」なのです。

        2. 匿名という名前を卒業されては如何でしょうか。
          すぐ思い浮かばない場合は匿名Aとかでも構いません。
          文章を誰が書いたのか識別しやすくするのは大事です。

          韓国は普遍性をどこの誰より重視していると思います。
          韓流振興や起源説やVANKの活動などが示すように。

        3. 韓国人の言う普遍性と言うのは、「韓国の常識が世界の常識となるよう、世界の側を改変すること」です。
          それは自己完結ではなく、自己の常識と世界の常識は一致すべきだという、他者に常識を押し付ける行為ですね。

          つまり他者がそれを受け入れることであり、自らの評価で自己の価値が定まる自己完結とはまったく異なるものです。
          韓国人の世界では、他者と自己の価値観は同一でなければならない、正しい価値観はひとつ、これがウリの世界なんですよ。

          だから韓国人の世界には、個人がおらず、対等の関係もない、ウリとはそもそも「ワレワレ」のことなんです。

          韓国人の全体主義が、その普遍性、ひとつの正しい世界を作り出している、だからそれはウリズムなんです。

  6. 韓国では日本の悪口を言えば必ず受ける。偉い人であればもっとよい。偉い人が間違いを言うはずがないから。

    歯止めが効かなくなった韓国は自滅以外に将来はない。自業自得。親のいうことを聞かなかった非行少年には、暗い将来が待っているだけ。日本は傍観のみ。

  7. 韓国の基準で言えばそれは差別的な本ですが
    反日書籍だなんて自覚できないんでしょうねぇ。
    なんとも、日本は上品でなければいけないが、韓国は何をやっても赦されるというような その甘えに疲れてきました。

  8. シンシアリーさんの書を韓国語で書いて日本で出版できたらいいですね。
    日本に観光にいらっしゃる韓国人の方が手に取れるように、、

    昔の遊びで伝聞ゲームがあります。
    簡単な伝言を順々に耳打ちしていくゲームです。
    より正確に伝わったかどうかが勝利の決め手ですが、最終の形が結構変わってしまって笑えます。
    韓国に伝わるニュースはこれに近いですね(笑)
    (こちらは悪意がありますが)

    韓国人の方が自分で調べるきっかけになるといいなと思う。

  9. 刷り込みと言うか、洗脳という現象の現れが大きいのではないのでしょうか
    胎児、幼児期に、形成されて行く感受性が、韓国式に成っていっただけと

    年数は関係ありません、日帝時代後見事に証明されてます
    韓国人からみれば、日本人の感性は斜め上ですが、日本人の感性の方が美しく理に叶ってるって事だけです
    当然ですが、韓国人からは韓国人しか育ちません

  10.  村上春樹。
    「ノルウェイの森」で挫折したw
    面白れぇーか?あれ。
    あれ以降、村上春樹は一切講読していないw
    若い頃は村上龍のほうがまだ面白かった。

    司馬遼太郎より池波正太郎だw(鬼平犯科帳面白い!)
    おかげで?坂本龍馬にもほとんど興味ないw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。