素顔

韓国が日本に対してよく使う言葉の中に、민낯(ミンナツ、素顔)があります。

その言葉を日本に対して使うことが多いのは、何故でしょうか。

日本語で「素顔」というと良いイメージの言葉です。でも、韓国語のミンナツは、意味そのものはともかく、実際にはあまり良くないニュアンスで使うことが多い言葉です。「ありのまま」という意味で、社会の良からぬ面を指摘する番組などで多用されるからでしょう。

そう、「隠そうとしているけど実際はこんな有様」というニュアンスがあるわけです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「ご飯」に、こんな内容を書きました。「日本は、韓国がなりたがっている理想のブランドである。でも、韓国は日本にはなれない」。

韓国では、日本の「見習うべきところ」を指摘する声もあります。歴史問題とは関係ない部分、主に市民意識のことで、昔からもっとも多いのが「街が綺麗(ゴミが落ちてない)」「ちゃんと列に並ぶ」などです。

しかし、そんなところすらも否定する味方が増えました。「偽善にすぎない」「服従しているだけ」「日本人は逆らうことを知らない」そんな無茶苦茶な主張をくっつけて、何もかも否定します。そして、それらのデタラメな主張こそが「日本の本当の姿だ」としながら、「日本のミンナツ」という言葉を用います。

今日もまた、日本で13年暮らしたという韓国の大学教授が、「日本的 心」という本を韓国で出版しました。彼は、日本人の精神は諦めること、服従することだとしながら、靖国神社も村上春樹もそんな日本人の精神を癒やすためのものにすぎないと主張しています。彼は、併合時代に刑務所で死亡した反日作家ユン・ドンジュを集中的に研究している人でもあります。

http://v.media.daum.net/v/20171207033639465

そして、その本を紹介する記事の題が、これです。「13年間現地で見守った日本のミンナツ」。

 

ある意味、こういう解釈もできましょう。

「私が言ったことが本物、ありのままのこと(みんなつ)だ。他の意見など無意味だ」。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

“素顔” への67件の返信

  1. >街が綺麗(ゴミが落ちてない)」「ちゃんと列に並ぶ」などです。しかし、そんなところすらも否定する味方が増えました。

    ドイツ人や英国人も列にちゃんと並ぶの好きだよ。ドイツ人も秩序を守るのが好きだよ。韓国人はドイツ人にも「偽善」「服従しているだけ」「逆らうことを知らない」と言うのかい?韓国人は日本の物事をネガティブな目(偏見の目)で見るのが好きでとにかく否定するのが好きで、日本を差別するのが好き。日本国内の左翼(共産主義者)老人と似てる。ある韓国人が日本のとある事を褒める事を言った時に、もう一人の韓国人が「真実ではあるが、韓国では言ってはいけない。日本を認めてはいけない」と返答して言論弾圧していた。

  2. 朝鮮人:努力と準備をしないくせに、悪足掻きする。
    日本人:努力と準備をして、最後は結果を受け入れて諦める。

    朝鮮人:自分達で決めた事にも従わずに、嘘吐いて逃げる。
    日本人:自分達の決めた事に従い、事実から逃げない。

    朝鮮人:正しい意見でも服従せず、自分中心に物事を捻じ曲げて考える。
    日本人:異なる意見にも耳を傾け、正しい行為や意見には服従する。

    1. 朝鮮人:人の嫌がる事をすすんでやります。
      日本人:人の嫌がる事をすすんでやります。

      も追加でお願いしますw(もちろん、意味が違いますw)

  3. 「服従しているだけ」「逆らうことを知らない」
    という言葉を読むと、
    大統領支持率が80%とか独裁国家並みにあるとか、
    20万人の女性の強制連行に逆らわなかったのはなぜ?とか、強制連行されて過酷な労働をさせられて、戦争後に帰らないでいるのは何故?とか、まぁ、いろいろな疑問が山積みなんですわ。
    少しでいいから片づけてくれないかな?

  4. やらない善よりやる偽善、ってね。
    偽善は悪だから無い方がいい?それに助けられる人がいることもまた事実なのですが、朝鮮人には事実は見えないからなー。

    13年後に出版される
    「13年間現地で見守った日本のミンナツ」(by シンシアリー)
    の内容が興味深いですね。

  5. 韓国人の精神性は韓国茶道(笑)にあると思いますが
    ポットのお湯を使って自分が飲む(!)客をもてなすことが目的の茶道とは別物ですね
    諦観無常観は自然の猛威に晒されていれば自ずと生じる感覚ですが、人災の国にはわからないかと
    泣いて騒いで被害を訴えても自然に対しては無意味ですし、自身の周囲も変わりゆく環境の一部として捉えている人が多いのではないでしょうか

  6. 彼は、韓国人の精神は(中国からの独立を)諦めること、(中国に)服従することだとしながら、
    聖少女像も超起源説もそんな韓国人の精神を癒やすためのものにすぎないと主張しています。

    なんだ、韓国人に当て嵌まるじゃないか。

    1. 自分の価値観でしか考えられない(主観的思考しかできない)から当然当て嵌まる。
      彼らの対日分析は全て彼ら自身の分析になっている。

      だから、歴史問題での彼らの言い分は、彼らが日本を支配した時の振る舞いそのもの。
      ゆえに日本が否定しても嘘だとしか思えない。

  7. 教授が諦観に注目するのは良い観点だと思います。
    「死を宿命のように軽く受け止め諦めて服従する
    日本人だけの精神世界」とありますが
    日本仏教や神道はそれなくして成り立ちません。
    妄執を戒め、鎮めることが人の在り方となります。
    朝鮮では人間らしさの基準が日本と逆っぽいけど。

    さて、着眼点自体は悪くなかったはずなのですが……
    >キム教授は、靖国神社を「洗脳工場」と本で表現した。
    と元記事にありましたが韓国人らしい結論に満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。