素顔

韓国が日本に対してよく使う言葉の中に、민낯(ミンナツ、素顔)があります。

その言葉を日本に対して使うことが多いのは、何故でしょうか。

日本語で「素顔」というと良いイメージの言葉です。でも、韓国語のミンナツは、意味そのものはともかく、実際にはあまり良くないニュアンスで使うことが多い言葉です。「ありのまま」という意味で、社会の良からぬ面を指摘する番組などで多用されるからでしょう。

そう、「隠そうとしているけど実際はこんな有様」というニュアンスがあるわけです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「ご飯」に、こんな内容を書きました。「日本は、韓国がなりたがっている理想のブランドである。でも、韓国は日本にはなれない」。

韓国では、日本の「見習うべきところ」を指摘する声もあります。歴史問題とは関係ない部分、主に市民意識のことで、昔からもっとも多いのが「街が綺麗(ゴミが落ちてない)」「ちゃんと列に並ぶ」などです。

しかし、そんなところすらも否定する味方が増えました。「偽善にすぎない」「服従しているだけ」「日本人は逆らうことを知らない」そんな無茶苦茶な主張をくっつけて、何もかも否定します。そして、それらのデタラメな主張こそが「日本の本当の姿だ」としながら、「日本のミンナツ」という言葉を用います。

今日もまた、日本で13年暮らしたという韓国の大学教授が、「日本的 心」という本を韓国で出版しました。彼は、日本人の精神は諦めること、服従することだとしながら、靖国神社も村上春樹もそんな日本人の精神を癒やすためのものにすぎないと主張しています。彼は、併合時代に刑務所で死亡した反日作家ユン・ドンジュを集中的に研究している人でもあります。

http://v.media.daum.net/v/20171207033639465

そして、その本を紹介する記事の題が、これです。「13年間現地で見守った日本のミンナツ」。

 

ある意味、こういう解釈もできましょう。

「私が言ったことが本物、ありのままのこと(みんなつ)だ。他の意見など無意味だ」。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

“素顔” への67件の返信

  1. 韓国人ネット民による(韓国サイトへの)書込みを読んでいて最近感じるのは、シンシアリーさんが述べておられる様に、「日本人は偽善的」という内容が増えてきたということです。曰く「日本人の親切は表面的で偽善」等々、うんざりします(際限なく親切に親密にずっと一緒で、というのは土台不可能なのですが)。そのうち、親切にされなかったという理由だけで「嫌韓テロだ」と言いだすでしょう。
    私が一時期夢中だった韓流に飽きてしまったのは、まさに韓流ドラマもkpopもその他沢山も、よくみると表面的で偽善的であったからなのですがw。

  2. 全て(あえてのこの言葉)ゴミばかりの「恨民族」って、己れのゴミも拾えず、ゴミに埋もれて、最後は腐るか、焼却処分。
    そんな危機感もなく、頭は「反日お花畑」
    しかし、ここまでねじれた思考、志向ってあるんですね…
    恐るべし「恨民族」(笑)

  3.  何となくわかるような気がします。日本人は中国から、西洋諸国からいろいろな文化を受け継いで今日に至っています。だからこそ日本は敗戦からの奇跡的近代化が行われてきました。朝鮮人はすべての文化を否定するところから今の韓国があるのでしょうね。物事をタダ否定していただけでは何も生まれません。
     順番に並ぶのは、そのほうが社会を構成する中で、理にかなっているからです。日本にも自ら死を選んで命を落として反抗した者たちが多くいます。韓国人でも知っていると思いますが、赤穂浪士・新選組・天草四郎など。逆らうことが正しいことではありませんよ。理がないのに、さからえば単なる馬鹿です。反日朝鮮人がよく「数十万人の慰安婦を強制連行した」といいますが、そんなことされて朝鮮人はなぜたたかわなかったのでしょうか。それこそ「逆らうことを知らない」「ただ服従するだけ」。いったいどっちがどっちなのでしょうか。平気で叫んでることを見ていると、自分たちが自らそうだったと言っているのでしょうね。まさに捏造が生んだ愚行ですね。

    1. >赤穂浪士・新選組・天草四郎など。
      >逆らうことが正しいことではありませんよ。
      >理がないのに、さからえば単なる馬鹿です。

      理が無いとは言えませんね。
      「勝ち目が無い」なら分かりますが。

      用例が不適切かと思います。

  4. こう言うのこそ、偽善ですね。
    此の教授が書いた本こそ事実、その正当性こそ「素顔」、是こそが絶対て・・・。
    単に利を求める手段でしか無い「反日」ですね。
    「利を求めるは、偽善なり。」と孔子は言ってますけど。

  5. 諦めと服従と言われるとイラッとしますが、執着しないことと協調と替えれば、そうかもなと思いますよ。
    素顔が良くないイメージとはさすが…
    皆が腹黒いのが前提になったのはいつなんですかね。

  6. 『日本的 心』だかなんだか知りませんが、こういう調理論の日本論はハンニチ本じゃないんでしょうかね?
    彼らははよく、「日本には嫌韓本で溢れているが、韓国の本屋に言ってもそのようなものはない」と言って憚りませんが。何か腹立つんですけど。
    前、『日本は ない』とかいうめちゃくちゃ本もありましたよね。拾うと結構ある印象なんですが……
    自覚がないって厄介なものですね。

  7. >彼は、日本人の精神は諦めること、服従することだとしながら、

    事大主義の韓国人に言われてもなぁ(失笑w

    というか、「諦める事や服従する事はマナーとは無関係である」ということを韓国が証明してるよねw

  8. 棺酷塵はホームラン級の馬鹿だから仕方ないんだ( ^∀^)

    悔しいだろうが仕方ないニダ( ^∀^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。