戦慄

韓国で右派と左派が感情的にぶつかるのはもはや日常ですが、昨日から特に「ムンパ」という言葉が話題になっています。

韓国では、日本のネットで言う「信者」を、~パと言います。多分、「派」の韓国語読みから来たものだと思いますが、語源はわからないし調べる気にもなりません。

某大学の教授が、ムン・ジェイン大統領を無条件で擁護する人たちを「ムンパ」としながらブログを書いて、それが問題になっているようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ネット世論捜査など(文大統領に不利なことは徹底的に潰すなど)でムンパ、またはそれに準ずる何かが暗躍しているのは、私も薄々感じてはいます。

でも、証明する方法があるわけでもないし、中国であんな扱いをされて帰ってきてもまだ72%の支持率の文大統領だけに、ムンパという区別がわざわざ必要なのかも疑問です。国民のほとんどが文在寅信者なら、韓国では「ムンパでない人」のほうがおかしい存在なのではないでしょうか。

そんな勢力を相手するなら、率直に言って、教授がブログに何かを書いても、効果はありません。

なにか、本物のスキャンダルになれる決定的な証拠でもあるなら、話は別ですけど・・・証拠があったところで、潰されるだけだろうって気もしますが。

 

で、本ブログで言いたいのは・・その教授のブログの内容ですが・・こうなっています。

<・・ムンパは自分が痛いという自覚すら無いから、病院に行くようにするのも難しいけど、行ったところで治る確率も低い。更に問題なのは、ムンパの存在が文在寅大統領に何の役にも立たないということである。にもかかわらず、ムンパたちは文大統領に不利な記事はないか、今日も必死に探している。誰も沈黙せずに、彼らに教えてやるべきときだ。「ムンパ、お前たちは患者だ。治療が必要だ」>

http://v.media.daum.net/v/20171221202659874

 

教授が書いたものにしては幼稚だって気もしますが、この文が成立するのかどうかもよくわかりません。「そこまでいうか」という反論も部分的には認めてもいい気がします。

ですが、読んでいて、恐ろしいことに気が付きました。特に歴史だの反日だので、「ムンパ」や「文大統領」を「韓国」にして見たら、見事に成立するじゃないですか。

ムンパって、韓国を体現しているのか!そう思うと、戦慄が走りました。

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

“戦慄” への64件の返信

  1. この10年、首都デモに集まる韓国人の規模をみれば、
    ネット上の駆け引きは無い などと言えない気がいたしまする。

  2. 日本語でも「シンパ」というほぼ同じ意味の言葉があります。
    その教授が指摘するような特徴もほぼ備えています。そして最大の特徴は(口では「共生・共存」を掲げつつも)非常に排他的な存在だということです。一時的に共闘をしても最終的には価値観の違いなどで瓦解、最悪暴力沙汰を起こします。
    1960~70年代の学生運動家などにシンパが多く、そういった人たちが現在でも革命運動をしています。日本では化石のような存在になってしまいましたが、韓国ではこれからホットな存在になりそうですね…。

  3. 韓国では普通の現象なのでは?
    慰安婦、ローソク集会、k-POP、今更驚くような事でも無いような
    韓国人の朴正熙も韓国人の行動に悩まされ、韓国人に殺害されました
    韓国文化は韓国人によって継承されて行くのです

  4. 某大学教授の考え方と同じく、多くの日本人はそう言う目で、日本から韓国を観てきました。
    某大学教授には共感を覚えますが、某大学教授も結局は「反日派」なんですよね?。
    じゃ、なぶり者に為っても、遠くから見届けるだけです。

  5. 2MB 、パククネ姫の在任中、あれやこれやあったなか
    どうにも面白くない事が起きてきて
    周りをみたら長期政権の指導者たちばかり。

    とくに安倍さんの人気がシャクに触る
    いつの間にか、支持率高いままの大統領がいないからいけないんだ!人気絶頂の大統領とローソクさえあれば!…的な空気なのか新しい病なのかニンジンなのか…
    謎の高支持率維持のまま全体主義なり共産主義へと向かうのかなあ…
    こういうもんなのかもなあ~って最近やっとこさ思い付けました。

コメントは受け付けていません。