パーパパパ、パーパパパ・・

朝鮮が清国にフルボッコにされた「丙子の役」の時、1637年。

朝鮮は追い込まれ、降伏を目の前にしていました。いわゆる「三田渡碑の屈辱」の直前のことです。

いつものことですが、そのときも朝鮮は二つの派に分かれて喧嘩をしていました。清国に降伏して生き残るべきだとする「主和派」と、最後まで戦うべきだとする「斥和派」です、斥和派は「尊明派」と呼ばれるほど、明国との関係だけが全てだと主張していました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

そんな時、王は降伏を決め、チェ・ミョンギル(崔鳴吉)という人が国書(公文書みたいなもの)を作成しました。彼は、清への降伏を進めていた主要人物の一人でした。

斥和派で、春まで耐えて食糧さえ確保できればなんとかなると主張していた、代表的な明パ(笑)であるキム・サンホン(金尚憲)は、その国書をバリバリとやぶってしまいました。

ええい主和パめ!と、暴言を吐くキム・サンホンに、チェ・ミョンギルは破られた国書を拾い集めながら、こんな言葉を残しました。

「国書を破る人も必要ですが、破られた国書を拾い集める人も必要なのです」。

それから5年後、キム・サンホンは三田渡碑を壊そうとして逮捕され、清まで圧送され、牢屋に入ることになります。

その牢屋で、キム・サンホンはチェ・ミョンギルに出会います。

「あれ?主和パのお前がなぜここにいる?」

聞くどころ、チェ・ミョンギルは朝鮮が降伏した後、朝鮮の王子と共に清の瀋陽というところまで一緒に来て、それからも「朝鮮の王子の名誉を守るため」とながら決して卑屈な態度を見せず、清の人たちに嫌われてしまいました。その後、明の人たちと手紙をやり取りしたことで「明のスパイ」とされ、チェ・ミョンギルも逮捕されてしまったのです。

キム・サンホンはその時、やっと気づきました。

「なんだ。あなたも、朝鮮を守ろうとしていただけですね」。

 

昨日、「パ」を書いて、ふっとこのエピソードを思い出しました。

ムン・ジェイン政権もその「パ」たちも、ムン・ジェイン政権を非難している人たちも、こう言います。「これが大韓民国のためだ」。

本当でしょうか?

どうも、そうは見えない、今日このごろです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

156+

“パーパパパ、パーパパパ・・” への59件の返信

  1. >「なんだ。あなたも、朝鮮を守ろうとしていただけですね」

    えーと、このエピソードって、作り話なんですよね?
    申し訳ないのですが、どう考えても韓国人(当時の朝鮮人)が
    こんなセリフを言うとは思えないんですがw
    私が考える正しいキム・サンホンのセリフはこうです。
    「チェ・ミョンギルめ、お前も捕まったのか。ざまぁみろw」と。(笑)

    おそらく、このエピソードは韓国人の愛国教育の一環として
    これが理想的・模範的な愛国の態度だとして提示・広告するために
    作られたエピソードなのではないのかなと。

    1. 〉「チェ・ミョンギルめ、お前も捕まったのか。ざまぁみろw」

      確かにこっちの方が正しそうw
      このあと、清の兵士が飽きれるほどの罵り合いになるまでがデフォ

  2. 韓国に必要なのはマキャベリズムだと思うんだけど、頭いいと勘違いして反対方向にいきたがりますよね。

  3. 理屈はともかく、攻め込んだ清の軍勢は10万。騎馬主体であったろうことを考えても、10万の兵に決戦らしい決戦もせず、2カ月ももたずに降伏というのは弱すぎです。

    清はその後、明を滅ぼして天下を取るわけですが、それでも、これは丙子胡”乱”だと言い張るところがさすが韓国人と感じます。日本に対しても、清に対しても、自力では何も出来なかったくせに、それを”乱”と呼んでみたところで、しょせん言葉の遊び、自己満足ですよね。

    1. >理屈はともかく、攻め込んだ清の軍勢は10万。騎馬主体であったろうことを考えても、10万の兵に決戦らしい決戦もせず、2カ月ももたずに降伏というのは弱すぎです。
      朝鮮は伝統的に戦争が弱いのですが、その大きな理由として、
      これって在日3世という人の本で読んだ話なのですが
      国境を守る兵士達が、敵が攻め込んで来たら
      戦わずに逃げるか敵と一緒になって、守るべき味方を襲って
      物資を略奪する。という伝統があります。
      で、この戦いでも、同じことが起きて、清軍が攻め込むと、
      朝鮮側の兵士達は前日のうちにみんな逃げ出していて、陣地はもぬけのからで、
      清軍はまったく戦わずに破竹の勢いで、進軍できたのだそうです。
      ですが、逃げ出した朝鮮軍を攻めるのは可哀想な事情もあります。
      清の軍勢は騎馬が主体どころか10万の騎馬で攻め込んでいたそうです。
      迎え撃つ朝鮮軍は、朝鮮本土の歩兵8万人から選りすぐった優秀な歩兵が約2万人
      弓隊が、学生達に半年間、急ごしらえで訓練させたもので、約1300人
      騎馬がかき集めてもたったの100人分だったそうです。戦力差がありすぎで、
      まるでアメリカ軍のB-29に婦女子の竹槍部隊で迎撃させるようなものです。
      逃げたことを怒るより、最初から勝負にならない戦いに兵士達を狩り出した朝鮮政府のほうが悪いと思われます。

      1. これ(兵士を準備できていない)って朝鮮側の危機管理ができてなかったということですよね。
        普通、地続きで国境を接するならそれなりの軍を常設しておくものだと思うのですが、先日のビル火災や釣り船事故、セウォル号と同様に過去も昔も先を見越して備えるということができないのか、あるいはしないのか。

        品質管理をやりすぎる日本とは対象的に、備えないこと、下手に抵抗しないことが朝鮮では合理的でそれに適応した結果なのかもしれません。
        地震に耐えられないマンションも沈没もあれこれ言われますけど、安全を無視しているからこその価格で提供されて、その部分の利益は先に享受していたわけですから。

        1. 皆さん、日本海という天然の防壁で守られ世界有数の国力を持つ日本の感覚で語っちゃダメです。

          「万に満つれば敵する能わず」と言われる女真族(やモンゴルなどの遊牧民族)に対するために、人口と富で圧倒する中華ですら万里の長城が必要でした。

          朝鮮ごときでは、自力ではどうしようもありません。(これが事大や「恨」に繋がります。)
          騎馬と野戦するのは愚の骨頂なので、唯一の抵抗手段は江華島で籠城することでした。
          騎馬は即戦即決用なので、補給は現地での略奪です。民は悲惨ですが焦土化してしまえば引き上げるしかありませんし、中華が健在なら長期間朝鮮に関わることができませんから。
          これで高麗はモンゴルにかなり長期間抵抗しました。丁卯の役の朝鮮も同様でした。

          しかし、丙子の役では清の進軍に気づくのが遅く江華島に籠城することすらできませんでした。この大失態が敗因です。(籠城できて多少延命しても明が弱体化している以上、最終的にはどうしようもなかったでしょうが。)

          ヨーロッパを例にすると、ベルギーが WWI, WWII でドイツに占領されたり、バルト三国や東欧がソ連の戦車に蹂躙されたようなものです

          ただ、こういう地政学的に困難な状況にある国民は、理念に逃げずにもう少し現実的になるべきですけどね。

        2. >これ(兵士を準備できていない)って朝鮮側の危機管理ができてなかったということですよね。
          全くできてなかったです。この戦争の実話ネタでこんな話があります。
          当時の朝鮮総元帥の金自点は、冬の間には満州軍が攻めて来れるわけがないと決めつけて、軍兵士の補充、兵備の点検を行わなかった。が、
          1636年12月1日、モンゴルを含む朝鮮征伐の全軍が盛京に終結した。
          12月6日、国境に設置していた烽火台から敵襲を知らせる狼煙があげられるも、元帥の金自点はその報告を信じず漢城に報告もしなかった。
          敵襲を知らせる烽火が上がり続けたので、9日になって金自点は、軍官を斥候に出し「すでに清軍騎兵は順安(現在の平壌北部)に来ています」との報告を受け、
          金自点「うそつき!妄言を吐いて軍中を乱した罪で斬首だ!」
          軍官「私を斬るのは明日まで待ってください。明日になれば敵がこの地に来ますから」
          で、12月12日には郭山城が降伏。司令官は自決。13日には定州が降伏。15日には安州が降伏。13日に漢城に金自点より敵襲の報告があったそうな。で、12月15日に朝鮮王の仁祖とその一族が、江華島に疎開しようとするけど、地面が凍っていて馬が進めず引き返した。

          と、この先も最後の最後までグダグダが続きますが、まったく勝負にならず、朝鮮兵士達の中には城中で凍死するものがでるほど、みじめな戦いだったそうですよ。

          1. ありがとうございます。
            想像を絶する無能ぶりでした…。
            韓国人はよく「後頭部を殴られた」と言いますが、相手を見ずに別の所か後ろを見ているから後頭部を殴られるしかないんですね。

  4. しょうがないよね。「これが大韓民国のためだ」って言われても、
    低脳の理解するところで世の中動いちゃいない。

    マルクスもあの世で無知なるが故の理屈捏ねた己をまだ叫んでるんだろう。それに応えてこの世で信者となれる今どき数少ない阿保の国、南Korea。

    連邦制と言葉で言えるほど簡単にできるとするなら、さぞや恨みマックスで消え去る人の多きことだろうさ。さっさとやっちくれ。

  5. 初めまして。
    嫌われていたとは思いませんでいた。
    奉天(現瀋陽)で旧制中学に通っていた父の話で、同級生に満人や朝鮮人も多くいて、彼らは凄い金持ちの子弟ばかり頭も良くて…、仲よくしていた満人には全員妻子がいた等々と聞かされたものですが、朝鮮人の友達は居なかったのと聞くと「満人とかいうかシナ人ばかりだった。そういえば朝鮮人は彼らだけで固まっていたなあ」でしたから。

コメントは受け付けていません。