初めての正月飾り

生まれて初めて、正月飾りをしてみました。

飾ると言っても、レナの撮影スペースだけですが、かなり悩んで決めました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

基本的には百円ショップとかホームセンターとかスーパーとかそんなところで買ったものになります。棚は食器乾燥台、椅子は鉢置き+和風ハンカチです。

韓国には、新暦にも旧暦にも、なにかを飾る風習はありません。元々無いのか、無くなったのかはわかりませんが。

というか、クリスマス(ツリー)以外は、家の中に何かを飾るシーズンはありません。七夕にも何かを飾ることはありません。最近になって、ハロウィン飾りが人気なのは日本と似てますが。

日本の場合はクリスマスが終わるとすぐに「さぁ正月飾りだ!」モードになりますが(笑)、韓国は、クリスマスが過ぎても、新暦の正月過ぎあたりまではツリーやクリスマスイルミネーションを撤去せず残しておくのが普通です。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

155+

“初めての正月飾り” への53件の返信

  1. これを見て、シンシアリーさんが外国人だったこと思いだしました。

  2. 可愛くて良いと思いますよ(⌒o⌒)v。日本人を数十年やっている私も厳密なことは知らずにテキトーに飾ってます。しめ縄は神様の座なので一番いて頂きたいところに飾るものとか・・・。レナちゃんの部屋で正解かも。なんとなく中国的な雰囲気があるのがエキゾチックでシン様らしいですね。

  3. 良いと思いますよ。シンさんに日本化しろ!とは思いませんし
    楽しんで頂ければ

    ジャポニスムが欧州で流行したことも有りますしね
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ジャポニスム
    モネの着物着た少女やゴッホの絵も有名ですし
    当時の写真を見ると(@@;)みたいのもあります(笑)
    楽しめれば良いんです
    正月を厳格な儀式と捉える方には怒られるだろうけどもね
    ニューイヤーイベントなど昔は無かったし

  4. 昔韓国旅行に行ったとき、
    「チマチョゴリの色が派手なのは、大自然の緑や青があまりに派手なのでそれに勝つためには派手な色でないといけません。」
    と韓国人のガイドさんがおっしゃってました。

    同行の日本人全員「大自然とは調和やろ!」と心の中で突っ込んだとことと思います。

    色調に調和がないとお正月飾りにちょっと見えませんでした。
    ごめんなさい。

    1. 私が聞いた話では、チマチョゴリは元々ほとんど白だった。良い染色の技術が無かったらしい。

      カラフルな色のチマチョゴリになったのは、外国のファッションの影響を受けてわりと最近だったか、日本統治時代だったのかは、覚えていませんが。

      韓国得意の後付(歴史のねつ造とも言う)だと思いますよ。

    2. 朝鮮人は白衣の民族衣装だったはずなのに。後付けの理由を尤もらしく話すところがさすが韓国人って感じですね。

  5. 十分つっこまれておいでですけど、わたくしも一言(笑)

    日本のお正月を迎えるにあたり、一番大切なのはお掃除だと思います。(シンシアリさんが掃除されていないとは言っていません)
    掃いたり、拭いたり(これ大事!)して清める事です。
    その上でのお正月飾りです。
    和室は基本的にあまり飾りません。ていうか、飾りは1つで十分と思います。掛け軸に鏡餅だけとか、お正月用の生け花とか・・。
    シンプルなのが良いのです。玄関用の物は玄関に。
    ご参考まで。

コメントは受け付けていません。