二流

※星野仙一監督の冥福をお祈りします※

星野仙一監督が亡くなったことで、中央日報が次のようなコラムを載せました。

<・・星野は、自分自身を「超二流」と呼んでいたという。 一流ではなく、だからといって二流でもない存在という意味だ。実際に、彼は1等(1位)ではなかった。選手や監督に日本シリーズで優勝できたのは66歳の時、2013年だけだった・・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・・日本のメディアが彼に熱狂するのは、強敵にも恐れず立ち向かう闘志かあるからだ。自分は一流ではなく二流だというけど、そんな二流も英雄にするのが日本社会だ。文化、芸術、スポーツ界で日本を輝かせた人に首相が授与する「国民栄誉賞」も同じだ。 77年1号受賞者である王貞治をはじめとする24人(一度団体が受賞)がその賞を受けるたびに、国民的な祝福を受けた。そして、国民を一つにまとめる力になった。。ブラックリスト、ホワイトリストなどの議論に文化芸術界まで真っ二つに分かれている韓国の現実を考えると、日本の英雄作りは、ただ大げさだけとも思えない。>

http://v.media.daum.net/v/20180108020356505

 

2月に予定してある「次の本」には、こんな内容があります。

日本人は自分自身が目指す「線」を、「まだ越えてない(まだ至らない)」と考える人が多く、そんな精神を持つ人が尊敬を集める、と。そして、それがいつの間にか線を越え、次の世代が目指すべき「新しい基準」を残すことも少なくない、と。

この記事も、そんな日本の姿を書いています。また、それを「韓国も見習うべきだ」と言いたいようです。

しかし、記事自ら「それは無理だ」と自白しているようなものです。

記事本文では星野監督を「金メダル取ると偉そうに言って韓国に二回も負けた悲運のアイコン」と紹介しています。韓国が見習うべき日本社会の姿を書きながらも、とにかく少しでも偉そうにしたがる、韓国的発想です。

韓国人は、自分自身が目指す「線」を、「もう越えた」と宣言した人が尊敬を集めます。だから偉そうにする人が多いのでしょう。

自分を「まだ二流」と言うぐらいでは、見下されるだけです。

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

167+

77 Replies to “二流”

  1. この記事の論旨における日韓の違いに関してですが、
    「特撮の戦隊モノ」に例えると
    分かりやすいのではないかと思いました。
    以前、シンシアリーさんが書かれていたように思いますが、
    韓国では「戦隊モノ」において、レッドの人気が突出している、と。
    それは当然「リーダーだから」というのがその理由なわけです。
    「序列1位」ということ。(笑)
    これが韓国人の典型的な価値観であり、目指すべき道、尊敬される存在。
    これに対して、日本はどうでしょう?
    おそらく日本でもレッドが一番人気ではあるでしょうが、
    韓国ほど突出はしないと思われます。
    そして、その人気の理由も少し違っているでしょう。
    それは、レッドのキャラに人気の理由があると思うからです。
    レッドのキャラとは、「熱血」「努力」「勇気」「情熱」
    「がむしゃらさ」「強き者に立ち向かう闘志」など。
    漫画の主人公でもよく描かれるタイプであり、
    おそらく日本人の好みに合っているのでしょう。
    (ちなみに私は「戦隊モノ」では知性イメージのブルー派ですが。(笑)
    まさに星野仙一監督のイメージと言えるでしょう。
    だからこそ、彼は国民的に愛され尊敬される存在に
    なったのではないでしょうか。
    それはつまり、一流とか二流とかよりも、星野仙一という人間自体に
    みんなが価値を見出していたのだろうと。

    そういうことだと思うんですよね。日韓の違い。
    韓国では「序列1位」であることが、一次元的な価値基準となっている。
    日本人は、それぞれ自分の個性、能力などによって目指したい道が違い、
    それによって目指す対象・尊敬する人物像も違っている。
    各個人の価値基準も様々だということ。

    韓国人は、こういう日本人との内面的な違いについて知らない限り、
    日本人を分析することも、日本人から学ぶことも出来ないでしょうね。

  2. 新しく特派員として東京にいらっしゃったソ・スンウクさんの記事ですね。

    ソさんは、比較的まともな記事を書く人だなと思いながら読んでいますが、今のところ、毎回、あと一歩のところで惜しいなと感じます。

    この記事だと、オリンピックの話は、その直前に「宣銅烈(ソン・ドンリョル)の師匠」と書いていて両論併記みたいな形になっているので、それなりにフェアかなと思います。

    最後の「英雄にする」、「英雄づくり」という言葉がひっかかります。星野さんは、国家や国民によって英雄に”された”のではなく、彼の生きざまが共感を呼んで、自然に英雄に”なった”というのが普通の日本人の感覚のはずです。この、自然に”なる”というニュアンスを韓国語でどう表現するのだろうなどと考えながら、この記事を読んでいました。

    先日も、「0 or 100」の外交はいけないというニュアンスの記事がありましたが、最後のところで「慎重で鋭い計算が必要」と書いていました。多分、教養ある日本人であれば、ここは、「慎重で深い洞察が必要」みたいな書き方をするはずです。”鋭い計算”という言葉が出てくるのは、やはり人と争って自分が勝つという意識が底流にあると感じます。

    もちろん外交は国益を巡って各国が争う場ではありますが、その中で、それぞれ自分は何を取り、何を捨てるかを考えながら、妥協点を探っていくもの。自分だけが勝つということはありえません。

    基本的には記者として能力のある方だと思うので、日本でも経験を積んで、いいジャーナリストになって頂き度いですね。

  3. 亡くなられた方を、あまり悪く言うのは憚れるが、私、個人的にはあまり好きな監督ではなかった。

    阪神の優勝の頃は、かなり毎日スカパー(衛星放送)で阪神戦を見ていたのだが、女性アナが勝利インタビューを行うときの、その横柄で上から目線での態度、まともに返事していないこと…その辺りが個人的にはそのように見えて、アレッという思いが強かった。
    反面、地上波での巨人戦などで勝った時の勝利インタビューなどでは、満面の笑み(ニコッ)で優しい声で受け答えしていた。

    個人的には、そのギャップが、何だろうと…確かに毀誉褒貶(カッとなりやすい)が激しいなどは週刊誌などで知ってはいたが。

    その後、かなり後で、ネット情報その他で、彼が「政治力」に優れ、オーナーなどやNHK(メディア)など有力者、権力者に可愛がられるように自分を持っていくのが上手だということを知った。

    岡田監督(阪神時代)などは、衛星放送では、ぶっきらぼうさは目立つが、まあ、それほど地上波インタビューとの(態度の)大きな乖離はなかったように思う。

    まあ、「政治力」があるのは、個人的能力で、大変結構だと思うが、相手により態度が大きく変わるように感じられるのは、どうなのかと思った,思っていた次第。

  4.  星野さんは一流ですよ。王さんは超一流。
     本人が二流と謙遜しているのを、そのまんま二流と書いてしまう韓国マスコミ記者は、日本を全然理解していない。

    1. 韓国人に謙遜は通じませんよ。
      たぶん中国人にも。
      謙遜は尊敬という概念が、
      ちゃんと社会にあってこそです。

  5. 日本語には、上には上がいる。と言う言葉があります。
    そして、常に上を見ている人には、まだまだと感じるのでしょう。
    そしてそういう人達は本当に贅沢な人です。

    言っていることがわかるかな?韓国 のみなさん…。

コメントは受け付けていません。