二流

※星野仙一監督の冥福をお祈りします※

星野仙一監督が亡くなったことで、中央日報が次のようなコラムを載せました。

<・・星野は、自分自身を「超二流」と呼んでいたという。 一流ではなく、だからといって二流でもない存在という意味だ。実際に、彼は1等(1位)ではなかった。選手や監督に日本シリーズで優勝できたのは66歳の時、2013年だけだった・・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・・日本のメディアが彼に熱狂するのは、強敵にも恐れず立ち向かう闘志かあるからだ。自分は一流ではなく二流だというけど、そんな二流も英雄にするのが日本社会だ。文化、芸術、スポーツ界で日本を輝かせた人に首相が授与する「国民栄誉賞」も同じだ。 77年1号受賞者である王貞治をはじめとする24人(一度団体が受賞)がその賞を受けるたびに、国民的な祝福を受けた。そして、国民を一つにまとめる力になった。。ブラックリスト、ホワイトリストなどの議論に文化芸術界まで真っ二つに分かれている韓国の現実を考えると、日本の英雄作りは、ただ大げさだけとも思えない。>

http://v.media.daum.net/v/20180108020356505

 

2月に予定してある「次の本」には、こんな内容があります。

日本人は自分自身が目指す「線」を、「まだ越えてない(まだ至らない)」と考える人が多く、そんな精神を持つ人が尊敬を集める、と。そして、それがいつの間にか線を越え、次の世代が目指すべき「新しい基準」を残すことも少なくない、と。

この記事も、そんな日本の姿を書いています。また、それを「韓国も見習うべきだ」と言いたいようです。

しかし、記事自ら「それは無理だ」と自白しているようなものです。

記事本文では星野監督を「金メダル取ると偉そうに言って韓国に二回も負けた悲運のアイコン」と紹介しています。韓国が見習うべき日本社会の姿を書きながらも、とにかく少しでも偉そうにしたがる、韓国的発想です。

韓国人は、自分自身が目指す「線」を、「もう越えた」と宣言した人が尊敬を集めます。だから偉そうにする人が多いのでしょう。

自分を「まだ二流」と言うぐらいでは、見下されるだけです。

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“二流” への77件の返信

  1. 星野仙一は、選手にすごく厳しい監督だったが、それ以上に自分に厳しかった。
    少ない戦力で、当時非常に強かった巨人相手に相応の善戦をして、野球の面白かった時代を作った人だね。

    >しかし、記事自ら「それは無理だ」と自白しているようなものです。
    というのは、本当にそうですね。

    –以下引用

    乱闘シーンで指揮官自ら相手をボコりにいくという熱血ぶりが物珍しかったこともあるが(苦笑)王者巨人を相手に一歩も引かない闘う姿勢に引き込まれた。しかし確かに、結果は出した。就任前、2年連続5位と低迷していたチームを浮上させ、その年、6年ぶりのリーグ優勝に導いた。

    野球人生を燃やし尽くした星野仙一の偉業
    http://agora-web.jp/archives/2030419.html

    巨人戦での乱闘シーンの合間に胃薬のCMが流れて「♪星野はいつも胃が痛い〜」という楽曲が流れるという顛末がとても面白かったです。ご冥福をお祈りします。

  2. となると、超えてないのに偉そうに振舞って大衆を惑わす輩を輩出することになりかねないのでは。
    ホラ吹きタイプ、見栄っ張りタイプ、多いんじゃないですか?
    とてもコミカルな社会に見える。

  3. 「ジョークです」
    熱血の星野仙一、天才肌の長嶋茂雄、努力型の王貞治
    現役時代に「一流ですね」と言えば
    星野「俺は二流だ(怒」長嶋「ハァそうなの」王「まだまだ未熟です」と答えそう(笑)

    俺は凄いと言うのは、金田正一、張本勲が…

  4. 偉そうにしてこそ、尊敬される?ふーん。韓国には謙遜という考えかたはないのすね。
    まあ、星野さんご本人は謙遜ではなく、自分に厳しくて、常に上を目指しておられたからこそ、二流と仰ったのだと思いますが。
    星野さんのことは、多くの日本人が好感を持っていたのではないでしょうか。ですが、他人の評価と自らのそれとは違います。ベテランであっても、自分を律して高みを目指す。だからこそ、人々は称賛すると思うのです。
    ですが、最期は昼寝でもしているかのように息を引き取られたとのことなので、己に恥じない、悔いの無い人生だったのではないでしょうか。
    亡くなられた方を否定するような真似は止めて欲しいです、韓国。余計なお世話。

    1. 「韓国、余計なお世話」に激しく同意。韓国発のそんな記事、無視できませんか? そもそも言葉が通じないのに。律儀な人たちが多いね。

  5. 一流か二流かは他人が決めるんや、自分は上、他人は下に固定されてる韓国人に語る資格は無い!

  6. 一流とは他人が評価すること。

    自分が一流と思うとそれ以上の進展はない。

     先ほど金沢の寿司職人のナレーション抜きドキュメントをNHKでやっていたが、私は彼のような存在を一流と思う。しかし、かれはまだ未熟として日々努力が必用と言っていた。
     確か、松下幸之助や本田宗一郎や彼を兄貴と呼ぶソニーの井深大も同じようなことを言っていた。井深大の場合、人にまねされるのでモルモット呼ばわりまでされたが彼はそれを良しとした。
     私はそのような人には到底及ばないが、そのような人たちの考え方にあこがれる。そして、自分の周りの人たちで自分を一流と言う人たちはまずいない。もちろん、二流や三流だと思ってもいないが、人から言われれば甘んじて受け入れるだろう。しかし、一流とは言われても冗談じゃない、まだまだこれからだとなる。
     日本人にも、一流気取りはいるが、殆どは身も蓋もないどころか、自分に責任も取れない人だったりする。
     かの国の人は積極的に自分を売り込んだりするが、そのようなワッペンが必用なのだろう。つまり、自分で見分けることができないので、ワッペンを頼りに判断せざる終えないのだろう。実力のない人たちにとっては唯一の判断なので、この国では必用な事なのだろう。

  7. 2013年でしたっけ、日本シリーズで楽天が巨人を抑えて勝ちましたが、
    その試合前に星野さんが「巨人の胸を借りて、頭を下げて、やっつけます」とおっしゃったことを旧ブログで取り上げていらっしゃいましたね。

    なので、きっと星野さんについてのエントリーをされるだろうと思っていました^^

  8. 朝鮮人は死体蹴るの好きだから仕方ないよ。今も、死に体の元大統領をリンチしてる最中だし。
    もちろん、終わったらつぎは文の番だよ

    1. 韓国人や中国人は、王朝や政権が交代すると、死者の墓を暴いてむち打つ。
      この執拗さは、わが国はもちろん、キリスト教世界でも聞いたことがない。
      おそらく異民族支配の虐政・虐殺の結果だろう。

  9. >星野監督を「金メダル取ると偉そうに言って韓国に二回も負けた悲運のアイコン」
    本文のココに悪意を読み取ってしまいます

    そんな韓国に二回も負けた監督を
    ヒーローとする日本という
    見下げた視線を感じるのは私だけでしょうか?

    星野監督は賛否多い監督ですが
    韓国人をよく採用したした
    ある意味、親韓派です

    そんな人にも死体蹴りしてるようです
    (自分が小さいせいでしょうが…

    1. バンビ さん
      「星野監督は賛否多い監督ですが
      韓国人をよく採用したした
      ある意味、親韓派です」

      大江健三郎に馬鹿な韓国人記者が質問。「阪神大震災は日本人への天罰だった思いませんか」
      大江曰く「被害者には韓国人も多数いましたよ」
      韓国人記者、会見場をこっそり逃げ出す。
      原爆投下にも同じことがいえる。
      全体が見えず、自分の都合のいいところだけを切り離して理屈付けに援用することを「断章取義」というが、元来論理的思考に弱い韓国人は、漢字を廃止した結果、ますますこの悪癖が顕著になってきたようだ。
      反対に今後激しくなるのは「火病」「テロ」だろうから、日本はその対策を心がけなくてはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。