「慰安婦は、その気があるから慰安婦になった」と話した大学教授、罷免&在宅起訴

韓国の慰安婦「設定」に異議を唱えた、シュンチョン(順天)大学の教授が、大学から罷免され、不拘束起訴(在宅起訴)されました。

この教授は去年四月、「慰安婦たちは(慰安婦がなんなのかを)知っていて慰安婦になったんだ」「『その気』があるからおいかけたんだろう」と講義中に話した、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

どんな流れで大学講義中にそんな話をしたのかはわかりませんけど・・

とにかくこの件で、教授は「誠実と品位維持」ができてないという理由で罷免され、名誉毀損で不拘束起訴(在宅起訴)されました。

http://v.media.daum.net/v/20180112080711618

 

これが初めてでもないですけどね・・もうひとり、潰されたようです。

プライベートな場ではあったものの、私も韓国側の慰安婦「設定」は嘘だとする話を何度かしたことがありますが・・・

 

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“「慰安婦は、その気があるから慰安婦になった」と話した大学教授、罷免&在宅起訴” への141件の返信

  1. 慰安婦と表現せずみなさん今後売春婦と表現することで統一しませんか。
    実態はそうなんだから。

    慰安婦と表現するから一方的に被害者と思われる。

    1. 元々は売春婦である事を隠したあげるために看護婦助手とか慰安婦とか呼んでたんだよね。
      ここまで定着したら変更は無理だと思うわ。
      プロレスだって実態はプロのレスリングじゃないけど変更出来ないし。
      寧ろ慰安婦は性奴隷じゃない事を大きな声でアピールしていくしかないよね。

    2. 軍が必要にしていた「売春婦」を、
      軍の側から見て「慰安婦」と呼ぶのは仕方ない。
      当時の国の軍から踏襲するなら変えられない。
      もちろん個人の責任で「売春婦」と呼ぶのは問題ないと思う。

  2. 挺身隊と売春婦と性奴隷の区別が付いてないというか、
    愛国心ある韓国人ならこれらを混同しなきゃいけない。

  3. ああ、あの半島には法というものが無いんだな……

    アマゾンみたいな熱帯雨林でも広がってるのかな?
    緯度的には日本と同じ位だから温帯地域のはずなんだが…不思議な土地だな

    1. 同意するわ。
      奴らが望んでいるのは自由でも正義でも道徳でも正しさでもなく「楽して楽しく遊んで暮らす事」なんだとしか思えない。

    2. 正確には、他者に不自由を強いる自由を望んでいる気がします。

      日本のリベラル層なんかを見てるとそう思えるのですが、
      おそらく韓国の大衆も似たようなもんじゃないかと。

  4. 自論を話すとクビになるわ、起訴されるは、、、。
    本当、言論の自由?何それ美味しいの?ってな感じだねψ(`∇´)ψ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。