韓国紙「安倍は平和ムードを恐れて韓国を挑発した」

今朝の安倍総理の「絶対に受け入れられない」発言が、韓国側では一日中ずっと大きく報道されています。

特に聯合ニュースは、「韓国の謝罪要求を蹴っ飛ばした」としながらも、「外交では韓国、中国との協調が必要だから、実は悩んでいるだろう」と報道しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

二つ前のエントリーもそうですが、韓国側の報道の重点は「安倍が謝罪しないと言った!」です。

「韓国が合意の不履行を宣言した」こそが重要なポイントであるにもかかわらず、韓国中のマスコミが「安倍が悪い」の流れにしようと必死になっています。

その中には「南北対話のおかげで米国も中国も平和を喜んでいるから、日本が怒っている」とする論調も見られます。

<・・(安倍総理は)北朝鮮への圧力強化と高強度制裁の声を高め、極右勢力を中心とした支持層の結集が可能だった。しかし、いまは平昌冬季オリンピックを控え、南北間の対話ムードが造成されたうえ、ドナルド・トランプ米国大統領も対話を支持する立場を明らかにするなど、状況が変わった。

このように、南北対話局面が続く状況で韓日関係が悪化すれば、これまでの日米同盟を通じた対北圧迫路線に重点を置いていた自分(安倍総理)の立場が弱まる可能性があると心配しないわけにはいかないのだろう・・>

http://v.media.daum.net/v/20180112161105616

 

 

もはや韓国人にとって「アベ」という言葉は、人の名前だけでなく、何か別の意味・・呪文?かなにかになってしまった、そんな気がします。

明日は、「どこか」に行ってくるつもりです。帰ったら、写真エントリーでも書いてみます。

(・∀・)ノ

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

 

 

“韓国紙「安倍は平和ムードを恐れて韓国を挑発した」” への165件の返信

  1. リンク記事内(自動翻訳)
    「昨年釜山少女像設置当時見せた在韓日本大使を一時帰国など具体的措置をしていない点は注目される部分である」
    この理由が
    「日韓関係を最悪の局面に連れていくことが、かなりの負担となっている」
    なのがいつもの勘違い。

    去年大使を戻した理由もそうなんですけど、有事が近いから大使を呼び戻せないだけです。
    北に感謝せよ。

    1. 残念ですが、無理だと思います。
      七誌君、移動するの嫌がるんですよ。
      過去何度もその手の提案があったけどね。
      追い出したいんだろう。だから拒否ってなるんです。

    2. なんか解らないのですよ、
      七誌さんが邪魔だとか、遠慮してくれと言うけど、暫くないとカモ~ンと挑発するんですよね、愛されているのかな。
      七誌さんが居ないと、思い切り発意出来ない人も居るようだし。私は彼の発言は興味あるし、絶妙な弁が感じられるから読むけど、感化されるかは別ですよ、当たり前に。

      1. >暫くないとカモ~ンと挑発する
        そんな人います?
        追い出したいわけじゃないってだけだと思うのです。
        仲良くしてとも思わないけど、四方八方に攻撃的に行くやり方に反発が起こるのでしょう。
        数年前の大騒ぎみたいには、まぁならないと思いますし(*´∀`*)

        1. 私と誰かと同一視してるのでは?
          私はノブスケか、ノブスケ@△△というHNでしかこのブログにはコメントを記入してません。

          挑発の形をしていますが、あれは、私と議論できるほど覚悟を持って言葉を吐いているか、確かめているんですよ。
          議論を逃げるから、あの人は自分の言葉(主張)を覚悟を持って発していない事が分かる。
          逃げるという事は、言い換えると、自らの主張が、私の口先や論法に負けてしまうと予測できるという事。それほどにしか熟慮していない質のモノを言葉にして発していると、何となく自覚しているってわけさ。

          それで、私はこう考えるワケ。
          「議論して相手によっては簡単に負けそうなものをワザワザ正しい意見であるがごとく吹聴して掲げるのは良くない!」と。

          言い換えると、自分の主張をちゃんと吟味してから発しなさいという事ね。
          私は別にアンチ七誌さんではないし、多対一の七誌さん叩きは好みません。私が何気に七誌さんをやり込めてしまったことで、この七誌さんバッシングに火をつけた可能性があればそこは謝ります。
          旧ブログから何度も書いているが、七誌さんは着眼においては中々素晴らしいのだ。センサーは優秀。主張を展開する時に、途中でなぜか持論に無理矢理持って行ってロジックが歪むんだけど、、ね。

          1. シンシアリーさんの旧ブログでも何となく似たニュアンスの事を書いたけど、、。

            私が議論に負けにくいのは、私が賢いからではなく、私が真実や真理を歪めずに提示しようと試みているからです。
            もちろん、私は知力の高さを自負していますが、別にその知力で議論が強いという事になっているワケではないのです。言葉で把握して説明する、つまり、事象を言語化する力が秀でているだけ。
            主張を展開する事で何かしらを得ようとしたら、嘘をついたり、事実を大袈裟にしたりする誘因が働きますが、それでは矛盾が出て議論に負けやすくなる。だから、我欲を棚上げして、嘘をつかず、事実を歪めず、無理な論理展開にならないようにします。そうすれば、議論とはさほど負けないのですよ。間違えたら、間違いを認めれば良いのです。

            私の知力が組み上げた構造物のようなロジックに勝てないのではなく、さも私の論理構成によって組み上げられた構造物のように見えるが、真理や真理に近いモノでしかない見解に挑もうとしているから、風車に挑むドンキホーテのように勝てない結果になるだけなのです。

            私は、「海は海、岩は岩、重いモノは崩れやすい」という明らかな事象の内でも、他人には意識していない、気付きにくい部分を主張に織り交ぜて、提示する事がある。
            意識していない人から見れば、さもそれは私が恣意的に生み出した事柄であるかのように感じがちだが、そんな冒険をする必要はないのだ。「海は海、岩は岩、重いモノは崩れやすい」という類の意見は議論として負けないのだから。
            私は人が見落としがちな事をちゃんと気付く事と、着眼点を言語化して存在として示す事が、自負心もありつつ、行為として好きなのだ。

            七誌さんに限らず、私に議論で返り討ちに合う人の弱点の共通点は、自分の願望や先入観を無理矢理議論の内に嵌めようとするから矛盾(論理破綻)を来すし、その事で説得力や信憑性が失われるところです。

      2. 愛情も憎悪も興味あると言うことの対照的な表現でしょうから…
        紙一重なんでしょうね。
        くだらないことはさておき…

        いわゆる七誌さんアンチの方にも色々います。ひとくくりにしない方がいいというだけだと思います。「見たくないからいなくなれ」という人も、「ちゃんと聞くから、話し方だけ直して」という人も、サンドバッグとして叩きたいだけの人も…

        私は初心者Aさんも感じている通り、七誌さんの意見は相容れない部分も多いものの、独特の感性や洞察力があり、的を射ている部分も多いと思っています。しかし、論理的な組立や議論の展開方法はお世辞にも上手だと言えない部分が多いと感じます。
        変な例えですが、科学や物理、歴史の話でも全てそうですが、新しい発見や寄り深層にある真理の探究によって常識が変化していくように、個人的な意見にだって状況の変化や新たな発見による考え方の変更があってしかるべきなのですが、膨大な知識をため込んでいるのに、思考をアップデートすることは殆どなく、「すでに自分は真理を知っているから、全ての情報はその裏付けにしか使わない」ということに執着しているように感じます。時々、「以前から何度も言っているように…」と語る部分においても、意見など変わってもいいのに、意見を変えられなかった石頭を誇っているように感じてしまうのです。議論の展開においても、反感を煽るような文面から始まれば、たいていの人は共感どころか抵抗感しか感じません。「日本がこうならなければ!日本人が変わらなければ!」という御意見の割りに、それに反発する人を多く創り出しているのかもしれません。

        更にいいますと、実は細論の部分でころころと意見を変えることも非常に多いです。このあたりも皆さんが指摘する通りなのですが、どうも七誌さんの設定した結論に対して都合の悪い部分が露呈すると、コメントするたびに矛盾するようなケースもしばしば見受けられます。(場合によっては相手を非難するために、さっきまで言っていたことと逆のことを話しているのでは?と感じることも…)普通は論理的矛盾が発生した場合、事実を変更して結果を固持するのではなく、事実を尊重して結果の間違いを疑うべきだと思いますが、そのようには考えないように感じます。
        論理というものは変更の余裕を持っていなければなりません。隙間なく積み上げられた石垣のような論理は一見美しくとも非常に脆いものです。細論を吸収して補強していけるような柔軟性がなければいけませんね。ジグソーパズルのあってはならないピースが見つかったがために描かれた全体像が破綻してしまうような論理は構成に誤りがあるわけです。

        恐らくは、初心者Aさんにも感じ方は違えど上記のような部分に心当たりがあるのではないかと感じます。他人事でもありません。

        長々と申し訳ありません。

        1. >また来たよ さん

          長文で有難うございます。貴方は何でも判ってらっしゃるし素晴らしいと方と思います。知識も豊富でこれからも思考は積み上がり研ぎ澄まされていくと思います。
          しかし、一つ懸念があります。

          自分の考えが完成されていくと他の考えに対する幅が狭まり許容力、包容力、柔軟性が欠けてくることです。
          貴方はオーソドックスな型通りの論戦を信条とするが、七誌さんは喧嘩殺法なのです。ルールに縛られた貴方を弄んでいるのです、そんな七誌さんの戦い方に貴方はまだ適応できていないのではないかです。
          例えば、パヨクの大江さん、九条連、憲法学者は当時は日本最高の学力、学歴、学識として自他ともに認められていましたが社会の変化進歩を一切無視し鉄壁の論理を守り勝ち続けてきました。が、今では、廃墟、瓦礫と馬鹿にされています。
          昔の全学連は異論を突いて負かすと反動だと決めつけて葬りましたし、立憲民主も自分の思想に負けていますし、東大出で鉄壁の理論を誇った不破委員長も今は木偶です。共産党はもう理論は放棄してゲリラになりました。
          また来たよさんが似た様な戦いの場に居るなら、其処ではそれで結構なのですが。

          詰りは、自分が固めた思考に縛られないで思想も自由主義で柔軟に良い加減に適当に、環境、相手に合わせて戦い方が変わらないと長期的には負けるのです。
          このコメント欄は戦いの場ではなく異論、暴論でも熟し自分の思考の幅を拡げる場と思った方が良いのではないでしょうか、そんな相手に七誌さんは不足ではない?と私は思ってるのですけど、掬い投げ、いなし、騙しフェイント、何でも有の彼の戦い方も会得したらいかがでしょうか。
          貴方はきっと強くなりますよ、私には無理ですけど。
          (未だ、七誌さんも貴方も知らない新参者なのにいい無責任な事を言いました)

          1. >初心者Aさん

            まず、初心者Aさんはやはりとても聡明な方でよかった。
            私に対する評価は、お世辞や買いかぶりがあるものとして、このブログの少ない情報の中で、整理し、まとめ、分析し、御自分なりの意見を持ち、相手への配慮もしつつ、その意見を的確に臆することなく述べることができる。私なんぞよりずっと聡明です。

            私の人物像をいろいろ想像していただいたようで光栄です。これから初心者Aさんがさらにこのブログのコメント欄を閲覧する機会が増えれば、私のことも他の人のことも更にわかってくるかも知れません。初心者Aさんならきっと有意義な会話ができると思いますし、皆さんから一目置かれる存在になり得ると想像します。

            初心者Aさんとなら、ちゃんとお話しできると見込んで、幾らか話させてもらいますね。

            まず、私も人ですから普通に感情があって、冷静な気分でいられなくなることも当然あります。ですから、激しい語調で書き込むことがなかったわけではありません。ですが、それは議論ではありませんでした。

            そのようなことも踏まえてですが、私は意見をぶつけることはあっても勝ち負けには拘っていません…そもそも勝ち負けの問題になるようなことを話すことは殆どありませんしね。そして、こうも考えます。主観的な勝ち負けは相手の話を理解した瞬間決まっていて、客観的な勝ち負けは他人が決めることだとね。
            主観的な勝ち負けに拘りたいのなら負ける勝負はしないことです。上のコメントでノブスケさんが語っている通りです。普遍的事実で構成されシンプルで幅のある論理には勝てません。
            客観的に勝ちたいのなら、第三者の目を意識してコメントを書くことです。基本的には先ほどと同じく、第三者が見てシンプルに正しいと思えることでコメントを構成すれば良いのです。
            …私は勝ち負けには拘っていませんけどね。

            議論には様々なテクニックが存在するでしょうが、それもこれも本筋の論理がしっかりしていなければ、口先だけでは人は説得できませんよね。
             
             
            きっと、ここに私が書いたことは初心者Aさんがすでに気付いていることですね。ですから前段の部分では戦い方について私にレクチャーしてくれているのに、後半ではコメント欄は戦いの場ではないと仰っている。初心者Aさんは戦う方法を知らないわけではないが、ここは戦う場所ではないと訴えているのです。それが初心者Aさんのスタイルで有り、実に潔いと思いますよ。私などよりずっとね。

            話は変わりますが…

            実は、貴方やここにコメントを寄せる比較的新しいコメンテーターの方に旧ブログを覗いてもらう機会をつくっていただきたくて(それにかこつけて自分も過去のログを見返したいのですが)、シンシアリーさんに少しお願いをしておきました。「皆様へ」のコメント欄に、旧ブログを閲覧可能にする方法を記載しておきました。シンシアリーさんが気付いて対応してくれるといいのですがね。

            前回、初心者Aさんのコメントに対し、「旧ブログを閲覧不可にしてしまったシンシアリーさんの責任」について述べたものですから、何とかできないものか考えたのです。もし、申し出が通れば、何かの役に立つかもしれないし、誰かの好奇心も満たすでしょうからw
             
             
            あと、言い忘れましたが…
            私は、ある出来事を機に喧嘩殺法を肯定するようになりました。喧嘩殺法は諸刃の剣です。上手く使えなければ…いや、上手く使っても自分も傷つけてしまいます。私は臆病だし、甘いのでそのような方法が使えないだけです。
             
             
            それでは…
            いろいろお察し下さって、ありがとうございます。
            度重なる長文で失礼いたしました。

          2. 皆様、聡明で羨ましい限りです。
            私は某氏の返信が付いたら、
            いかに、会話を打ち切るかだけを考えています。
            後は第三者が判断すると思っていますから。
            某氏との会話は不毛なのでね。(今までの経験上)
            そもそも勝敗など無いのですから。

  2. 今が安倍政権で良かったと心から思います。
    これが旧民主党の流れをくむ政党であれば、簡単に謝罪して、五輪にも出ていたかもしれないと想像するとゾッとします。
    安倍さんは首相として満点ではないけれど、ではどなたなら適任?と問われると、誰も居ませんからね。
    政権交代したらどうなるか、考えるのも恐ろしいです。

  3. 記事内容と直接関係ない件、ご容赦を。

    <コメ欄記録と七誌君についいて_1回目>

    まず、コメ欄を記録して持っていると何か以下のように思う方もいて、こりゃ1本どころか10本ぐらい取られたと思う。そういう発想もあるのかと思う次第。最近の韓国は頭痛の種氏のコメ。↓
    >「記録を手元に残すようになったら精神疾患レベルですね」
    >「七誌さんを”追い込めるために”発言を保存しているとしか思えません」

    まず、コメ欄記録について、
    2017.1~2017.9(旧ブログ)は多分全部取り込み出来ていると思う。取り込みは1か月約1から2分。その後タグなどを除き、テキスト形式にするのに2分程度。まあ1か月4,5分で完了します。
    新ブログについては、現在のところ、記事単位で取り込みするようにしているので(~10秒まで)、1日2回取り込みしているが、すべて取り込まれているわけではない。特に新ブログになって、ザッと見渡すだけでも何個もクリックしなければならないのはズボラな私には耐えられない。それで記事単位の取り込みを作った次第。だからWEB画のコメ欄は殆ど見ることがなくなった。

    私、技術屋あがりなので、簡単なPGは作れるのです。2016年までは、旧ブログコメ欄をざっと見て、オッと思われ、面白く参考になるコメントを「手作業」で取り込んでいました。何故なら、シン氏の人柄・知識その他もあり、高度な意見(コメ)をされる方がここは多いから。
    (記事はWEBを訪問したときは殆ど取り込んでいたが。)

    で、何故、2017年からデータとして取り込み、一応全て持っておこうと思ったか。

    ①手作業は煩わしい。全て持っておけば、参考になるコメなどを、後から検索などが容易。
    ②2017年から、私もコメ欄に結構書き込みするようになり、自分の言ったことや他者の意見の整合性や矛盾がないかなどを気にして、調べるため。

    それまでは、4、5年のロム専門をへて、2013か2014年頃から月1程度書き込みしていたのだが、2016年暮れ、七誌君への間違い指摘コメや変な応援団に絡まれたのをきっかけに、かなり頻繁にコメするようになった。

    私は、「断定」して言うなら、さらに他人に絡んでまで「~はこうだ。そう考えない者はバカだ。」などと言うのなら、その根拠、証拠、出自(出典、URL)などをキチンと明示すべきと思うのです。

    例えば、チョット古いが、スグ思い出すのは、森友の件で、園長は「人格障害」或いは「サイコパス」だと言うある大学教授の意見を紹介したり、私の意見として土地払い下げをコメしたことがあった。その時、七誌君が絡んできて、「国有地の教育機関への払い下げは任意に決まっている」と言うので、どのように「決まっている」のか、根拠となる法律などを示せと言ったら逃げた。(根拠・出自示せで逃げたのは何回かアリ)
    このように、テキトーな事を言い、都合が悪くなると逃げる。しかし、かみつき、絡み、反論されるとゴマかしやすい者には「バカだ」などと罵倒する。
    このような活動を、ここに四六時中張り付いて行っている者(HN)を、私には何らかの「お活動・お仕事」をする者だと思うわけです。少なくとも「荒らし」工作員だと思うわけです。断定はしないが。
    この者は、最近火病様を発症することは少なくなったが、たまにだが、かなりまともな事を言うことがあり、アレッ何だか「キャラ」が変わった(他の要員と交代した?)などと思うことがある(笑笑)。これなども「疑い」を持つことの一つ。

    長くなったので、今回はこれで。

    1. 私も以前Ubuntuユーザーだった時、linuxコマンド「wget URL or curl -O URL」でサーバーのHTMLファイルを一括取り込みして、GrepでHTMLタグを取り除きテキスト形式で保存という流れをPythonで作成し一括処理ということは、シンシアリーさん以外のブログで何度かやったことはあります。

      目的はブラウズでマウスクリックで閲覧という作業がまどろっこしくてテキストだけ読みたかったからです。実に便利です。ですから、それを○○レベルとは言いません。

      ** ただ使い方が如何なものかと思った次第です**。

      サーバー監視のお仕事でデーター収集しているなら納得ですが、そういう権限をお持ちなのか?。コメントの発言を監視分析?。監視されている立場からみると、うーん、コメントなんて適当レベルで発信しているのに、公安?そこまでするかレベル。うーーーーん。どうなんでしょうか?。混乱ーーーー。何ともいえません。

      以上

    2. >>最近の韓国は頭痛の種氏のコメ。↓
      >「記録を手元に残すようになったら精神疾患レベルですね」
      >「七誌さんを”追い込めるために”発言を保存しているとしか思えません」

      あれ?私、ほんの一部七誌さんのコメ、保存してあった。
      いかん!精神疾患レベルなのか!(笑

      保存他人を嘲笑してた時のコメで、「後で読んだら面白いかも」と思ったものでメモ帳に貼り付けてあった。
      いつかアップしよ。

          1. 秋桜さん

            秋桜さんにいっているわけじゃありません。

            こういう引用符の使い方をよく見かけるので、またか、と思いました。

            たとえ、引用符が付いたとしても、切り貼り加工した時点で、私のコメントでなくなっているということです。そんなの引用じゃないよ。それだけです。

          2. >最近の韓国は頭痛の種

            加工ものでしたか。
            それは失礼しました。m(_ _)m

    3. なるほど。ながい経緯があるのですね。事実事実といいながら根拠を示さない、すぐ火病を発火する。朝○人特有の感性と思考様式を備えている。
      怪しいとにらんでいました。私はシンさんのブログアクセスは9月以後ですが、七誌氏はすでに4-5人以上に絡んでバカ呼ばわりしていますね。本当に「韓国人は上、日本人は下」の妄想を撃破することを考えているのでしょうか。していないと思いますね。
      続編を期待しています。

  4. 韓国人お得意の、劣等生の指摘と、責任転嫁ですね。日本人から見れば非常識としか思えない反応も、それが韓国人にとっては常識なのだと理解して観察すれば、成る程ある一定のロジックに基づいているのが判ります。

  5. 七誌さん、七誌さん

    「何度も何度も何度も、何度もすでに説明している」七誌さんの断交に対する説明はどこー?

    *「断交、断交」「大使召還」を推奨してるコメはいらないからね。
    *キーワード、「ペルソナ・ノン・グラータ」入りが希望

    七誌さんの狭義の断交の説明どこー?

    以前、旧ブログでこの話をした時、答えを得られずにずーっと違和感あったけど、ようやく得た答えなのです。
    まずは事実確認から。
    最低でも30回くらいはしてると思うので遠慮しないで、ドーンと出しちゃってね!

  6. 韓国人は「メリットは享受したいけどそれに伴うデメリットは受けたくない」という傾向が強いように感じます。ではデメリットをどこに押し付けるかといえば誰か(本件の場合は安倍首相)に押し付けるわけです。
    これ自体は「投影」と呼ばれる心理的なメカニズムなので誰にでもあるものですが、「デメリットに伴うメリットも受けられない」・「デメリットが積み重なり処理できなくなる」という悪影響が実際に起きています。
    カウンセラー「あなたは〇○さんに敵意を投影しています。そして××の問題を抱えています」などとアドバイスをするのですが、どんなアドバイスにも耳を貸さないでしょうね。それこそ日本発など。

    1. >韓国人は「メリットは享受したいけどそれに伴うデメリットは受けたくない」という傾向が強いように感じます。ではデメリットをどこに押し付けるかといえば誰か(本件の場合は安倍首相)に押し付けるわけです。
      それってたんに「やらずボッタクリ」というのでは?
      まさび韓国人の慰安婦合意ですが、昔から娼婦の手口でもあります。
      女が男にきのあるそぶりをして、結婚まで期待させて
      飲食やプレゼントをたかり続け、あなたの態度でこれこれが不愉快だった!
      嫌いになったからさらなる高価なプレゼントを寄越せ!誠意を見せろ!
      と、もっと高額な金品を要求し続けて、実は一回も枕を共にせず、
      男に金が尽きるか?愛想が尽きるかするかでお別れします。
      李氏朝鮮は、おそらく世界で唯一といってもいい、
      国家が性奴隷を国営事業にしていた国ですので
      (キーセン庁という役所で、ヤンバンの身分の役人が性奴隷事業を管理していた)
      政府がまるでヤクザ並の倫理を継承しています。
      (身内びいき、えこひいき、賄賂、公権横暴、国家権力の私物化)等
      経済力があがっても、先進国と同レベルの民度が上がるわけではなく、
      その思想と公民意識は李氏朝鮮時代からなんにも変化していないのですよ。

  7. 日本は大韓民国が朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法の下で統一朝鮮になる事を恐れています。
    アメリカにも毅然とした金正恩将軍様を偉大なる人皇とするからです。

    ICBM、核兵器を持ち堂々として偉大なる金正恩大将軍を持つ統一朝鮮には敵いません。

    日本は金正恩将軍様ほどに偉大なる人皇を持っていません。

    ハァ〜、、、羨ましいなぁ〜

    変な夢見たかな?

    1. >日本は大韓民国が朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法の下で統一朝鮮になる事を恐れています。
      >アメリカにも毅然とした金正恩将軍様を偉大なる人皇とするからです。

      いやそれは恐れてはいないけど、
      朝鮮半島が「核保有国」となることは、本気で恐れていますよ!

      気違いに刃物、薬中に自動小銃

      それよりはるかに怖いのが、
      「朝鮮人に核弾頭ミサイル」なのです

  8. ひと月ほど前に 韓国沿岸警備隊に銃撃せざるを得ないような状況を作り出す中国漁船の横行、

    漁船に偽装した北朝鮮軍船舶の日本への漂着、侵入、

    さらには一昨日、尖閣の接続水域に軍艦や潜水艦を派遣して威嚇する中国軍の動向から考えると

    「南北対話のおかげで平和」はただの錯覚で有害です

    1. 東アジアがきな臭くなってきていますよね。

      対話はいいし、オリンピック参加も歓迎ですよ。
      オリンピックの間だけでも、ミサイルの発射は延期してもらいたい。

      けど、それと平和ムードは別物で、
      北朝鮮への核開発の時間稼ぎの時間は与えてはならず、
      また核開発のための、資金提供も与えてはダメダメなわけで。
      でも、時間だけあっても、所詮は金がなければ、
      核開発は行き詰まるわけです。

      南北が統一すること自体は賛成します。
      もとはひとつの民族なわけで、統一による一時的な
      武力衝突があったとしても、
      その先の戦争終了による平和が訪れるなら価値はある。

      けど、北は韓国の金で核を完成させて、その核で韓国をおどして
      半島統一の絵図を書き、
      韓国現大統領は、北主導でいいから半島統一させて
      さらに核保有国となり、日本を服従させるという夢をみている気がします。

      が、その前に、来月のオリンピックで、ホスト国である
      韓国の国旗があがらなくなる可能性が大なのです。
      入場行進が南北旗になりそうです。

      韓国人として、国旗があがらないことに納得できるものなのでしょうか?

      1. 昨今の状況では統一を望んでいるようなので熱狂的に喜びそうな気がします。
        私たちに伝わる韓国の反応はきっとそう。

        その熱狂の前に口を噤んだ人の数が明らかになることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。