鬼怒川温泉に行ってきました

久しぶりに「電車旅行」がしたくて、鬼怒川温泉に行ってきました。

浅草まで行って、スペーシアに乗って、鬼怒川温泉まで一直線です。

日光と鬼怒川温泉周辺にはいろんな観光スポットがありますが、今回は「列車でちょっと遠くまで行ってみたい+温泉浸りたい=明るいうちに日帰り」だけでした。

さくらや紅葉のシーズンにぜひまた行ってみたいものです。江戸村というのもちょっと気になります。

写真は、駅の広場に立っている鬼怒川温泉の守り神「鬼怒太(きぬた)」です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)♨

浅草から、スペーシアに乗りました。快適、快適です。今日は人がそういないだろう・・と思っていましたが、自動販売機からは特急券が売り切れでビビりました(窓口からは買えました)。でも途中までは空いていたので、レナの写真を一枚。

スペーシアは「絹(キヌ)」号とも呼ばれるようです。そういえば、鬼怒川のキヌって「絹」から来た言葉でしょうか?

途中から気が付きましたけど、雪の山脈が見えます。これひょっとして「南アルプス」でしょうか。韓国から行き来していた頃には飛行機からもよく見えました。

街にも雪が積もっているところはありましたが、歩道などは綺麗に片付けられていました。

冬は明らかに空気が済んでいて、遠くの場所までキレイに撮れます。でも、緑は無いのは仕方ないですね・・それはまた今度。

 

今回は事前に(温泉ホテルの位置以外は)これといってチェックせずに行ってきたものでして・・「そういえば、鬼怒川温泉の名物料理ってなんだろう?」と思ったら、駅近くに「名物餃子」と書いてあったので、騙されたつもりで入ってみました。店の名前が「八海山」なのがまた・・よく飲む日本酒と同じ名前です。

地元のラーメンより味が薄いけど、十分美味しく、食べやすい感じがしました。

餃子の中身がきっしりしています。

 

食べた後「川がよく見えるところ教えてください(・∀・)」と言ったら、店のおばさまが親切に教えてくれました。

ながーい吊り橋です。

いやーよく見えます。水が緑色ですねぇ

次に聞く時には「高いところはちょっと苦手ですが」も忘れずに申そうかと・・

 

吊り橋を渡ったところにも鬼怒太殿がどーんと立っています。こちらは「盾バージョン」だそうです。

その後は3ヶ所で温泉に浸りました。どこもいい湯で、人も親切で、もう最高です。個人的には「パークホテル」の湯がいちばん体に合う気がしました。「三日月」というところは施設の中の回廊が立派すぎでびっくりしました。

もうちょっといたいな・・・と思ったけど、とりあえず帰還。次は宿に泊まるなどしてもうすこし回ってみたいものです。

 

今日もまた、良いものを見、良いことを聞き、良いものを食べ、さらに良い湯に浸ることができました。鬼怒川温泉の皆さん、ありがとうございます。

それでは、また(・∀・)ノ

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“鬼怒川温泉に行ってきました” への71件の返信

  1. 韓国ウォッチよりも、◯◯に行きました。って記事の方が好きです。
    お忙しいでしょうが、九州にも来てくださいね。

  2. 毛野川→絹川→鬼怒川という漢字の変遷だったと記憶しています。
    栃木県は昔、下野(しもつけ)と言いました。
    古代関東の大勢力だった毛野(けの)が上下に分かれて
    現在の群馬が上野(かみつけ)、栃木が下野(しもつけ)らしいです。

  3. 鬼怒川温泉に一泊されるのなら、日光や那須高原に足を伸ばされてはいかがでしょう。国立公園ですから、東照宮をはじめとした歴史的建造物だけでなく、中禅寺湖、華厳の滝など自然の美しさを満喫できると思います。

  4. ようこそ、栃木県へ
    個人的にはもう少し足を伸ばして湯西川温泉まで行くのをオススメします。
    雪と温泉を楽しめるかと。
    今月末からはどこぞからパクっ(ゲフンゲフン)かまくら祭もありますし。
    今年は雪が少ないですね。太平洋側なんで元々多くはないのですが。

  5. 鬼怒川温泉の冬楽しまれましたか?

    因みにスペーシアの【きぬ】は鬼怒川温泉から取った『鬼怒』であり『絹』から来たものではなかったはずです。
    スペーシアには【きぬ】の他に日光に向かう【けごん】という列車もあります。
    日光もお勧めですよ。。
    豆情報でした。。

    1. 新藤原~龍王峡の辺りから撮った高原山、鶏頂山でしょうか?
      頂上付近のT字形が似てる様な。グーグルアース3Gで見ました。

  6. 鬼怒太が履いてるのって縞々パンツ?(笑)
    履いても履いてもすぐ取れる~~~って歌、私の同年代にしかわからないか・・・(といっても歌で縞々パンツ履いてるのは「トラのプロレスラー」ですが。)

  7. 壬生の「おもちゃのまち」関係に触れれててる方がいたので補足。

    「東武日光線」栃木駅から別れてる「東武宇都宮線」に「おもちゃのまち」という駅があります。50年位前に玩具工場が集団で移転してきた地区です。…いまでは動いてる玩具工場は殆ど無いようですけど…。

    さて、そのような歴史から、玩具関係の博物館が2つあります。
    ひとつはバンダイミュージアム、バンダイが作り出した玩具が異常な量展示されてます。もう一つは壬生町おもちゃ博物館、こちらは子供向けの遊具施設が半分くらいのスペースを占めてますが、それ以外のスペースには大量の昔の玩具が展示されています。

    昔持ってた/欲しかったあいつらが皆いるんです。
    脳から変な汁が出ているとは、これなんだなぁ…と実感できます。

  8. 栃木出身なのに鬼怒太なんて知らなんだな~。鬼怒川・川治・塩原各温泉は春先の若葉と秋の紅葉時期がお勧めでしょうか。夏の鬼怒川下りも。お菓子は「きぬの清流」が好きです。

    でもやはり日光の湯元温泉が一押しですね。バスで途中下車しながら華厳の滝や中禅寺湖、竜頭の滝、戦場ヶ原を見ながら登って行く行程も良いものです。雪を頂いた日光連山(白根山・男体山・女峰山などなど)も雄大です。

    えーっと、調べればすぐわかると思いますが佐野と田沼(ラーメンの名産地)と「おもちゃのまち」は方向がちょっと分かれます。
    JR宇都宮線ですと沿線に森永のキョロちゃん工場やかっぱえびせんのカルビーの工場があって予約して見学ができます。工場で大人買いをどうぞ(笑)
    レナちゃんとゆっくり日本を味わってくださいね。

  9. レナちゃんのお美しいこと!! 

    山梨県西部に南アルプス市があるので、南アルプスが見えるとしたら
    そちらの方に行かれた時ですね。

    どなたかお箸のこと書かれていましたが、お箸のマナーは
    肉親しか注意してくれないので、よろしかったら
    「お箸、作法」で検索してみてくださいまし。
    口には出さなくても、うるさい人、結構多いんです(^_^;)

    1. もしかしたら右手で箸を持ちながら左手で写真撮ってたのかも……。
      食べ始めた時に写真を撮ること急に思い出したんでしょうかね。

      餃子も注文していたなら一旦、箸やレンゲを餃子の皿の上に
      避難させてから写真を撮ったほうが良かったかもしれません。

コメントは受け付けていません。