韓国側、慰安婦合意検証の事前説明で日本を騙した?

本ブログの方向性のせいでしょうけど、日韓議員連盟というとあまり良いイメージはありません。韓国側の「韓日議員連盟」は日本側に反日に基づいた事案を抗議したりするのに、日本側の「日韓議員連盟」はこれといって何も言わず、ただ仲良くすればいいというイメージがあるからです。そんな日韓議員連盟ですが、さすがに慰安婦合意の件ではそうでもないみたいで・・

この記事の中には、いくつか面白いポイントが有り、特に「韓国側が事前説明で日本を騙したのではないか」と読み取れる部分もあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・11日夕方、東京千代田区の帝国ホテル中華レストラン。在日大韓民国民団の新年行事に出席するために東京を訪れた韓国の国会議員団に対し、額賀福志郎議員が挨拶で「慰安婦合意の問題は当惑するしかない。国家と国家の約束は着実に履行するのが国際的な常識である」と真っ先に言い出した。彼は2013年1月から日韓議員連盟の会長を5年間務めてきた知韓派議員である

・彼の演説(挨拶)は、半分以上が慰安婦関連言及だった。彼は「駐日韓国大使から事前に説明を聞いたときには、韓国が合意を認めて履行するものだと理解したが、それから出てくる報道を見ると、理解できない。歴史問題が両国関係の障害になってはいけない」、「外交は単独でするのではなく、相互にするものであり、お互いの国益をすべて考慮する必要がある」と話した

・その後に挨拶した日韓(この場合「韓日」)議員連盟副会長である共に民主党のソン・ヨンギル議員は「慰安婦合意は、必然的に調整する(見直す)しかない」と、終始韓国政府とムン・ジェイン大統領の立場を代弁した

・ソン議員は「私の弁護士出身であるが、(弁論の際に)被害者の意見を十分に聞かない場合は、弁護士が解任されたりする」、「過去の合意は、被害者の立場や国民の意が反映されていなかった」と話し、それから韓国人強制徴用被害者問題まで取り上げた

・いままでは、日韓両国間の葛藤要因が浮上した場合でも、日韓議員連盟所属議員同士は公開的な言及を自制したり、迂回的な表現を使用するのが一般的であった。しかし、今度はお互いに言いたいことを言う姿だった

http://v.media.daum.net/v/20180114154724484?d=y

 

この場合、弁護士を解任する喩えが合わないと思いますが・・(笑

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“韓国側、慰安婦合意検証の事前説明で日本を騙した?” への73件の返信

  1. 被害者が慰安婦のおばあさんで、弁護士が政権(朴政権→文政権)てことですかね?
    でもこれって韓国の国内問題ですもんね?
    なんで日本に配慮してもらおうとしてるんですかね?
    今まで日韓議員連盟が甘やかしてくれてたからこれも配慮してくれると思ってるんですかね?

    日本に大人になって、子供みたいな要求をしてくる韓国を甘やかしてあげようと言う言論が新聞やテレビにたまに出ますけど、韓国を下に見過ぎじゃないでしょうか?こういう言論が韓国を馬鹿にしているのを見るのは本当に腹立たしいですよ。韓国には是非ともこういう人たちに馬鹿にされないように国際法を守る大人としての振る舞いをして欲しいですね。

  2. 慰安婦合意は裁判ではないのに弁護士云々の話をたとえに使うのはおかしいですね。
    合意は国と国が正式に交わした約束です。守って当然であり守れない国とは他のあらゆる場面で協力することはできないでしょう。

  3. 兵器や戦略の進化によって
    位置的な有利性は、ほぼ無くなり
    其れに伴い韓国の位置的な価値が無くなった事と
    中曽根に代表される戦中派議員の力が衰えた事が大きいと思います

    日本やアメリカは、敢えて
    韓国の機嫌を取る必要など存在しなくなりました

    韓国が友好的で親日であれば未だしも
    狂った様な反日卑日を国是とする以上
    票田を日本国内に持つ議員が
    有権者を敵にまわしてまで韓国の肩を持つ訳がありません

    日本の嫌韓は、正確な情報を得た上での嫌韓なので
    これから更に進む事はあっても収まる事はあり得ません

    韓国だけが取り残された事に
    韓国人だけが気づいていない
    見事なピエロだと思います

  4. 外交部(省)は国を代表して交渉するわけで、関連する団体は、国に代表権を委ねたはずである。対外約束をした以上、外交部と政府は、なお反対する団体を抑えなければならない。でないと外交の当事者能力がなかったことになる。当事者能力を持たない外交部は、当然、対外交渉をする資格がない。
    クネの政府は、その点でナンチャッテ外交をした無能者になる。

    文の政府は、カネをもらった人の意思は代表せず、挺対協の言いなりになった。政府がある団体の言いなりになる場合、その政府はその問題で当事者能力に欠け、無能者として代表権を担保できず、対外交渉ができない状態にある。
    よって、他国に相手にされず、無視で応えられる。みずから信用失墜を招いたのだ。
    あの国の政府はそもそも国や国民を代表できていない。国民の合意で国の在り方から治さないと、コケたままとなり、相手にされない。

    大使だって議員だって、お得意の出まかせで逃げているんだよ。

  5. 日本は韓国に激甘でしたからね、まあ国際関係上でも韓国に肩入れしなければならなかった事情もあるでしょうし。

    それは、韓国の国力をあげる事だったと思います。マッカーサーが、日本は戦略的に間違いではなかったと言ってるので、その流れもあっただろうと思われますが。

    戦略核やミサイル時代になり、人の行き来が激しくなり最早味方は多いに越した事はないけれど、ほぼ敵になったって事ですかね。日本からするとですが。(・´ω`・) 

    1. ゆきこ┌┛”さんへ

      根拠は無いのですが、
      米国からの圧力(韓国贔屓)が無くなったからだと思っています。

  6. 弁護士を解任するのは判決が出る前なのか?後なのか?が焦点ですね
    そして判決が出たあとで弁護士を解任したとして判決は覆るのかどうかってコトですね

  7. 感情を重んずる韓国と、約束を重んずる日本。

    そもそもハルモニの七割の支持があったのに
    それを平気で無かったことにしている韓国が
    感情を重んじているとも言い難いのですが。

    不支持のハルモニも北の機関直轄だろうから
    韓国の意志とするには無理があるだろうに。

  8. 韓国人が求めているのが「許す・許さないの意志表示を永続的に何度も行える自由な立場」なことが明らかになった以上、もはや日本側が譲歩することはありません。また、「約定の順守に基づく信頼」という概念に対して理解の幼稚さも明らかになり、国家間の信用・信頼が脆弱なことも分かりました。今後日本が韓国に対し融和的なるかどうかは、韓国の行動いかんによるでしょう。楽観は無理です。

  9. 日本ではよく、どんなことがあっても他人の借金の保証書にハンコを押すなと言います。一度、ハンコを押したりサインをしてしまったら、そんな積りじゃありませんでしたという、韓国人得意の言い訳は通用しない。弁護士が首になっても、裁判所は淡々と、保証を履行しなさいという判決を下すだけです。

    百歩譲ってこの弁護士さんは、手続きに瑕疵があったのだと言いたいのかもしれませんが、慰安婦の了解を得るという手続きが法定されているわけでもなく、韓国人が後から一方的に言い出したものである以上、公の場で通用する話ではないでしょう。

    例によって、何か言い返さないといけないと焦って、弁護士などという話を持ち出して墓穴を掘った感じですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。