韓国のテレビ「伊藤博文は坂本龍馬の影響を受けた。日本は坂本龍馬を偉人として教えてはならない」

雪の降る夜です(´・ω・`)

午前の更新ができるかどうかわからないので、一つ更新しておきます。

韓国が日本の道徳教科書にいろいろ問題を提起しだしました。報道本文は「伊藤博文は坂本龍馬の影響を受けた」と主張しており、坂本龍馬すらも教科書から消すべきだとするニュアンスです。

地上波放送MBCの報道、まとめてみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・日本が第二次世界大戦後に消えた「道徳」科目を70年ぶりに復活させました。復活した教科書は、日本を被害者として描写し、軍国主義的色彩を表わしています

・19世紀の朝鮮侵略、いわゆる「征韓論」を主張した西郷隆盛を、日本の発展を導いた英雄として表現しています。他の教科書も吉田松陰や坂本龍馬などを精神的指導者として扱っていますが、朝鮮侵略の先頭に立った伊藤博文などが彼らの影響を受けた後継者です

・特に第二次大戦には原子爆弾で廃墟になった日本を言及し、自分たちを被害者として描きました。一方、慰安婦や南京虐殺など、日本が周辺国に与えた犯罪は全く言及していません。私たちの政府は、日本の道徳の教科書の内容に問題があると見て、最終的に教科書を検討した後、対応を決めると明らかにしました

http://v.media.daum.net/v/20180201204306742

 

別に道徳がどうとかの話よりも、先も書きましたが、この理屈だと「日本の近代・現代史に、偉人として教えられる人は存在しない」ということになってしまいます。ある意味、韓国が望んでいる日本の教育が「偉人のいない歴史」かもしれませんが・・

余談ですが、いまはどうなのかわかりませんが、韓国には80年代にも小学校に「道徳」科目がありました。セマウル運動マンセー!とか、金日成を叩き殺そう!とか、そんな内容が主流だったと記憶しています。

 

 著書関連のお知らせ ♨

NEW! ・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

 

“韓国のテレビ「伊藤博文は坂本龍馬の影響を受けた。日本は坂本龍馬を偉人として教えてはならない」” への194件の返信

  1. 「道徳は、政治的に利用されることもある」では教育は、報道は、どうでしょうか。利用しようとすれば何でも利用されるのであり、道徳のみではありません。また「初代内閣総理大臣は伊藤博文でよかったのか」という事も意味がありません。なるべきしてなったのです。人間は神ではありません。不完全だから人間なんです。
     批判をしようとすれば、おそらくほとんどの人間は批判される要素を持っています。ただ言えることは命を懸けて生きた人々を非難するほど小生は社会的貢献をしていません。非難している人は、違うのでしょうね。
     ただ、韓国が日本の教科書まで口を出すなと言いたいですね。大きなお世話です。

  2. 「道徳」を教科として、点数を付けるのは是が非かで少しもめていましたよね。

    私の個人的な意見としては、教科になり成績を付けることには反対です。
    しかし、地域や学校や教師によってバラバラで、何処のプロパガンダや洗脳に近い方法として利用される事も有ったのでしょう。(特に日教組の力が強い地域等)政府としては危機感を持った結果が「道徳」の教科書に繋がったように思います。

    1. >なつのさん
      道徳は入試には使われません

      皆さんの議論読んでてマイケル・サンデル『ハーバード白熱教室』を連想しました「政治哲学」ですが
      正解はあるのか?自分でどう思う?と考えさせる

      1. >正解はあるのか?自分でどう思う?と考えさせる<

        私が小学生の頃の「道徳」の時間は、自分で考えましょうと言う形態だけはありました。ただし最終的には教師の意向に沿う形になって行くのが心底嫌でした。

        1. 今、それが嫌だったと語れる事も重要な事なんでしょうね。何の疑いもなくすほど何かを刷り込まれた訳でもないのでしょう。

      2. 共感します.
        他の議論でもサンデル教授の示唆は参考になりますね.

        Michael J. Sandel 「これから『正義』の話をしよう」
        ISBN-13: 978-4150503765

        韓国でもベストセラーになったようですが・・
        韓国的道徳観を補強しちゃったかも知れません.

        彼は,(意抽)「道徳への公的関与が相互尊敬の基盤を強める」と考え「公の討議をやってみよう」と述べましたが,道徳的結論が固定されている社会には適用できそうにありません.

        そうでない人も居るとは思うのですが・・

  3. この前、東京の下町を歩いていたら、古い石碑があるので何だろうと思ったら、太平洋戦争時の東京大空襲でこの街でも400人の死者が出た。その13回忌にその死者の冥福を祈ってこの碑を建てたというものでした。そして、その碑の前には、今も花が供えてありました。

    被害者であろうと、加害者であろうと、歴史を忘れないというのは、こういうことだと思います。

    ソウルでも朝鮮戦争で膨大な数の犠牲者が出たはずですが、戦士した兵士のための立派な国立墓地はありましたが、街中でこういう光景は見られなかったように思います。

    そう言えば、文禄・慶長の役の犠牲者を追悼する施設も、京都には耳塚があるけど、朝鮮半島にそういうものがあると聞いたことがありませんね。

    1. ユウツベで、武田鉄矢さんが、言っていましたが、韓国には、とにかく数多くの石碑があるそうです。しかし、それらは何某かの犠牲者を追悼するものではなく、子々孫々の代まで、恨みを忘れないようにする、そのためだそうです。いかにも朝鮮的ではありませんか、そうやって「恨」を醸成するのでしょう。日本人には到底理解できませんが、慰安婦像への異常な拘りも、それの延長線上にあるのであろうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。