韓国大手紙「日本で嫌・モンゴルが爆発している」

中央日報が、相撲関連で「嫌・モンゴルが日本を揺らしている」「モンゴル勢に負けていた日本の自尊心が爆発した」と報道しました。

大してまとめる内容も無いけど、全訳も面倒なので何とかまとめてみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・モンゴル出身の選手間の暴行事件が昨年日本の最高ニュースだった

・モンゴル勢に押されていた日本の自尊心が「嫌モンゴル」で爆発している。相撲ファンと保守マスコミは暴行事件をモンゴル選手たちのせいだとした

・モンゴル歳に対抗した貴乃花は「相撲の戦士」だった。いまも古い慣行を拒否していることで改革の象徴になっている

・モンゴルの大陸文化と日本の孤立文化が衝突したとの分析もある

http://v.media.daum.net/v/20180204080101584?d=y

 

・・・かどうかはともかく。

嫌韓なら聞いたことあるけど、嫌モンゴルってなんでしょうか。聞いたこと無いけど。

 

韓国は、日本のことを「閉鎖的な思考を持っている国」だとしています。今回の件もそうですが、自分と異なる存在を認めず、全てを「混ぜて」1つにしないと気がすまない、そんな国だとしています。

そう決めつける理由は簡単です。韓国はいつも自分の問題を日本に投影しているからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

NEW! ・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“韓国大手紙「日本で嫌・モンゴルが爆発している」” への101件の返信

  1. 今度は「嫌 モンゴル」なんて聴いた事も見た事もなかった.。

    理由?
    簡単でしょ?
    「反日宗教」の為せる技でしょ?

    ちなみに、「反日宗教」の「神」なる「なんとか像」は、世界進出して、御供え物して、崇められてる。
    日本を卑下できる韓国唯一の「武器」でもありますよね?

  2. 謎のモンゴル人キラー・カーンなんてのが居たくらい日本人はモンゴルをリスペクトしていた。
    アンドレの脚を折ったアドバトロス殺法はアバンストラッシュと同じくらいは真似されていた。

    一方、謎の韓国人なんてのは居ない。
    謎の日本人、力道山なら居たけど。

    1. カラーカーンの居酒屋さん、今、新大久保に有ります。高くてまずいが、韓流おばさんが入っていたスンドプ店が潰れて、代わりに入りました。
      カラーカーンは京浜東北線の電車に一緒に乗りましたが、大きい身体でした。

    2. 大木金太郎コト金一(キムイル)ならしってるよ。馬場と、猪木がまだ仲良しだった時代。

  3. 韓国人記者なら「嫌蒙」ぐらいに書かなきゃ、エリートなんだから

  4. 全国民が平昌オリンピック成功の為に意識して集中しなくてはいけないこの時期に、日本の相撲などに関心など寄せていられるかっ!と気合いの入った声は無いのかな。
    日本の相撲も昔は韓国人力士がいたはずだよね。嫌韓差別のせいニダって記事ぐらい書いて欲しい。
    チーズタッカルビぐらいで嫌韓の壁が破れたと満足してはいけないニダ、韓国マスコミ。
    独断と偏見のもっと強力な電波を出すニダ。

  5. ヨーロッパ出身の力士が暴力問題を起こしたこともありましたな。
    相撲における「力」が「暴力」につながると言うのは、相撲についての理解が足りないということではないのかな。正月に神前で四股を踏む事や横綱がしめ縄のようなまわしをつける意味を考えて欲しい。
    新弟子検査に筆記試験を導入するくらいのことがあってもいいと思う。相撲部屋は暴力団じゃないのだ。

    1. 粗暴な力士や、素行の悪い力士が日本人にはいなかったとでも言うつもりかい。

      親方の指導がいただけないのであって、これはモンゴルの問題じゃない。しかしこれを「モンゴルの民度が」と、モンゴルを卑下して、日本とモンゴルのあいだに亀裂を生じさせ、軋轢を起こそうとしている輩がいる。

      それに乗せられて、まんまと利用される馬鹿もね。

      反米を唱え、日本とアメリカとの仲を裂こうとする在日朝鮮民主党とやってることは同じ、これは彼等の特徴的なやりかたなんです。

  6. なんで韓国人って、来たこともない日本のことを、住んでいる日本人よりよく知っているんでしょうね・・・(皮肉)

  7. 嫌白鵬なんだけどな~
    テーピングでガチガチに固めた肘を使う卑怯者は、「大鵬の鵬」を名に使う資格ないからね。

    被害者の貴ノ岩もモンゴル人っていうのは、どうでもいいみたいですね。
    あ、貴ノ岩は「親貴乃花親方=親日」だから「悪いモンゴル人」で、
    白鵬は「良いモンゴル人」なのかー

  8. あくまで相撲の世界の話ですよね。日本全体としては別にモンゴル嫌いなわけではない。興行としての相撲は江戸時代以来の伝統があるわけで、韓国のシルムなんかとはわけが違う。当然、文化的な衝突は起きる。

    孤立文化とは、言い換えれば独自のオリジナルな文化。それは韓国にはほとんどないもの。モンゴルは大陸の一部に過ぎず、これを大陸文化というのも無茶苦茶。モンゴルに侵略されて属国になった朝鮮の文化はモンゴル文化の亜流だとでも言いたいのですかね。

  9. 韓国に関する情報は膨大なので見さえすれば100パーセントの日本人が確実に嫌韓になる。モンゴルに関しては情報がないからそれはありえ無い。

  10. 嫌モンゴルの意識は少しは芽生えつつあるだろう。
    しかし、事件の被害者もモンゴル人なので、、、。嫌モンゴルとまではいかない。朝青龍は今でもコアなファン層がいるし、本当に嫌われているのは白鵬とその白鵬に阿る隠蔽体質の相撲協会じゃないかな。事件後も暴行者の日馬富士より、白鵬が嫌われているし。怪我をしていた照ノ富士も白鵬の被害者だし。マスコミに出ていた旭鷲山はインチキっぽいけど倫理観はかなりマトモだった。

    私個人は、モンゴル人が朝鮮人と似た最低の人間性だとガッカリしたけどね。白鵬個人の資質とは言えない部分もあるし。
    なぜならハワイ出身力士は徒党を組まなかったし、朗らかだったし、陰湿じゃなかったし、権力志向も強くなかった、、。
    外国人だから問題なのではなく、明らかにモンゴル人だから問題が起きたのだと思う。
    明確にモンゴル人の卑怯な民族性を見て、大帝国を築いた末裔としてのモンゴル人へのこれまでの尊敬が失せたよ。もうモンゴル人というだけで歴史から敬意を持つ事は無いだろう。

    1. 日本軍がやったとされる三光(焼き尽くし、殺し尽くし、奪い尽くす)の元ネタであるモンゴル帝国が敬意をもたれるのも、おかしな話だったりしますけどね。

      日本と似た歩みをしていたかもしれない宋や高麗をぶっ潰して、朱子学に毒されたあの中華世界になった原因はモンゴル帝国だし。(あのロシア人を創ったのもモンゴルだし。)

      モンゴル帝国が史上初めてユーラシアの東西を繋いだ(=モンゴル帝国から「世界史」が始まった)という故岡田英弘の思想には賛同していますが。

      1. 統率力と勇猛さにおいて、敬意を持っても良いでしょう?
        今以上に、強さを称えられる時代ですよ。
        武器の性能で決まる時代では無かったし、銃器全盛の時代と違い、軍事訓練が出来ていない人間が戦える時代でもなかった。
        勝つには知恵と勇気と戦術と肉体の強靭さがモノを言う。
        いくら偉そうにしてたって、モンゴルの前には西洋キリスト社会もイスラム社会も無力だった。
        それに、モンゴル帝国は、短命だったが、その残照はユーラシア大陸の広範囲にわたって19世紀まで残っている。その凄さがわからないかな?

        あと、朱子学の間接的な原因はモンゴルであっても、朱子学を作ったのは臆病で劣等感を持った漢民族の感性ですよ。
        今でも、中国人は朱子学関係なく、日本や米国に対して不思議な論法で自分達のプライドを保っているじゃないですか。惨めになったらいつでも湧き出すんですよw

    2. そうですね。
      神事として相撲を観ると、横綱の権力とは「強いから」に集約されています。白鵬はその部分は完全に理解していると思う。勝つための努力は尊敬に値すると思います。
      しかし、勝ちたいというハングリーさが品格を貶めるなら本末転倒。横綱の信仰の対象は「強さ」であり、それは相手を負かすこととイコールではないから。相手を負かすことしか考えない力士は勝ちに貪欲なだけで「強い」とは言えない。横綱相撲(…という言葉はあまり好きじゃないのですが)ができない横綱はやはり横綱の資格はないと思います。日本人の信仰の対象は「横綱」であり「勝つことで横綱の地位にしがみつこうとする個人」ではない・・・日本人の私にもうまく言えないなぁ。

      モンゴル人力士にとって相撲界は「一旗上げる場所」でしかないのかなと思えることがあります。
      モンゴル人力士が相撲の根本である「強さ」の部分を支えてくれている。できることなら、これからは「日本人の私にもうまく言えない部分」も支えて欲しいと思います。

      1. 確かに横綱は強さだけではいけないんですよ、だから横審なんてものがあるわけで。
        しかし、そんなしょーもない不覚悟な人物を横綱に任じたなら、それは日本人の問題でしょう。

        それを民族の問題に還元しようとする。それが間違いなんだとわたしは思いますね。

        1. あくまでも信仰のベースとなるのは「強さ」ですからね。品格はその強い人に期待するしかないのでしょう。そもそも品格を評価すること自体が品のない行為ですし。
          遊び人でフラフラしてる若者に「嫁をもらって子供ができれば自覚が芽生えるんじゃねーか?」という期待をかけるような話で頼りないですね(笑)

    3. mottonさんの書き込みを見て、誤解する人がいるかもしれないので、補足しましょう。
      モンゴル帝国が宋や高麗を征服したときには、その国々はすでに「朱子学に汚染されて」いました。
      モンゴル帝国が残念だったのは、せっかく既存の世界システムである華夷秩序をぶち壊したのに、その後「科挙」を復活させ「朱子学」を基本科目化することで、東洋を元の木阿弥状態にしてしまったところです。
      そういう意味で、今の「朱子学の腐ったもの」が価値観の根底を形成する「かの国々」ができてしまった責任の一部はモンゴル帝国にありました…とさ。
      どっとはらい。

      1. 朱子学を生んだのは遼や金の侵攻ですけど、まあ似たものということで。
        紀元前からある中華思想も遊牧民族に勝てないというコンプレックスの産物ではあるのですが。

        ただね。「言論のよって士大夫を殺さず」という、その後(元~現代まで)の中国には存在しない”言論の自由”のあった宋は滅ぼされるには余りに惜しかった。(その前やその後の王朝と違い、滅んだのではなく滅ぼされた。)

        1. そうですね(宋ですね、と書くべきか?)。
          北宋が政治体制の改革に成功してれば、と思います。
          論敵が「圧殺」されるのではなく「下野」する。そういう状況が進化してれば、諸子百家の時代の再来のような別の東洋が有ったかも、と想像してみるのは、面白いですね。

    4. ①今回の事件の本質は傷害事件。それを伝統的手法で隠蔽しようとした相撲協会・検察・マスコミの体質。
      ②日本人が関取になるのが大学卒では遅すぎる。才能第一の世界に学歴なんて関係ない。大学相撲出身では型が固まっていて、親方でも矯正しにくい。貴・若兄弟は中卒で大横綱。イチローは高卒、羽生もしかり。ひばりやはるみも中卒。
      なんでもかんでも大卒を目指した、韓国並み日本社会の歪みが最大の犯人。
      結果、人材を外に求めざるを得なくなり、素行に甘くなった。
      反日理由でシナ人・韓国人の関取はいないが、多人数であれば今回のようなトラブルを引き起こし、両国の政府が反日の口実に使っていたに違いない。
      貴乃花は貴の岩にモンゴル会への参加を禁止していたらしいが、白鵬他のモンゴル勢の親方はどうだったのか。
      ②それに大相撲の利権を維持したい協会、マスコミ、財界の意向もある。
      以上から、今回の騒動は、モンゴル側と言うより、日本の国内問題と規定した方が適切だ。

コメントは受け付けていません。