韓国大手紙「日本で嫌・モンゴルが爆発している」

中央日報が、相撲関連で「嫌・モンゴルが日本を揺らしている」「モンゴル勢に負けていた日本の自尊心が爆発した」と報道しました。

大してまとめる内容も無いけど、全訳も面倒なので何とかまとめてみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・モンゴル出身の選手間の暴行事件が昨年日本の最高ニュースだった

・モンゴル勢に押されていた日本の自尊心が「嫌モンゴル」で爆発している。相撲ファンと保守マスコミは暴行事件をモンゴル選手たちのせいだとした

・モンゴル歳に対抗した貴乃花は「相撲の戦士」だった。いまも古い慣行を拒否していることで改革の象徴になっている

・モンゴルの大陸文化と日本の孤立文化が衝突したとの分析もある

http://v.media.daum.net/v/20180204080101584?d=y

 

・・・かどうかはともかく。

嫌韓なら聞いたことあるけど、嫌モンゴルってなんでしょうか。聞いたこと無いけど。

 

韓国は、日本のことを「閉鎖的な思考を持っている国」だとしています。今回の件もそうですが、自分と異なる存在を認めず、全てを「混ぜて」1つにしないと気がすまない、そんな国だとしています。

そう決めつける理由は簡単です。韓国はいつも自分の問題を日本に投影しているからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

NEW! ・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“韓国大手紙「日本で嫌・モンゴルが爆発している」” への101件の返信

  1. 蒙古は、開城に応じない城郭都市を攻め落としたあと、女も子供も市民一人残らず殺したという。降伏要求したときに、降伏しなければ皆殺しと通告していた。噂を伝え聞いて降伏が相次いだのだろう。あんなに早く征服できたのには騎馬民族だけが理由ではない。

    モンゴルは間違っても慰安婦がどうのとか言わないと思う。

    使者が二度も戻ってこないからこの蒙古が激怒した事は想像に難くない。負けてたら日本人皆殺しだった。朝貢を要求するとは無礼千万!と使者の首はねちゃう鎌倉幕府もすごい。それに比べて、これだけ侮辱されても、謝罪賠償を繰り返す今の日本人は何者?

  2. NHK総合で放送された韓国ドラマ「チャングム」
    宮廷女医養成訓練所に入ったチャングムは日々授業を受け訓練に励む。最後に合否と派遣先が決まり成績優秀者は宮廷で医官になり、王妃など王族や女官など女性の治療に当たる。ところが誰一人宮廷女医になれなかった。王が「官費を使って教育してきたのになんたることだ」と怒って臣下に理由を尋ねた。
    道徳を担当する文官が、ある日外国使節の接待に訓練生を妓女として利用、ただ一人従わなかったチャングムにプルトン(不可)を付けた。一つの教科でもプルトンがあると宮廷には上がることはできない。せいぜい地方の役所の医官まで。その日は妊婦診察の実習があり、チャングムだけが受けた。その担当の文官が妓女になった者全員をプルトンにした。結局一人の女医も誕生しないこととなる。

    ここで王と臣下の会話

    「訓練生を妓女に使うことは前王のときに禁止になった。まだ悪弊が続いているのか。すぐにやめさせろ」
    臣下
    「そうは言っても、王様、昔から兵士に官婢をあてがうことは行われていた。それを禁止すれば兵は一般人の女性を襲い、民に被害が出る。民の為にもやむを得ない事です。」
    ちなみに女官は両班や中人がなるが、女医は奴婢。宮廷には舞を踊る妓女がいて、中国使節団の性接待も行う。同じ奴婢だから流用しても構わないという事になる。

    「慰安婦は天皇が兵に与えた贈り物」と米国の教科書に載るというが、まさにそれ、王が兵士に官婢を与える事が普通に制度化されていた。他の部署の女まで拝借。この訓練生は女医になると王妃に触れるんだが、、、朝鮮人の売春免疫力には恐れ入る。お茶の間で大人気のこのドラマを韓国人は見て誰もが知っている。

    兵を招集した時に、足りないと民間の妓女を使ったが、それでも足りないと一般家庭に押し入って調達していたとも聞く。

    だから鏡に映った自分の姿を鏡の日本にぶつけて罵詈雑言雨あられ。

  3. 性奴隷も貢女。高麗が元に女を貢物として贈るために、兵士が出動して、一軒一軒押し入って若い女を強制連行、役所まで数珠繋ぎにして連れて行く地中で市中で新婚カップルの女を拉致。追いすがる家族たちが役所までたどり着くと、将軍が出てきて、「結婚したばかりでまだ初夜も迎えていないんです。妻を帰して下さい」と訴える夫に歩み寄ると、一言もなく突然剣を抜いて切り殺す。

    これって、高麗が滅び李氏朝鮮が生まれる時代劇の一場面。李氏は高麗の将軍の一人。自国民を自国軍が強制連行して性奴隷として外国に贈るドラマを韓国人は当たり前のように、茶の間で見てる。年寄りも子供もだ。だから日本軍が踏み込んで強制連行、性奴隷にしたというストーリーはすでに見たもので現実感がある。

    結局、彼らが日本に対して浴びせている罵詈雑言は自分たちの姿を見ている。なぜそんな事が許されているのか。理由は簡単。日本が文句も言わずに鏡となり続けているからだ。そんなに怒っているのなら、話半分だとしても大変なことだ。少しなだめればおさまるだろうと思っている日本人に原因がある。名誉毀損、侮辱行為だとして徹底制裁すれば鏡は壊れる。友好姉妹都市続けていては鏡は堅固。

    ちなみにそのドラマ。貢女が元から脱走して戻り、高麗王の妃になり世継ぎを生むという設定だから、韓国人の慰安婦話を真剣に聞いてた日本人なら口をあんぐりしてしまうわね。慰安婦話を取り合っていた自分の馬鹿さ加減がアホらしくなる。

  4. しつけえんだよ!このキムチ野郎!

    悔しいだろうが仕方ないんだ( ^∀^)

  5. 韓国”だけ”が嫌われてるという現実は意地でも見ないつもりなんだろうな。
    新聞がわざわざ現実逃避記事を載せるほどの悲惨さに誰も言及しないのかな、かの国は。
    まぁ、言いたいことが言えなくても同情はしないが。

  6. 訳「この例を見ても分かるように、自分達朝鮮人が日本人から嫌悪されてるのも、日本人に問題があるのであって、我々に問題があっての事では無いのであるので我々は変わる必要など無いのであるウェーハッハッ」
    って事でしょう

  7. 同じ論法

     慰安婦問題も、未だに自分たちがしていること、あるいは、ベトナムでしてきたことを、日本軍がしてきたとすり替える。
     ことごとく、自分たちの問題を日本の問題にしたいようだ。それしか、自分たちの憂さを晴らす方法を知らないだけなのだろう。

  8. モンゴルは長幼の序列意識が低く、実力社会なんです。
    文化的に、遊牧民の伝統ですね。
    朝青龍なんかその典型。
    その態度が「横綱に相応しくない」というのは、形式化された今の大相撲の宿痾と言っても良い。
    モンゴル人が嫌われているというのは全く間違いで、貴乃花親方と同じ文脈でバッシングされているだけ。
    プライド云々なんてのは、曙すら知らないであろう無学者の戯言ですね。
    外国人力士はむしろ人気者です。
    日本人がモンゴル人を大好きなのは、源義経=チンギス・ハーンみたいなヨタでも明らか。
    モンゴロイドって呼ばれた時、日本人は喜んだんですよ。
    韓国人だって、日本人は百済の子孫って言いたがるじゃないですか。
    要は、韓国人の理想の国って日本なんでしょ?
    それに近い憧れを、伝統的に日本人はモンゴルに抱いているんですよ。

    1. 日本人は伝統的にモンゴルに憧れを持っている・・・?
      それは流石にちょっと違うような気がしますねえ
      そもそもそこまでモンゴルに興味を持つ人は多くないと思いますけどね

  9. 見たいようにものを見るですね…
    たとえ問題を起こしたのだとしても、一部のグループに関する問題で出身国を嫌いになることなんてないですよ。
    それよりも相撲部屋や相撲協会の体質に論点がある報道でしたよね。
    嫌韓は国や国民の多くが反日的な行動や運動しているからの原因。
    そういえば、日本人にとってモンゴルはチンギスハーンやモンゴル帝国、遊牧民、パオなど社会の授業で習って意外と親しみを感じる国なのかも。絵本だけじゃなくて小学校の国語の教科書には「スーホの白い馬」が載っていますしね(今は分からないけど)。

  10. >そう決めつける理由は簡単です。韓国はいつも自分の問題を日本に投影しているからです。

    以前からこれが不思議で理解出来ませんでした。確かに韓国人は「日本は弱いものに強く、強いものにひれ伏す」など本当は自分らがそうなのに、日本がそうだというふうに話します。
    このメンタルはどういうところから来てるんでしょう。なんで日本に投影するんでしょうか。
    「なすりつけ」ではなく、また違った理由の様に思えます。
    韓国人の思考は本当に変で独特で、それが日本人に「嫌いながらも韓国に興味を持ってしまう」所以だと思います。

    1. 日本という性質により、日本を見たときに鏡に映った自分を写すようにできているからだそうです。

      日本人は精神的摩擦が苦手、感受性が強い、繊細で、争いには向きません。そのため、相手と遭遇した場合、その対となる形に自身を変化させ衝突を回避しようとします。つまり相手の穴を無意識に埋めている。男女でいう凸凹みたいなものです。これにより鏡のような性質を持つのではないかと思われます。

      例えば、サイコパスは人も物も同じように扱います。人を物のように扱うってことですね。かたや日本人は物にも魂が宿ると考えるため、人のように扱います。つまり人も物も同じように扱います。真反対のはずが、文章化すると同じになってしまいます。
      日本人は共感性能力及び感受性の高さによって相手の性質を読み取りその対になることで衝突を避け、自分の心を守ります。またサイコパスも相手の理想を演じるのが得意です。相手から好意を引き出し、信頼させ支配することで自分の身を守るためです。ただしこちらは目に見える情報によるものなのでデータ解析に近い。共感はしてない。
      日本人はこの性質のせいで、媚びているやら好意があるやら憧れているなどという勘違いを多々受けます。サイコパスの方はこれを利用することで自分を守るのですが、日本人はその前ですでに自己保身を終えているので、余計なものにしかなりません。(よって無視するため、冷たいと言われる。)しかし、サイコパス 、つまり支配するのが得意でそれが生きる術の人間から見ると、自分が利用したいものが使われずに放置されているため、引き寄せられる訳ですね。
      日本人のフリをしたり日本製のフリをしたりするのはそれかと思われます。
      また日本以外は基本的に支配するかされるかの競争社会に生きてますから、いっぱいよってきますよね。その中でも競争が生まれるため、支配欲が強い人間が日本との関係性の近くに残るのではないかと思われます。

コメントは受け付けていません。