どのような結果になっても、損をするのは北朝鮮ではなく、韓国

さて、金正恩氏が「国家」の最高指導者として文在寅大統領を招待した件について、です。

北朝鮮は基本的に「朝鮮半島の赤化統一」を目指しています。彼らの世界では、それこそが「民族自主」であり、主体思想も、先軍政治も、核兵器も、そして連邦制統一の提案とかもすべてがそのために存在します。

しかし、70年代になり80年代になり・・・韓国との全面戦争の可能性も、北朝鮮主導の吸収統一(韓国が完全に無くなる、一民族一国一政府体制)の可能性も、時代の流れとともにほとんど無くなりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

そして、北朝鮮は、吸収統一を連邦制統一(一民族一国二政府体制)に転換しました。そして、韓国との戦争をより局地的なものに転換し、武力による韓国での政府転覆(武装ゲリラによる暗殺や破壊工作など)を試みますが、それからさらに「韓国の孤立」路線に転換することになります。

反日も反米も、それをやって韓国がすぐに「北朝鮮との連邦制統一」に同意する国になるとは、北朝鮮も思っていません。ただ、韓国が北朝鮮「側」に来るしかない状況を作る、いや韓国自らの手でそんな状況に陥るようにしかけることは、できます。

「反日は迂回的な反米になる」というのも、すべてその路線の一環です。あの時も書きましたが、北朝鮮が反日をしかけているというのは、「それがすべてではないが、それが存在するのは重要な事実」として認識する必要があるでしょう。もちろん、だからといって日本が韓国にあまい態度を取って損をする必要はありません。韓国の自己責任として、日本は日本の国益を守っていけばいいだけのことです。すべて、ブログにも本にも、何度も書いた内容となります。

今回の招待の件は、『北朝鮮からすると』本当に良い手です。北朝鮮からしても愚策だという意見もあるみたいですが、私はそうは思っていません。今回の件がどのような結果になろうとも、北朝鮮としてはいまより立場が悪くなることはありません。言わば、この件で北朝鮮が損をすることは何もありません。

損をするのは、韓国です。どんな選択をしようが、韓国は損をします。だから、北朝鮮にとっては本当に『良い』手です。

いままでの文在寅政権の外交路線上、断ることは難しいでしょう。この件で韓国内で議論が発生するだけでも、北朝鮮は得をします。その分、韓国が日米から変な目で見られ、孤立することになるからです。もし本当に文氏が北朝鮮を訪問すると、韓国は日米陣営からはさらに孤立することになります。

 

左寄りの記事の多いニューヨーク・タイムズの記事ですが、やはりこの面はちゃんと指摘されています(URLは本文章の色付きの部分をクリックしてください)

<・・But the overture by the North also risked driving a wedge between South Korea and the United States, its main military ally, which has been campaigning for “maximum sanctions and pressure” against North Korea.

Vice President Mike Pence, who was visiting South Korea for the Olympics, has used increasingly hostile language against the North in recent days, calling it the most tyrannical regime on the planet and steadfastly avoiding interactions with North Korean delegates at the Games.・・>

<・・今回の件は、北朝鮮に対する最大限の制裁と圧力を求めてきた米国と韓国の間に隔たりを作ることになるだろう。

オリンピックのために韓国を訪れていたマイク・ペンス副大統領は最近、北朝鮮に対して攻撃的な言動を見せ、北朝鮮代表団との対話を断固として避けた・・>

 

しかし、韓国内でこのようなことを指摘する声が「あまりにも」少ないのは・・なせしょうか。わかるような、わからないような。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

 

 

197+

“どのような結果になっても、損をするのは北朝鮮ではなく、韓国” への195件の返信

  1. 北朝鮮にとって良い手という部分については、完全に同意ですね。
    愚かしい人には、それが理解できないみたいだけど。
    北は損をすることがないというのも含めてね。

    ただ、損をするのは韓国というのは、ちょっと違うと思う。

    これは韓国が「望んですること」なんですよ。
    韓国の民意も含めてね。

    韓国側の立場からすれば、アメリカの攻撃により朝鮮戦争が再開すれば、ソウルは壊滅して、得をするのは特需に沸き、朝鮮民族から核を持つ権利を奪って、自分は無傷で軍事力を高められる日本。

    朝鮮民族同士が殺しあって、日本はただ利益だけを得る。
    それは韓国人にとって大変悔しいことなんです。

    そういった韓国側の基本的な考え方を述べる必要があるかと思いますね。
    でなければ日本人は、なぜ韓国が邪魔をするのか理解できないからね。

      1. 挑発しすぎか、、すんません。

        分かるように説明してさしあげるけど、日本なんぞ関係ないし、韓国なんぞ関係ありません。
        一から十まで米国と北朝鮮の駆け引きです。バイプレイヤーの利害なんぞ分析に入れてどうすんの?
        それを理解した上で考えてみましょう。北朝鮮にとっては、米国からの武力行使の可能性が上がれば愚策でしょう?死んで自分達がこの世から消えて終わるんだから。
        ムンジェインの訪朝は、米国の武力行使への決断を早めるだけにしかならないでしょ。だって、韓国は未だに米国の戦略的な遺産なのですからね。
        米国の論理展開(ロジック構成)が分かりますか?

        ①韓国が説得しても無駄だった。常に北朝鮮は交渉相手を騙そうとする。これならもう武力による解決しかない。
        ②やはり左派は危険だ。ここで韓国に親米政権を立てる方が、遥かにコストが安い。簡単に親米一色にできる。
        ③韓国が米国(我々)を裏切るなら韓国国民は多少は死んでも構わないな。

        あのね、韓国はこれまで形式上は、
        「米国さん、我々は味方ですよね?我々が説得しますから、武力行使はやめてください。」だったのです。
        なのに形式上、
        「米国さん、南北は同胞です。仲が良いんです。武力行使はやめてください。」となれば、武力行使を躊躇うロジックが破綻しますやん。
        「え?何言ってんだ?頭大丈夫か?」(by米国)って話でしょ。

        だから、ペンス副大統領の近辺が同じ文脈で「ムンは何を狙っている?(アホじゃね?)」と言ってるんでしょ?

  2. >南北対話の条件は非核化を目標とすることを確認しているのに、ムン大統領は金与正と会った時に核問題を不問にした

    ムンは離散家族ではないかとネットで出ていますね。北朝鮮におばさんがいるとか。そこしか見ないタイプの政治家でしょう。北と南は家族なんだと。
    北が何かやらかした時、阪神大震災の時に自衛隊の出動をしぶって国民を殺した村山元首相みたいなことが起きます。後手後手に回って初動が遅らせ、被害を大きくする。
    シンさんの読みは当たることが多いので、韓国にとってきびしいですね。

  3. >しかし、70年代になり80年代になり・・・韓国との全面戦争の可能性も、北朝鮮主導の吸収統一(韓国が完全に無くなる、一民族一国一政府体制)の可能性も、時代の流れとともにほとんど無くなりました。

    韓国が前面に出る可能性は無いでしょうが、(韓国軍がヘタレすぎ)
    アメリカ主導の戦争はあるでしょう。(一方的な空爆)

    「核」をジョンウンが離さない事は皆が知っています。
    貧しい北が核やミサイルの技術を売って外貨を得ようとするのも誰でも予想できます。

    >言わば、この件で北朝鮮が損をすることは何もありません。

    南北の暴走は、「アメリカの暴走」を呼び込む可能性も高まると思います。

    1. >>南北の暴走は、「アメリカの暴走」を呼び込む可能性も高まると思います。

      南北も米国も両方とも合理的な動きであるので、暴走ではないですけど、、、大筋でその通りだと思います。「アメリカの実力行使」への決断を促すだけでしょう。

      だから、ムンジェインへの訪朝要請のどの部分が北朝鮮にとって良い策なのか全くわからん。
      北朝鮮の思惑通りに進めばいいけど、それは願望であって、簡単に打ち消される類のものでしかない。

      韓国の存在は、実は北朝鮮の命綱なのね。それなのに、自分側に思いっきり手繰り寄せて、向こう側に縛りつけている部分から切り離せば、命綱にならんやん。

      絶妙な策ってのは、米国を期待させる動きを見せる事だ。それなのに、こんな見当違いの策を未だにやってるとか、、。
      半年前にやって見せればいいのに、米国が戦争準備始めてからやっても、、。
      例えば、マフィアの親分を怒らせておいて、そいつの下っ端と仲良くなって手打ちできると思ってるなら、知能が足りないとしか言えないだろう?
      現状を見やすくするために、登場人物とシチュエーションをちょっと置き換えればすぐ状況が把握できるだろうになぁ、、。

  4. シンシアリーさんは、なぜ訪朝が北朝鮮にとって愚策になるのか、読めていないのかな?
    説明した方がよろしいか?
    おそらくプロセスそのものはわかっていても、イベントごとの重み付けが私と違うのでしょう。だから、違う読みになる。

    ヒント:
    韓国はどういう立ち位置で米国を動かないように説得する事が出来ますか?

    1. 文大統領の訪朝が、北朝鮮にとって「良い手」となる、と解釈できる可能性についての試論。

      この訪朝は「北の瓦解を早めるだけ」だから「北にとっても愚策」である。多分、そういうふうにことが運ぶでしょうから、そのとおりになるだろう、とは思います。

      しかし、そこに「実は、北朝鮮は、南を抱き込んだ上で、米と妥協したがっている」という条件を入れ、その目論見が成功すると仮定すると、結論が変わります。

      北の中枢部は「米朝関係はすでに破綻している、と認識している」と思われます。このままでは、3月に首をとられるか、6月に首をとられるか、の差でしかないでしょう。

      米と妥協できるラインはすでに超えている、と、ここでもう一つ条件を入れましょう。妥協すると、北の軍部(か何か)が、クーデターを起こし、やはり今の中枢部は首をとられるという意味で。
      ゆえに「多少、瓦解の時期が早まろうが、損はしない」という判断が導かれます。これが「北は損をする余地がない」の意味。
      すると「南を抱き込んで、うまくことを収める」可能性に賭ける、という選択肢のみが、彼らの取りうるものです。

      南を取り込んで「偉大な民族統一を果たした」という実績を誇示すれば、米の要求する線で妥協しても、国内情勢が反転しないで済むかもしれません。

      このように北のおかれた状況を解釈すれば「文大統領に訪朝を求める」のが「北にとって、よい手」という結論を導くこともできるでしょう。
      巧く南を抱き込んで、米と妥協し、国内の動揺を招かない。このシナリオが成功した場合だけ、悪手変じて好手になります。

      ものすごい悪手に見えても、相手がポカを出す可能性があれば、勝負手になりますよ(笑)。
      何といっても、相手の文様は「史上最大クラスの大ポカの帝王」ですからね(大笑)。

  5. >少ない
    そこまで考えてないか何とでもなると考えているに一票ですよ。
    やめろって言われて、代わりの利益の提供や相手を説得するでもなく自分勝手を押し通すだけなんですから、何をどうしていても早晩、行き詰まるしかないでしょう。

    それを繰り返して生き延びてきたのが韓国であり、今もまた同じ轍を踏むところですね。やっぱり今度も生き残れますよ、「韓国」という国の方はわからんかな、とも思ったりしますが。

  6. 軍事的には、
    半島の統一は、北朝鮮に取っては利も害も無い。
    韓国に取っては自殺行為でしか無い。

    米国に取っては攻撃の対象を北朝鮮だけにするか、
    半島全てにするのかの違いでしか無い。

    1. 追記:

      米国に取っては「半島が核を放棄するのかしないのか」だけが問題なのです。

      1. >半島の統一は、北朝鮮に取っては利も害も無い。
        良く考えると害ですね。
        どの程度の足枷か判りませんが、
        韓国と言う足枷が無くなれば米国は躊躇しなくて済みますね。
        以下に訂正します。
        半島の統一は、北朝鮮に取っては害でしか無い。

  7. でも朝鮮日報本国語版のコメント欄は、今回の北朝鮮関連、文大統領を批判する声が大勢だね
    米韓軍事演習の延期をめぐる安倍総理の発言に関する記事にも「内政干渉だと言うならサードの中国にもそう言え」という声が大半だった

  8. 日本に取って、韓国は
    経済的にも必要の無い国となりました
    (・∀・)と言うか、そう言う国で有る事が
     単に認識されてきたと言うべきかな

    まっ背中を撃つような味方など
    百害あって一利無しですから

    日本と日本人もいい加減
    自立防衛を考える時期だと思いますよ
    9条二項のアンケート結果みてると
    まだまだお花畑が大多数ですけどね

コメントは受け付けていません。