どのような結果になっても、損をするのは北朝鮮ではなく、韓国

さて、金正恩氏が「国家」の最高指導者として文在寅大統領を招待した件について、です。

北朝鮮は基本的に「朝鮮半島の赤化統一」を目指しています。彼らの世界では、それこそが「民族自主」であり、主体思想も、先軍政治も、核兵器も、そして連邦制統一の提案とかもすべてがそのために存在します。

しかし、70年代になり80年代になり・・・韓国との全面戦争の可能性も、北朝鮮主導の吸収統一(韓国が完全に無くなる、一民族一国一政府体制)の可能性も、時代の流れとともにほとんど無くなりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

そして、北朝鮮は、吸収統一を連邦制統一(一民族一国二政府体制)に転換しました。そして、韓国との戦争をより局地的なものに転換し、武力による韓国での政府転覆(武装ゲリラによる暗殺や破壊工作など)を試みますが、それからさらに「韓国の孤立」路線に転換することになります。

反日も反米も、それをやって韓国がすぐに「北朝鮮との連邦制統一」に同意する国になるとは、北朝鮮も思っていません。ただ、韓国が北朝鮮「側」に来るしかない状況を作る、いや韓国自らの手でそんな状況に陥るようにしかけることは、できます。

「反日は迂回的な反米になる」というのも、すべてその路線の一環です。あの時も書きましたが、北朝鮮が反日をしかけているというのは、「それがすべてではないが、それが存在するのは重要な事実」として認識する必要があるでしょう。もちろん、だからといって日本が韓国にあまい態度を取って損をする必要はありません。韓国の自己責任として、日本は日本の国益を守っていけばいいだけのことです。すべて、ブログにも本にも、何度も書いた内容となります。

今回の招待の件は、『北朝鮮からすると』本当に良い手です。北朝鮮からしても愚策だという意見もあるみたいですが、私はそうは思っていません。今回の件がどのような結果になろうとも、北朝鮮としてはいまより立場が悪くなることはありません。言わば、この件で北朝鮮が損をすることは何もありません。

損をするのは、韓国です。どんな選択をしようが、韓国は損をします。だから、北朝鮮にとっては本当に『良い』手です。

いままでの文在寅政権の外交路線上、断ることは難しいでしょう。この件で韓国内で議論が発生するだけでも、北朝鮮は得をします。その分、韓国が日米から変な目で見られ、孤立することになるからです。もし本当に文氏が北朝鮮を訪問すると、韓国は日米陣営からはさらに孤立することになります。

 

左寄りの記事の多いニューヨーク・タイムズの記事ですが、やはりこの面はちゃんと指摘されています(URLは本文章の色付きの部分をクリックしてください)

<・・But the overture by the North also risked driving a wedge between South Korea and the United States, its main military ally, which has been campaigning for “maximum sanctions and pressure” against North Korea.

Vice President Mike Pence, who was visiting South Korea for the Olympics, has used increasingly hostile language against the North in recent days, calling it the most tyrannical regime on the planet and steadfastly avoiding interactions with North Korean delegates at the Games.・・>

<・・今回の件は、北朝鮮に対する最大限の制裁と圧力を求めてきた米国と韓国の間に隔たりを作ることになるだろう。

オリンピックのために韓国を訪れていたマイク・ペンス副大統領は最近、北朝鮮に対して攻撃的な言動を見せ、北朝鮮代表団との対話を断固として避けた・・>

 

しかし、韓国内でこのようなことを指摘する声が「あまりにも」少ないのは・・なせしょうか。わかるような、わからないような。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

 

 

197+

“どのような結果になっても、損をするのは北朝鮮ではなく、韓国” への195件の返信

  1. んー,再考しても何でいきなり大統領の招待なのだろう.

    会談で上国意識を表出しないなら効果はある.対等に扱うかが注目だが,核保有大国の首領様が傀儡大統領と同格では北朝鮮国内へ宣伝できまい.それは国外へも伝わのではないか.

    高官・閣僚クラスでグデグデやった方が,次の手も色々できた.文タン本人ではボスが舞い上がるので.韓国内や同盟国との調整を管理できない,自律的な印象も薄める.

    もし,大統領の即決性を必要としたなら,それだけ切羽詰っていることになる.ならば,融和ムードの醸成よりも制裁解除の実利を早急に求めるだろう.

    一歩引いてみても,これしか手が無かったということか.

    北朝鮮が望むのは,融和ムードにより韓国が足止め役を続けることだろう.そのためには,閣僚レベルでジリジリと引き伸ばし,大統領は温存して期待感を持たせる方が良策だと思ふ.

    もし,韓国民が非核化のない融和を歓迎し続けるなら,北朝鮮は暫くの延命に成功するかも知れない.その時は同盟のくびきが弱まり,選択の自由度と南朝鮮の被害が増すのではないか.

    狙いはわかるけど判りすぎるだけに,思い通りゆくかな?
    何れにせよ,焦りが見え始めたなぁ

    1. 平昌五輪参加表明から考えていたことの一連の行動だと思います。
      韓国が窮地に陥った時は、用日を図ります。
      北朝鮮も、制裁と核開発の資金に余裕がなくなってきたので「用韓」。
      韓国には金がないので、平和ムード演出のため北は韓国に擦り寄ってきたと推定できます。そして、アメリカと停戦合意を締結して金一族を容認してもらいたいーーーー!。

      この「用韓」核搭載ICBMの完成までの資金の余裕がなくなったことの裏返しとも読めます。愚かな文は、これで統一ができると地に足がつきません。

      と、曇りきった心で想像しています。

      1. 最終目的は金体制の存続ですね,同意します.
        どうやって逃げ切るかのロードマップは以前から計画があるでしょう.何編かのシナリオとイベントで修正をする.多分,秋の米中会談が分岐点だったかと思います.

        「用韓」ですか・・ (ピコーン!)
        「扱韓」はどうでしょうか? (ヨミハ・・ワカラナイアル)

    2. >namuさん

      分かってて書いてるでしょ?
      そういう引き延ばしの選択肢がとれない理由があるんですよ。
      小出しにする方がおっしゃる通り有利だよ。でも、小出しでは状況が覆せないのなら、賭けに出るしかない。それが焦りということを意味するのでしょうが、、。

      焦る理由は? > 北朝鮮には時間が残されていないと自覚しているから。
      そう自覚している理由は? > 米国が戦争すると通告済みで、実際に戦争の準備をしているから。

      こう考えた方が妥当でしょう。大抵、物事はひねって考える必要はない。
      あの北朝鮮の女性外交官の血相変えた映像を見てれば、あの時に米国が武力行使を北朝鮮に明言しているとしても不思議ではない。
      とりあえず、今、北朝鮮は相当焦っていて、次の妙手が思いつかないので、一番分かりやすい手を打って来ただけだよ。
      一見、韓国を巻き込んで米国が手を出せない妙手に見えるけど、それは韓国(韓国国民)を米国が配慮するという甘い”前提”でしか成り立たない。妄想のような”前提”に縋っているのだ。
      しかも、その甘いご都合主義的な”前提”を、ムンジェインとのやり取りで自ら潰しにかかっている。こんなに露骨に韓国に反米させれば誰が配慮するのさ!?
      だから、北朝鮮の上層部は相当に愚かだと私は認定している。

      1. そうですね,大筋で同意します.
        ただ,米も見限ってはいますがね,条約を無効化するまでは至ってなかったと思います.現同盟国を配慮しなくするまでには,証明と相当の根回しが必要でしょう.その幾ばくかの時間を北が食い潰すのはアリかも知れません.

        1. 逆でしょ。韓国を親米に戻すために、ドカンと北爆するのさ。
          敗戦後に、韓国での赤狩りが凄惨なモノになるかもね。
          それは米国の北朝鮮への攻撃の苛烈さによって決まる。米国の攻撃と敗戦後の処理が苛烈なら、強者にへつらう虫けらのように、韓国内の赤狩りは陰惨で壮絶なモノになるだろう。

          1. えっと,今は北朝鮮視点の損益ですよね?
            時間稼ぎのカードとしての有効性ですよ,こっちか向こうか,ウロウロさせることが時間稼ぎになりうる.大統領が赤旗振ったら即決になっちゃうでしょう.北が止めても文タンなら突っ走るかもしれませんが.
            金政権は戦後のことなんざ モルゲッソ

          2. ん?
            私から見ての話ですけど、、、
            明らかに赤旗で、時間稼ぎになっていないと思うんです。
            今のシチュエーションで時間稼ぎが成功するためには、待たせるだけの”欺き”が成功しなければいけません。しかし、今の南北にはその巧妙さが無いのです。猿芝居でしかない。

            嘘だと分かっていても、期待してしまうのは、相手に魅力がある場合だけです。男女の関係でもそうでしょう?
            でも、韓国は魅力的な国じゃないですし、、嘘と分かるような芝居に米国が乗ってくる事は無いでしょう。
            例えば、サウジアラビアなら、地政学上の魅力から、嘘と分かっていても乗らざるを得ない。

          3. おっしゃるのは理解しますが,それほど単純と思えない.開戦の大儀はともかく,保護や避難,ロジスティクス等を考えるなら,出来るだけこちら側に置いときたい とは考えているでしょうね.
            蹴飛ばして向こう側まで行くならば,現在の作戦に支障が出ると思いますよ.で,考え始めたら頭が「共同体感覚」問題へ行ってしまった.
            アドラーを少しずつ眺めていますが,これは別の機会にできたらいいな と思っています.

          4. 少し噛み合っていないように思いますね。

            北は北の思惑として韓国と急接近すればアメリカは攻撃できないと考えていて、韓国も開戦させまいと自ら北の思惑に乗ってしまいそうだ。

            しかしこれは前提条件の誤りで、アメリカとしては少しでも楽な方法で北の非核化を実現したいのであって、それには韓国の立ち位置は関係がない。韓国の立ち位置がどちらだろうが非核化へ向けたアクションは止まらない。今でも民族と同盟の間で揺れる韓国が完全に北に抱き込まれる前に、軍事行動を起こせば、韓国は慌てて掌を返しアメリカに与するに決まっている。このようにアメリカは読むだろう。

            つまり同盟関係が仇になる前に、民族より同盟を取らざるを得ない状況にするためには軍事行動を急ぐ必要が出てくるわけです。

            南北間の損得など勘定しても意味がないのでしょう。地獄行きの列車の中で席取りゲームしているようなものなのですから。

            よって、北に損がないというのは誤りで、自ら列車の速度を速める(寿命を縮める)一手を打ったと考えられます。

        2. >namuさん

           アメリカは、米韓同盟を無効化する必要もないし、文大統領の訪朝に配慮する必要もないと思います。米国の決断で動くでしょう。
           アメリカが調整しているのは、中国の出方だと考えます。マティス国防長官の訪中で、どこまで摺り合わせたのか。もう、一般人には見えませんね。

      2. アホが集って話し込むと、いちばん間抜けな結論にしか達しないのが面白いな。バカの考え休むに似たりとは、よく言ったもの。

        1. アマチュアが集まって「ああだ、こうだ」と検討しても、プロのような明快な「結論」は出にくいです、確かに。
          しかし、それを「話し合いというゲームのルールを無視しまくる」あなたに言われてもねえ(笑)。

          しかも、実はここはアマばかりが集まっているとは限らなかったりして。
          変なレスを付けられるといやだから言っておきますが、私はもちろん、国際関係論や比較文化論については、アマチュアですよ。

          1. ブログのレスにアマモプロもありません。

            その違いは、発言で報酬を受けているかどうか?
            発言内容に信憑性があるかないかではなく
            多少有名か、すごい肩書きの持ち主で、
            多くの人がありがたがって聞いてくれるので、
            販売部数があがるとか、視聴率があっぷするとかの
            効果があるかどうか。

            で、ブログのレスで参考になるのはそれが
            (世論)または(一部の世論)だということです。
            重要なのは正しいかどうかではない。
            多くの人達は(あるニュースを聞いて、どんな風に感じているのか?)まず感心がない。感心が高い。
            韓国擁護が多い、批判的な意見が多い。北擁護が多い。
            北批判が多い。詳しく知っている。
            けっこう重要な部分が歯抜けて伝わっていて、誤解も多そうだ。

            など、要するに多数の(空気)を読むのですよ。

          2. 眠り猫さんへ。
            私の例え方が悪かったですね。

            アマプロの話をしたのは、七誌さんが「バカの考え休むに似たり」という格言を持ち出してきたからです。
            これ自体が「ヘボの考え休むに似たり」という囲碁・将棋が由来の格言の誤用なんですがね。
            だから「ヘボと言うお前は、ヘボ以前じゃ」と突っ込んでみたわけです。

            眠り猫さんのご指摘には全面的に賛同します。その趣旨を承知した上での言葉遊び、とご理解ください。

    3. >また来たよさん

      北朝鮮の目論見は、日米韓の切り崩しだというのが、このブログの持論です。
      日米韓の安保体制は基本中の基本です。この結束を切り崩すのが北の戦略です。

      アメリカ軍が単独で軍事展開するなら、米韓軍事演習はいったい何なんだということになります。アメリカは同盟を組んで敵を攻撃します。アメリカ軍が単独で北爆というシナリオは軍事作戦的にありえないというくらいめちゃくちゃな議論です。小野寺防衛大臣が、韓国は重要な国だ、と発言しているのは、韓国抜きの安保体制はありえないということです。

      この基本を踏まえて、韓国が北朝鮮といちゃいちゃしていたら、アメリカは韓国と同盟を組んで北爆はできないだろう、と読んでいるのが黒電話だと推測できます。黒電話の考えは、北爆の時間稼ぎではなく、アメリカの軍事作戦の無効化です。それが効果があるのかないのかは別の議論になるでしょう。

      前のコメントで、イマジンの歌詞が著作権云々という話でふと思ったのですが、アメブロのアイコンの使用は大丈夫なんですかね?。

      1. 北の思惑はその通りです。
        しかし、それは所詮は浅知恵、、だということですな。

        すでにトランプ政権は同盟国である韓国に、友好姿勢ではなく、制裁を発動していて脅しの段階に入っています。
        つ・ま・り、、、
        韓国に配慮して味方として機能させる戦略から、韓国を力で従属させる戦略に変わっているのです。(←ここ重要!)
        だから、北爆は米韓同盟の維持のためにも有効なのですよ。北爆の強行は韓国を向こうに追いやる結果にはなりません。

        ナポレオンと同じです。
        民衆や政治家にどんなに不満があっても、彼が勝者でいる限り大勢は表だって逆らわない。韓国が、少なくとも韓国軍が米国に面と向かって逆らう事はありません。北朝鮮を滅多打ちにする光景を見せるほどに韓国は逆らいませんよ。

        1. >ノブスケさん

          戦争は避けたいという思いは、どの国の首脳にもあるでしょう。
          北爆と一言で言っても、一回の空爆から全面戦争まで規模の大小があります。
          中国が容認する米の北爆の限度は、部分的、限定的なものだと思われます。

          考えられる最善の方法は、黒電話の露への亡命だと思います。その後の韓国を含めた朝鮮半島の統治は米中露の話し合いになると思います。それが北を核保有国にさせない一番被害の少ない作戦だと思います。

          黒電話への外交的な説得は効果がないと思うので、最小限度の軍事力を使わざるを得ないと思います。一発の空爆だけで、黒電話は怯え逃げまわるとも考えられるので、アメリカの軍事力行使も最小限ですむかもしれません。

          1. あくまでも私の見立てでは、米国の関心は中東であって、東アジアではない。
            だから、さっさと北朝鮮の核問題を片付けたいハズです。なので、小規模の攻撃という出し惜しみはしないでしょう。圧倒的火力でボコるハズです。
            あのね、リアルの戦争では相手の出方で変わるような戦術は組まないの。一手一手指すチェスではないんです。
            戦争の鉄則を知っている人なら、戦術的に規模を限定した空爆なんてしません。一気に片付けられるものは全部片づける。

            それに対して中国が中朝同盟に義理立てして本気で米軍に対抗してくるとは私には思えません。
            米朝間の戦争であれば、北朝鮮と対峙するのは米国+おまけで日英程度ですが、中国が動くと、米日英豪印越仏という世界最強の連合軍が本気で動き出しますからね。
            今、中国を経済と安保で封じようという欧米の世論形成が進んでいる、その意図をわからない中国ではない。本気で手を出したら中国共産党は終了なんです。

      2. >最近の韓国は頭痛の種さん

        爆撃が先か寝返りが先か、これは手順としてはいろいろあり得ると思うのですが、例えば「○月○日○○時に空爆を開始する」と韓国に裏で伝えるだけで韓国は掌返しするでしょう。

        もちろんややあって実際に空爆は開始するわけですから、大局的に見て軍事行動の開始が韓国を日米側につなぎとめることになるのです。ヤクザの抗争でも弱小勢力はそういう行動を取るでしょう?始まったからには負け組につくわけには行かないと気づかせれば、味方に引き入れるのは簡単です。

        種さんが仰ることもわかるのですが、韓国が北にすり寄って非核化が遠のいたら、それこそ日米だけでなく世界平和の危機に一歩近づきます。

        同盟でありながら敵に利する韓国を、同盟の一部として機能させるためにこそ武力行使の決定が必要になるわけです。

        北朝鮮による韓国を必要以上に引き寄せる行為は、それに対抗する手段としての実力行使を早めるだけです。

        小野寺さんの発言は嘘ではないけど、本当でもないでしょう。韓国は無視していいような軍事力ではないし、韓国自体の防衛と日米民間人の救出には協力してもらえれば被害者は減らせます。一方、北への攻撃に関しては米軍だけで充分のはずで欲しいのは基地と後方支援だけではないでしょうか。

        中国はアメリカの軍事行動を早めるように韓国を誘導したいようです。本当は中国が拭かなければならない尻を日米に拭かせたいのでしょう。経済的にはともかく軍事的に日米を疲弊させることは中国にとっては好都合です。

        著作権の件は、厳密にはNGかもしれませんね。さほど悪質ではない(と勝手な判断)と勝手に判断w

        1. 韓国を西側陣営に引き止めるためにも、韓国の尻をひっぱたいても北爆ありき、というのは、議論としてあっても、とても現実的とは思えません。

          主権国家である韓国に、アメリカが北爆するんだ!と何らかの強制できる法的な後ろ盾があるのか知りませんが、そのへんは疑問です。

          北爆拒否による、文の米韓安保破棄も全く無いとは言えないし、かえって逆効果という面も考慮に入れるべきです。

    4. 皆様のご意見でスッキリしてきました.次エントリーのタイトルが鍵ですかね.要は Show the flag を北からも要求してしまった.これにより文タンはアッチコッチが出来なくなる.

      では,悪手であるかというと,それも明確でない.オリンピック後の北には他に手が無いのだから.
      整理してみます.

       ①韓国の立ち位置を狭め,同盟を強化させる
        (日米が韓国を小突くことになった)
       ②既に事態は進行しており期限は変わらない
        (北の足掻きは状況を変化させない)
       ③韓国のブレによって進行を遅らせる
        (世論のブレが同盟の決断を手間取らせる)
       ④北の核保有を認め,同盟から見放される
        -1.関係なく状況は進行する
        -2.北はとりあえず延命
          (北を承認し基地使用等を拒否)

      ①~③は同盟(西側社会)への残留,④は離脱なので それは無いだろう,そして①となった というのが大方の見解ですかね.

      しかし,②~④の可能性もあるのだから,何もしないよりはマシだ が金政権の足掻きでしょう.尤も,当初からプランはあって何時カードを切るか の問題だったと思いますが.

      シンシアリー氏の指摘は③ですね.

      ポイントは訪朝を踏み絵とするか否か.同盟国側は「行くな」と発信しています「会っても核放棄は無い,行くならば④になるぞ」と.

      で,文タンは「会えば解るかも知れない,僕は運転手になる!」と血迷っている状況で,国際的な世論が「もしかすると会えば解るかも知れない」に傾けば③となりますね.

      では「ちがう,訪朝そのものが時間稼ぎだ」がどこまで共有されるのかが問題ですが,シンシアリー氏は「結局,韓国がフラフラするので韓国の(+),それは北の(-)」としたわけです.

      あぁ,ここか.韓国の(-)を北の(+) と考えるか,韓国が上がろうが下がろうが,①なら北にとっては(-) と考えるかの違い.

      で,話は進んで同盟の構造的な話題になっている.
      少し触れると「韓国を自主的に協力させたい」のか「実は関係ない,西側に居るなら協力せざるを得ない,制裁は同盟を強化する」ってとこですかね.

      んー,[天邪鬼]としては②を推したくなったな w 文タンは足掻き続け,結局,何も変わらない・・ それらは全て織り込み済み (陰謀論に近づくなぁ)

      まだ理解不足があるかも知れませんが,皆様,ご教示ありがとうございました.

      1. 文意で判ると思いますが,記号なの修正しときます
         誤:韓国の(+),それは北の(-)
         正:韓国の(-),それは北の(+)
        失礼しました.

        1. 考察と可能性の話です。実際どうなるかはわかりません。悪手かどうかは結果でしか決まりません。

          もし、今我々に重要な情報があるとすれば、軍事行動の有無とその時期です。他は全て細論と言っていいでしょう。議論を楽しんで備えることに活かせばいいだけです。

          事実、見方も思惑も単一ではなく変動もしているでしょう。

          1. はい,おっしゃる通りです.
            現時点の理解であって,クイズの当てっこをしているわけでも無い.そこを共有しておきたいですね.

    5. >ノブスケさん

      それを中国が黙ってみているかという話です。
      アメリカが北朝鮮を崩壊しようと空母を近海に何隻が揃えれば、中国人民軍やロシア軍が黙っていないでしょう。それは朝鮮半島の緊張を招きます。そんなリスクをアメリカが取るとは思えません。

      トランプの一存でできるのか、アメリカの世論を敵に回してまでするか?。議会は北爆を承認するのか?。どれも疑問符がつく案件です。
      アジアの緊張を世界は好まないでしょう。それにアメリカ軍に、北を崩壊する軍事力を展開する余裕があるのか疑問です。

      戦争って資源争奪戦ですよね。朝鮮半島がアメリカの手に落ちることを黙って見過ごすかってことです。アメリカが北朝鮮を崩壊することなど簡単にできるでしょう。それができない理由がそこにあります。現実問題としてとても悩ましいことだと思います。

      1. >最近の韓国は頭痛の種さん

        中国は対米戦争を避けるしかないんです。前述したように、中国にはあらゆる意味で不利です。通貨潰しに動いたら、中国だって、韓国だって、経済が崩壊ですよ。遠くのドイツ経済も死亡でしょうけどw
        それに、まあ、中国自身が「なぜ米国は攻撃しないのか?」って元将官を使ってメディアを通じて仄めかしているんだから、米国と戦うワケありませんわ。単純に習近平は金正恩を嫌っている、、、という見立てもあるくらい、首脳間に溝がある事も大きいでしょう。だから、頑張ってまでは助けない。
        人民解放軍は朝鮮からの難民留置、北朝鮮の土地と住民の保護に軍を展開するでしょうが、それだけでしょう。

        米国議会は無関係ですよ。正確に言えば、宣戦布告や戦争行為に関して議会に決定権があります。しかし、紛争解決手段としての武力行使には大統領権限のみでOKなのです。要するに正式な戦争手続きは議会権限だけど、それは形式だけであって抜け穴いっぱいなのですわ。これまでずっとそうでした。大統領と側近と軍部で戦争を決めてきました。
        要するに、現場判断で相手国を攻撃して良いみたいなものですわ。で、その大統領の権限に対して、100日だったかな(うろ覚え)、、議会は停止させることができない。

        あと今回は米国にとって自衛戦争ですよ。資源争奪ではありませんし、経済的な利害も無関係です。軍事産業も関係ないです。

        1. >ノブスケさん

          しつこいようですが、一言。

          今のところ、アメリカの北爆の可能性は50%以下。アメリカは軍事力行使にリスクは取らないでしょう。

          北爆について米中のすり合わせは当然しているでしょう。中国は外交で解決を主張。プーチンもそう。両国はしぶしぶ経済制裁を容認しただけです。それを押し切って、アメリカが北爆を行使しようと艦艇を派遣した場合、中露の軍事力行使の程度が読み切れないリスクがあります。中国は手を出せないだろう、という読みでアメリカは戦術を組まないでしょう。

          トランプ政権の北爆が、自衛権行使としても過半数のアメリカ世論の後押しが必要です。米国の若者が命をかけて前線にたつには、それなりの理由と理解がないとトランプは動けないでしょう。

          資源争奪戦というのは朝鮮半島の領有権も含みます。中国が更地になった半島を黙ってアメリカに取られるのを見過ごすはずはないでしょう。そこには新たな火種を生むことになります。そんな無謀なことをするなら、トランプの側近は絶対反対か辞任しますよ。

          米軍の軍事力は万全なのかという疑問と、アメリカの軍事作戦が北に筒抜けになるというリスクもあります。

          そして、何よりも同盟国日本と韓国の生命財産を脅かすリスクがあります。

          これらが、北爆の可能性が低い理由というのが私の考えです。間違っているかもしれませんが、あとは注意深く見守ります。

          以上

    6. 河野太郎外相のBBCとのインタビュー動画を見つけました。
      内容は、良識的な判断だと思います。

      北朝鮮のほほ笑み外交は制裁の効果 河野外相、BBCに
      ttp://www.bbc.com/japanese/video-43027831

      トランプ氏は今は日本の事実を理解 河野外相、BBCに
      ttp://www.bbc.com/japanese/video-43028789

      BBC日本
      ttp://www.bbc.com/japanese

    7. 国務省、ペンタゴンの立場からの見解。
      そして、日本の見解、3つ材料が揃いました。
      トランプの決断は、いつ、どのような形で決着を計るのか。
      興味津々です。

  2. >青瓦台警護室勤務していた軍の関係者が昨年9月にムン・ジェイン大統領ニューヨーク訪問の際、現地インターンをセクハラして懲戒を受けた事実が7日、分かった。

    やっぱ韓国ってスゴイなw。
    確か、パク・クネの訪米時にも同じようなことがありましたよね。
    2代続けてかw。

    ペンス米副大統領の日本と韓国の訪問でも
    安倍首相とペンス氏は上手くやっていましたよね。韓国はペンス氏を怒らせたみたいだけど。

    これで、ブン大統領の残り任期中の訪米の可能性はほぼ無くなったんじゃないでしょうかね。
    呼び出されて説教される形の訪米はありそうだけど、友好関係は気築けなさそう。

  3.  これはシンシアリーさんに同意する、かな。

    ムンたんが訪朝しようがしまいが、すでにアメリカの北朝鮮への攻撃の危険度はそれなりに高く、大して変化しないと思うから。
    (やりやすくなった方向に作用する、というのは否定しない)

    もちろん、ムンたんが訪朝すれば、日米の思惑と逆の動きになるので、韓国としては(こちら側に残りたいのであれば)大損。

    先日の会談で、ペンスさんがブチギレた時点で、アメリカ(副大統領)は、韓国を切ったとみて差し支えないでしょう。
    「最後通牒」といった意味がこれだ。

    なんか、明治維新、新政府発足時、朝鮮政府に「政府が変わったんでよろしく」って言いに行った日本側が、ことごとく『征韓論者』になった状況に似ててワロタw
    人を怒らせる天才かッ!w

  4. 韓国は過信してないかな。
    文大統領が、単独で交渉できる相手ではないと思う。
    北は、一族の意志だから簡単に核は棄てないし、敬意などもっていない。何より南と融和、交流する理由などないと思う。
    北にとって、米国がいない韓国がどう映るか位は考えた方がいい。

  5. 招待を「北が良い手と思っている」のはわかるけれども実際本当に良い手と思っていること(だからムンも乗ったのでしょうが)や、この状況で損得という言葉で表すというのが、韓国人はそう考えるのかと興味深いですね。

    1. 〉この件で韓国内で議論が発生するだけでも、北朝鮮は得をします。
      〉もし本当に文氏が北朝鮮を訪問すると韓国は日米陣営からはさらに孤立することになります。

      今この状況で北朝鮮の生命線となっている韓国を日米同盟から孤立させることを北朝鮮が望むことに驚きなのですが、おそらくシンシアリーさんのこの見立てはあっているのでしょうね。

  6. 北朝鮮の核保有国への道をアメリカは閉ざすには、断首作戦か北朝鮮崩壊しかないと思います。しかしそれは現実的ではないようです。

    アメリカが北を攻撃するにはアメリカ世論の支持が必要ですが、アメリカ市民はどの程度北朝鮮の核を脅威と見ているのでしょうか?。北への脅威が湧き上がっているのでしょうか?。

    アメリカの北への軍事攻撃を中国がどの程度容認しているのか、トランプは近平に根回しているのかが気になります。北の核開発を全滅させるには相当の軍事力と費用と犠牲が生じます。北朝鮮の崩壊は中国は望まないだろうし、限定的な北への攻撃では、北の核保有への道は止められないでしょう。アメリカが中国、ロシアを敵に回してまで北へ軍事攻撃をする可能性はほとんどないと思います。そこまでアメリカが国力を向ける余裕はないと思います。

    北朝鮮が崩壊したとしても、その後の朝鮮半島の扱いは今より厳しいものになる可能性があります。米、韓、中、露で分割統治ということもありえます。それでアメリカは満足できるのでしょうか?。

    1. 朝鮮戦争後の事は、日米中露の間で去年から話が進んでいると思ってます。
      今となっては統一するより分断国家の方が周辺国にとって都合がいいので分割統治して分断は変わらないじゃないですか。
      私たち日本も難民や在日、安全保障の問題で苦労に巻き込まれるのは覚悟しなければならないと思います。

  7. 韓国は、どうしたいのか?
    最終目標は?目的は?

    統一したいのでしょうか?

    「恨」の感情とか、思考回路って、恨みを晴らすためなら、己れが死んでも、敵を殺す。という恐ろしい感情です。
    そこに善悪、常識などはありません。
    日本人なら、そう簡単に持てる感情ではありません。
    が、生まれ持って植え付けられた反日宗教在りきの韓国では、それが常識、外れれば干される。

    いつも、日本がらみの事項において、韓国に損だの得だの、最初から、そんな考え事態があったのかさえ疑問になるほど、理解出来ない事ばかり・・・

  8. 日韓併合やWW2後の自由主義陣営としての韓国建国も彼らにとっては民族性に合わない異常な状態であったと思えば、原点回帰に異論が少ないことも理解できるのでは。

  9. 文大統領は、今までと同様に大国に挟まれ、顔色を見てすり寄るしかできないのでしょう。日本についてもはっきりした決断もできず自国内ではいろいろ言っても、面と向かっては強硬姿勢がとれない、韓国にとって致し方ないのこと。国民の感情には無条件に従うような大統領では北の要求をはねつけることもできないでしょう。アメリカは韓国をただ見てるだけです。期待などはしていません。ただやるべきことを必要と思ったら韓国を消滅させても躊躇なく実行するだけです。アメリカはそういう国です。韓国人は正しく認識すべきです。

コメントは受け付けていません。