WSJ「『平壌』オリンピックのWINNERは北朝鮮だ」

ニューシースが、WSJの記事を紹介しています。登録しないと読めないみたいですが、元記事となるWSJソースはこの青い字の部分です。

WSJには私も登録していないので全文読んでませんが、タイトルが「The Pyongyang Olympics」と強烈すぎで、間違いないようです。

記事によると、平昌オリンピックを「平壌オリンピック」としながら、次のように韓国政府だけでなく、民主主義陣営の欧米メディアの報道の仕方を問題視しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・『平壌』オリンピックで、独裁国家である北朝鮮が1936年ベルリンオリンピックに負けない宣伝効果を収めた。これは宥和政策にこだわる韓国政府と、だまされやすい西欧メディアの責任だ

・北朝鮮応援団を好意的に報道するのは間違っている。応援団の一人でもミスをして列を崩せば、その応援団員の家族は、素晴らしい山岳の景色を誇る強制労働収容所に長期滞在しないといけないのだ

・ムン・ジェイン大統領は今週いっぱいの飾り気な行動について非難を受けるべきだ。北朝鮮の訪朝招待は、米国と韓国の関係を離間させようとするもので、ムン大統領からも譲歩を得ようとするものだ。今回の招待により、キム・ジョンウンが巻き起こした(北朝鮮問題による)緊張感を米国せいだと宣伝する水位が高まっている

・この週末、威厳を持って行動していた指導者は、ペンス副大統領だった。ムン大統領がキム・ヨジョン(金与正)のために祝杯を上げていたとき、ペンス副大統領は北朝鮮の脱北者たちと会っていた。しかし、報道されたのは北朝鮮の応援団なかりだった

http://v.media.daum.net/v/20180212124222831?d=y

 

誰が書いたか知りませんが、ずいぶんと「溜まった」ものがあったようで・・そうですね、平壌オリンピック。本当に「言い得て妙」です。

 

明日はいろいろ手続きがあって外にいることになります。更新は多分夕方になるでしょう。

それでは、また(・∀・)ノ

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

172+

“WSJ「『平壌』オリンピックのWINNERは北朝鮮だ」” への58件の返信

  1. 戯言です。

    札→トランプ、網→ペンス、金→金正恩、
    文→文在寅、安→安倍、音→バッハ
    ※敬称略

    札⇔文
    札「攻撃は○月○日に決めた」
    文「え~、いきなりそんな~」
    札「分かったな」
    文「ちょっと待って下さい」
    文「五輪の最中ですよ」
    札「じゃあ、五輪の後直ぐにだ」
    文「は、はい・・・」

    金⇔文
    文「攻撃は五輪の後直ぐだって」
    金「な、なんだってー」
    金「取り合えずは、(北の)平和の為の半島統一の話し合いをするぞ」
    文「ん?、なんでですか?」
    金「平和の為の半島統一だ、札も待ってくれる」
    文「な、なるほどー」
    文「で、どっちが上になるの」
    金「ソウルを焼かれたいのか」
    文「分かりましたよ」
    金「他にも色々手を打つぞ」
    文「はい、協力します」

    札⇔文
    札「なにやってんだ、お前らは」
    文「いやだなー平和の為ですよ平和の」
    札「何が平和だ、核放棄はどうした」
    文「統一したら核放棄しますよ」
    札「核放棄が先に決まっているだろ」
    文「は、はい、交渉します」

    金⇔文
    文「斯く斯く然然」
    金「ブラフに決まっているだろ」
    金「札も戦争はしたくないはずだ」
    金「いつでも日本とソウルを焼けるからな」
    文「な、なるほどー」
    金「適当に誤魔化して置け」
    文「はい、了解」

    網⇔文
    網「攻撃は五輪の後直ぐだ」
    網「お前はどっちに付くんだ」
    文「札様に決まっているじゃないですか~」
    網「なら、さっさと核放棄させろ」
    文「はい、努力します」
    網「努力か・・・」

    安⇔文
    安「対話は巧く行ってるのか」
    文「ま、まあね」
    安「攻撃は五輪の後直ぐだと聞いたぞ」
    文「平和を目指して統一を・・・」
    安「金側に行くのか」
    文「やだなーそんな事ないよ」
    安「なら五輪後合同で攻撃だな」
    文「金との話し合いがまだ・・・」
    安「そうか・・・」

    北⇔南
    南「大丈夫なんだろうな」
    北「なんだ、その態度は」
    南「網や安が・・・」
    北「ブラフだ気にするな」
    南「そ、そうですか」
    北「音も引き込むぞ」
    南「え、五輪の会長ですか」
    北「安心しろ話は付いている」
    北「文、お前を北に呼ぶ」
    北「出来るだけ引き伸ばせ、いいな」
    文「はい」
    北「核さえ完成すればこっちの物だ」
    文「確かに」
    北「分かったら言う通りに実行しろ」
    文「はい」

    札⇔安
    札、安「何なんだあいつらは!何を考えているんだ!」
    札「仕方ない、南は捨てるぞ」
    安「仕方ないですね」
    札「は~遣るしかないか」
    安「仕方ないですね」
    札「すまんな」
    安「気にしないで下さい」
    安「早いか遅いかの違いです」
    札「まあな」
    札、安「事後処置が大変だな~」
    札「は~遣りたくない・・・」
    安「でも、やるんでしょ」
    札「まあな」
    安「文はどうします」
    札「文は潰す」
    安「仕方ないですね」
    札「まあ、まだ時間は有る」
    札「呼び掛けは続けよう」
    安「ですね、協力します」
    札、安「金が核を捨ててくれないかな~」

    金⇔文
    金「大成功だったな」
    文「はい」
    金「なんせ平和目的だからな」
    文「はい」
    金「核さえ完成すればこっちのものだ」
    文「統一後の私の地位は・・・」
    金「心配するな(殺そう)」
    文(隙を見て殺してやる、俺が王だ)
    金「ん、どうした」
    文「いや、楽しみだなーと」
    金⇔文「ワッハッハッハ」

      1. namuさんへ

        ありがとう御座います。

        一人でも見て笑ってくれたら、それで満足です。

  2. ピョンチャンに決まった時からピョンヤンに似てるなと誰もが思っていたと思います。
    空耳をまさかの現実にする男、それがムンタン。
    そしてそんな男を大統領に選んでしまった韓国。
    スゴイネ~

コメントは受け付けていません。