WSJ「『平壌』オリンピックのWINNERは北朝鮮だ」

ニューシースが、WSJの記事を紹介しています。登録しないと読めないみたいですが、元記事となるWSJソースはこの青い字の部分です。

WSJには私も登録していないので全文読んでませんが、タイトルが「The Pyongyang Olympics」と強烈すぎで、間違いないようです。

記事によると、平昌オリンピックを「平壌オリンピック」としながら、次のように韓国政府だけでなく、民主主義陣営の欧米メディアの報道の仕方を問題視しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・『平壌』オリンピックで、独裁国家である北朝鮮が1936年ベルリンオリンピックに負けない宣伝効果を収めた。これは宥和政策にこだわる韓国政府と、だまされやすい西欧メディアの責任だ

・北朝鮮応援団を好意的に報道するのは間違っている。応援団の一人でもミスをして列を崩せば、その応援団員の家族は、素晴らしい山岳の景色を誇る強制労働収容所に長期滞在しないといけないのだ

・ムン・ジェイン大統領は今週いっぱいの飾り気な行動について非難を受けるべきだ。北朝鮮の訪朝招待は、米国と韓国の関係を離間させようとするもので、ムン大統領からも譲歩を得ようとするものだ。今回の招待により、キム・ジョンウンが巻き起こした(北朝鮮問題による)緊張感を米国せいだと宣伝する水位が高まっている

・この週末、威厳を持って行動していた指導者は、ペンス副大統領だった。ムン大統領がキム・ヨジョン(金与正)のために祝杯を上げていたとき、ペンス副大統領は北朝鮮の脱北者たちと会っていた。しかし、報道されたのは北朝鮮の応援団なかりだった

http://v.media.daum.net/v/20180212124222831?d=y

 

誰が書いたか知りませんが、ずいぶんと「溜まった」ものがあったようで・・そうですね、平壌オリンピック。本当に「言い得て妙」です。

 

明日はいろいろ手続きがあって外にいることになります。更新は多分夕方になるでしょう。

それでは、また(・∀・)ノ

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“WSJ「『平壌』オリンピックのWINNERは北朝鮮だ」” への58件の返信

  1. 北朝鮮が、情報発信したり
    今回の様に派遣する者達は全て

    特殊訓練を受けたより抜きの優秀な宣伝「部隊」(譬喩では無くそのままの意味)
    である事を、自由諸国の民衆やマスコミは
    もっと知覚する必要があります

    決して普通の一般民衆の応援団では無いって事を
    とにかく忘れがちです

    (・∀・)ホント、西洋人って馬鹿しかいないのかって
    思う時が時々ありますよ

  2. 「ピョンヤンオリンピック」というのは、日本の誰より先に韓国の議員が国会で発言されたものなので、個人的には便乗したいないですね。苦笑

    ※本文、引用部の最後「応援団ばかり」とすべきところが「応援団なかり」になってますよ。

  3. ところでバッハ会長は北に行って何を話すんですかね?
    ムンムンがさすがに行き辛いから名代で行くんだろうか。
    ヨーロッパの人間ていまいち朝鮮半島のどうしようもなさを分かってないようでイラッとする。

    1. ゲアハルト・フリッツ・クルト・シュレーダーの様に、韓国熟女と良い仲なんじゃないのかな。ドイツには韓国人が一杯いて、韓国女と結婚した若いドイツ人工員も多いらしいよ。あれほど嫌いなナチスの国だよ、信じられない。
      是だよ、これの感染。こんなのに限ってノロウィルスなんかには強いんだから。

      シュレーダー独元首相が慰安婦問題で突然「日本批判」なぜ…?
      韓国熟女と熱愛中のようだけど 。
      「ゲアハルト・シュレーダー氏(73)の「老いらくの恋」が報じられた。お相手は25歳年下の韓国人女性だ。そのシュレーダー氏は最近、韓国を訪問したばかり。元慰安婦女性が生活する「ナヌムの家」を訪れたことが、韓国でも大々的に報じられた。」

  4. バッハの国もグダグダ。
    ヒダリマキの宿命だろうね。
    東西ドイツの統一後のあるべき姿を見ると良い。ヒダリマキに汚染されたら

    そこに天国は無い。

    想像してごらん。

    歌詞は割愛します。

    1. No song unsung, no wine, untasted.
      But the tigers come at night,
      With their voices soft as thunder,
      As they tear your hope apart,
      And they turn your dream to shame.

      歌詞はこっちの方が良いとお思いますが。

      1. 【I Dreamed A Dream】
        邦題は「夢やぶれて」でしたっけ?

        今まさにムンたんにとっては、
        With their voices soft as thunder
        なんだけど、「在寅」である自分のことをsoftなtigerだと思っていて、
        「tiger?かっこいいだろー?」ぐらいにしか思っていなさそう。

  5. 夜のジャンプ大会ってアリだろうか。
    雪と真っ青な空と陽の光のなかの競技じゃないだろか。
    サーカスじゃないんだから、夜にやるなよ。

        1. 【資金援助を受けた状態】
          文大統領はいわば、月。闇夜に明るく我々の行く道を照らしだしてくださるのです!どうかわが国に導きを!

          【ない状態】
          えー放映権の問題じゃない?

          1. 月は闇の中の瞬く光だ。
            それは闇から生まれ闇に帰る。
            お前も闇に帰るがよい。
            月は闇に在ってこそ輝く。
            (ナウシカ)

          2. 月は自ら輝くのではなく、光(太陽)があってはじめてその姿があらわになる。
            つまりmoonは、太陽政策があってはじめてその存在を顕わすことができる、
            ということでしょうかね。

  6. WSJにも大量の抗議メールが届いていることでしょう。
    韓国人は右も左もやっていることは同じ。

  7. いつかノーベル賞でも
    もらうつもりで頑張ってるんじゃないのか
    今年の寒さは記録的なもの
    凍えてしまうよ

    1. 休むこともゆるされず
      笑うことはとめられて
      (北に向かって)
      這いつくばって 這いつくばって
      いったい何を
      (文タンは)
      探しているのか

      1. 真実の愛

        ・・・ではないですねー

        盲目の愛とかつくす愛とか捧げる愛とか、韓国が不幸になっていくものではありそうです。

        1. ♪I Just called to say I love you♪
          文タンの「心の愛」は、委員長様に届くのでしょうか?

          1. ついでに、お約束を。
            国民「ウリナラへの愛は、ないニカ~?」
            文様「モルゲッソヨ!」

  8. まあ当然でしょう。
    この「平壌オリンピック」のために、

    ◎従北主導で朴槿恵を退陣させた
    ◎従北の文在寅を大統領に据えた

    全て北朝鮮の思惑通りです。
    IOCのバッハ会長が、五輪後に北朝鮮に行くみたいですが、これも北朝鮮による五輪乗っ取り計画の一部でしょう。

    そして、ゴタゴタのオリンピックが終わったら、
    「平昌オリンピックは大成功」
    と勝手に自画自賛するんでしょう。
    誰もが分かっている事です。

  9. 文大統領は朝鮮半島の南の国を韓国から南朝鮮に変えようとしていますね。
    アメリカやロウソク戦士達は止めることができるでしょうか?

  10. 米左派WSJにまで見放されたか。
    まあ、宗主国様の元に帰れば問題ないな

    1. 支那大陸の属国に戻る事を願って行動している真っ赤な文在寅!
      そんなアホの文在寅を選んだ半島のアホなハングル愚民!
      あっち行け、こっちに来るな「超汚染国」!

コメントは受け付けていません。