ノロウィルス集団感染、やはり問題は「人」の衛生問題

ノロウィルスの感染理由がわかったようです。

疾病管理本部の発表によると、修練院(宿泊施設)の食堂で「調理に使用した水」がノロウィルスに汚染していました。

地下水からはウィルスが発見できなかったけど、その地下水を使った調理用の水でノロウィルスが発見されたことから、明らかに食堂で働く人たちの衛生観念に問題があったということになります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「地下水でノロウイルスが直接検出されたわけではないが、これを使用した調理用の水で人または動物の糞便で汚染された糞原性の大腸菌が検出されるなど、水が汚染されやすい環境で管理されたものと見られる」、というわけでして・・

http://v.media.daum.net/v/20180213170956301

もし地下水そのものの汚染(配管の問題でトイレの水で地下水が汚染したとか)だったなら、修練院の人たちを責めることは難しいかもしれませんが・・・いまのところ、明らかに食堂で料理を作る人たちの衛生観念の問題だったと思われます。

また、記事によると、

普通、「オリンピック運営人力の宿泊施設」は、地下水をはじめ、食材保管、調理設備、などにおいて「食品医薬品安全処」から衛生点検を受けることになっていますが、下請け会社を介して契約したせいで、この修練院などいくつかの施設が「オリンピック運営人力が利用する施設」として申告されていなかった、とのことです。

他にも15ヶ所が事前申告されてなくて、追加でリストを確保しているとも。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“ノロウィルス集団感染、やはり問題は「人」の衛生問題” への69件の返信

  1. 今回の記事
    「法律はあっても守られず」と同じだなという感想。衛生観念は勿論だけど「何故そういう決まり事になっているのか」を彼らは毎回考えた方がいい。

  2. 同じ様な意見が続いちゃいますが,

    なんかもう「感染源は地下水にしとけ」な感じ.水道が原因にしては感染率が低い方のようだし,そもそも水からウイルスが検出されてないなら,水系感染じゃないと思うぞ・・

    調理人とか,食材の一部が汚染されてたのかも知れないけど,拡散は止まったから一件落着.地下水の所為にして注意喚起しときゃもう大丈夫だろう てか?

  3. 「地下水からは検出されていない」「これを使用した調理用の水から検出された」「この水の管理に問題がある」

     もっときっちり原因究明しないと、ダメじゃないですか。
     どこで汚染したのか、まだ究明できていない。

  4. 今でこそ土が堆積して埋もれてますが、糞尿をそこら辺に捨てたり建材に使ったりしていた古の時代の地層が、地面を掘れば何処からでも出てくると思うのです。
    現代の韓国人の振る舞いに衛生上の問題がなかったとしても、地下水は恒常的に(大腸菌などで)汚染されているのかも?

    1. 朝鮮半島の古代地層から大量の寄生虫卵の化石が出土したことで、昔からあの半島の衛生環境に関してはお察しですね。

  5. 今回の件とはちょっと違いますが、
    シンシアリーさんがアメブロ時代に書かれた
    「肉を洗ってみた・・の巻」というタイトルのエントリーを思い出しました。
    このエントリに書かれた店員さんが韓国国内での平均的な衛生意識の持ち主だとするとちょっと・・・

  6. 地下水?
    なるほど、韓国基準における地下水の飲用もしくは調理?に足る基準値はどれほどのものか?
    韓国は発展途上国であるから、検査などは行っていないことは理解している。が、一応の基準値を聞いてみたい。

  7. >この修練院などいくつかの施設が「オリンピック運営人力が利用する施設」として申告されていなかった

    すでにオリンピックは始まってますが・・・。
    韓国では、先進国の常識が通用しないのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。