万人が万人と戦う社会

元ソース確認して書きたいところですが、ニッテイ(日程)のせいでまた出かけないといけません。韓国側の記事からの引用だけにします。

OECDの「よぅどうだい?」・・じゃなかった「生活の質(韓国での訳です。原文は『How’s life』)」は本でも出ていますがオンラインでも読めますので、興味のある方は検索してみてください。でも、前はオンライン版で検索が使えないのでかなり不便だった記憶が・・

とりあえず、京郷新聞の週刊版「週間京郷」の記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・今年1月に発表されたOECDの「2017生活の質(How’s life)」レポートを見ると、韓国は過去1年間の社会生活の中で、様々な紛争を経験したことがあると回答した割合が34%で、調査対象国のうち最も高かった。犯罪による紛争を経験した割合は1%で、他の加盟国よりも低かったが、特に「事業と雇用」の問題と「隣人と住居環境」問題に紛争を経験した割合がそれぞれ10%、6%で、他の国よりも高く、韓国社会の最も主要な日常の葛藤要因となった。

一方、危機に直面した場合に助けてくれる人間関係があるのか​​を問う応答では、全体の75.9%だけがそうだと答えて、全加盟国のうち最下位を占めた。 4人のうち1人は難しいことをされた時に役立つ家族や親戚、友人などが全くないと答えたわけだ。これらの結果を反映したように、韓国人の生活の満足度は10点満点中5.9点で、OECDで最下位だった。仕事をする職場でも、仕事を終えて帰って生活する生活空間でも、大小の葛藤と争いにストレスを受けることは多いものの、そのための社会的支援は受けられない社会という点を端的に現われたのだ・・>

http://v.media.daum.net/v/20180214102723423?rcmd=rn

 

こういうのは韓国側が提出したデータで調べることになるので、実際とはかなり違うのでは・・な気もしますが、手元にあるデータだけでも「最下位」と。

後半は、前にも旧データを紹介したことがありますが(あの時は下から4位か5位だったけど、いまは最下位だそうですね)、「助けてくれる人」に「家族」も含まれるのがポイントです。この項目に「そんな人いない」と答えたということは、親友がいないというならともかく、そんな家族もいないという意味です。儒教思想が強い(ということになっている)韓国で、イザという時に力になってくれると・・言い換えれば「信頼できる」人が、家族すらいないと答えた人がOECDでもっとも多いというのは、どういうことか、と。

 

いままでシンシアリーのブログで書いてきたことと妙に一致する内容のようで、エントリーしてみました。記事の題は、「万人が万人と戦う・・各自生きるだけの韓国社会」です。題も本ブログにありそうな書き方ですね(笑

 

最近、更新遅くてすみません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“万人が万人と戦う社会” への71件の返信

  1. 韓国は、日本より急速な少子高齢化が進んでいるそうです。
    働く世代が減少し、経済の規模が縮小し、税収が減って、高齢者に対する社会保障費が削られるのは明らかです。高齢者は体調が悪くても病院に通えず、薬も買えず、子供は子供で働き口がなく地獄をさまよっているので頼ることもできず、三度の食事さえままならず、充分な栄養が取れず、長生きできない高齢者の生き倒れの地獄があるだけです。

  2. >記事の題は、「万人が万人と戦う・・各自生きるだけの韓国社会」です。

    それを「四面楚歌」と言う。

  3. えー。日本人は表面的には親切だが本質は冷酷だ。その点我々は情がある!というのが韓国人のホルホルポイントじゃなかったの??

  4. 確かに親しくなった韓国人の要求は大きいです。けっこう大金の金を貸してくれ、とか、要求課題な女と就職先を世話しろとか、日本人および他国の常識では考えられない水準です。
    まるでいつまでも経済的に日本に依存し続ける外交関係のようです。
    さして親しくもない人に過大な期待をかけることが、後頭部を殴られたり、狡猾な相手に騙されたと喚きまわる原因になっていると思います。
    この調査結果を見ると「韓国人は被害者になりたがっている」という考えしか、私は思い浮かびません。

    1. >被害者になりたがってる

      日本人から見るとそうみえることは事実ですが、韓国人は被害者になりたいのでも、なりたがるのでもないんです、日本人はきちんとそれを理解しないと。

  5. プライベートの関係でも組織の中のポジションに於いても
    単純に彼我の上下の関係だけに注目して、
    ・自分が上位に立てる関係を持ってない⇒だから助けて貰えない
    って考えているのじゃないの?

    1. 韓国人は、他人が自分のために尽くさないと満足できないんです。
      韓国人は、日本国が韓国のために尽くさないと満足できないんです。

      そういう関係が韓国の言う「正しい関係」ですから。

  6. 社会契約説というのがあって、韓国では「契約の概念」「対等の関係」。この2つがないために、社会と個人との契約がうまくいかないとわたしは考えているんです。

    社会との契約が労使対等ではなく、奴隷契約となり、親と子の関係でさえも、「上と下」の関係になる。
    契約の本来の関係は、対等の取引であり労働と報酬の関係であり、それは応報する関係なんですよ。
    韓国ではそれが搾取の関係になる。

    契約の関係、それがないために、それを埋めるものが上下関係であるために、「万人の万人に対する闘争」の関係が、韓国社会を形づくる、あるいは「主人と奴隷」の関係が。

    わたしの唱える、「上と下の関係」をよく揶揄されるけど、それをきちんと理解しないと、韓国がなんでこうなのかが理解できないんですよ。

    韓国社会がなぜ悪いのかもね。

    1. 対等の関係で契約するというのは、両者が自立していないと成り立ちません。
      自立するには、一定の収入や資産が必要です。広い階層でそれが成り立つには、私有財産の保護(私的所有権)が必要です。そのために社会と契約するわけで、鶏と卵のような関係ですが。
      日本だと鎌倉武士(御家人)の御恩と奉公が相当します。西欧でも同時期に同様な関係が成り立っています。これが西欧と日本が近代において先進国になれた背景です。

      ところが、中華圏では私有財産は保護されません。「親日法」などを見るに、韓国でも理解されていません。
      だから、自立できず誰かに従属するしかないのです。韓国(朝鮮)は、そのトップすら自立できず外国に従属しようとするところが特異ですが。

      私はこう思っているのですよ。
      韓国は「万人の万人に対する闘争」をトコトンやるべきだと。西欧や日本の中世(戦国時代)を経験するべきだと。ただし外部に頼れないように鎖国した状態で。

      1. Mottonさん

        あなたの好きなバークは、社会契約否定派なんですよね。
        わたしは社会契約説をとっており、それがために民主社会は成立すると考えている。

        社会には実は(たとえ共産主義であっても)まったく対等の関係も、まったく平等の関係も実は存在しない、が、契約を守ることによって、契約自体は対等の関係を作れるんです。

        韓国の問題は、法律(最低賃金)も契約(雇用契約)も守られないところにあるんですよ。

        1. 韓国の問題は法や契約を守らないことではない。
          法や契約を守ると負けることが問題。そんなの(こっちの世界の)法や契約じゃない。

          契約が対等の関係を作るのではない。対等の関係が先にあって契約が成立する。
          対等の関係は、天から与えられるものではない。勝ち取るべきもの。努力して守って行くべきもの。これが「保守」。
          勝ち取ったものを書いたものが契約。だから相手が契約を破ったら制裁できる。

          バークが擁護したイギリスの伝統(マグナ・カルタや権利の章典など)は王と臣民の契約なわけ。王はその契約を破ると王ではなくなる。臣民は王と対等だから(平等ではない)。

          1. >勝ち取るべきもの

            じゃあ、もし戦って負けたら、対等の関係はなし。ですね。
            それが韓国で起こっていることなんですよ。
            韓国では、社会は常に勝者と敗者、勝ち組と負け組の関係ですからね。

            もともと人と人との関係は対等なものであって、それは勝ち取るものじゃない。日本国憲法でも、国との契約が気に入らなければ、国籍離脱の自由が認められているんです。

    2. これが韓国社会の前近代性、未開性というやつ。社会学の初歩的常識。
      始末が悪いのは、韓国が①主権国家関係にまで持ち込むこと、③さらにオバマまでのアメリカの東アジア政策・国家エゴのため、韓国の反日を煽ってきたこと。その影響はいまだ国務省・外務省・マスコミに強く根を張っている。
      七誌殿殿も何とかのひとつ覚えのように繰り返すのではなく、公開されている下記の文献のひとつでも読んでみたらいかが?
      ①https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0
      ②https://www.dropbox.com/sh/s1esvemgpwff6gi/AAC7f8u9SOtUoec7Y5G4r53Aa?dl=0
      ③http://blog.goo.ne.jp/mdsdc568/e/5ef9e275fb8784901cf5a051be3364d4
      朝鮮人への批判
      戦後のマスコミや政府が、これを律儀に守り続けてきたので、外交戦や言論戦で、日本はいまだに韓国に対してボロ負けである。基本的な事実として、終戦時の朝鮮半島の住民は、日本国民であり、ともに大東亜戦争を闘ったことをまずは押さえたい。つまり、韓国は戦勝国ではないのだ。
      中国への批判
      同じく、この規定も、戦後のマスコミや政府が、律儀に守り続けてきたので、外交戦や言論戦で、日本はいまだに中共に対してボロ負けである。ケント・ギルバート氏も本書で言っていることであるが、当時の日本は、中華民国政府(国民党)と闘ったのであって、中共と闘ったのではないし、ましてや、彼らに負けたのではない。日本は、戦闘では、イギリス軍やオランダ軍にも負けてはいない。負けたのはアメリカに対してだけである。そういう基本的な(素朴な)事実でさえも、日本が当規定を墨守することで、あいまいになっているのである。

        1. この御仁、都合が悪くなったり反論できなると、極論化して罵倒する。私は何も反米と言っていないが、まず「反米」とはなにかの定義を聞かしてもらおう。私がやっているような根拠を示さない。断章取義的にこじつけるだけ。ここのコメンテーターは七誌殿の知能的水準は聊か上だ。七誌殿は低能の韓国人的思考様式だ。私が目にしただけでも6~7人のコメンテーターから嘲笑されているというのに。よほど韓国人的感性の持ち主だ。

    3. 日本では高校生か中学生の常識程度の「社会契約説」を何で今頃こんな場所に持ち出すのだろう?無知な日本人に教え垂れるつもりか。擬似韓国人らしい。

    1. >何と戦っているか

      韓国人はまず隣人と戦うんです。上と下を決めるために。
      韓国人はなぜ日本と戦うのかという答えもここにあります。

      1. 韓国人と付き合った事ありますか?
        無いのであれば、妄想だけで良くそこまで断定できますね。

  7. 私は、違う想像をしました。
    本当に「助けてくれる仲間・家族がいない」というのではなく、彼らがそう感じているだけであり、彼らが求める「助け」というものが、他の国々と違うのではないでしょうか?

    私の考えが完全に正しいかどうかは分かりませんが、韓国人社会は、相互にベッタリ依存し合える、お互いの境界線を越え合うのが良い間柄だという印象が私にはあります。
    それが出来ない時、「誰も助けてくれない」と思い込んでしまうのでは?と。

    友人関係にしろ家族関係にしろ、親と幼児の関係ならまだしも、お互いの越えてはいけない一線を守り、困っている時に手は貸すけど、「過ぎたるはなお及ばざるが如し」であるかどうか。

    一方的に「あれをしてくれない、これをしてくれない」と嘆く前に、自分は相手にとってどれだけの力になれているのかどうか?
    しかもその「力」が押し売りになってはいないかどうか?

    もっと簡単に言えば、大人同士で、お互いに利益になる事をし合えているかどうか。
    英語でいうところの「happy」(納得、満足)かどうか、ですかね。
    何でも、「私もhappy、あなたもhappy。お互い得るものがあったね」となれるかどうかだと思います。

    まあ、日本人も選挙に行かずに政治に文句ばかり言う人は、それが分かっていない人だと思いますけどね。
    悪く言えば、小鳥のように、親鳥が自分の口にエサを運んでくれるのを待つだけ。そんな感じがします。(民主主義とは国民に最終責任があるという事が分かっていないという意味で。)

    1. 実に説得力のあるご意見です。
      共感します。

      「助ける」及び「助け合い」の意味について、あらためて、シンシアリーさんの考察をうかがってみたいですね。

    2. それはそうだけど、違うんです。

      韓国の助けとは、あなたの言う通り他人が完全な「ウリ」になること、確かに他人とあなたが同じ存在であれば、争いはなくなります。
      しかし、他人と自分は常に違うため、絶対にその社会は完成しない、その社会を完成させるために、韓国人は争うんです。
      どちらがより正しいかをね。

      むしろ、韓国人は「わたしも幸せ、あなたも幸せ」になるために、永遠に争うんです。その正しさを巡ってね。

      1. >韓国人は「わたしも幸せ、あなたも幸せ」になるために、永遠に争う。
        正しくて、しかも面白い表現ですね。
        言いえて妙である、と思いました。

    3. 「助けを求める」と言う行為自体が、「自分が下という立場を認める」ことと同義なのではないのでしょうか。
      「謝る」と同じで、自分が下と認めて永遠に奴隷の扱いとなることが受け入れられないのでしょう。

  8. 伝統的な儒教社会・宗族社会が急速に崩壊し始めているようだ。高齢者の自殺急増、老親の外国空港への姥捨て、
    孫の結婚の相談に加われない・・・
    日本も対岸の火事視しないで、対策を講じなければ。

    1. 日本人&日本社会を「愚民朝鮮人化」をしているメディアに出ている反日左翼なりすまし帰化人たち!
      日本社会&日本人を「超汚染人」の下に支配しようとしている日本の反日メディア!

  9. だって、みんなで生きようとしてないじゃん。
    各々、自分のことしか見ずに生きてるのに、困った時だけ助けろったってねぇ( ̄▽ ̄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。