万人が万人と戦う社会

元ソース確認して書きたいところですが、ニッテイ(日程)のせいでまた出かけないといけません。韓国側の記事からの引用だけにします。

OECDの「よぅどうだい?」・・じゃなかった「生活の質(韓国での訳です。原文は『How’s life』)」は本でも出ていますがオンラインでも読めますので、興味のある方は検索してみてください。でも、前はオンライン版で検索が使えないのでかなり不便だった記憶が・・

とりあえず、京郷新聞の週刊版「週間京郷」の記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・今年1月に発表されたOECDの「2017生活の質(How’s life)」レポートを見ると、韓国は過去1年間の社会生活の中で、様々な紛争を経験したことがあると回答した割合が34%で、調査対象国のうち最も高かった。犯罪による紛争を経験した割合は1%で、他の加盟国よりも低かったが、特に「事業と雇用」の問題と「隣人と住居環境」問題に紛争を経験した割合がそれぞれ10%、6%で、他の国よりも高く、韓国社会の最も主要な日常の葛藤要因となった。

一方、危機に直面した場合に助けてくれる人間関係があるのか​​を問う応答では、全体の75.9%だけがそうだと答えて、全加盟国のうち最下位を占めた。 4人のうち1人は難しいことをされた時に役立つ家族や親戚、友人などが全くないと答えたわけだ。これらの結果を反映したように、韓国人の生活の満足度は10点満点中5.9点で、OECDで最下位だった。仕事をする職場でも、仕事を終えて帰って生活する生活空間でも、大小の葛藤と争いにストレスを受けることは多いものの、そのための社会的支援は受けられない社会という点を端的に現われたのだ・・>

http://v.media.daum.net/v/20180214102723423?rcmd=rn

 

こういうのは韓国側が提出したデータで調べることになるので、実際とはかなり違うのでは・・な気もしますが、手元にあるデータだけでも「最下位」と。

後半は、前にも旧データを紹介したことがありますが(あの時は下から4位か5位だったけど、いまは最下位だそうですね)、「助けてくれる人」に「家族」も含まれるのがポイントです。この項目に「そんな人いない」と答えたということは、親友がいないというならともかく、そんな家族もいないという意味です。儒教思想が強い(ということになっている)韓国で、イザという時に力になってくれると・・言い換えれば「信頼できる」人が、家族すらいないと答えた人がOECDでもっとも多いというのは、どういうことか、と。

 

いままでシンシアリーのブログで書いてきたことと妙に一致する内容のようで、エントリーしてみました。記事の題は、「万人が万人と戦う・・各自生きるだけの韓国社会」です。題も本ブログにありそうな書き方ですね(笑

 

最近、更新遅くてすみません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“万人が万人と戦う社会” への71件の返信

  1. センセーショナルな見出しはともかくとして、面白い切り口だと思いますね。
    どう考えても、朝鮮や韓国の社会は他国に比べて集団主義的であり、思想統制的であり、全体主義的ですよね。
    言い換えると、多様な価値観や生き方が許されない社会です。
    でも、万人が万人を食い合うような孤独な社会でもあるんですよね。全体主義的でありながら、集団によって個人が守られない社会。群れや社会って、ある程度は個人が守られるんじゃないっけ?
    この原因はともかく、メカニズム(行動のパターンや合理性)は解析していくと非常に面白い。
    文化論や遺伝子論などで民族性の”原因”を語ると陳腐化するので封印して、
    どういう心理作用や利益追求でこう社会に落ち着いてしまうのかというメカニズムを説明できるとなかなか面白いです。ただ、すぐ書けるようなものではありませんが。

    1. 学術的なカテゴライズでは新しい方向性かも知れないけど、実はどの側面から考察しても、それぞれに真実を補完していくパズルのピース。輪郭が見えなければ仮説も立てられないですね。

  2. 助けられたことがあるアンケートと、自分が助けたことがあるアンケートを取ってみると面白いと思う

    1. みんな、「助けたことはあるが、助けられたことはない」って書くんでしょうね。それは面白そうですねw

  3. あれだけウリで依怙贔屓をしているのだから差別する人が多くても助けてくれる人も多いだろうと思っていたので意外です。
    ウリもある程度豊かでないと効力を発揮できないというわけですね。

  4. 勝手に得体の知れない物と戦ってる奴を誰が助けるの?
    結局助けた奴が訳も分からず被害を受けるんでしょ?
    一体何と戦ってんのよ

    1. 韓国人は隣人と戦うがゆえに、隣人(日本人)が韓国人を助けると、以降日本人は韓国人の下になるんです。

      だから、隣人(韓国人)を助けないのが、正解なんですね。

  5. 万人が万人と戦う社会忌わからない(日本人だからか?)
    韓国
    弁護士に相談したら契約が必要とゆわれ、契約金を値切ったら書類だけ書いてくれた。
    日本
    電話で相談したら、必要書類とパスポートを、持ってくるように言われ代理人の書類にサインさせられ、次回手続完了の書類と時間給の請求書をもらった。
    この違いのことか?

    1. それとも
      五ッ星ホテルでトイレ掃除、浴槽掃除、ベットメイキング、備品補充係、コップ専用洗濯係を置くようになった(就職口が増えてよかった)
      GM工場閉鎖発表、撤退の意思表示か?(労組との交渉が嫌になっただけ)ルノー生産輸出継続(ストライキないから・現状お知っている・部品日本からの輸入すぐ撤退しそう)
      確かに、戦いの種は、尽きない!

  6. とうとうシンシアリー氏まで記事が書けないことをニッテイ(日帝)のせいにしてしまった(笑)・・と突っ込んでみる。

  7. お姉さんの検査代に資金援助したシンさんは、韓国では考えられないくらい優しい弟ということですか。確かに別所帯になると、資金援助は日本でも優しい行為ですが。
    その割りに連座制ですよね。戦犯の子孫とか日本人に言うし。助けてくれないうえに、連座で責任を負わされて、家族など成り立つのでしょうか。しかも「俺の方が兄だ」とかも言うし。
    家族のニュアンスが日本と違いますね。

  8. 日本人の場合、トラブルに遭った時に「迷惑かけたくない」「家族に心配させたくない」という心理が働いて、ひとりで何とかしようとすることがままあると思うけど、そんな日本より順位が低かったということですか?
    韓国の方が良くも悪くも人との繋がり方が濃い印象があるけど…

  9. 口だけでなくて火なり鉄砲なり持ち出してやりあってくれれば良いのにー(´・∀・`)

    1. そういうことが起きないよう軍事独裁政権の頃に
      ヤクザやアカを取り締まってただろうと思います。

      デモとかで危険が減ってるのは進歩してる証かも。

  10. 難しいことをされた時に役立つ家族や親戚、友人という話の
    「難しいことをされた時」ってどんなケースなんでしょうか。

    人間関係のトラブルであれば自分で解決するしかないような。
    そこはもう警察や弁護士などに相談するしかないでしょう。

    身内や知人にそういった職種にツテのある人間がいるかどうか
    って話なら75.9%はかなり多い数字ではないでしょうか。

    危機つっても韓国じゃ自業自得なケースも多いだろうから
    身内でも呆れて手助けしようがないんじゃないかと。

コメントは受け付けていません。