万人が万人と戦う社会

元ソース確認して書きたいところですが、ニッテイ(日程)のせいでまた出かけないといけません。韓国側の記事からの引用だけにします。

OECDの「よぅどうだい?」・・じゃなかった「生活の質(韓国での訳です。原文は『How’s life』)」は本でも出ていますがオンラインでも読めますので、興味のある方は検索してみてください。でも、前はオンライン版で検索が使えないのでかなり不便だった記憶が・・

とりあえず、京郷新聞の週刊版「週間京郷」の記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・今年1月に発表されたOECDの「2017生活の質(How’s life)」レポートを見ると、韓国は過去1年間の社会生活の中で、様々な紛争を経験したことがあると回答した割合が34%で、調査対象国のうち最も高かった。犯罪による紛争を経験した割合は1%で、他の加盟国よりも低かったが、特に「事業と雇用」の問題と「隣人と住居環境」問題に紛争を経験した割合がそれぞれ10%、6%で、他の国よりも高く、韓国社会の最も主要な日常の葛藤要因となった。

一方、危機に直面した場合に助けてくれる人間関係があるのか​​を問う応答では、全体の75.9%だけがそうだと答えて、全加盟国のうち最下位を占めた。 4人のうち1人は難しいことをされた時に役立つ家族や親戚、友人などが全くないと答えたわけだ。これらの結果を反映したように、韓国人の生活の満足度は10点満点中5.9点で、OECDで最下位だった。仕事をする職場でも、仕事を終えて帰って生活する生活空間でも、大小の葛藤と争いにストレスを受けることは多いものの、そのための社会的支援は受けられない社会という点を端的に現われたのだ・・>

http://v.media.daum.net/v/20180214102723423?rcmd=rn

 

こういうのは韓国側が提出したデータで調べることになるので、実際とはかなり違うのでは・・な気もしますが、手元にあるデータだけでも「最下位」と。

後半は、前にも旧データを紹介したことがありますが(あの時は下から4位か5位だったけど、いまは最下位だそうですね)、「助けてくれる人」に「家族」も含まれるのがポイントです。この項目に「そんな人いない」と答えたということは、親友がいないというならともかく、そんな家族もいないという意味です。儒教思想が強い(ということになっている)韓国で、イザという時に力になってくれると・・言い換えれば「信頼できる」人が、家族すらいないと答えた人がOECDでもっとも多いというのは、どういうことか、と。

 

いままでシンシアリーのブログで書いてきたことと妙に一致する内容のようで、エントリーしてみました。記事の題は、「万人が万人と戦う・・各自生きるだけの韓国社会」です。題も本ブログにありそうな書き方ですね(笑

 

最近、更新遅くてすみません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

148+

“万人が万人と戦う社会” への71件の返信

  1. “万人が万人と戦う社会”って、もう次の本のタイトルが決ったのかと思ったんですけど。

  2. MoNo氏(11:26)の言われるように「伝統的な儒教社会・宗族社会が急速に崩壊し始めている」ように思う。

    コリアン(朝鮮人)も中国人も基本的には「族人(=血族)社会」。血族・宗族が安心・安全で利益を得るための拠り所でもあり、凝集する基本単位。

    韓国では、IMF危機後の急速なアメリカ的国際資本主義化などにより、この伝統社会がかなり壊れかけているように見える。中国でも共産主義や昨今の拝金主義により、これがかなり変化しているものと思う。

    中国で儒教社会が壊れるカモという一つの見かたとして、文化革命時、親批判をさせたことを挙げている本もあったが、これはあまり当たっていないと言える。
    やはり人間「食えること=生業」が一番大事、そのことが意識・価値観が変わっていく大きな原動力と思う。今日でいうと、やはりお金で、韓国では有名大学を出てもあまり良い就職がなかったり、たとえ大企業に就職できても40代で肩たたき、その後商売をしてもうまくいくハズもなく、これでは親の面倒をみるどころか、自分も食うや食わず。

    この状態が『万人が万人と戦う』状態、『各自生きるだけの韓国社会』カモ知れない。ウリ(自分・我々)の最小単位は「自分(=単数形)」なので、ウリが一番縮小した状態(ギスギスした危機的状態)の社会だと言える。

    ここで、ツライのは、宗教や伝統価値観は骨格部分(強力な部分)が残りやすく、それが(社会が一応民主主義などに変化したとしても)依然として人々に大きな影響を与え続けること。儒教で言えば、「序列・権威主義」「表面・形式主義」「情誼・体面性」「正統主義」「専制意識」…などが残り続けることとなる。

    で…彼らコリアンや中国人が、今後、国民国家の国民になれるだろうか。…というと、上記の理由で、かなりな期間とても無理だと思える。
    国民国家とは日本型(島国と天皇制で自然発生的にそうなった)や西欧型があるカモだが、国民が国家を拠り所・凝集単位として考えるような国。

    (また長駄文になりました。失礼しました。)

  3. 万人が万人と戦う国。

    万人が万人で戦う国。

    この差かな?

  4. 漢江の奇跡(笑)で、核家族化が進み、
    居住形態が族社会に向かなくなり、
    核家族化で、族社会の習慣や風習が煩わしくなり、
    個人主義的な人が増えて来た。

    現在の韓国は族社会から個人主義への変化の過程を表しているのだと思います。

  5. 社会性を育てないようですから、万人による闘争も暴走する主観的不満や被害意識も自然発生しますよ。
    どうも韓国では「社会性」と「社交性」の区別がついていないように思う。
    区別が出来るほど概念の違いが認知出来ないんじゃないかな。
    社会的問題がとりあげられる度、社会性を育てようなんて教育関係者が言ってますが、それは思想教育や躾止まりなんでしょと期待が持てない。

  6. 助けてくれる人私もいねーな…と思った直後、あ、家族も入れていいの? だったらいるよ、でした(笑)

    それにしても私が気になったのは「犯罪による紛争を経験した割合は1%で、他の加盟国よりも低かったが」の部分。
    法律の違いは当然あると思いますが、犯罪は少ないけど社会生活の中で紛争を経験したことが多いというデータは、他国なら「この程度なら騒ぎ立てるほどのことでもないか」と受け流すようなことを韓国人は「自分が当然持っているはずの正当な権利を不当な手段を使った誰かに奪われたニダ!」と大騒ぎしてるってことになるのでは?

    1. むしろ「他の国なら犯罪なのに、あまりにもありふれているので、犯罪による紛争だと思わない事例」が多い、のかも(笑)。

  7. 以前の調査より悪くなっているということは経済の悪化が進んでるということなんじゃないでしょうか
    私はやっぱり助けてくれる人がいないと言う韓国人の多くは高齢者ではないかと思います
    若い世代に余裕が無くなり儒教的な価値観も崩れて見捨てられた高齢世代
    行政が今まで親孝行という徳目を国民に押しつけるのをやめてセーフティネットを準備しない限りどんどん数字は酷くなるのではないでしょうか

  8. >犯罪による紛争を経験した割合は1%で、他の加盟国よりも低かった
    ➡ 犯罪による紛争が起きた場合、片方はお亡くなりになっているので、割合は他国より低くなるのは当然だろう。

    >「事業と雇用」の問題に紛争を経験した割合が10%で、他の国よりも高く、韓国社会の最も主要な日常の葛藤要因となった。
    ➡ 失業者はデータにも入れてもらえないのだろうか。

コメントは受け付けていません。