はじめての確定申告、そして中野ブロードウェイ

日本でははじめての確定申告、無事終わりました。

税理士さんから説明も聞いて、いろいろ知識が身につきました。印税は2割の税金を引いてから受け取ることになるので、思ったほどの負担はありませんでした。

たしか、マンション購入時に2017年分の資産税(私が購入してからの分)は負担したので、あとは住民税だけになりますね。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

在留資格も、マイナンバーカードの延長もでき(在留資格の期間に応じて延長する必要があります)、日本滞在2年目のための準備は、もうほとんど出来たようです。

もうすぐ「人を楽にしてくれる国・日本」の発売で、その次の本の原稿もやっと終わりが見えてきました。

3月中に韓国に一度戻って、家族と会って「元気です」と話し合い、親の墓参りをして、資産関連の手続きなどをしないと・・とは思っていますが、日付はまだ未定です。

 

あ、そして、週末に中野ブロードウェイに行ってきました。

中野ブロードウェイもまた、サブカルチャー含め、いろんな店が集まっている商店街です。

秋葉原みたいなところかな?と思ったけど、アニメやゲーム関連のものだけでなく、様々なホビーショップがありました。秋葉原がアニメ・ゲーム関連に「偏りしすぎだ」と思っておられる方には、ここがオススメかもしれません。

レナのウィッグ(かつら)を購入しました。また、写真はありませんが、ヴィンテージドールを扱う店もあり、同じドールでもこんなに違うんだなと、つい見とれてしまいました。

カフェも多く、とても楽しい時間を過ごすことができました。

写真のカフェは、天井に有名なレースコースがパイプで作られています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

“はじめての確定申告、そして中野ブロードウェイ” への49件の返信

  1. 中国人に限らず、少なくとも昭和の御代の終り頃には、日本人も不動産等を持っている人は節税目的で、普通にやっていたと思います。今は合同会社なんかも多いかな。

    1. 税務署 「さて、次はうれしい楽しい予定納税だな!」
      シ氏  「えー」
      税務署 「今回払った所得税の3分の2を、7月と11月に払うんだ」
      税務署 「あ、住民税も健康保険も6月からだな」(^∀^)ニコニコ
      シ氏  「ぎゃー収入の4割近くがー」
      税務署 (`∀´) ヒャッハー♪←身ぐるみはいで行く

      【歴史の授業にて】
      先生 「むかーし、江戸期はだいたい四公六民であり・・・」
      生徒 「4割税金!?きゃーなんて過酷なんでしょう!」
      先生 「まあ、それ米にかぎったことでそれ以外は対象外で、案外・・・」(以下略)

      (´д`;)あ、あれ?現代社会人って、江戸時代の農民以下の扱いアルカ?

      1. 随分早起きなんですね(笑)昔、落研とか在籍されてましたか?

      2. その米もお江戸の頃は新規開墾推奨で新田は三年無税とか、増えた分を加算しないでほったらかしたりしてて、実際はそんなにきつく無かったとも聞きますね。だもんで開墾するほど儲かるので田畑が三倍くらいに増えたとかなんとか。

        現代、なんのかんのと三割くらい飛んでくよね(´・ω・`)

コメントは受け付けていません。