再び国連で慰安婦言及・・日本側「すでに終わった問題」

韓国の康京和(カンギョンファ)外交部長官が、ジュネーブで開幕した第37回国連人権理事会(UNHRC)総会高位級会合の基調演説で、

「慰安婦問題を解決しようとする努力に、被害者中心のアプローチが欠けていたことを認める」、「過去の過ちが繰り返されように、現在および将来の世代が歴史の教訓を学ぶようにすることが重要である」などと慰安婦問題を言及しました。慰安婦合意の後は、韓国は国際社会で慰安婦問題を言及しませんでした。

ただ、「日本」「性奴隷」などの表現は無かった、とのことです。

日本はこの件で「すでに終わった問題だ」と抗議しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<伊原純一ジュネーブ駐在日本大使は康長官の基調講演の後、現地で記者会見を開き、「(慰安婦問題は)日韓合意で解決済みの問題」、「(長官の発言は到底容認できない」と主張した>、とのことでして。

http://v.media.daum.net/v/20180227084956762?d=y

ソース記事にはありませんが、「被害者や市民団体と協力していく」とも述べたとのことで・・

慰安婦合意には政府が慰安婦関連活動に支援しないという内容もあったはずです。韓国の市民団体の政治権力化が進む中、この発言も要注意です。

 

抗議した日本側の反応はゴモットモ、なものです。しかし、前にも書いたことがありますが、韓国が慰安婦問題の解決そのものを望んでいません。慰安婦問題は、日本を攻撃するための武器ですから。解決されたら、韓国としては困ります。そんな韓国に「合意したから履行しろ」とまともな言葉をかけたところで、もはやそれは韓国にとって「嫌がらせ」でしかありません。

現に、韓国が政府公式に「履行しないからな」と宣言している今、「履行しろ」という言葉にも、相応の圧力が無いと、効果は薄いでしょう。

もうすぐ31節です。いままでの発言を繰り返すだけか、それとも何か新しい「ネタ提供」になるかはわかりませんが、文在寅大統領も慰安婦問題に言及しないわけにはいかないでしょう。どんな発言が出てくるのか、注目してみます。

 

 

↓3月3日の産経新聞に広告が載ります!

 著書関連のお知らせ 

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

158+

136 Replies to “再び国連で慰安婦言及・・日本側「すでに終わった問題」”

  1.  まぁ、抗議するのは当然ですが、対韓国にはあまり意味ないでしょうね。

     慰安婦合意の背景には、対中国、北朝鮮のために日米韓連携が欲しい米国の意向があったのは間違いないでしょう。日韓友好の障害を嫌った米国に日韓が配慮した結果だろうと思います。オバマの仲介で同席した朴が安部を無視した態度に米国は困ったはず。それが無ければ合意の成立はなかったと思います。米国は慰安婦合意に全く関係の無い第三者ではないのです。それどころか、日本が米国の意向を重視した結果としての戦後の日韓関係と理解しています。

     日本としては今回の発言を利用しない手はないと思いますね。北の核問題こそ、最終的、不可逆的に解決せねばなりません。韓国主導で解決なんてあり得ない。彼らの言う最終的解決は言葉尻だけ。いつ蒸し返してくるか解らない。六カ国協議もそうやって潰された。対話を言い、韓国の同意無く半島で戦争はありえないなどと宣う文大統領の頭越しに、トマホークを飛ばす必要が生じるかも知れません。その時に韓国など無視して必要な事をやってもらわなければ日本が困ります。

     かの国の言う対話とはこういうもの。格好の例題です。文大統領が何を言おうがやるべき事を進めねばならない。まずは徹底的な経済封鎖で追い詰めるべきですが、それで解決するかは解らない。米国が軍事攻撃をためらう一つの理由がソウルが火の海になるから。その敷居も下げておくのも日本にとって有意でしょう。いざとなれば韓国は切り捨て日本を重視してもらうのが日本の為になる。外交当局には活用して欲しいと思いますね。

  2. なんか合意違反レベルを少しずつあげて様子を見ているように見えます。性奴隷発言の時は辛うじて「日本の慰安婦のことではないですよ」と言い逃れできるようにしていたようですが、この動画公開は日本の慰安婦批判でないと成立しませんよね。
    31節に向けてどれくらいまでなら日本は遺憾の意で済ませてくれるか確認しているようで気分が悪くなります。

  3. ついに韓国外交の死刑執行書に手を出してしまいましたか。
    いずれ、やるしかなくなるだろうとは思っていましたが予想以上に早かったですね。

    合意に当たってEUやアメリカ巻き込んでいたのも忘れてるんでしょうね。

    日本にとっては解決済みなのは変わりませんが。

    ツートラック外交(w
    北朝鮮との関わり方次第では.経済制裁に巻き込まれるか否かの瀬戸際なのにのんきなものですなあ。

    ムン氏の国際感覚のなさは韓国人には悲劇ですな。

  4. 《ソウル市が三一節(抗日独立運動記念日)99周年を記念して27日に開催した韓日中「日本軍慰安婦国際カンファレンス」で、旧日本軍の朝鮮人慰安婦虐殺を見せる映像を初めて公開した。》
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000029-cnippou-kr

    これ、ムンたんの31節のネタになるのでしょうか。

      1. 史料は、騰越の戦い(中国名 : 騰衝戰役)についてアメリカが作成したものということが分かっています。
        同じ戦での実際に戦った相手である中国側の詳細な資料があります(『騰衝會戰概要』)。
        この中国側の史料の方が信憑性が高いのです。アメリカの作成した資料は、当時の日本軍が悪辣であったというプロバガンダの性質を帯びています。

        中国側の史料には傷亡人数が記載されています
        日本人は、2,700あまりが戦闘、あるいは自殺で死亡しています。
        生き残ったのは、軍官4名,兵士20名あまり,軍伕30名あまり,慰安婦18名。
        慰安婦18名は、捕虜となった人数です。

        『嗔西抗日血戦写実』には、「台湾人3人、朝鮮人2人、残りは日本人、合計18名の営妓」とあり、18名のうち2人が朝鮮人です。
        この割合では、30名だとしても朝鮮人は3名ほどのはずです。

        また日本軍は、11日には全ての弾薬を使い切っています。
        13日には弾薬はなかったはずで、30名も処刑できる余裕はあるはずもありません。

        英語には「市内に」とありますが、すでに日本軍は敵陣地に突入して、全滅に近い(3名の生き残り)状況で、市内に入る余裕はありません。
        写真は、騰越城内であれば城壁が映り込むはずですが、写っていません。

        映像には建物で煙でているところがあるので、アメリカや中国の砲撃での死亡でしょう。
        アメリカと中国が、日本軍の責任にするために作成した史料とみられます。

        この状況下で、生き残った18人以外の、30人を射殺するとは思えません。文書の信憑性は薄いとみられています。
        史料に信憑性がないため、日本政府の立場は『爆撃の犠牲もしくは自決』で死亡とたものということです。

        1. 記載するのを忘れていましたが、私独自の調査ではありません。
          下記の記事をもとに、まとめ直したものにすぎません。
          『在日朝鮮人から見た韓国の新聞』

          調査していただいた金田さんに、ここをもって深く感謝申し上げます。

    1. これ、ムンたんの31節のネタになるのでしょうか。←x
      〇→ムンたんは、これを31節のネタにするのでしょうか。

      このタイミングで出てきたこのネタを無視できるのか、
      ケロケロと31節ネタとして吐き出すのか。

      このカンファレンスに参加した日本側の人物は誰だろう。

      >名無名有さん、
      金田さんのブログは時々拝読していますが、この件の詳しい情報は知りませんでした。
      ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。