韓国の青年失業率、実は22.7%?

日本の某大学の韓国人教授が日本の青年失業率が低いことで「日本を見ろ(見習え)」と政府レベルの積極的な経済政策を要求する寄稿文を書きました。

その寄稿文に、普通は9.9%とされている韓国の青年失業率が、実は22.7%で、実際にはもっと高いだろうという内容がありました。失業率の算定には含まれない、就業しようとしてもきないでいる人たち(記事では「就業希望者」としています)が多いから、だそうです。

用語は統一できてないみたいで、他のソースからは「体感的な青年失業率は去年12月基準で22.7%」という表現が確認できました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

しかも、韓国の青年失業率は「15歳から29歳まで」となっています。日本を含め、OECDの多くの国は青年失業率を24歳までとしています。

普通、25~29歳は就職率が高いので、29歳まで青年失業率を算定すると、他の国より少しでも失業率が低くなるのが普通です。

http://v.media.daum.net/v/20180226182602158

 

こんな状態でも、なぜか20代30代で文大統領の支持率は高く、日本の失業率が低いという記事が出てくると、ネットには「日本はもう若い人がいないから」などの意見がチラホラ・・・

こんな状態で政権支持率が高いことって、世界的に見てかなり珍しいことではないでしょうか。

わけがモルゲッソヨ。

 

 

↓3月3日の産経新聞に広告が載ります!

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

166+

58 Replies to “韓国の青年失業率、実は22.7%?”

  1. 役所に慰安婦像を作る部署や管理するでも作って
    溢れた失業者を準公務員扱いでブチ込んどきゃいいんじゃねw

  2. 文在寅率いる韓国政府は既に中国共産党政権のやり方を真似た情報管制体制を敷いているのではないか?明らかに様子がおかしい。「雇用は民間が創るものではない」「公務員大増員プラン」等の文在寅の一連の発言や構想をみても、彼とその側近らは明らかに共産主義思想に親近感を持っている。まさに亡国だ…

  3. この韓国人教授は粛清すべきですね。
    まー、文大統領の成果が出るのはもう少し先の様なので、大韓民国の若者は信じて待っていれば良いでしょう(ハナホジ

  4. 一家の働き手の親父が、職場でのむしゃくしゃを女房や子供の身内に当たるようなものだろう。もっとも日本人は韓国人を身内とはみなしていないし、みなしているのは韓国人だけ。その証拠に普段は悪罵の限りを尽くしているのに、少し困るとすぐ頼ってくる。
    七誌殿によると「韓国が上、日本が下」だかららしいが。
    これにに気づかない日本人が愚かなのではなく、この韓国人(及び七誌殿の)脳内幻覚を海外に広めない日本人が愚かなのだが。

  5. 韓国の若年層は、ムンたんが、自分たちを食い物にしていい生活をしているパク一派や財閥をこらしめて正しい姿にしてくれる。つまり自分たちの生活をよくしてくれると期待しているのではないですかね。

    でも、社会主義者が健全な経済運営なんか出来ないことは歴史が証明しているところ。ムンたんはそのうち、壁にぶち当たるでしょう。

    韓国の若者については、90%近くが子供の頃から同じような勉強をし、同じような大学に進学し、同じような仕事につこうとする。すると、あぶれる人間が出てくるのはあたりまえ。あぶれた人間は敗者であって、もう省みられることはない。これも0か1かの世界。

    根底にはあの仕事はいい仕事。この仕事はダメな仕事と言った貴賤意識が強いのではないかと思います。どんな仕事でもやりがいと誇りを持って働けるようにならないと、いくら政府を変えても、政策を変えても(言い換えれば政治・社会のせいにしても)、韓国の若者は幸せになれないでしょうね。

    1. 名無しの権兵衛さん
      保守派が財閥と連んで上げた利益を還元すれば良い。と彼等は思ってますよね
      経済実態である政府の財源不足、企業業績低迷、家庭負債の増加は無視してるんでしょう。
      韓国人は詐欺に引っかかり易いとも。「俺だけは大丈夫、他人とは違い成功するんだ」との意識が強いとも言われてますね

  6. アメリカインディアンの話を思い出します。
    騎兵隊と闘う時でも、部族同志の連携は一切無かったという。
    クレイジーホースとかナバホ族とか誇り高い部族、勇猛果敢な英雄伝説も沢山あるのにも関わらず潔く討ち死にして亡びた。
    「誇り高い」のは一緒かも知れないが、「潔く討ち死にした」ここだけが隣と違うみたい。
    部族と言うのは国家に成りえないから、李王朝も部族だったのだろう、韓国と言うのは国家に成りえない部族なのだとつくづく思う。1000年先も紛争部族地域として綿々と諍いを続けて世界に迷惑を掛けていくだろうねと思った。
    あと100年は生きていないけど地球上で騒乱を続け、国として纏まらないのは何処かなー、あそことあそこと、半島は最後まで残るのだろうな。
    これもインディアンと違って「潔く討ち死にする」部族では無いから。

    1. その例えは違うと思います。

      アメリカ先住民は、一部族が小さな国家です。だから部族のために戦った。
      朝鮮は、中華という巨大国家にバラバラで属していた。だから朝鮮(中華皇帝の所有物)のためには戦わない。

      例えるなら、前者は零細企業で、後者は巨大企業の末端部署。

コメントは受け付けていません。