平昌オリンピック閉会式の「塔」、剽窃の疑惑

平昌冬季オリンピックの閉会式で目立つ存在だった「塔」が、ある作家の作品を剽窃したパクリだという問題が提起されています。

MBCの報道から、キャプチャー画像で紹介します。

http://v.media.daum.net/v/20180308204912234?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

さて、上の写真2枚が閉会式の「塔」、作品名「祈願の塔」ですが・・

実は、随分前から韓国の建築物を「こんなデザイン」で表現してきた美術家がいます。ペク・スンホ氏です。

ペク氏は、ペク氏の作風を知っている人たちから「(閉会式の作品がペク氏のものだと勘違いして)大きな仕事でしたね」とメッセージをもらったりもしたそうです。でも、ペク・スンホ氏は閉会式には関わっていません。

左がペク氏の作品の一つ(似たようなデザインの作品が多数あるようです)、右側が平昌閉会式の祈願の塔です。LEDなどでピカピカすることはないですが、こうしてみると確かに表現方式が似てますね。

閉会式で祈願の塔を作った人は、決して剽窃ではないと主張している、とのことです。

さぁ・・どうでしょう。

「バレませんように」と祈願する塔だったかもしれません。

 

 

(・∀・)ノ今日は、更新がちょっと遅れそうです。午後~夕方から更新します。

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“平昌オリンピック閉会式の「塔」、剽窃の疑惑” への28件の返信

  1. ペク氏は自作に蛍光塗料を塗り、室内用モビールとして「2018平昌」とタイトルつけて商品化したらどうでしょう。

    個展を開くたびに「平昌の閉会式で見ましたよ」と言われるのも悔しいから、「違うのですが~、いい宣伝してくれましたね」(ニコッ)と。
    モルゲッソヨの作者も喜んでいるようだし、話題になったらチャンスに変えないと芸術家は生活出来ないですよ。

  2. パラリンピックの開会式の聖火点灯で、
    なんで日本人の稲田朋美さんがいるんだろうと思ったらカーリングのメガネ先輩でしたね。

    あー、疲れた。

  3. デザインが云々ってコメントしてる奴ら、バカじゃないの?どうみても表現手法が同じことが問題になってんだろ。トンチンカンなコメントして恥ずかしい。

  4. 以前、花札の起源主張の話がありました。ええ、いつもの病気です。
    その中で、「朝鮮花札を復活させるに当たって大きな問題が持ち上がった。何をサンプルにしてオリジナルのデザインを復活させればいいのかわからないのだ」
    このようなニュアンスだったと思います。「オリジナルがどんなものかわからないので再現が難しい。当時の花札を根気よく探すしかない」だったらまだ理解できます。最初から何かを下敷きにして再現することが前提なんです。
    韓国人や中国人のパクリ癖は、他者の成功例を模倣することでリスクを減らすことがそもそもの目的だったんでしょうが、いつの間にやらそれが当たり前になり、『自分でオリジナルを生み出す』という発想そのものが無くなってしまったかのようです。

    1. いいえ。七誌殿によると「韓国は上、日本をはじめ下」なので正常なのです。病気ではありません。もっとも七誌殿が同じく病気なら、この限りにあらず。

    2. それって同じ事を古代遺跡や各種文化でもやってますよね。
      参考にするのは中国や日本ってのも同じ、多分彼らの脳内では「事実あったんだから、今よその国にあるものを参考にして何が悪いのか?」程度なのでは。
      パクリは中国人は利のため、韓国人は利もあるけど自尊心と言う名の見栄のためって動機が多いような気がします。

  5. その後ペクさんの有る事無い事が暴かれて訴えられる。
    迄が1セット

コメントは受け付けていません。