じゃぱんらいふ・2018年3月10日 ※追記しました

あじさいに出た新しい芽が、そこそこ大きくなりました。もう春ですね。

今年のサクラは三月末から四月の始まりまでは見頃になるのでしょうか。どこのさくらを見に行こうかな・・と悩む時期ですが、その前に、

韓国に行ってこないといけません(爆

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

姉はもう元気になったみたいで何よりですが、それでもちゃんと家族と顔合わせて報告しないといけませんし、親の墓参りのこと、銀行関連の手続き(1年に移動できる資産には限度額がある)もあるし、やはり1年に1回は行ってこないと。

近い内に、「韓国行ってきまちゅね」とか言って更新が止まる時期があるでしょう。

・・・で、家族と会ったり墓参りしたりと、それは当然だと思っています。お墓は空港からメチャクチャ遠いけど気にしません。良い意味での義務感みたいなものもあり、ノー・プロブレム。

 

でも、それ以外に、「いろいろ旅行の計画を」、と思いましたが・・・

なんでしょうね。あまり行きたいところがありません。いつもの友だち(1号、2号)とはこの前、大阪で会ったし。

1年ぶりに韓国に行くことになったから、せっかくだしどこか回ってみようか・・・と思って結構考えてみましたが、自分で言うのもなんですけど、行きたいところがありません。

まっさきに頭を過るのは、「早く帰ってこよう」。

韓国にいた時、日本旅行に行く際には出来る限り計画を絞って、よく「ニッテイ(日程)のせいだ」とか言いながら1日でも日程を日程を伸ばそうと、出来るかぎり色んな所を回ってみようとしたのですが。

結局、韓国旅行は、1週間位はゆっくりしてこようかと思ったけど、2泊3日だけにしました。しかも銀行の件以外は、姉の家で過ごします。ホテルの予約もしていません。

 

世の中には、ホームシックとか、そういうものがあると聞きますが・・私はどうしたのでしょうね。自分で考えても、おかしな人です。私は。

早くも「サクラ見にどこ行こうかな」と、日本に帰ってきてからの「日程」を考えてしまうものですから。

 

後は、姪へのプレゼントを買いに、ちょっと秋葉原行ってきます。

 

※追記

大事なことを書き忘れました。明日(11日)は更新がありません。月曜日から通常更新と致します。

急に3~4日間更新が止まったら「あ、韓国行ったか(笑)」と思ってください。

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“じゃぱんらいふ・2018年3月10日 ※追記しました” への90件の返信

  1. 桜はどこの桜もきれいです。東京は江戸時代に幕府が江戸市民のために飛鳥山や向島に桜を植え、それが江戸っ子の自慢でもあったようです。ソメイヨシノもそういう江戸の花見文化から生まれたもの。
    おすすめは城跡に植えられた桜でしょうか。立体感のある桜が石垣との対比で鑑賞できます。手近なところでは皇居(江戸城)でしょうか。
    1泊するつもりなら、奈良県吉野の桜がおすすめです。観光ホテル・旅館があるので吉野で宿泊するのもいいです。

  2. 全羅南道のお寺がいいですよ。去年の3月中頃に海南に行き、美黄寺・大興寺を回ってきました。まだ桜の咲く時期ではないので人出は少なく、ゆっくり見て回れました。尹善道古宅にも行ったのですが、記念館は私たち夫婦だけ。でもPM2.5で空気はよくなかったですね。

  3. 一昨年の春、岐阜の山間に佇む「薄墨桜」(樹齢1500年)を見に行きました。見頃が過ぎて、寂しい枝間を淡い花弁がはらはらと散っていました。友曰く、「満開もよし、散り頃も尚良し」と、暫し人影少ない春の山野で老桜を眺めていました。ご参考になればと。

  4. まだ一年やし
    南朝鮮では移住できるのはお金がある人
    ステータス! 嫉妬の対象!
    らしいので
    ホームシックなんてナイナイ
    (ヾノ・∀・`)

  5. ※シャーデンフロイデの仕組み
    シャーデンフロイデとは誰かの不幸を喜ぶ恥ずかしい心の自己正当化である。では、シャーデンフロイデ蒸着の仕組みを説明しよう。

    1・人は自分を高く評価してしまう。
    2・しかし、現実に自分より上に見える人がいる。
    3・しかし、羨ましいという感情は悔しい。
    4・羨ましいと感じた相手を憎む→ねたむ
    5・自分が妬んでいる、と認めるのはもっと辛い。
    6・上のプロセスを見すべて心の奥に封じ込める。
    7・たまたま突発的に相手に不幸が起こった時に喜んでしまう。
    8・普段からねたみを意識しない人に限ってこの喜びに溺れる。

    韓国人はウリナラの叫びによって、僅か1ミリ秒でシャーデンフロイデを蒸着するのだ!

    参照:岡田斗司夫 不公平感はどこから来るのか?
    tpps://m.youtube.com/watch?v=tV3JYJVwjgo

    ↑偶然にも物凄く韓国人の心理を的確にスッキリ説明してくれている。
    結構重要なとこまで無料公開してくれてるので、良かったら是非見てくれ。

    1. 赤くなんだろ? ぐずぐずするなよ
      核のエンジンに 火をつけろ
      ウリはここだぜ ひと足お先
      光の速さで 破滅へダッシュさ!
      (・∀・)イイ!! (・∀・)イイ!!

  6. 薄いピンク色にハート型の可愛いらしい花弁。桜のその飾り気の無い上品で可憐な美しさに、日本人は魅了され、その花弁の、あっという間に散り行く幻想的な世界に、日本人は命のはかなさや、日本人の美意識の本質を感じて来たのでしょう。
    もし桜が一ヶ月も咲き続けていたら、こんなにも愛されていたでしょうか。
    「久方の光のどけき春の日に
    しづ心なく花のちるらむ」
    (古今和歌集)
    日本人は1000年もの間、その美意識を桜に託して来たのです。
    今年も、表紙の樹齢1000年超「三春の滝桜」には大勢の日本人が詰めかけるのでしょう。

  7. アジサイが咲くと、もう真夏も目前
    その芽が既に。。。
    夏嫌い

  8. お姉さんが良くなって安心しました。
    具合が悪くなった親類に送金するというのは、わたしの感覚ではかなり深刻です。
    日本では、入院患者が医療費を払えなくなっても、強制的に退院させられた、という話は聞いたことがありません。一方で、アメリカでは、強制的に運び出されて路上に放置された、という話も聞くし、経済力のない人は、救急車を呼んでも乗せてもらえないとも聞きます。
    アメリカ人は「人の命もカネ次第」と割り切っているのでしょうけど、日本人はそれに関しては曖昧で、高福祉ではないものの、日本の医療保険では、高額療養費制度がありますので、低所得者でも、一定の限度額以上の医療費の支払いは免れるようになっています。
    韓国ではどうなっているのだろうと思ったのはわたしだけかな?

  9. 気になってることが・・・
    この時期の多くの日本人は「花粉症」で大騒ぎなんですが
    韓国での「花粉症」はどうですか?

    ブン大統領はトルコでも有名人になったみたいですねw。
    http://news.joins.com/article/22430071

コメントは受け付けていません。