報復の歴史

韓国日報に、印象的な写真があったので紹介します。

http://v.media.daum.net/v/20180311140116771

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

2MB(イーミョンバク)、李明博元大統領が14日に検察に召喚されます。賄賂とかいろいろあるみたいですが、韓国社会でもっとも重要なのは「雰囲気」ですから・・拘束まで行くのはほぼ確定路線ではないか、と思われます。

韓国日報はこう書いています。

<・・政界に足を踏み入れた後、10年間別の道を歩いた二人(李明博氏と朴槿恵氏)は、2007年、ハンナラ党の大統領候補予備選挙を経て、それこそ「ライバル」の関係に発展する。最高権力者の娘と成功したビジネスマンとして初めて対面してから30年、二人は、すさまじい乱打戦を繰り広げた。

当時、李明博は、朴槿恵とチェ・テミン一家(※チェ・スンシル氏の父親)の関係とそれによる国政壟断の蓋然性を、朴槿恵は、李明博のBBKとダース(※李明博氏が事実上の所有者ではないかと疑われている企業のこと)、道谷洞の土地などの疑惑に食らいついた。両候補の間の葛藤は、李明博の勝利と朴槿恵の支持宣言で縫合されたように見えたが、綺麗に消えたわけではなかった。二人が順番に大権を握った2008年以降、これらの対立の様相は、党内外の関係でさらに明確になった。

報復が報復を呼んだ。 2008年の第18代総選挙を控えてキム・ムソン、キム・ジェウォンなど親朴(朴槿恵支持)系の人たちが大勢、公認(党の公式推薦、公認した候補)から脱落してみ、朴槿恵は、政治報復、「親李公式推薦」としながら強く反発した。以後、朴槿恵は、李明博政府の大運河、メディア法、規制緩和政策などについて批判的な立場を継続した。

朴槿恵政権になって、再び公認騒ぎが再現された。今度は親李系が犠牲になった親朴系は2016年20代総選挙の公認で親李系と非朴(朴槿恵氏と仲が良くない人たち)を排除した。与党セヌリ党は、大統領弾劾の過程において、親李系議員たちののほとんどが朴槿恵大統領の弾劾に賛成票を投じた後、離党した。

李明博と朴槿恵、二人の大統領は11年前に、お互いに向かって提起した疑惑が全て事実だったと明らかになり、政治人生の最大の危機を迎えている。和合と包容の代わりに対決と反目を選んだ政治指導者の没落は歴史の教訓であるに違いない。しかし、国民が失くした9年の時間は、報われない。>

 

9年って、何のことでしょうか。

報復はいまも続いています。文在寅氏によって。

少なくとも「韓国」になった1948年から、ずっとその繰り返しでした。

そして、これからもずっと続くでしょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“報復の歴史” への59件の返信

  1. 大日本帝国が、朝鮮に法治を教えてあげ、党派政治と復讐の連鎖を法によって止めさせた。
    韓国はその法治を日帝残滓とあざ笑い、法より国民の意思が大切だと抹消してもとの朝鮮に戻る途中なんですよ。

    日本がそれを邪魔して、韓国にまた教えてあげれば、結局同じ間違いは繰り返される。

  2. 三国志では、法治より徳で人身掌握をしていていたのですね…
    それに反論をしたのが劉備
    日本人は劉備を好きな人が多く中国人が驚いたと、、、何処で読みました。

    儒教の徳が、韓国に伝わり甲乙になったのかな?

    韓国…もとい朝鮮半島はやっぱり中国からの影響が強いのでしょう…

    中国の歴史を学んだ方が半島人は良いと思いました。

  3. 日本から見れば、
    「反日」を利用したバカ大統領二人でしょうけど。

    韓国側から見れば、
    「親日」の売国奴大統領なんでしょうねw。

  4. >李明博と朴槿恵、二人の大統領は11年前に、お互いに向かって
    >提起した疑惑が全て事実だったと明らかになり、

    これでしょうね。
    「疑惑が全て事実だった」から、恐れた。お互いを。
    恐れたからこそお互いを強く意識し、
    排除できるなら排除したかったんでしょう。
    でもお互いに党を代表するレベルであり排除することもできず、
    潰し合いの一歩手前のところで殴り合ったのだろうと見えます。
    そして、保守政権から左派政権に代わり、
    もはや2人と何の繋がりも無いムンジェインの手によって、
    2人ともが完全に潰されつつある。
    韓国独特の負の因果の流れを感じますね。

  5. ここから得られる歴史的教訓というのは
    やるなら手を緩めず確実に息の根を止めろ
    ってところなのでしょうか

    1. いいえ、法治を民意で曲げるのは、法治国家ではなく民主主義(プロレタリアート)独裁だということですね。
      為政者が法を曲げ、国民がそれを喝采する、喝采しなければ同じ目に遭う。

      反対票2票で憲法改正された中国と、得票率100%の北朝鮮と、やってることがかわわないんですよ。

  6. 失敗もありのままに認めなければ成長はありません。国家も人間もその点では変わりません。

    民主主義とは本来そういうものであるはずです。代表者を選び、その政治から成功失敗を学び、また次の代表を選ぶ。味方も間違いますし、敵も正しいことをします。大事なのは敵味方ではなく、何が正しく、何が間違っているのかを正確に把握することです。

    そしてもう一つ、完璧な人間は存在しません。韓国人が最も分かっていないのはこれだと思います。完璧であることを理想とし、そこからの乖離を「恨」んでいるうちは、これ以上の成長はないでしょう。

    シンシアリーさんがずっと訴えてきた懸念が、韓国全体に届けば良いんですけどね。

  7. 易姓革命が続いてるんですね
    日本も欧州も断ち切ったんですけど
    日本の将棋、相手の駒を取って自分の戦力にするのは世界的にも珍しいと聞きました
    中国・韓国が断ち切れないのは何故?
    又、ガラパゴスと馬鹿にされる日本が易姓革命の影響を振り払えたのは国土の小ささ以外にも要因があると思うな

    1. 戦国時代の影響の有無ですかね。
      上下関係ではない他国と接してることが重要なのかも。

    2. 中国では、他の民族は殺しつくし、奪いつくし、犯しつくすものだったんです。
      いまでもチベットで中国が行っているように。
      これはアフリカのフツ族とツチ族との争いでもそうだけど。

      台湾でも近年まで原住民には首狩りの風習がありましたね。
      日本が首狩り止めるか、絶滅かでその文化を奪ったけど。

      だから彼らは優位にたてばそうするし、日本が優位になればそうすると思っている。
      これだって、後に保守が優位に立てば、かならずムンジェインを吊るすでしょう。

      だから、保守一党はどちら側であろうが、かならず吊るしつくさなくてはならないんですよ。
      自分がそうしたように、相手もそうするから。

  8. 対外(対日本)に対して、「自分はこう思う。だから日本もそう思うだろう…」でしょう。

    自分が思うから、必ず相手も思う!と思う事が、果たして最善の策?

    こんな事も考えられない人が多い事が、「かの国」の不幸。

    1. 自分がこう思うから、相手もこう思う!って間違いをいちばん繰り返しているのも、そういう人々がいちばん多いのも、日本の方だと思いますがね?わたしは。

    2. >>椿さん
      >>自分が思うから、必ず相手も思う!と思う事が、果たして最善の策?
      他の方も似たようなことを書かれていますが、韓国の外交的な弱点はこの点でしょうね。自分の願望をそのまま相手に投影してしまう。だから予想がはずれると「後ろ頭をたたかれた(相手が裏切った)」と叫ぶ…。
      人間は自分と同じレベルでしか相手を理解できないとは思うのですが、多くの人は相手の反応を見て微修正できる。しかし韓国の場合は「後ろ頭をたたかれた」と叫び反省することがない。

  9. シンシアリーさんの指摘するとおりですね。
    民が失った歳月は、9年間ではないです。

    多分「半万年」かと…

    真面目な話をすると「近代国家の要素である『国民』としての韓国人」が形成されたのは、古くとも1948以降なので、その意味で、シンシアリーさんの表現は正確です。

    国民という言葉が、朝鮮半島に住む「他民族混合体」を指すのであれば、その歳月は、凡そ2000年ぐらい。
    そして、朝鮮民族の歴史が「半万年」という妄想を前提にすれば、その間ずっと、貴重な歳月が「奪われ続けて」きたのだ、と思います。

    貴重な歳月を奪われたのが「朝鮮半島に住む人々」なのは確かですが、「奪った者」が誰かといえば、それも「朝鮮半島に住む人々自身」である、としか言いようがないですね。

    1. 誤植の訂正
      ×他民族
      ○多民族

      慌てて書き込んだのに「1ゲット」ならず、残念。

  10. 政治の成熟度が先進国の証。
    政治の腐敗度が後進国の証。
    政治の清廉度が民主主義の証。
    政治の透明度が自由主義の証。

コメントは受け付けていません。