たかがヘル朝鮮、されどヘル朝鮮?

ヘル朝鮮とかいって韓国から出ていった人たち、いわゆる「逃避性移住」をした人たちの多くが、結局は現地でも適応できずに韓国に帰ってくる、という話をよく耳にします。

一応、似たような内容の記事が上がってきたので、紹介します。「外国に行ってみたら体の苦労、心の苦労・・逆移民、増える」という文化日報の記事です。

http://v.media.daum.net/v/20180313142028412?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事によると、「逆」移民は2015年に2733人、2016年に2478人など毎年2500人前後で、外国に行く移民は2015年273人、2016年455人で、10年前の2005年(8277人)より大幅に減少した、とのことです。

それもそのはず、記事の事例を見ると、

「韓国であらゆるストレスを経験したが、今はその比ではない。移民者の私が良い仕事を持つのは難しい(アメリカ)」

「普通のアジアの男性としてどこに行っても真の歓迎は受けられない。目に見えない差別が人を狂わせる(ニュージランド)」などなど。

基本的に、「私のせいだ」という人はいません。「システム(移民先の国の社会)のせいだ」とします。

事例にて、「普通のアジア男性」というのが面白いですね。この人は、韓国人だからって、なにか特別な扱いを期待していたのでしょうか。移住先の国(社会)が韓国に合わせるべきだと思っていたのでしょうか。

 

韓国が「嫌いだから」では、どうにもならないと思います。移住先の国が「好きだから」という、「その国でないとダメだ」という覚悟が無いと。

自分が「特別」という感覚では、どうにもならないと思います。まずはその社会での「普通の一人」を目指し、普通として扱われることに感謝しないと。

「人楽」にも書きましたが、持論でもあり、経験談でもあります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

187+

72 Replies to “たかがヘル朝鮮、されどヘル朝鮮?”

  1. 米国に移民した韓国人や中国人は、自分のルーツでは、なかなか仕事に有り付けないために、なんちゃって日本料理店を開いて、糊口を凌いだケースがごまんとあるはず。日本人のイメージ、日本料理、寿司のイメージを借用して。
    そんな彼らが、米国で、少し生活に余裕が出来ると、慰安婦像を建てる。桜の起源を主張して、ワシントンの桜祭りを乗っ取ろうとする。 恩知らず、恥知らず極まりない話ですね。
    韓国系四世、五世?は、全米を慰安婦行脚ですか?
    誰のおかげで、黄色い顔して、でかい顔出来るのか???

    1. ここちゃんへ、
      小生は米国テキサス州に20年留学していた経験をのべます!
      ダラスでは、韓国料理より日本食やスシの方が、客単価が高いので、かなりの韓国人が、儲かるスシバーを経営していますが、オーナーが日本人ならば絶対にしませんが、ダラスでは、韓国人経営のスシバーでは、韓国人おかみが、若い韓国女?を個室で、1時間女付きで、約200~250ドルで、管理売春をさせています!完全個室ですから、何がおきているかは想像がつくと思いますが、「韓国人経営者は知りません」とシラを切っています!先月、隣のアーカンソー州で逮捕された韓国人BBAが逮捕されましたが、
      その名前は:Tokyo Oriental Spaで 最高齢は76歳BBAだよ!
      ビックリだね!

      1. やだな~
        スシおばさんですか~

        日本の寿司を穢して欲しくないな~

  2. 【普通の】アジアの男性??
    何を言いたいのかよくわからん。
    アジアのである前に韓国のだと思うんだが・・・

    勝手に自分一人でアジアの評判を落としてほしくないもんだが。

  3. >普通のアジアの男性としてどこに行っても
    >真の歓迎は受けられない。

    移民を歓迎する「国」はあっても
    隣に言葉の通じない移民が住みつくのを
    喜ぶ「庶民」はほぼいない。

    その場所に受け入れられる
    努力無しには国内の引越しですら
    上手く行くわけないでしょうに・・・

  4. 日本人男性の一人としては、”普通のアジアの男性”の一言で韓国人と一緒にしてほしくないですね。

  5. 何故、韓国に帰ってきてるか?
    中央日報、朝鮮日報の過去記事で紹介されてますね。
    ・海外に行っても韓国人コミュニティの中で生活、商売してて、収入が・・・とか、アメリカで負債(クレカ)などを踏み倒して帰国したが、浮かれてアメリカ旅行に行ったら拘束されたとか、ソウルまで請求が追っかけて来た、徴兵忌避でカナダなどの移住(国籍を変えた)が破産して極秘に帰国したが国外退去になったなどなど

    なお、韓国人が買収した(アメリカ)のプロテスタント系の大学はほぼ韓国人専用で、韓国でハデに広告を打ってたけど、大学を卒業してもアメリカで雇ってくれる企業は無い。 
     この手の大学を足掛かりにカナダの大学院、2年間の就労ビザ、その間に永住権の申請ってパターンが使えなくなった(先に申請した人から認可・・・から、6か月ぐらいプールして、有能、有用な人を選別するに変わった)
    豪州は韓国ニュースでも出てた様に料理人、溶接工などによる移民枠(豪州でこの手の学校を卒業して就業、これも韓国企業がハデに勧誘)もパー。

    兵役庁は徴兵の応じる為に帰国する人には帰国の航空便のチケットを提供してますね

  6. 韓国人に「移住するならどこがいい?」と尋ねたら「スイス!」と回答されてお茶吹いたのを思い出しました。
    日本のテレビのインタビュー番組で、アメリカ人と結婚した日本女性がくたびれた表情で
    「最初は専業主婦だったが、夫から(夫が渡した)生活費を何に使ったかしょっちゅう追求されるので、自分も働くようになった。」
    と答えていたが、
    日本や韓国に住んでいると、本当の欧米人について情報が少ないことも一因かもしれませんね。

  7. 今こそ 韓国人にこの言葉を送る
    郷に入らずんば郷に従え えっ無理? 言葉の意味が理解できない 失礼しました。

  8. 逃げ癖がついた人間は、どこにいても逃亡先を考えるだけのお話でしょ。
    我慢すること、環境になじむことができないんなら、生きることを放棄するべきじゃないですかね。

  9. オーストラリアの田舎町で自分以外は全員が白人という中で生活していると、やはり相当に気を使う…という話を聞いたことがあります。人種のるつぼ的な地域でなければ、どこに行っても地域に溶け込む相当な覚悟が要求されそうですね。東京ならば外国人が多いから割と楽なのでは?

  10. これは、昨日の「基準がコロコロ変わるのは集団知性にはなれない」
    の記事の内容の中に、一つの答えがあるのではないでしょうか。
    つまり、「群衆(心理)からの離脱」によるストレス。
    昨日の記事において、韓国人は、
    「「自分の判断力を無くすこと」。考えるのをやめて楽になる。」
    そういう方向へと流される傾向がある、というのが
    シンシアリーさんの論だとお見受けしてます。
    ならば、移民として異国の地へ行くということは、韓国人にとって、
    群衆から離脱し、より「個」としての精神力・能力が試される
    試練の瞬間と言えるでしょう。
    ウリとしてのコネもきかず、
    序列意識を持たない人々との交流による文化衝突、
    韓国人としての自尊心も満たされることもなく、
    孤独感とストレスを溜めこんだ彼らの心が求めるもの。
    「群衆への帰還」。
    「個」として独立できなかった韓国人達の帰る場所。

コメントは受け付けていません。