韓国人が、自分と社会を一体化する時

「人を楽にしてくれる国・日本」にて、「個人の問題なのか、社会の問題なのか」と書いたことがあります。

韓国人は、基本的に、個人(自分)が社会の一部だという考え方ができません。

「配慮は自分が他人にやるものではなく、他人が自分にやるべきだ」と考えているのも、そのためです。自分だけが特別だからです。

社会問題が発生しても、韓国人(個人)はよくある「世の中が悪い」を貫きます。自分のせいだとは言いません。だから自分が問題解決のために何かをやるべきだとも思いません。

ただ、そうやって「悪い世の中」から他国に移住しても、差別がどうとかとブツブツ言いながら韓国に帰ったりします

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国社会でなにか問題が起きれば、韓国人は「公憤」しながらその問題の犯人を叩きます。犯人が「上」にいた人でも、一気に下に落とされます。そして、大衆はその人を徹底的に叩き潰し、「これで問題は解決された」と信じて疑いません。

この現象を、「韓国人って愛国心が強いな」「韓国人は正義感が強い」と美化する人もいるみたいですが、実は、「魔女」一人を徹底的に叩くことで「私のせいじゃない(≒全てが叩かれているその人のせいだ)」「悪を叩いたから私は善人」とする、自分をその問題から隔離するため(自分をその問題とは関係ない存在にするため)の自己防御にすぎません。

 

いわば、韓国人は社会と自分を別々だと思っています。万が一でも自分が社会の一部であってはなりません。いざという時に責任を取るはめになるからです。

 

 

ただ、そんな韓国人が、社会と自分(または自分の『ウリ』など)を必要以上に一体化させる時があります。

一体化することでただで自分の価値が上がりそうな時、急に「大韓民国マンセー」になります。スポーツ試合などでよくあります。この場合は、「一緒に喜ばないと自分の価値が下がりそうだ」と書いたほうがいいかもしれません。

そして、全てに行き詰まったときもまた、自分と社会を完璧に一体化させます。嘘エントリーで、韓国人は嘘がバレると「全てがそうだろう?(다 그런 거지)」と言う、と書いたことがあります。それと同じです。

世の中が全てそうだ。私だけが悪いわけではない!

 

今日、李明博氏が育った町(その町では、李明博氏は英雄になっています)のおばあさんが、記者にこんなことを話しました。

「それぐらいの金を裏で受け取ってない大統領っていないでしょうに。朴槿恵大統領の弾劾でもう十分でしょう」

http://v.media.daum.net/v/20180314133852187

 

これもまた、大統領という限られた範囲ではあるもの、「誰もがそうだ」と考える一例でありましょう。

 

朴「おばあさん、私は関係なくないですか?」

おばあさん「あんたはウリの町とは関係ない」

 

 著書関連のお知らせ 

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“韓国人が、自分と社会を一体化する時” への72件の返信

  1. シンシアリーさんこんばんは、
    昨日駅ビルにある大きな本屋で、゛人を楽にしてくれる国・日本 “
    を買うため店内を見て回りました。
    何処にも見当たらず店員さんに聞いてみました。
    すぐPCで調べたら奥の倉庫に1冊だけ在庫が在りますとのこと、
    早速手に入れることができましたがもっと沢山積み重ねてて欲しいと思いました。
    人間、目に触れれば手にするのに 扶桑社さん頑張って本屋廻りをしましょうよねぇシンシアリーさん。
    これから読ませていただきます。

  2. 中国の反日は明らかに政府が誘導している。でも韓国人の反日は、プログラムに組み込まれているように、それぞれ各人が自発的にやっているように見える。どうもそうしないと、自分がウリミンジョクの裏切り者になるという強迫観念が働いているように感じます。

    だから、どこをどうすれば直るというものではなく、もの凄く厄介ですね。

    それにしても「全てがそうだろう?」というセリフが韓国人の世界観を象徴しているような気がしますね。現実も歴史も全て嘘の作り物。フェイク。だから歴史でも文化でも自分に都合良く書き換える。言った者勝ち。本当の意味での事実を直視し尊重するという発想がない。だってみんな嘘なのだから。

    こういう人たちと歴史の話をするのは基本的には無理ですよね。こちらの語る歴史は全て、こちらに都合良く書かれたフェイクヒストリーだと思っていることになるのですから。

  3. 歪んだ人々が作る社会だから歪んでいるのか、社会が歪んでいるから人々が歪むのか・・・

    私も、「置かれた場所で咲きなさい」みたいな、どんな環境でも高潔であろうと生きられれば良いのですが、甘えや怠け心に流されがちなので、なかなか難しいです。

  4. 李明博氏生まれた大阪市平野区の加美小学校の実態が…
    加美小学校 事件 – Google 検索.html

  5. >個人(自分)が社会の一部

    この考え方は、私的所有権が無かった中華圏においては難しいでしょう。

    中華圏においては、社会は皇帝の所有物であり、臣は皇帝の使用人、民は皇帝の家畜にすぎません。
    国を富まそうとするのは皇帝だけで、使用人は主人から富をくすねることしか考えないし、家畜は腹が減ったら鳴いてねだるだけです。
    そして朝鮮には皇帝がいないのです。国王や大統領も使用人気分(例外は朴父娘くらい)。

    現在の西側の価値観は、西欧や日本においては数百~千年の伝統を持つ私的所有権が基本にあります。当たり前すぎて意識されることもありませんが。
    (何者かが与えた)法がそれを認めて保証したわけではありません。互いに他者の私的所有権を認めて共存するための約束事が法として記されたにすぎません。
    (こうした法というものへの考え方も西欧や日本と中華圏で根本的に違います。シンシアリーさんにすら違和感を感じるくらい。)

    現在の国際社会もその延長です。中華圏の外交(特に朝鮮の外交)が、我々からみておかしいのはこのあたりに理由があると思います。

  6. シンシアリーさんの書いている事に間違いはないけど、
    これを全部ひっくるめて考えると、やはり、韓国人の民族の特殊性は自我の発達に原因にある。
    自我や超自我などの機能は、脳に関係あるとされているが、まだ解明は進んでいない部分だ。

    韓国人は、自我に影響されている、社会と自己の関係性を意識的に把握しているアイデンティティの確立も歪んでいる。
    何が正しいか、自分が何者なのか、そう言う事がわからずに踊らされて生きるだけになる人々が多いのは、つまりはそういうことだろう。
    反日や弾劾などの愛国的な振舞いでアイデンティティがあるように見せているが、あれはプロパガンダに踊らされているだけで、逆にアイデンティティが脆弱であることに他ならない。
    実のところ、韓国人の多くにおいて、自己形成が未熟で一人の人間としてはスッカスカなのではないだろうか。したがって、当然ながら、義務と責任に向き合う自己(アイデンティティ)が未熟な行動を見せるし、自己を尊重する事で持ち得る、”矜持”が乏しい振舞いを見せる。
    こういう韓国人らしい現象に合致していくのも納得ができる。

    金欲や支配欲、物欲や性欲などの単純な欲望が強いので、アイデンティティの欠損で「自分は人生で何がしたいのか分からない」と悩む事は無さそう。もちろん脳内では悩んでいても、社会に蔓延する憎悪やプロパガンダに踊らされてゆっくりと自己について悩む事さえ有耶無耶にされる。一部はそこで精神を病んでいくだろう。
    外部から韓国人の集団を見れば、あくまでも自己の義務感、責任感、社会との距離感、、そう言ったものの未発達状態が顕在化して強く出てくるように思える。

    1. まったくノブスケ氏に同感です。不思議なのはこういう意見に対して七誌殿は決して「韓国は上、日本は下」という脳内幻覚を披露しないこと。
      疲労すればお里が知れるからか、知能程度が韓国人並みと嘲笑されるからか。

      1. 脳内幻覚?
        幻覚ではなく価値観です。男尊女卑みたいなもの。人種差別だって根拠はないけど、実際に影響力あるでしょう。
        それ前提で考えないと相手の頭ん中は分からない。切り捨てたところで、日本を守れることにはならない。日本人は基本的に自分達に関係ないことには興味持たないので放置しがちなんですが、反日は当事者なんでね。自分達の身に降りかからなければ考えないから。
        向こうはそれを見て自分達に答えない日本に理不尽さを感じるみたいなところがある。なんでだなんでだ、答えてくれない、理不尽だ。コレをすれば許してやる、理解してやるから教えろ。みたいな。やってあげてる感が凄い。
        それは相手から必要ないと言われれば詰んじゃうんですけどね。

        1. >幻覚ではなく価値観です。

          その「価値観」自体が、本人の独自のものでなく
          「社会に蔓延する憎悪やプロパガンダ」
          といったものになるのでしょうね。

          >切り捨てたところで、日本を守れることにはならない。

          公と私、自我の発達についてなので、ここでは別に日本守らなくてもいいと思うのです。

          1. Monoさんは七誌さんの「脳内幻覚」について、
            Pさんは、韓国人の「上下の脳内幻覚」について、
            語っているので微妙なズレはあるのですが、Pさんに合わせています。

            (´ーωー)どうでもいいか・・・

  7. ウリに都合の良い事案には団結します!
    国家?それは美味しいニカ?

  8. シンシアリー氏が指摘している様に
    <韓国社会で何か問題が起きれば、韓国人は「公憤」しながらその問題の犯人を叩きます。犯人が「上」にいた人でも、一気に下に落とされます。そして、大衆はその人を徹底的に叩き潰し、「これで問題は解決された」と信じて疑いません>。
     今の日本の報道メディアには、「在日チョンやなりすまし帰化人共」が侵食寄生していて、だんだんどうしようもない「超汚染国」の様になっていき、クズ野党議員共が、騒いでいる今の森友問題が、そっくり、当てはまるを思うのは小生だけでしょうか?
    今回の森友問題の元凶は、関西の同和地区問題である事をメディアは、判っているが、一切報道しない関西のヤミ!

コメントは受け付けていません。