韓国人が、自分と社会を一体化する時

「人を楽にしてくれる国・日本」にて、「個人の問題なのか、社会の問題なのか」と書いたことがあります。

韓国人は、基本的に、個人(自分)が社会の一部だという考え方ができません。

「配慮は自分が他人にやるものではなく、他人が自分にやるべきだ」と考えているのも、そのためです。自分だけが特別だからです。

社会問題が発生しても、韓国人(個人)はよくある「世の中が悪い」を貫きます。自分のせいだとは言いません。だから自分が問題解決のために何かをやるべきだとも思いません。

ただ、そうやって「悪い世の中」から他国に移住しても、差別がどうとかとブツブツ言いながら韓国に帰ったりします

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国社会でなにか問題が起きれば、韓国人は「公憤」しながらその問題の犯人を叩きます。犯人が「上」にいた人でも、一気に下に落とされます。そして、大衆はその人を徹底的に叩き潰し、「これで問題は解決された」と信じて疑いません。

この現象を、「韓国人って愛国心が強いな」「韓国人は正義感が強い」と美化する人もいるみたいですが、実は、「魔女」一人を徹底的に叩くことで「私のせいじゃない(≒全てが叩かれているその人のせいだ)」「悪を叩いたから私は善人」とする、自分をその問題から隔離するため(自分をその問題とは関係ない存在にするため)の自己防御にすぎません。

 

いわば、韓国人は社会と自分を別々だと思っています。万が一でも自分が社会の一部であってはなりません。いざという時に責任を取るはめになるからです。

 

 

ただ、そんな韓国人が、社会と自分(または自分の『ウリ』など)を必要以上に一体化させる時があります。

一体化することでただで自分の価値が上がりそうな時、急に「大韓民国マンセー」になります。スポーツ試合などでよくあります。この場合は、「一緒に喜ばないと自分の価値が下がりそうだ」と書いたほうがいいかもしれません。

そして、全てに行き詰まったときもまた、自分と社会を完璧に一体化させます。嘘エントリーで、韓国人は嘘がバレると「全てがそうだろう?(다 그런 거지)」と言う、と書いたことがあります。それと同じです。

世の中が全てそうだ。私だけが悪いわけではない!

 

今日、李明博氏が育った町(その町では、李明博氏は英雄になっています)のおばあさんが、記者にこんなことを話しました。

「それぐらいの金を裏で受け取ってない大統領っていないでしょうに。朴槿恵大統領の弾劾でもう十分でしょう」

http://v.media.daum.net/v/20180314133852187

 

これもまた、大統領という限られた範囲ではあるもの、「誰もがそうだ」と考える一例でありましょう。

 

朴「おばあさん、私は関係なくないですか?」

おばあさん「あんたはウリの町とは関係ない」

 

 著書関連のお知らせ 

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“韓国人が、自分と社会を一体化する時” への72件の返信

  1. 繋がれた泥棒に衆人が全員で石を投げて殺す刑が聖書の時代に出てきますね。
    映画で見た印象は残酷でしたが、自分も投げないと泥棒の仲間と見做されて同じ目に合うんですよね。
    あれは古代から野生人から人間社会の人間への躾なんですよね。
    人間社会の歴史が少ない、文明社会の経験の人間のやる事だ。

    1. (誤)文明社会の経験の人間のやる事だ。
      (正)文明社会の経験のない人間達のやる事だ。

  2. 「偽士韓人伝」でも出版されるかな?
    「竹内文書」に相当する韓国の出版物は、歴史教科書を筆頭に山ほどありそうだけど

  3. 公憤?そんなエエもん?
    ウリ・ナムで、公(おおやけ)がないでしよ?

    興奮ならわかりますが

    1. >公
      中間、グレーゾーンが存在しないのはそれこそ儒教の弊害だよね。

      中国が一時期アヘンのように儒教に嵌ってた時期があり、その流行りがモロに伝搬したんだろう。

      新羅や百済と呼ばれていた頃の朝鮮人にとっては中国は大都会だったからね。
      都会に憧れる田舎者だったんだよ。

      当時の儒教の最もエッジの効いた一派である朱子学に大ハマり下と思われる。

      朱子学は正義学であり、闇を攻撃する思想なんだよ。
      朱子学が発達していくとどんな些細な事でも許せなくなり、行き着く先は神との対立だよ。
      だから、とっくに日本も中国も儒教も朱子学も捨てている。

      でも、朝鮮ではガラパゴス化していったんだよ。

  4. >韓国社会でなにか問題が起きれば、韓国人は「公憤」しながらその問題の犯人を叩きます。

    「公憤」とは正義の義憤に駆られるという状態だろう。
    正義の義憤に駆られる心理状態とは、端的に言えば区別と差別の分別が付いてない心理状態だよ。
    義憤の正体は不公平感だからね。

    表面的な事象だけを見れば、公正という立脚点だけで見た場合、確かに公正ではないかもしれない。
    でも公正だけで判断される社会は上手く回転しないんだよ。

    なぜなら人間は様々な立場を使い分けている生物だから。

    例をあげれば海水浴に行けば街では絶対出来ない格好をして肌を晒すだろ。
    その場所では水着が普通の格好にに昇格するからね。

    家、街、会社で常識は変化するんだよ。
    海で「水着はハレンチだ!」と義憤に駆られてもイベント毎に常識は変化するんだから無意味だろ。

    韓国人は興奮する前に深呼吸してあたまを冷やせよ。

    1. 注射星人さま、
      無理だと思います。
      例えば、貴殿の
      「韓国人は興奮する前に深呼吸してあたまを冷やせよ」の文章が、ハングル文字では
      「カンコクジンハコウフンスルマエニシンコキュウシテアタマヲヒヤセヨ」又は
      「かんこくじんはこうふんするまえにしんこきゅうしてあたまをひやせよ」の脳内変換しかできない「機能的文盲」ですから、例え、上記の文を読めても、理解ができないハングル愚民!ですからネ!

  5. 郷土愛は善、それの集合である愛国心は悪って不思議な話もありますね

  6. 小学校で、教えてもらった事 先生が、黒板に小さな丸を描いて 「これは、君達です。」次にそれ囲む丸い円を書き「家族です」
    又、次にそれを囲む丸い円を書いて 「町内 、学校です。」
    又 同じ様に それを囲む円を描いて 「社会ですよ。」あ 大人になり
    半世紀まえの事を 思い出した。 このコラムには 関係ないか は は は と

    1. そう、精神が大人になればなるほど仲間の世界は広がっていくんだよね。

      最初は自分だけが自分。
      次は家族も自分という認識になる。
      その次は友達も自分の一部に含まれる。
      大人になって仕事に就くと、今度は会社の仲間も自分の世界の一部に入る。
      更に成長すると、自分の市町村が自分の世界という認識が出来るようになり、更に都道府県へと広がり、最終的には地球も自分の共有世界の一部へと広がっていく。

      韓国人はまだ友達までが自分のパーソナルスペースという感覚から成長していない人間が多いのだろう。

      自他の区別が付かないとはパーソナルスペースが成長してないんだよ。

    2. そうそう! 
      幼心に杭を打ち込まれた出来事でした。
      漠然としていた疑問?が納得した瞬間で私はずっと覚えていますね。
      頭悪かっただけなのか、親が言葉足らずだったのか。

  7. この論議は、なかなかに面白いですね。
    私も自分なりの論を発信してみたいと思いました。
    こういうのは、どうでしょうか。

    「韓国人は、善なる社会とは一体化するが、悪なる社会とは一体化しない」

    韓国人というのは、自分は常に「正しい」と思っているわけです。
    だから、善なる社会とは一体化し、ただで自分の価値を上げつつも、
    悪なる社会とは決して一体化しない、ということ。
    韓国人の認識において、自分は常に「善人」であり、
    決して社会問題なんぞ起こすわけが無い、と思っているからです。
    社会問題を起こしているのは、全て「悪人」だから。
    「悪人」は、「悪人」だから社会問題を起こす。
    ああ、社会問題を起こす「悪人」さえいなければ、韓国社会は
    もっともっと良くなるはずなのに。。。オー、ガッデム!、と。(笑)
    そう、自分の家の前の公道に自分の車を違法に駐車しながら、
    消防車が違法駐車の列に阻まれ、火災現場への到着が遅れたせいで
    被害が大きくなってしまった、というニュースを見て、
    なんという悪い奴らがいるのかと「公憤」し、火病を起こす。
    それが「正しい韓国人」の姿なのだと。(笑)

    うーん、やっぱり他の方々の論の言葉を少し言い換えただけ、
    とか言われそうかも?w;

    1. 単純に、「上か下か」じゃないんでしょうか?。
      うちらが上!アンタガ下!と、したいだけなんじゃないでしょうか・・・???

    2. 韓国人は自分を常にヒエラルキーの頂点に置きたがっている・・・それから外れそうになると・・・みたいな感じですかね

      1. 椿さん、丸刈り~太さん、レスありがとうございます。(礼)
        韓国人というのは、自分は常に「正しい」と思っている。
        それゆえ、自分の考えと違う考えを持つ人間に対して、
        間違っている、異常である、「下」である、「悪」である、
        などのネガティブイメージを持ち、その相手を見下そうとする。
        そういう傾向があると考えられます。
        自分が「正しい」なら、相手が「間違っている」はずだから。
        二元論思考の韓国人にとっては、それぞれがそれぞれの
        「正しさ」を持っている、という考え方が成立できない。
        だから、ごく自然に「うちらが上!アンタガ下!」となり、
        ごく自然に「自分を常にヒエラルキーの頂点に置く」ことになる、
        ということではないでしょうか。
        これが正しいレスになっているか分かりませんが、
        受け取り方に間違いがあったとしたらすみません。(礼)

        1. 名無しさん(空蝉)さんへ
          私も皆さんのコメントで色々と勉強になっているので私は全然構わないですよ(^O^)

          私のコメントに反映されてるかはともかくとして・・・(汗

          1. 丸刈り~太さん、レスありがとうございます。(礼)
            やはり正しいレスにはなっていなかったようで、すみません。(汗)
            私も皆さんのコメントなど読んでいろいろ吸収させてもらってます。
            これに懲りず、また相手してやっていただければ。
            今後とも宜しくお願いします。(礼)

  8. 公共の精神が無い、自分が悪いとは思わない。これ日本人と正反対とまでは言わないけど、対極に近い感じですね。外見は似ているけどこれほど精神的な差異がある民族が隣り合わせというのも珍しいでしょう。昔というか朝鮮が百済や新羅であった時代、日本とそんなに精神的な差は無かったような気もするのですが。やはり李朝時代になって朱子学が支配し始めた頃から変わっていったのか。
    これじゃ住みやすい世の中には成らないでしょうね。
    やがて衰退していくか、あるいは北朝鮮のような独裁国歌に戻っていくような気がします。

  9. そういう人達が日本で就職しても続かないでしょうね。
    責任を持って仕事が出来ないのなら、日本人も受け入れられませんし。
    そうして自分を省みることなく、差別だ何だと騒ぐのでしょうね。

  10. なんか学生時代勉強した社会契約の話みたいですね。なんて「都合のいい契約者」なんだろうか。

    「統一」への願望って、同一民族うんぬんは関係なくて、ただ「上」になりたいという補完的な心理なんじゃないかと思えますね。

コメントは受け付けていません。