妖怪

ゲゲゲの鬼太郎の新しいアニメが始まるみたいです。

韓国にも妖怪(ヨグェ)という言葉はありますが、これは日本から入ってきたもので、韓国には日本の「妖怪」にあたいする存在はありません。私が知っている限りだと、「妖精」みたいなものもありません。

よく「韓国にもドケビがあるじゃないか」と言われますが、どうでしょう。もともとドケビは、日本の「鬼」のイメージしかありませんでした。それがいつのまにか「日本の鬼と韓国のドケビは違う」「日本が韓国のドケビを消した」などの話になって、本当は韓国のドケビは~~~な話が出てきましたが、少なくとも80~90年代に成長した私のような人間には、ドケビは日本の「鬼」の韓国語「訳」でしかありません。本当に昔の資料が残っていたなら、なんで80~90年代に出さなかったのだ?と、ちょっと不思議に思っています。

韓国で「妖怪」の意味を調べてみると、辞書的には「妖しくて邪悪でばかげた鬼神」、「妖しくて邪悪で怪異ななもの」となっています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「鬼神」は、死んだ人の霊を意味します。中国でも同じ字を使っていると聞きました。妖怪には霊もあると思いますが、普通に「生きている」妖怪もいるでしょうし、すでにこの表現から無理があります。

 

妖怪や妖精みたいなものが何故無いのか・・またはドケビみたいに「オワコン」になったのか。

単純な考え方をしますと、昔からそういう考え方が「流行らなかった」のでしょう。

前にも書いた気がしますが、韓国人の信仰は「恐怖」が基本です。韓国人は、鬼神(死んだ人の霊)を物凄く恐れます。軽いいたずらをしたり、たまには力を貸してくれる「人間以外の存在」は、考えられないものだったのでしょう。

メジャーなものではありませんが、韓国のある昔話には、人が死ぬと、この世でのことは忘れるという内容があります。この「忘れる」設定について、いまはなき韓国の人気漫画家「ゴ・ウヨン」氏が、氏の漫画の中にこんなことを書いていました。

「それはそうだ。もし死んだ人がこの世でのことを忘れてないなら、この世に生き残れる人ってどれぐらいいるのだろう」。

死んだ人が、もしこの世でのことを覚えていると、絶対復讐しにくるだろう。来ないということは、忘れてるに違いない・・・そういうことです。

そんな社会で、妖怪や妖精という存在は、必要だったのでしょうか。だから流行らなかったのです。

 

多分。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“妖怪” への129件の返信

  1. >妖しくて邪悪でばかげた鬼神

    な訳あるか。
    妖怪は「「物」には魂がある、その物がないがしろにされた末路に「物に宿った魂」が怨念から力を得た存在」だろ。

    テレビアニメの見過ぎかよ。
    子供の解釈か。

  2. ドケビ、トッケビ?
    そーゆータイトルの韓国ドラマがあったと思います。
    去年か一昨年か、結構韓国で流行ったのでは?

  3. 日本における妖怪の役割って言い訳なんですよ。道に迷ったとか急に眠気がとか失せ物をしたとか。そういう時に妖怪の仕業にしちゃうんです。

    だから妖怪ウォッチとか流行った時も子供がいろんな事を妖怪の仕業にしたんですね。

    韓国でこの言い訳文化が流行らなかったのは?
    うーん、そもそも嘘言い訳を日常的にしてるからわざわざ妖怪の仕業にしなかったのかな?

    1. >日本における妖怪の役割って言い訳なんですよ。道に迷ったとか急に眠気がとか失せ物をしたとか。そういう時に妖怪の仕業にしちゃうんです。
      たしかに妖怪すねこすり。なんて、人をころばすだけの妖怪だったり。
      いいわけもある。けど、罪悪感もありますよ。
      座敷ワラシなんか、死んだ幼子や間引きされて殺された子供が妖怪になったものだという伝説があったりします。「座敷ワラシ=遠野物語に登場する岩手県を中心とした東北地方の民間伝説。ただし秋田県のみないそうな」
      あと古いものへの畏怖とか。
      例えばつくも神。名前は神だけど区分は妖怪です。
      1000年以上も使役している道具に、命が発生して妖怪化して人にいたずらをするとか。
      けど中国にもこれに似た妖怪はいます。
      中国の妖怪さけがめという大酒飲みの男で、その正体は古い酒がめ。とかね
      あと中国の妖怪の悪魔虫。(エモ・ルーチョン)粥と共に人体に入り、病をもたらす。
      なんて、まんま実在の寄生虫じゃ!なんてのもある。
      ちなみにゲームのペルソナにでてくる猫将軍も、中国の妖怪です。道教の予言と海運の神だとか

      日本の妖怪にも化猫伝説がありますが。
      日本人にとって、妖怪はただ恐ろしいだけではなく、悲しい物語があるものが多いです。
      雪女 座敷童 化け猫 葛の葉狐(くずのはぎつね) など、女や幼子や猫、狐などが化けたのも多いし

  4. FEARとかが昔から出してる世界中の神悪魔とか妖精亜人とか魔術とかの体系をまとめたいわゆるファンタジーオタク向けの資料本にも
    朝鮮半島の伝承系はほとんど出てこないんですよね。一行とか二行。

    これだけきれいに無いとなると「あったけど遺失した」というより「最初から無かった」可能性が高いとワイトも思います。

    中華の影響下にあっても中華の豊富な吉兆あらゆる変なファンタジー生物の話に染まらなかったのは
    誇れるかもしれません。

    またファンタジー生物には当時の風俗暮らしぷりがよく出ているので、これがない=過去を知らないまま生きるのには向いてるんですね
    ※日本のアンデッドは火葬するために肉体を持たない設定が多いとか、欧州は土葬だから肉体がある方が主力とか。
    吸血鬼の話なんかはあれ地域的に土葬した死体が寒いんで腐敗せずそのまま土砂崩れとかで出てきたから綺麗な不死者になったとか

    妖怪「1足りない」と妖怪「靴下の片方隠し」が強すぎる件について

  5. 中国にも妖怪なのか妖精なのか知らんが、怪物いっぱいいるのにね
    韓国は「日本の文化は韓国が教えてやった!」という割に、中国と日本にはある妖怪文化は残ってないんですね…

    1. 面白い情報ありがとうございます。
      ガラケーじゃ小さ過ぎて字が読めないので家に帰ってから見ます。
      ア~リラン チーン!

  6. 鬼は亡くなった人だったり、悪行で堕ちた人だったり使役対象だったり色々ありますね。忘れる設定が無いと生き延びる人が激減必至ですか。なんていうか、現世が修羅なんですか。

    あんまり新しく考える事を良しとしなかったり、サブカルチャー的なものは下賤とされて記録されなかった、なんてのもあると思うんですが、ほんとのところがどうだったか、今となっては歴史の闇の中ですね。

  7. そういや、日本の民話とか昔話にあたるものの朝鮮バージョンを見聞きしたことが無い。
    あるけど知られてないだけ?

  8. 妖怪はげちゃびん
    呼ばれてないけどジャジャジャジャーン

      1. 今や、韓国社会が魔界と化しつつありますからなぁ。
        悪人がきっちり裁かれてるだけヘルの方がよっぽどましとかの国のネチズンも言ってたような…

        1. 今や、韓国社会が魔界と化しつつありますからなぁ。×
          今や、朝鮮半島が魔界と化しつつありますからなぁ。○

          1. ああすいません。もうすでに北は語るまでもなくこの世の地獄でしょうから意識にありませんでした。

コメントは受け付けていません。