妖怪

ゲゲゲの鬼太郎の新しいアニメが始まるみたいです。

韓国にも妖怪(ヨグェ)という言葉はありますが、これは日本から入ってきたもので、韓国には日本の「妖怪」にあたいする存在はありません。私が知っている限りだと、「妖精」みたいなものもありません。

よく「韓国にもドケビがあるじゃないか」と言われますが、どうでしょう。もともとドケビは、日本の「鬼」のイメージしかありませんでした。それがいつのまにか「日本の鬼と韓国のドケビは違う」「日本が韓国のドケビを消した」などの話になって、本当は韓国のドケビは~~~な話が出てきましたが、少なくとも80~90年代に成長した私のような人間には、ドケビは日本の「鬼」の韓国語「訳」でしかありません。本当に昔の資料が残っていたなら、なんで80~90年代に出さなかったのだ?と、ちょっと不思議に思っています。

韓国で「妖怪」の意味を調べてみると、辞書的には「妖しくて邪悪でばかげた鬼神」、「妖しくて邪悪で怪異ななもの」となっています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「鬼神」は、死んだ人の霊を意味します。中国でも同じ字を使っていると聞きました。妖怪には霊もあると思いますが、普通に「生きている」妖怪もいるでしょうし、すでにこの表現から無理があります。

 

妖怪や妖精みたいなものが何故無いのか・・またはドケビみたいに「オワコン」になったのか。

単純な考え方をしますと、昔からそういう考え方が「流行らなかった」のでしょう。

前にも書いた気がしますが、韓国人の信仰は「恐怖」が基本です。韓国人は、鬼神(死んだ人の霊)を物凄く恐れます。軽いいたずらをしたり、たまには力を貸してくれる「人間以外の存在」は、考えられないものだったのでしょう。

メジャーなものではありませんが、韓国のある昔話には、人が死ぬと、この世でのことは忘れるという内容があります。この「忘れる」設定について、いまはなき韓国の人気漫画家「ゴ・ウヨン」氏が、氏の漫画の中にこんなことを書いていました。

「それはそうだ。もし死んだ人がこの世でのことを忘れてないなら、この世に生き残れる人ってどれぐらいいるのだろう」。

死んだ人が、もしこの世でのことを覚えていると、絶対復讐しにくるだろう。来ないということは、忘れてるに違いない・・・そういうことです。

そんな社会で、妖怪や妖精という存在は、必要だったのでしょうか。だから流行らなかったのです。

 

多分。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

156+

“妖怪” への129件の返信

  1. 水木しげる先生には、ゲーム機を「妖怪時間喰い」として認定して欲しかった。
    自分もゲームやりますけど、あれほど後に何も残らない趣味もないと思います。
    スポーツのように体を鍛えることにもならないし、読書と比較して得られる知識も少ない。作り手側が用意したものをなぞるだけという意味ではジグソーパズルにも匹敵します。

  2. 某掲示版で韓国人が日本人は日本人が行なっていた悪行を全て押し付けるために妖怪を生み出したと言ってました。何が何でも日本を侮辱したい韓国人らしい発想だと感じましたが哀しくもなりました。

  3. 日本各地の言い伝えで、子供達に道徳を教えるのに、妖怪は大活躍します。その妖怪は「こわい」だけでなく「愛嬌」が有ったりもしますが、それは、森羅万象に神が宿ると考え、自然を恐れるのと同時に自然に親しむ日本人の世界観の現れでしょう。
    他方、例えば西洋のモンスターは物が変化したものでもなければ、神でもない。妖怪は日本独特の存在で、fairyではなく、yokaiなのでしょう。

    1. うちには「爪切り隠し」「耳かき隠し」「体温計隠し」もいます。

      1. 「リモコン隠し」とか「孫の手隠し」とか「ボールペン隠し」とか、いろいろいますね。
        「当たり馬券隠し」が、もっとも性質が悪い…

  4. じゃあ、日本での信仰/妖怪を想像した理由は何から来るのかと考えたら、『恐怖』の他に『感謝』と『不可思議への曖昧な回答』あたりが上がりますか。
    何かしらプラスのことが起きたときに、例えば「普段の己の行いが良かったからだ」「己の神への祈りが届いたのだ」と自身の行動とのみ結びつけるのでなく、何かしら他の要素が加わったのだろうと想像する。因果を求めてしまう性質なんでしょうかね。
    もしくは不可思議な出来事があったときに“そういうものだ”と放置せずに考えて、結果として答えが出なかったときに妖怪という『不可思議な出来事を起こすための存在』が想像される。凝り性なんですかね。
    自分で言っておいてなんですが、凝り性ってのは正しいかもしれませんね。妖怪多いですし、設定細かいですし。『妖怪枕返し』とか、そんなもんまで妖怪にしなくてもって思いますもんww

  5. 結局は、「死生観」なんだと思いますね。映画「君の名は」をどう解釈してるのですかね?
    仏教では「輪廻転生」します。
    でも、生が終わった後に、「生前の行い」を審査をし、罰を与える地獄と鬼がおり、生きてる現世にも度々やってる存在です。また、仏様は全てを知る存在です。
    (神社では、鈴を鳴らしますね、神様に心の声を聞いて頂いく為に鳴らすのです。で、お寺には賽銭箱はあっても鈴はありません、仏様は全てを知る存在だからです。何かお願いしたりする存在ではありませんね。)
    死生観は親、親族、村社会で大きく依存してきましたが、現在社会ではもう少しファジーな感じですね。
    鬼太郎は現在社会的な妖怪の在り方な気がします。が、妖怪ウオッチはもっとなんか「何かの所為」にしたい子供の為の妖怪なので、アレは別のもんです

  6. 韓国に妖怪がいないのは儒教の影響ではないでしょうか? 儒教は圧倒的に現世、現実を尊ぶ思想で、あの世や非現実的なものは存在しないものとして排除していました。フィクションの事を「小説」というのも、中国で儒教の教えから、フィクションは「取るに足りない話」として卑下してつけられた名称と聞きます。日本は原始的なアミニズムが特定の宗教によって否定されずに、現代まで生き残っているので、妖怪話が存在しているのだと思います。
    そういえば韓国の最近のドラマには鬼神や鬼が出てくるものが結構ありますね。決して悪い存在ではなく。流行ってるんですかね。現代になって。

    1. >流行ってるんですかね。現代になって。

      それ単に日本のドラマぱくってるだけですから。。。。

  7. 私は、この手の事はうるさいですよ。
    日欧の妖怪とか妖精とか怪物(幻獣)ってのは、現象に対する想像力なんですよね。物に神が宿る、、という発想とは違います。

    例えば、日本では、
    カマイタチという妖怪が居ますが、そもそもカマで切ったような怪我をする時に、妖怪の仕業だと考えた事に由来し、あとは、勝手に「カマイタチ」の形を想像した。
    例えば、アイルランドでは、
    妖精の取り換え子がありますが、これは、幼児期にあやすための揺さぶりで知的障害になり、成長した人間味の乏しい我が子が赤子の時に妖精に取り換えられたと考えたとか。
    多くの妖精や妖怪は、いろんなものに宿る八百万の神ではなく、科学的な知識がない時に、人々がその現象をどう見ていたか、、という事に過ぎないのです。

    光と音が激しい”雷”が怖い時に、あの現象をどう見なすか、、、
    世界各地では、あれは神の力や神の武器として想像されてきました。静電気なんて知識が無いから妖怪や妖精よりも強力な存在(神)と想像したのです。
    韓国には現象(自然現象)を含む不可解な対象をどう見ていたのか?そこが肝心です。せめて雷や太陽、嵐や疫病、そういった不可解なものを何も感じずに生きていたワケは無いので、何かしらあったハズです。

    ちなみに、日本の座敷童子も、スコットランドのブラウニーというホブゴブリンも似たような側面があります。一部の座敷童子は働き者であり、ブラウニーも同じで、去ってしまうと家が没落したりようです。
    羽振りが良い家には、努力じゃなく、座敷童子やブラウニーが住み着いているって思いたいという願望でしょうか。

    妖精や妖怪の想像の成り立ちを見ると、日欧どちらであれ、昔の人々が科学的アプローチではないが、想像力で不可解な事象・現象に向き合っていた事が分かりますよ。

    1. わたしは全く逆の説をとりますけどね?

      日本では、多くの妖精や妖怪は、いろんなものに宿る八百万の神なんですよ。
      日本の妖怪も妖精も、現象の説明にしては、道徳的すぎるんですよね。

      日本人が自らの行いを顧みて、よい行いにはよい報いがあるように、悪い行いには悪い報いがあるように祈ったのが、日本の妖怪なんです。

    2. ※諸説あります を付けたくなるレスですね。
      あなたの説明を読んでも、「まぁ、そういう解釈もありでしょうね」ぐらいしか反応できませんし。
      もしご自分の説明が絶対に正しく、他の異論は完璧に間違いだと確信しているのでしたら、そうですね…「どうぞ頑張って」と応援するしかありませんね。

      1. 諸説あろうが、無かろうが、文意の大筋には関係ないでしょう。

        妖精も、妖怪も、怪物も、その成り立ちにおいて、
        不可解な現象をどういうものとして昔の人々が考えたか、
        というのが大半です。(輸入妖怪はしりませんが。)

        八岐大蛇は川の氾濫と支流、海坊主はシケと入道雲、河童は川や池の溺死理由、狐火は諸説あるが火の現象、山彦は山での音の反射、
        などなどだし、
        多くの妖怪にネタ元となっているタヌキやキツネは、キツネやタヌキの不可解さと、人間の癲癇や狂人化をその異様な行動から、獣に憑りつかれた現象と考えていた事から妖怪として見なされ、あとは想像力で多様化している。

        不可解な現象に対する想像が妖怪の成り立ちであるというのは、さほど間違いはないと思いますけど?

  8. 「怪力乱神を語らず」と言う事で、李朝500年で撲滅されたのでしょう。

  9. 「ユリョン」(だったかな。「幽霊」の韓国語読み。ハングルを読んだ)という映画があった(と思う)。

    映画好きのミリヲタなんで、「を?潜水艦モノか!」と期待して観たら、あまり面白くなかった。ストーリーも覚えていない。
    (韓国映画に対しては、一定の評価をしている)

    レッドオクトーバーを追え、や、眼下の敵、クリムゾンタイド、沈黙の艦隊まで、名作は多いジャンルだ。

    それは良いとして、
    「幽霊という言葉があるのだな。日帝残滓かな?」
    と思ったのです、タイトル読んで。

    幽霊と妖怪、チョット違うかw

コメントは受け付けていません。