妖怪

ゲゲゲの鬼太郎の新しいアニメが始まるみたいです。

韓国にも妖怪(ヨグェ)という言葉はありますが、これは日本から入ってきたもので、韓国には日本の「妖怪」にあたいする存在はありません。私が知っている限りだと、「妖精」みたいなものもありません。

よく「韓国にもドケビがあるじゃないか」と言われますが、どうでしょう。もともとドケビは、日本の「鬼」のイメージしかありませんでした。それがいつのまにか「日本の鬼と韓国のドケビは違う」「日本が韓国のドケビを消した」などの話になって、本当は韓国のドケビは~~~な話が出てきましたが、少なくとも80~90年代に成長した私のような人間には、ドケビは日本の「鬼」の韓国語「訳」でしかありません。本当に昔の資料が残っていたなら、なんで80~90年代に出さなかったのだ?と、ちょっと不思議に思っています。

韓国で「妖怪」の意味を調べてみると、辞書的には「妖しくて邪悪でばかげた鬼神」、「妖しくて邪悪で怪異ななもの」となっています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「鬼神」は、死んだ人の霊を意味します。中国でも同じ字を使っていると聞きました。妖怪には霊もあると思いますが、普通に「生きている」妖怪もいるでしょうし、すでにこの表現から無理があります。

 

妖怪や妖精みたいなものが何故無いのか・・またはドケビみたいに「オワコン」になったのか。

単純な考え方をしますと、昔からそういう考え方が「流行らなかった」のでしょう。

前にも書いた気がしますが、韓国人の信仰は「恐怖」が基本です。韓国人は、鬼神(死んだ人の霊)を物凄く恐れます。軽いいたずらをしたり、たまには力を貸してくれる「人間以外の存在」は、考えられないものだったのでしょう。

メジャーなものではありませんが、韓国のある昔話には、人が死ぬと、この世でのことは忘れるという内容があります。この「忘れる」設定について、いまはなき韓国の人気漫画家「ゴ・ウヨン」氏が、氏の漫画の中にこんなことを書いていました。

「それはそうだ。もし死んだ人がこの世でのことを忘れてないなら、この世に生き残れる人ってどれぐらいいるのだろう」。

死んだ人が、もしこの世でのことを覚えていると、絶対復讐しにくるだろう。来ないということは、忘れてるに違いない・・・そういうことです。

そんな社会で、妖怪や妖精という存在は、必要だったのでしょうか。だから流行らなかったのです。

 

多分。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

157+

129 Replies to “妖怪”

  1. ちょっと前に子供らの間で「妖~怪~の~せいなのね そうなのね!」が流行りました。
    日本は妖怪って人気ありますよね。

    日本に限らず「自然現象を霊的なもののせいにする」というのはアニミズム全般の特徴で、日本の妖怪にもその影響が強く見られますが、西洋的宗教観との大きな差は「善悪論」だと思います。

    中国、日本など東アジアの国々の多くは精霊・妖怪・神に「絶対悪」、善悪二元論的ないわゆる「悪魔」のような存在がいません。
    自然現象はただそこに存在するだけで善とか悪の区別はありませんから、当然、それを司る存在にも善悪はありませんよね。
    ですから、日本には人に災いをもたらす悪鬼・邪神であっても祀って鎮めることで災いを避けたり、逆に守護神として機能させるという思想があります。
    関東に戻ろうと京都から飛来した「平将門の首」を祀る御首神社ってのがありますが、ここなんか「首から上の病気にご利益がある」なんて言われてるんですよ。
    死後に首だけで飛んできた、どこからどう見ても完璧な怨霊なのにw

    これと比較すると、韓国では超自然的存在に対してもウリナム二元論で捉えているのではないでしょうか。
    善と悪、上と下、ウリとナム。
    超自然的存在は(当然)ナムですから、徳が低くて危険な絶対悪的存在で「なくてはならない」。
    この考え方では、ゲゲゲの鬼太郎も目玉の親父もネズミ男も人気出ませんよねw

  2. 『妖怪』『妖精』の話?
     『八百万の神』には二つ名の妖怪がいます・・・
    韓国の『靈』
     日本は{輪廻転生}の教えを伝える宗教が多い・・・
     被害を忘れなければ騒がしい世界(ごめん!!韓国だった)
    記録に残らない話
     記録するには事実が必要・つじつまの合わないことも後世の研究者に
     『竹島』『日本軍慰安婦』ともに日本の記録しか残ってない

  3. スペイン人は幽霊を信じないそうです。英国であんなに市民権得ているじゃないかと聞くと、「ふーん」だそうで。
    全くの自論なのですが、スペインはドナー提供率が世界一で、遺体の考え方と何か関係あるのかなと。
    お盆って韓国ではないのですか。日本はキュウリの馬や茄子の牛とか作る風習があります。あまり深く信じていないですが。
    慰安婦像に抱き着いて涙したり、土下座したりしていますが何をやっているのでしょう。1000年の恨みとか、他人の恨みを自分が引き継いだ既得権みたいに感じ、復讐の決意表明の儀式でしょうか。

  4. 何時だったか韓国には神社仏閣のような宗教施設が街中にないとか少ないなんて話がありましたね

    宗教施設=金儲けだと考えれば、韓国は庶民が金を払える、日本で言う江戸時代の見世物小屋や貸し本業水準にまで達していなかったですから
    シナの西遊記やエロだと金瓶梅を貴族連中は読んでいて、文字(漢字)が読めない庶民はタルチュム等が楽しみだったのでしょうね

    ちなみに日本では西遊記に出てくるのは妖怪だと考えられていると思いますが・・・

  5. 済州島には43事件の霊魂が引き起こす怪異の目撃談がたくさん有りますね。人々は怪異談を語るが、政府の弾圧で表だって語れなかったということなのかな。

  6. そうか、日本人が多彩な妖怪を生み出したのは「我が子を自然の脅威で失う」事への対策だったんだな。
    韓国人は自然の脅威よりも他人の行いによって我が子を失う事の方が多かったんだな。
    だから、霊魂なんてどうでもいいんだ。

    圧倒的に他人への恐怖の方が根強いから。

  7. そう言えば韓国映画「ホラーストーリーズ」でも、超常現象がベースながら実態は「サイコパスストーリーズ」だったもんな。
    彼奴らにとって死はこの世界か消える事じゃなくて殺される事なんだな。

  8. そうか「あの世」も「転生」もないから、嘘も平気でつくのか。

  9. なるほど、そういう韓国では思考ですか。
    確かに、恨の思想がが有ると、そうなりますね。

    ゲゲゲの鬼太郎と言えば、朝鮮特有の頭に色々乗せた石仏が、アリランを歌いながら隊列をなして行進する場面が、何故か忘れられませんw

    「鬼」ですが、元々中国では「死人の魂」だったようで。
    道教などで色々意味が付加されたようです。「キョンシー」も、それ故の産物ですね。
    日本だと、方位からの連想-鬼門は東北-東北は「丑寅」-丑は角、寅は虎の腰蓑・・・で、今の鬼になったと。
    それが、厄払いの「方相氏」とごっちゃになったという話も有ります。

    それにしても、半島の妖怪って、「ドケビ・トッケビ」ぐらいしか思いつかないw
    荒俣宏氏の「シム・フースイ」だかではえらく凶悪ですが、今の韓国では、は童話にもなっているようですね。扱いは、西洋のエルフやドワーフと同じく、人間にいたずらをするようで。
    もっとも、西洋の話を輸入して改変した、とも思えますが。

    この手の話-民俗学って、韓国の方たちには受け入れられないんでしょうね。
    総督府の資料も交えて、ムーダンの今昔を研究したら面白いのに、と日本人は思ってしまいますw

  10. >>死んだ人が、もしこの世でのことを覚えていると、絶対復讐しにくるだろう。来ないということは、忘れてるに違いない

    あ、怖いこと思いついちゃった。
    日本人と比べて韓国人の殺人のハードルが低いってことですね。人を殺しても化けて出ないってことだから。

コメントは受け付けていません。