妖怪

ゲゲゲの鬼太郎の新しいアニメが始まるみたいです。

韓国にも妖怪(ヨグェ)という言葉はありますが、これは日本から入ってきたもので、韓国には日本の「妖怪」にあたいする存在はありません。私が知っている限りだと、「妖精」みたいなものもありません。

よく「韓国にもドケビがあるじゃないか」と言われますが、どうでしょう。もともとドケビは、日本の「鬼」のイメージしかありませんでした。それがいつのまにか「日本の鬼と韓国のドケビは違う」「日本が韓国のドケビを消した」などの話になって、本当は韓国のドケビは~~~な話が出てきましたが、少なくとも80~90年代に成長した私のような人間には、ドケビは日本の「鬼」の韓国語「訳」でしかありません。本当に昔の資料が残っていたなら、なんで80~90年代に出さなかったのだ?と、ちょっと不思議に思っています。

韓国で「妖怪」の意味を調べてみると、辞書的には「妖しくて邪悪でばかげた鬼神」、「妖しくて邪悪で怪異ななもの」となっています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「鬼神」は、死んだ人の霊を意味します。中国でも同じ字を使っていると聞きました。妖怪には霊もあると思いますが、普通に「生きている」妖怪もいるでしょうし、すでにこの表現から無理があります。

 

妖怪や妖精みたいなものが何故無いのか・・またはドケビみたいに「オワコン」になったのか。

単純な考え方をしますと、昔からそういう考え方が「流行らなかった」のでしょう。

前にも書いた気がしますが、韓国人の信仰は「恐怖」が基本です。韓国人は、鬼神(死んだ人の霊)を物凄く恐れます。軽いいたずらをしたり、たまには力を貸してくれる「人間以外の存在」は、考えられないものだったのでしょう。

メジャーなものではありませんが、韓国のある昔話には、人が死ぬと、この世でのことは忘れるという内容があります。この「忘れる」設定について、いまはなき韓国の人気漫画家「ゴ・ウヨン」氏が、氏の漫画の中にこんなことを書いていました。

「それはそうだ。もし死んだ人がこの世でのことを忘れてないなら、この世に生き残れる人ってどれぐらいいるのだろう」。

死んだ人が、もしこの世でのことを覚えていると、絶対復讐しにくるだろう。来ないということは、忘れてるに違いない・・・そういうことです。

そんな社会で、妖怪や妖精という存在は、必要だったのでしょうか。だから流行らなかったのです。

 

多分。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

156+

“妖怪” への129件の返信

  1. >死んだ人が、もしこの世でのことを覚えていると、絶対復讐しにくるだろう。

    これが朝鮮半島における平均的、所謂、普遍的価値観であるとしたらとても恐ろしいですね。
    これは裏を返せば、皆、日常的に復讐されるようなことを他人に行なっているということになります。
    とにかく罵倒語が多いのは知っていますが、まさかこれ程とは・・・。

  2. 「死者が『生前のこと』を忘れないでいたら、必ず『復讐』しに来る」という発想そのものは自然だと思いますが、同時に「感謝しに来る」とか「お礼しに来る」という発想は浮かばないんでしょうか。

    日本では、死者は生前のことを忘れない、が基本的な考え方で、ゆえに「怨霊鎮魂」がスタンダードになったのではないか、とも思えます。

    復讐に来られたら大変だから
    ①懇ろに弔い、お祭りして、静かに眠っていただく。あわよくば守護神に変じてくれるかも、と期待を込めて。
    ②生前のことは忘れてるはず、という設定にしておく。
    日本は①、あちらは②

    中国でも、死者は「記憶・思考能力喪失」が基本のようで、大陸と日本では、明らかに発想が違いますね。
    でも、人格を失っているはずの「死者」に「鞭打つ」んだよね。
    そんな刺激を与えたら、本当に生前の記憶を取り戻して復讐に来るんじゃないか、となぜ思わぬ?
    不思議ですねえ。

  3. 十代の時のことでした。夜中に目を覚ますと、全身がピカピカ光り、帽子を被り、懐中電灯らしき物を持って、私に近づいて来たのです。絶対に夢だと思い目を閉じて目を開くと、もっと私に近づいていたのです。心臓がドキドキしました。また目を閉じ、目を開くと、もっと近づいていたのです。全身がピッカピッカのおじさんが❗
    私は叫び、両親を起こしました。両親は、全部屋の明かりをつけて、誰もいないことを確認してくれたのですが、怖くて両親にお願いして、両親の真ん中に寝させてもらいました。
    それから、十数年後の夜中に急に金縛りにあいました。(この事は体の疲れが原因等と言われるのですが。)
    私の場合、お化けなのか?
    妖怪なのか必ずセットだったのです。はっきり覚えているのは、(夜、目が覚めてからなので夢かも?)いつものように、金縛りにあい、目を開くと目の真ん前に、霧が少し見えたのですがそれがどんどん大きくなり、ドクロに変化し、次に般若の顔になったのです。叫べど叫べど、家族はなかなか気づいてくれません。やっと気づいて集まってくれたのですが、すでに私は半べそ状態。次の日家族は、面白可笑しく、友人やご近所に話し、私の耳に入るまでに。それから私は、一人でじっと耐えることにしました。最近は、殆どそんなことはありませんが、今まで生きてきたなかで、一番怖い出来事です。

    1. そういう経験を頻繁にする、という友人のアパートや家に私が泊まったら、その後、金縛りにもあわず、怪しいモノも見なくなった、と感謝されたことが、3回ほどあります。

      天然ゴーストバスター体質なのかもしれません。

      1. 丸刈り「最近、髪をむしる妖怪に取り憑かれまして・・・」

        皆「最初から無いだろう」

        丸刈り「そうでした、テヘペロ」

        1. ウリも「妖怪髪むしり」に、後頭部をやられたニダ!

          そうですか、丸刈り~太さんは「光頭部」をやられましたか。

          1. うまい!

            つ[;`皿´]ザブトン

            え?返品?
            評判悪いなぁ(悔しいです)

          2. この「座布団」に化けているのが「妖怪髪むしり」なのではないですか?

            天然ゴーストバスターのウリは、騙されないニダ(笑)

          3. 嘘!?だから毎回手元に戻って来てたのか?
            うわ~盲点だったわ~

            [;`皿´]ザブングル加トン
            ↑メルカリに出品しようかな?

          4. 私は金を出されても要らない。(笑)

            神社仏閣に奉納しましょう。

          5. そして神社へ・・・

            丸刈り「これを奉納しに来ました~」 [`皿´]←これ

            「いいでしょう、では謝罪と賠償を・・・」

            丸刈り「!?お前は、クネ・・・」

            クネ「悔しいです・・・」

          6. 丸刈り「ムンに擦り付ければ?」
            クネ「・・・」

            ピコーン!

            後日、いきなりムンの植毛が・・・

          7. そこはユンでしょう(笑)

            後日・・・ユンのカツラを押し上げて・・・

          8. そして、大高麗連邦共和帝国初代皇帝・金正恩陛下への忠誠の証として、文在寅南部総督より、恭しく献上される「謎の座布団」があったのだった。

          9. [`皿´] ウリタチハ、ゾウショクスルニダ
            [`皿´] ニダ
            [`皿´] ニダ

          10. 月影さんへ

            なんか頭が混乱してました
            謝罪と賠償はいたしませんが・・・
            m(__)m

          11. プルルルー
            黒「えっ取っ手が無いニダ」
            プルルルー
            黒「仕方ない、両手で持つニダ」
            ガチャ

          12. 月影さんへ

            ああ・・・増やして手に追えなくしちゃだめ~(笑)

          13. 丸刈り「今までファービーだと思ってたらグレムリンだったのね」

            ぎゃー

          14. 丸刈り「ピカピカ~」

            グレムリン「ぎゃー」(死亡)

          15. いやん、ばかん、うふん、そこはお尻なの。

            屋~根~

          16. 丸刈り「あれ?山田くん?居ないの?おーい」

            つ[`皿´] 持って行って欲しいのに・・・

    2. それはぬこ神さまでは

      ない胸の上に乗って(重くて動けない
      顔を近づけてくる(目が光り、顔を覗いて近づいてくる

      ヒェ

  4. コメント欄を見ていて面白いのは,妖怪と神とへの理解の違い.これはシンシアリー氏の神道理解も同じなのだが,知識として理解した人と源体験の中で経験的に得てきた感覚の違い.

    子どもの頃の友人との会話や遊び,家の行事などを通じて得てきた神と妖怪との違いを,言葉では言い表せないが共有している感覚が異なるのを感じる.

    超常現象への探求・理解という視点も面白い.この場合,神と妖怪の区別は別の議論として,人が自然と如何に向き合うかという視点で思考の違いを考察している.

    確かに妖怪と悪神は似たように見える.個人的には,祭られるか否か,神は固有の対象だが妖怪は族として個別に認識されていないように思う.

    日本人は,これらを体験を通して得ている.シンシアリー氏の神道論は体系化された宗教的な理解が強いが,日々の暮らしに取り込まれている信仰も解しつつあるように思ふ.

    余計なお世話だが,庶民の信仰であった巫俗の源流について調べてみてはいかがだろうか.少なくとも,生活の中の信仰としての神は,日本と共通する部分があったと思うのだ.

    それらの神への接し方が日本と朝鮮では歴史的に異なり,信仰や自然現象への説明が「民間的なもの」と「権威によるもの」の違いが生じたのかも知れない.

    ま,現代では消費コンテンツ化しちゃってるけどねぇ

  5. 半島の人たちの創造性が貧困なことがよくわかる話です!
    日本人と違って、「自然」に対して敬意とか畏怖とか感じ
    られなかったんだと思います。
    あと、知らないうちに日本の伝説を半島起源と勘違いする
    人達も半島にはいるんでしょうね?

  6. 手塚治虫の『雨降り小僧』、大好きで繰り返し読んだなあ。

  7. 自然の中で生きる人間なら普通は自分と似ている人間という種族以外の異形で法則性の違った畏怖の存在を感じるものですが、理解出来ない相手が怖すぎて心が耐えられないんじゃないかな。
    具体的で無い漠然とした怖さ恐ろしさは感じているはずだけれど、半島の実生活で実際何よりも恐怖の対象である人間の方が心的には安心できるし納得もしやすい。
    「何かのせい」は朝鮮ではデフォの安心材料。

  8. よく理解出来ない事が起きると、トッケビのせいだとか、巫堂が悪霊のせいだって、普通にやってたはずです。文学作品にもよく出るし、哲学館という看板の出てる店でやってるはず。
    巫俗は医療上、危険な事態を引き起こすので、朴正煕政権時代に取締って、それを弾圧と呼んでました。
    今は、よく理解出来ない事が起きると、ニホンのせいだ、アベの仕業だと言ってますので、韓国の妖怪はニホンに奪われたという解釈で合ってると思います。
    (`・ω・´)

    1. 1924年、ニホンが作った「朝鮮童話集」というのが最も古い記録のようです。
      近年、「ニホンによって昔話が歪曲された!ウリは被害者だああああ(歓喜)」という主張もあったみたいですよ。

  9. 話ずれるけど、独立運動家とか眉唾って点で妖怪に近い気がする。
    ファンタジーっていうよりは支離滅裂さがメルヘンチックかも。
    いっちゃなんですがハルモニの方々も現代に生きる妖怪ですね。

    1. ハルモニは韓国人にとっての鬼太郎ですね。
      味方のはずなのにすぐに裏切るねずみ男が日本。反面、反面日本は役に立つ一反木綿でもある。
      一反木綿は無機質な便利な味方なので日本に色々依頼する。
      すると理にかなわないのでねずみ男が出てくる。

      韓国側にとっては合理的な事をやっているのに日本側に二面性があるように見える訳か。

      全部韓国側の精神が幼稚な事が原因なんだよな。

      韓国人は日本人にも感情がある事を理解出来ないという事か。ロボットの群れにに見えているんだな。

      だから、ダッチワイフのように日本女性を見てる訳か。

  10. 巫俗とかの話を聞く限りオカルト観が半島にないわけじゃない。
    悪霊を使役するという発想もあるのだから忌み嫌うだけでもない。
    一応、ファンタジーの生まれる土台ならあるはずなんですよね。

    地方の口伝や文献をまとめる好事家や学者が半島にいなかった
    だけのような気もしますが、中国と比べてどうなんでしょうか。
    詳しくないけどイメージ的に中国の妖怪って古い時代ばっかで
    元、明、清の時代の妖怪って少ないんじゃないでしょうか。
    日本がその頃の大陸文化に興味ないのもあるかもしんないけど。

    もしかしたら儒教と妖怪の相性はよくないのでは。
    儒教圏は見えないものへの畏怖や崇拝がなくなるのかな。

    1. 儒教によって意識の音域みたいなものが狭くなって、意識の創り出せる創作が軽くなるのかも知れないですね。

    2. 日本人の博物学への興味は朝鮮と決定的に違う点の一つです。
      朝鮮の巫俗文化の資料を収集したものは村山智順(1898ー1868)のものがあり、現代韓国でその手の研究をする唯一の資料ですね。というか、現代の研究書は完コピだらけになる。
      1712年刊行の百科事典、和漢三才図会には中国大陸の広域にわたっての妖怪の図絵付きで解説してますよ。この本は朝鮮の国家プロジェクトである武芸図譜通誌にも参考図書として前書きに載っていて、完コピ部分もある、ナンデダ?という本です。
      1980年代にはKBS放送で「伝説の故郷」というタイトルで、地域の怪異談をドラマにした、「日本昔話」みたいな人気長寿番組が有りましたよ。

      1. 勉強になります。半島に存在していなかったわけではなく、
        文化的関心を抱く人間が少ないから残ってないのですね。

        半島の人らは無趣味の傾向が強いんだろうか。
        貧しさよりは自我の薄さや価値観の一元化が関係してそう。

コメントは受け付けていません。