妖怪

ゲゲゲの鬼太郎の新しいアニメが始まるみたいです。

韓国にも妖怪(ヨグェ)という言葉はありますが、これは日本から入ってきたもので、韓国には日本の「妖怪」にあたいする存在はありません。私が知っている限りだと、「妖精」みたいなものもありません。

よく「韓国にもドケビがあるじゃないか」と言われますが、どうでしょう。もともとドケビは、日本の「鬼」のイメージしかありませんでした。それがいつのまにか「日本の鬼と韓国のドケビは違う」「日本が韓国のドケビを消した」などの話になって、本当は韓国のドケビは~~~な話が出てきましたが、少なくとも80~90年代に成長した私のような人間には、ドケビは日本の「鬼」の韓国語「訳」でしかありません。本当に昔の資料が残っていたなら、なんで80~90年代に出さなかったのだ?と、ちょっと不思議に思っています。

韓国で「妖怪」の意味を調べてみると、辞書的には「妖しくて邪悪でばかげた鬼神」、「妖しくて邪悪で怪異ななもの」となっています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「鬼神」は、死んだ人の霊を意味します。中国でも同じ字を使っていると聞きました。妖怪には霊もあると思いますが、普通に「生きている」妖怪もいるでしょうし、すでにこの表現から無理があります。

 

妖怪や妖精みたいなものが何故無いのか・・またはドケビみたいに「オワコン」になったのか。

単純な考え方をしますと、昔からそういう考え方が「流行らなかった」のでしょう。

前にも書いた気がしますが、韓国人の信仰は「恐怖」が基本です。韓国人は、鬼神(死んだ人の霊)を物凄く恐れます。軽いいたずらをしたり、たまには力を貸してくれる「人間以外の存在」は、考えられないものだったのでしょう。

メジャーなものではありませんが、韓国のある昔話には、人が死ぬと、この世でのことは忘れるという内容があります。この「忘れる」設定について、いまはなき韓国の人気漫画家「ゴ・ウヨン」氏が、氏の漫画の中にこんなことを書いていました。

「それはそうだ。もし死んだ人がこの世でのことを忘れてないなら、この世に生き残れる人ってどれぐらいいるのだろう」。

死んだ人が、もしこの世でのことを覚えていると、絶対復讐しにくるだろう。来ないということは、忘れてるに違いない・・・そういうことです。

そんな社会で、妖怪や妖精という存在は、必要だったのでしょうか。だから流行らなかったのです。

 

多分。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

156+

“妖怪” への129件の返信

  1. 日本人にあるのは「恐怖」ではなく「怖れ」という感情なのだと思います。そこには怖いからこそ対象への敬意がある。
    恨みを残してこの世を去ったものには祟られないようにお祀りして神さまになってもらう…
    妖怪というかもののけやあやかしは怖れる気持ちとともに大切に扱わなくちゃいけない存在。
    晴れているのに突然降り出す雨に狐の嫁入りなんて名前をつける感覚が好きです。児童文学ですが『泣いた赤鬼』青鬼くんの行動は胸を打ちます…
    韓国の場合、「恐怖」を感じるものを無いものとしちゃうということなのかな…なんかわかる気がします…
    ケルト文化やウンディーネ伝説に若い頃に惹かれましたが…
    韓国にはお伽話や昔話に不思議な存在は出てこないんでしょうか?

    1. 妖怪ウォッチ・・・韓国でも大人気だったとか。
      関係は・・・あるようでないですが・・・

      1. このブログには妖怪ザブトンが生息している様ですが。(笑)

        [;`皿´]

        まあ、関係無いですが・・・

        1. ぬりかべ?

          [;`皿´] ヽ(・∀・`) ツンツン

          1. ありがとうございます

            ⊂⌒⊃。Д。)⊃ ぽっくり
               〔永眠〕

  2. 中国から、白沢は伝わったんですよね?白沢のローカルバージョンは生まれなかったんですかね?そもそも物語が流行らなかったんですかね?

  3. 月影さんが、url付きでご紹介されていますが・・、水木しげる御大が書かれていた韓国妖怪というのは、韓国事態ではあんまり知名度もなくて、知る人もあんまりいないってことなんですかね?
    シンシアリーさんは、ご存知でしたか?

    1. アリラン様を空想される水木しげる御大ですから、
      全て、水木しげる御大の空想の産物かも知れませんね。ムセキニンダナー

  4. 口裂け女とか、今も妖怪は生まれている訳で。日本人は人外キャラの創作が好きなんだなあ、と。比較文化論のネタに最適、かな。

  5. 韓国では中国の関帝廟などはどんな扱いなんだろう?
    三国志みるとあれも関羽の怨霊を祀ったものでしょ?
    義理堅いとの事で商売の神様になったみたいだけど…
    これなんか日本だど天神様の菅原道真を連想するとわかるけど…
    元々の韓国の神話、信仰がわからないので何とも言えないですが…
    世界のむかし話などをみるとやはり動植物が喋ったり、人知を超える存在が出て来るけど韓国にはないのですか?
    多神教で動植物、物にも霊が宿ると言った感じだと、人が見てなくてもお天道様が見てると言った感じで道徳教育にも役立つていると思います。

  6. 昔、韓国人の友人に「ピンピンコロリとはどういう意味か?」と聞かれて、「晩年を健康に過ごして、寝たきりなどにならず突然死ぬこと」と説明しました。

    友人は「何故それが良いことなのか?死ぬことがそもそも嫌なことなのに」と言って不思議そうにしてましたね。

    韓国人の思う「死」は日本人以上に終末感を持っているんだなと感じました。

    「死んだらこの世のことは忘れる」と聞いて思い出しましたね。

    1. むしろ日本人の死生観というのが、他国に理解されにくい独特のものであるように思いますね。

      武士道は死ぬこととみつけたり、とか、散る桜 残る桜も 散る桜とか。
      驕れるものも久しからず、武きものもついには滅びぬ、ただ風の前の塵に同じという諸行無常の価値観が、日本人の根底にあるそれ以前からの価値観になっているんです。

      1. 韓国人はキリスト教徒が多いですが、基本的に現世利益で死後に報われるなんて鼻で笑う感じだと思うんですよね。

        日本は七誌さんが仰る通り特殊すぎて比較できませんが、他の国に比べても死生観に救いがない。生きている間で少しでも幸福になりたい、金銭的にも社会的地位でも。

        死が全ての断絶だからこそ「恨」として残りやすいのかなと。

        個人的な感想です。

  7. あまり詳しくはないですが、日本の鬼は仏教と深い関わりがあるように思えます。
    仏や菩薩を守る四天王の像の足元を見ると鬼を踏み潰してる像が多いですし、お寺さんに行って建物を見ると屋根の下あたりに鬼の像をよく見かけますが、この鬼(邪鬼)は、イタズラをして菩薩様からお寺の建物を守るように言いつけられて地震、火災や様々な災難から建物を懸命に守っているんですね。
    屋根に飾られている鬼瓦も厄除けや魔よけの意味合いがありますし、韓国の恐ろしい鬼神と日本の鬼神は全く異なるものだなと感じました。
    鬼は怖くて悪戯な悪い子でありながら愛着もあるそんな存在という感じです。

  8. エントリーを読んで思うのは朝鮮人はリアリスト&想像力の少なさです。
    想像力を遊びと考えてもいいかもしれません。

    死ぬとこの世でのことは忘れるというのは、死んだ人は何もできないと知っているようにも思えます。

    妖怪とは説明のつかない現象を都合よく説明できる存在を作り出すことですから、知識の少ない階層や子供が妖怪の存在を信じる主体となります。

    「妖しくて邪悪でばかげた鬼神」
    かつてのおもちゃの話と同様に、子供や下賎の者たちが妖怪としたものを、大人や上層の人たちは「そんな話はばかげている」と一笑に付していたのではないでしょうか。信じた人がいても信じるのは馬鹿者だとの烙印がつけられるのでそういった素振りは見せられない。だから自然発生程度のものしか残らない。

    反対に日本では大人でも信じたり(大っぴらにしても恥にならない)、子供の話に乗っかって遊んだりしていたのではないでしょうか。
    日本は朝鮮や世界に比べて、子供目線を残したまま大人になる事を許されてきた社会なのだと思います。

  9. 子供の頃、祖母が女学生だった頃の思い出話として
    何度も何度もせがんでしてもらったお話があります。
    夕闇が迫る頃に峠を越えて帰宅しなければならなかった祖母が
    狐の少女に案内されて、無事に山を下るという内容のお話でした。
    これも妖怪なんでしょうが、全然悪い事しないんですよね。
    善とか悪とかはなくて、
    自然や他の生き物と人間の距離が非常にあいまいだった頃の日本で
    普通にたくさんあったお話なんでしょうね。
    シンシアリーさんが出会ったお狐さんも妖怪の一種かな?

  10. 妖怪ってのは、人も含めて
    動物、鳥、虫、花、は虫類、木、石、生活道具

    などが自らの意志を持って変化したものです。
    なので、日本の場合は、日本原始宗教であるアニミズム思想に直結します。
    キリスト教との大きな違いは、神様という絶対に逆らっては行けないご主人様が存在していて、それが宇宙を作り、人を作り人に善悪をおしつけた。

    日本の場合は、宇宙や自然そのものを、神様と呼んで
    擬人化したものが神様です。
    日本列島誕生の擬人化が、神世七代(かみのよななよ)の末っ子のいざなぎ、いざなみの愛の神である夫婦神ですが
    日本列島誕生の前にも、3柱と6柱の神々がいて
    宇宙誕生を擬人化した神様が、みなかぬしのみこと
    人類誕生の擬人化が、神世七代(かみのよななよ)の6代目の
    淤母陀琉神(おもだるのかみ) ・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)が、人類の男女の完全体ができたことを擬人化した神だそうな

    太陽の擬人化が天照大神、雷様の擬人化がタケミカヅチ

    で、日本の妖怪も、擬人化なんですよ。
    石の妖怪、猫の妖怪、あかなめのように、汚れが擬人化したりもする。
    人だけではなく、生き物も、無生物にも「心」がある。だから
    大切にしなければならない。この思想が日本の妖怪なので、
    妖怪=ばけもの ではないのです。
    中国は日本以上に妖怪が多いのですが、思想的にはちがいます。

    1. そうですね。妖怪というのは(妖怪だけじゃないけど)日本人の思想、倫理観、世の中がこうあるべきという考え方が集約されたものだと思うのです。

      空想的なフィクションだけに、それには日本人の物事に対する考え方が、より色濃く集約されている。

コメントは受け付けていません。