また「奴隷事件」発生

旧ブログまで含めると、本ブログで扱った奴隷事件だけでもそこそこの数になると思いますが・・数えてみたわけではありませんが、件数で10件にはなるような。

韓国で一般的に「奴隷事件(または『現代版奴隷』)」と呼ばれる事件は、「裁判」があっただけでも2017年に7件。2018年に早くも3件目です。でも、「5件目」と言うべきかもしれません。今回は被害者が3人ですが、それぞれ別の場所で別の人によって奴隷とされていたので、1件3人ではなく、3人3件と見ると・・早くも今年の5件目です。

パターンは共通しています。忠清南道の農家・畜舎で、知的障害のある50代2人、60代1人が10年以上「奴隷」としてこき扱いされました。中には「給料ってなんですか」という人もいたし、10年間毎日十数時間も働いて80万ウォン(10年分)しかもらえなかった人もいます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

2月には慶尚北道の農家で、3月には野球場で有名な蚕室(チャムシル)の、野球場のゴミ処理施設で「奴隷」が発見されました。パターンは全て似たり寄ったりですが、チャムシルの件が「大勢の人の目についていたはずなのに誰も気にしなかった」ことになります。

http://v.media.daum.net/v/20180401183759779

http://v.media.daum.net/v/20180401183558739

 

「強者は弱者に何をやってもいい」とする考えが消えない限り、韓国でこのような事件が無くなることはないでしょう。特に、被害者のほとんどは知的障害を持っている人たちです。

処罰が弱すぎるという指摘もあります。国民日報によると、2017年の「奴隷事件」加害者も多くは罰金・執行猶予だったとか。そういえば、あの塩田奴隷の件も、加害者たちが執行猶予になったと聞いています。

http://v.media.daum.net/v/20180205181759943

 

加害者たちは「これでも暖かく面倒を見てやったんですよ!」と主張し、裁判所も「それはそうだ」と部分的にそれを認めるのが理由だ・・とのことです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ 

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

149+

“また「奴隷事件」発生” への75件の返信

  1. いしだ壱成のドラマ「聖者の行進」を思い出しました。

  2. ◎朝鮮の惨たる奴隷制度を見かねて、総督府は奴隷解放を実行し、奴隷身分を記載する戸籍を廃止した。しかるに日本支配下でも奴隷を是とする習慣は廃絶に至らなかった、と見てよい。

    ◎西欧やアメリカ・日本は奴隷解放宣言をしているが、朝鮮は自力で自主的にやったのかね。やったのなら、学校で歴史と共に教えるべきだし、刑罰も整備し、強い意思をもって臨むべきであった。

    ◎しかるに、実際は見て見ぬふり、公的には何もしなかったのではないか。だから事件が再発するのだ。宣言からやりなおさないと、どうにもならない、と思うよ。

    ◎知的障碍者をどうするか、という問題以前に、過去への反省と、新たな出発の社会的合意と実行が必要なのではないか。脱中世をしっかりやってこそ一人前、と思う。

  3. 反日行為を繰り返す韓国人の心の底には、日本人を奴隷扱いしたいという、どす黒い願望が潜んでいるような気がしますね。

  4. 自分達が全く同じ条件で扱われて、納得できるのか、ってことですよ。少しでもそういった考え方ができるのならば、被告人の身勝手な主張なんて問答無用で切り捨てることが出来るはずなんです。

    韓国人は主観でしか物事を語れない、相手の身になって考えることが出来ない、想像力というものが無いんです。

  5. 北朝鮮がコメントを出す度に韓国に「手かせ足かせ」がはまっていってる様な気がします。
    それをまるでファッションの様に見せびらかしながら。

      1. 投稿をキャンセルされると、
        デフォルトでの投稿になります。
        再度投稿場所を指定すれば、
        先頭(最後尾か)に飛ばされる事は無いと思います。

        1. わかってはいるんですが、ガラケーでキャンセルを何回もやってると自分でも混乱してしまいます。(多分毎回自分のせいかと思います)

  6. まあなぁ、韓国というお国柄を考えれば、加害者の刑が軽いというのはわからんでもないですよ。

    社会への参加を促す風潮がないところで、50代60代では仕事を探そうとしてもそう見つかるはずもなく、生活もままならないでしょう。
    生活保護的なセーフティネットも韓国では十分でないでしょうし、日常生活をサポートしてくれる人を見つけるのも困難なんじゃないでしょうかね。
    そう考えると給与を出さないなりにも死なさない程度の世話をしているなら、極悪人とは言い切れないんじゃないかなと。
    病気をしても放置とかがあったら、そっちは責めるべきかも、とは思います。虐待という観点で。

    1. むたろさんに反論する意図はありません。説得力があり認めざるをえない現実がそこにある。

      でも、(日本人のワタシとしては)執行猶予はないのではないか?という気がする。
      もちろん公的扶助の法整備も併せてされるべき、という前提で、実刑(懲役)にすべきだと思う。

      執行猶予は、社会からの隔離、ではなく「社会生活を送りながらの更生」という趣旨だ。被告からすれば「無実」に近い。これではなくならない。搾取したモンの勝ちになってしまう。
      (被害者側が提起する民事訴訟があったのかは、書かれていないのでわからない)

      社会からの隔離と懲罰という意味で実刑にすべきだと思う。

  7. 奴隷では無いですが韓国企業の労働者への視点について

    「現代自動車」躍進の真因は「脱トヨタ生産方式」にあり
    現場にはカイゼン活動を極力させない
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2207
    現代の話に戻るが、現代の新しい生産方式の主な特徴は、作業者にカイゼン活動を極力させないことにある
    その代りカイゼン専門の担当者を置き、そこにエリート人材を起用した。

    日本とは企業風土が違うし労使関係も違いますけど、企業は労働者をロボットの様に見、労働者は言われた事だけやる関係なんだろな。労働奴隷でも組合が守ってくれると…

    1. 上記記事は韓国がいい気になっていた時分の記事ですね。
      以前読んで賛同しかねる内容だった記憶が有ります。

      結果は見ての通りでしたね。

コメントは受け付けていません。