他人、指摘、そして体面

あれ・・ひょっとして風邪を引いた・・?そんなはずはない・・そんなはずはないのだ・・と、土曜の更新です。

韓国の地下鉄などでよく見られるシーンです。ここでも地下鉄の中、ということにしましょう。Aという人が、何か非マナーな行動(迷惑な座り方とか、大声で電話したとか)をしたとします。

本ブログで何年も前から書いている人気フレーズですが、韓国社会には「配慮は自分で他人にやるのではなく、他人が自分にやるものだと思っている」という悪しき考え方があります。そして、社会マナーも日本のマネをして急造されたものが多く、まだ社会構成員たちの「身についている」状態ではありません。だからトラブルも日本に比べて多くなります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

そこで、Bという人がAに、それはいけないと問題を指摘したとします。AもBも、学校で、テレビで、「(Aの非マナー行動は)他人を配慮しない行動だ」ということを知っています。言い換えれば、「教育」が届いています。

日本でこんなシチュエーションになった場合は、BがAにやめてくださいと言うと、Aは「あ、つい」と気づいて、すぐすみませんと謝ります。するとBも「すみません」と言います。

 

ですが、韓国の場合は(もちろんシチュエーションと言い方によりますが)、BはAを「叱る」論調で話すことが多いです。Aを悪、すなわち自分より下だと思っているからでしょうか?

すると、体面を傷つけられたAは、「それはそうだが、そんなふうにしか言えないのか」と怒ります。ほとんどの場合、AはBのナム、すなわち知らない人になります。他人に見下されたほうが、「あ、マナーを破った」という考えより優先するからです。AはBに謝れと言います。BはAに謝れと言います。そこで、喧嘩になります。AもBも、声を大きくします。

結果的に、Aがやっていたこと(座り方とか電話通話とか)よりも遥かに大きな迷惑が、その地下鉄の車両に乗っている全員に襲いかかります。

 

なんで急にこんな話をするのかというと、朝、ほぼ同じ事例を扱った記事を読んだからです。個人的にも、同じ経験があります(うるさすぎで次の駅で降りました)。

ふっと考えてみると、こういう問題も、ナムとか体面とかそんなのもありますが、「誰が悪いのかを考えすぎる」、「自分の問題を隠すために相手の謝罪を必要とする」など、本ブログで扱ってきた韓国社会の問題と繋がります。

問題が「日常」になると、それがすなわち社会問題である、といううことでしょう。

 

 

 著書関連のお知らせ 

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“他人、指摘、そして体面” への102件の返信

  1. クールジャパンを視聴していましたら、イタリア人が「泣いたら弱いと思われて付け込まれるから、泣いてはいけない」と躾られると言っていました。

    朝鮮半島とイタリア半島の2つだけの例しかありませんので決めつける事は出来ませんが、よく似ていると思いました。

  2. この事例に関してですが、私としては「体面」ともう一つ、
    日本の常識的な考え方との違いが
    裏側に隠れているように思いますね。
    それは、日本人との「価値観の違い」です。
    「体面を守る」というときの、
    その「体面」の指す意味がきっと違っている。

    日本人の場合、この事例で最も恥ずかしいのは、
    「感情をむき出しにして怒鳴り合う(声闘)」ことだと
    思うわけです。
    だから、日本人なら両者がそれを避ける方向へと動くことで
    この事例のような結果には至らない。

    でもたぶん、この事例で出てきた韓国人A氏の価値観においては、
    きっと「人前で謝ることの方が恥ずかしい」と思っている。
    それは自分の間違いを認めることであり、
    相手より「下」になることだから。
    だから謝れない、そして「声闘」を始めることで「体面」を保つ。

    そう、日本人から見れば最も「恥ずかしい(体面を失う)」態度が、
    韓国人にとっては「体面を保つ」態度であるという
    この真逆の価値観が、この事例を生む背景として
    存在しているのではないか、と思うわけです。

  3. これも韓国人の中間というもののない、白黒ワールド、デジタルワールドの現れのような気がしますね。

    こうした日常のマナーみたいなものは、相手が悪いこともあるけど、自分もどこかで誰かに迷惑をかけているかもしれないもの。日本語で言う「お互い様」。単純な白でも黒でもないグレーの部分。

    でも、相手の非を見つけるととたんに自分は真っ白な正義になってしまう。

    自分たちでさんざん女性の人権を蹂躙しておきながら、従軍慰安婦というネタを見つけたとたんに、女性の人権問題だ~と日本を攻撃する韓国人の行動パターンと全く同じように思います。

  4. 韓国人は問題の本質を掴む事が出来ないんだな、といつも思います。
    今回の問題点は「迷惑行為を止める事」であり、「A と B のどちらが上か」という問題ではありません。
    政治を見ていてもそう思います。
    儒教思想の影響でしょうね。

    1. 日本人のマナーの本質は、譲り合いです。
      おそらく韓国人には、理解しがたい概念なんでしょうけど。
      和の根幹には、そのゆずり合いがあります。
      お先にどうぞ、ありがとう。
      で、善悪は優先順位、低いんですよね。
      どちらが正しいか?間違っているか?わりとそこはどうでもいい。
      何しろ、日本では善悪は神様が決めるものではなく、
      善悪もルールも人間が、みんなで決めるもの。なので、日本神道では天国も地獄もなく、
      生前にどんなに良い事しても悪い事をしても無関係に死ねば全員が神様になれる。
      神様は人を裁いたりはしません。審判者などいません。
      悪い事をすれば、生きている間に報いはくる。
      あと日本でも、電車の中ではときどき言い合いに発展しますよ。
      マナーの注意ではなく、足踏んだ。触った!おれじゃない! 等
      で、騒ぎになったら、誰かが駅員さんを呼んで来て、駅員さんに仲裁させます。
      日本の駅員には(施設管理権)があります。自らの管理下にある施設内で秩序を乱すと認められる者に対して誰何する権利があります。なので騒いだ人は、駅員さんに従いますが、
      駅員さんに暴言をはいたりしたら、今度は駅員さんに警察を呼ばれてしまいますので、
      たいていは駅員さんがきた段階で、騒いだ人達はおとなしくなります。

      1. そうですね。
        そして韓国人の本質は、「譲らないこと。」譲ることは上下関係の下になることだから。

        日本人はお互いに譲り、韓国人は一歩も譲らないどころか、一歩でも譲れば、相手が悪いとさらに踏み込んできて相手を突き飛ばす。

        こうして「慰安婦合意」は結ばれた。

        日本は土下座してかねを払い、それを根拠にして、韓国人はさらに慰安婦像を立てて、教科書を書き換え、世界中で日本人をおとしめ続けている。いまでもね。

        結局は「日本人の本質は譲り合い」と言っては、韓国人に対して一方的に、ゆずり続ける、韓国人はいずれ理解してくれるという、日本人のやりかたがおかしいんですよ。

        世界中でただ、特アにだけは、やりかたを変えなくちゃいけないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。