「フェイクニュース」の定義とは?

本エントリーは、米国のモンマス(Monmouth)大学が調査したレポートをソースとしています。レポートの本来の趣旨は、どちらかというと「トランプ大統領とマスメディアとの戦い」を扱った側面が印象的ですが、本エントリーでは「フェイクニュース」の定義について、データを部分的に引用してみます。

まずモンマス大学側が実施した世論調査の結果、回答者の46%は「伝統的な主要TV・新聞が時々(occasionally)フェイクニュースを流す」と、31%は「定期的に(regularly)流す」と答えた、とのことでして。

回答者の77%が「大手マスコミがフェイクニュースを流している」という趣旨で答えたことになりますし、これは去年の同じ調査(去年は63%)よりかなり上がった数値となります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

本エントリーで特に扱いたいテーマは、ソースとなるレポートの41番、「When you use the term fake news, does it only apply to stories where the facts are wrong or does it also apply to how news outlets make editorial decisions about what they choose to report?」です。「あなたは、フェイクニュースという言葉を、報道内容が事実でない場合だけに使うべきだと思いますか、それとも、報道するニュースの選択(マスコミがどのニュースを報道するか選択すること)にも使うべきだと思いますか」。

言い換えれば、明らかに嘘ついたことだけをフェイクニュースだと呼ぶべきか、それとも「偏向報道」にもフェイクニュースという言葉を適用すべきか、という質問ですね。

これに対して、「事実に反するニュースだけ」が25%、「ニュースの選択にも」が65%でした。

 

さて、どうでしょう。ニュースのチョイスも、やりすぎるとフェイクニュースである・・・と。

各言論に「方向性」が無いのも、それはそれでどうかな?な気もします。でも、その「選択」が、言論の自発的な選択によって行われるものであるならともかく、言論にふさわしくない・・例えば政治的な目的、損得勘定、それらによる強圧(記者たちに他の方向性の記事を書かせないなど)があるなら、確かにそれは「フェイクニュース」と呼ばれても仕方ない、そう認識されつつあるわけです。

個人で書いているブログでこういう話をするのもまた「場違い」な気がしなくもないですが・・せめて、迎合せず、書きたいことを率直に書く。それだけでも徹底していきたい、今日このごろであります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

114+

150 Replies to “「フェイクニュース」の定義とは?”

  1. 今朝(4月10日)のテレ朝のニュースは酷かったなぁ〜
    家計学園問題ぶり返し記事が、朝日新聞だけでなく東京新聞にも掲載されている!と騒いでいました。騙される人いるんだろうか?
    ん〜いそうですね。

  2. <危険なジハイドロジェンモノオキサイド(DHMO)を禁止しよう。>
    ・DHMOは酸性雨の主成分
    ・今も多数の有害物質を扱う工場で日常的に溶媒として使用されている。
    ・気体のDHMOに触れたらやけどをする可能性がある。
    ・液体のDHMOを吸入して死亡する事故が毎年起きている。
    ・死亡ガン患者のがん組織の病理標本に100%含まれている。
    ・これはあらゆる病理学者も認めており、実際に標本化に当たってまずDHMOを取り除こうとする。
    「このような危険なDHMOを法で禁止しよう!」

    ・・・まあご存じDHMO(要は水)の話ですが、「情報の選択」とはこういう事、という事例のために出してみました。
    負の側面ばかり出すと事実を錯誤しやすいのです。

    1. 今だと「原子力発電所に使われている」「福島の汚染水に豊富に含まれている」とか付け足したらヒステリックな反応が得られそうです

      水素水はもう古い!一酸化二水素水で健康になろう!
      一酸化二水素水はトップアスリートもトレーニング後に飲用している身体によい水です!疲労回復、風邪予防はもちろんこれから怖い熱中症の予防にも極めて高い効果があります!
      今なら2リットルボトル入りを特別に2本で4980円!

      って逆にやることもできるしね

  3. モンマス大学のいうフェイクニュースには、日本のマスゴミが使う「都合の良い切り取り」も含まれているのかな~

    朝日もフェイクニュースについてのアンケートをやっていたんですねー
    ただし設問から察するに、フェイクニュース=ネットニュースという認識のもとに行ったようですw
    朝日にとって耳が痛そうなコメントも公開していますが、他社のことだと思っているのかなー
    http://www.asahi.com/opinion/forum/067/

    1. 設問に自分たちへの反省がまったくないのですがガガガw
      そのうち新聞社は「大衆は新聞を信用しない」→「民衆=愚民」と暴走していきそうです。

  4. ニュースが結果的に誤報であることは、どうしても防ぐことができない。一方で、一般の人が故意に嘘やデマを流すことも、これを防ぐこと自体は不可能だ。それはデマだと指摘をしたり、デマに煽られないことはできるけど。

    ただ、それよりさらに悪いのは、マスメディアがある特定の方向に視聴者の思想を誘導するために、報道を利用すること、いわゆる報道バラエティだね。

    マスメディアによる報道の独占と、特アを救うための、反アベ、反トランプへの思想誘導こそが問題なんですよ。
    なぜトランプ旋風が起きたのか、それは民主党を推し続けた、マスメディアに対する怒りなんです。

    報道の部分と、思想の部分は分離が必要なんです。
    思想が自由であることは必要な一方で、報道は思想に利用されてはならない、報道を思想に利用してはならないんですよ。

    1. >報道は思想に利用されてはならない

      正しいと思いますが、どうやって実現しましょうか?
      市民にチェックさせましょうか?

      1. それはそれで素性の怪しい市民団体の露骨な偏向姿勢が
        幅を利かせることになりそう。いい案が思いつきません。

        1. え~ん(;_;) すぐに答えを書いちゃダメ。

          フェイクニュースの報道で嫌な気分になるのは、フェイクニュースは悪いという理想を餌にして規制しろという方向に向わそうとする意志を感じることです。
          それは、容易に報道統制、言論統制、果ては思想統制に向かう。

          それらなら、2ちゃんねる(5ちゃんねる)のような肥溜めの方がマシ。

      2. 結局、報道自体を自由化するしかありません。
        左巻きによる報道の独占が、偏向報道を生んでいる。

        そしてマスゴミがフェイクニュースと騒ぐのは、彼らが報道を統制したいからなんですよ。

        左と右があれば、それぞれが偏向していても一向に構わないんですよね。

        1. 報道がもっと自由なら思想に利用された報道が存在してもいい、ということ?
          最初からそう書きなよ。
          てっきり、思想に利用されないよう報道を統制したいのだと思ったじゃないか。

  5. フェイクニュースとは何かの前に、じゃニュースってなんだっけと辞書引いてみる。
    まだ一般に知られていない、新しいまたは珍しい出来事の報道、知らせ。継いで報道。出来事を広く告げ知らせる事、ニュース。

    さらに出来事。世間で起こる(さまざまな)こと、事件。
    事件。(人の話題になるような)出来事。
    話題。話の主題になる事柄。談話の題材。
    事柄。物事の様子、有様、内容。

    話のネタになる未知、若しくは珍事の有様、内容を広く告げ知らせるものとして良さそうでしょうか。

    そこで話のネタになる出来事を偏向などで報道しないのはニュース足りえない偽物であるとするのか、捏造含む作り話(偽物)を報道することなのかってお話ですかね。

    そもそも信頼を置いてないせいか、なんかどっちでもいいやな気持ちがあります。だって、ちゃんと偏向報道や印象操作にマッチポンプ、捏造といった批難されて然るべき報道に対して、その手法を指す語が既にありますし。何がフェイクであるかより、報道においてなにが問題であるかの方が大事かと考えるのです。

    まあ、本邦では近頃その報道が率先してネットの情報に「フェイク」のレッテルを貼り付けて既存の報道には当てはまらないと主張していたりしますが。本邦の報道は一度滅ぶべき。

  6. しかし、Monmouth大学って、日本で言えば山口大学じゃねーか?

    あ、tが足りない?

    私の口大学? 仏英混同でした。

  7. 『このブログは、偏向報道を集めてまとめたものです。フェイクニュースや罵詈雑言は、ゴミ箱に投稿してください。レナ登場の後ポチットな発動します。
                  管理人代理    』

  8. 印象操作 までフェイクニュースに含めるとNHKのニュース番組すらだいたいアウトになるわけです

    字幕スーパーの色、フォント、大きさ
    BGM、効果音
    画面デザイン

    テレ朝みたいに答弁や記者会見の発言者ごとに音声加工処理(音楽家によってバレた)なんかもってのほかとして、このくらいでも印象操作は可能です。
    特に色の効果は大きくて、体温や心拍数まで変わります(なので現在スポーツのユニフォームは色が身体に与える効果の専門家が会議に加わるほど)

    テレビ局はそのあたり専門家ですからね(劇的ビフォーアフターとかわかりやすい印象操作の見本)

  9. フェイクニュースをフェイクと認識するのは,どのように見定めたのか? その確証した情報にフェイクは無いのか?

    我々はすべての情報を一から確認しなければならないのか? 世界中で起きている事象の全てを把握することを,あなた は必要としているのか?

    私はGODでは無いので,世の中の全てを知りたいとは思わない.自分に関係のあることや,興味のある分野の情報があれば十分だ.

    メディアと記者あるいは内容に疑問があれば確認し,自身の感覚で判断する.報道をそのまま受け取る場合もあるし,疑問を持てば可能な範囲で一次ソースにアクセスすることもある.

    私は基本がものぐさなので,情報源の特徴を把握することで取捨する情報をある程度に絞る.良質な情報源は,効率よく私が欲する見聞を与えてくれる.

    メディアとそれが報じた内容を,峻別する自由と責任は私にある.

    フェイクニュースを垂れ流すメディアがあるとしても,そのメディアを必要としている誰か,もしくは何かがあるのだろう.人々に不要と判断されたメディアは役目を終えるだろうから.

    したがって故意や恣意的な情報が忌諱され,淘汰されるのも自由意志の結果と見ることができる.逆も然り・・かな?

    最後に,occasionally を頻繁と伝えるのはフェイクなのだろうか w
    (シンシアリーさん,そこ happens regularly でっせ)

      1. お疲れ様です.指摘がわかりづらく,相すみません.
        僭越ながらシンシアリーさん的に訳すと

        >改:『・・回答者の31%は「伝統的な主要TV・新聞が定期的に(regularly)フェイクニュースを流す」と、46%は「時々(occasionally)流す」と答えた、・・』

        になるかと存じます.[本文およびQ39参照]
        恐らく,最初の文章で英文の位置を入れ間違ったものと思量いたします.

        私も頻繁にミスるので烏滸がましいのですが,引用元と文意が明らかに違ったままなので今一度指摘しておきます.まぁ,もうエントリーも進んでおり放置で良いのかも知れませぬ.

         
        さて,それは別として上記の私のコメントは,韓国メディアに対する問題提起と矛盾するのだろうか? 私は情報の受け手の問題と合わせて考えてみたいと思ふ.

        1. 全てご指摘の通りでした。原文をもう一度確認し、修正しました。

          1. この生真面目さに敬服いたします.
            今宵は早めにお休みください.

コメントは受け付けていません。