いつでもどこでも虚しく響く韓国の「日本はー」主張

韓国が日本を語る時にかならず持ち出す主張が、「日本国民は権力に逆らったことがない」です。

今日も朝鮮日報が財務省官僚のセクハラ疑惑に「口頭警告」したことで、次のような記事を書いています。

<日本は一度も国民が立ち上がって権力を覆したことがない。決められた秩序を当然視する風潮が強い。女性セクハラ事件にも被害者である女性が言い訳を作ったからだと認識する傾向が他国より強い>。

http://v.media.daum.net/v/20180414030728959?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「あの、5年か6年前に政権交代してますけど」とか、「あの、普通に選挙ありますけど」とか、いろいろとツッコミどころが多い主張です。

日本の歴史には、明治維新など、革命や改革と呼べる出来事がありました。そしてその後から、社会が大いに変化しました。

朝鮮半島の歴史にそんなことがあったのか、というと・・・どう考えてもありません。クーデター起こして王族を皆殺しにしてから中国の諸侯国になって名分を確保したことならあるし、反政府デモ起こして国外に逃げた人たちが政府を名乗ったことならあります。大規模デモで大統領を追い出したこともあります。でも、社会は変わりませんでした。

国が大きく変わるきっかけは、いつも外国の力によるものでした。

韓国民は、一部の勢力が作った「正義(本当はせいぎでもなんでもないけど)」という流れに逆らうことができません。逆らうと自分自身が悪い人になるからです。

この心理は古い儒教思想からして「正しいものは上、正しくないものは下」となり、その流れに逆らうと「下」になってしまうからです。韓国人は、自分が下(正しくない)という現実を受け入れることができません。「体面」なども、その表れの一つです。

その民衆の愚かさを、レミングに例えた人もいます。ブログや本で何度も引用した言葉ですが、「韓国民はレミングみたいだ。民主主義は韓国民には合わないのではないか」。1980年、駐韓米軍司令官だったジョン・ウィッカム氏の言葉です。

レミング(タビネズミ)は、列を作ってリーダーのあとについていきます(本当は違うという反論もありますが一般的にそう認識されています)。リーダーが崖から落ちたりすると、後からついてくるレミングたちもそのまま崖から落ちてしまうと言われています。だから何も考えず一番強い人についていくだけの群衆行動を「レミング現象(Lemming effect)」といいます。

 

ふっと、こんなことを思ってみます。韓国人は、自分たちが望んでいる、でもどこにも無い「改革の歴史」が、憎き日本にあってはならないと思っているのではないか、と。

「日本は国民の力で権力を覆したことが無い」ではなく、「日本で国民の力で権力を覆したことがあってはならない」ではないのか、と。

 

そう思っているようでは、改革など無理ですね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“いつでもどこでも虚しく響く韓国の「日本はー」主張” への83件の返信

  1. 彼らの特徴 

    1 願望、妄想というレンズを通して世界をみている。
    客観性が全くない。
      自身の願望が最高の価値、その実現に手段を選ばない。
    但し、決して実現せず、争い続け、煩をため続ける。
    正にこの世の地獄!
    2 不都合な事は、その原因を自分以外に求める。諸法無我
    (=独立した事象は無い)を理解できない。
    何も改善に向かわない。
    3 不都合なことは、隠蔽、言い訳、言い逃れ、嘘などを動員し   その場を取りつくろう。その結果、諸悪改善せず、自身と
      社会全体に災いが及ぶことが理解できない。
    4 法の下の平等、その近代思想が理解できない。すべてを上下
      関係でとらえる。
      「敵は常に己より下」か「己より上は親族、兄で敵にしてはな  らない=奴隷根性」
      「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」も理解できない。

    結果的に間違いは正されることなく、最悪に向かう。(北朝鮮化)暴力による恐怖政治。
    だれ一人覚醒せず、この悪しき特徴と戦う者が出ないというのは!キリスト教でさえ歪曲された!もう放置しかない。

  2. > 韓国人は、自分たちが望んでいる、でもどこにも無い「改革の歴史」が、憎き日本にあってはならないと思っているのではないか、と

    韓国で書かれた記事の翻訳を読んでいてよく感じるのは「状況 → 結果」ではなく、「結果 → 結果に至るまでの状況の辻褄を合わせる」で書かれているのが多いことです。
    だから文章全体が強引で釈然としないギクシャクしたものになる。

    「日本はこうあるべきだ」あるいは「日本はこうあってはならない」という「結論ありき」で書かれており、いわばこれは書き手の願望でしかありません。

    しかし願望を書くことにより、読み手が扇動されてしまう社会では、レミング現象は簡単に起こります。リーダーが間違っていても誰も止めない、または違うと言い出しにくい不自由な状況が韓国にはあると思います。

  3. 大体、韓国人が言うみっともない日本って自分等の事なんだよね~。
    だから、日本を悪し様に罵れば罵るほど、本当は韓国社会が大嫌いで、そうなりたかった、又はなっているべき姿が日本なんだなぁ…と思うんですよ。
    でも、いくら日本をベンチマークしようとも甲乙ウリナラ差別社会が浸透している韓国では改革は無理なんですよ…。
    「韓国民はレミングみたいだ。民主主義は韓国民には合わないのではないか」
    これは韓国ウォッチャーなら、皆一度は思った事あると思いますよ。

    1. >「韓国民はレミングみたいだ。民主主義は韓国民には合わないのではないか」
>これは韓国ウォッチャーなら、皆一度は思った事あると思いますよ。
      だって民主主義の本質をまるで理解できてないのだもの!
      ロウソクデモが民主主義だなんて、笑わせてくれるし
      「その本質は合議制にあり、多数決でもくじ引きでもサイコロでもいいから、
      (話し合い)によりみんなで決めた事には、例え不満があっても従うこと」
      「お互いに意見が違う場合は、双方で落としどころを提示し、妥協点を見いだして妥結する」であり、権力者が下を力づくで言う事を聞かせる社会でもなく
      自分の意見が絶対に正しい!と、ロウソクデモのようにゴリ押しをする社会でもなく
      国家間の約束ごとなど公式に合議したことは、後から勝手にやぶらない
      約束を守る社会
      であることが、民主主義国家なんですけどね。

  4.  価値観や美意識が全く異なる文化が存在し、自分(自国)の価値観でそれを批判したところで、彼らはそれを理解することはできない。 この現実を直視し、彼らに対してどのように対応すべきかを考える事が重要。彼らの価値観や美意識が自分から見て善か悪かを判断してもしかたない。何故ならそれは彼ら自身が変えようとしなけらば変わらないから。外からの強制では面従腹背として表面的にしか変わらない。
     彼らの習性を観察し、彼らからの被害・損害を受けないための方法を身に着けることが最も重要なこと。

  5. >韓国人は、自分が下(正しくない)という現実を受け入れることができません。

    命に関わりますからねえ・・・

  6. 日本の社会変革というと、古代専制国家体制から封建国家体制への転換。つまり鎌倉幕府という武家政権の誕生です。その後、足利幕府、織豊政権、徳川幕府と続き、明治維新によって近代国家への道を歩み始める。自由民権運動を経て立憲君主制国家体制を確立する。選挙制度も25歳以上の男子による普通選挙となる。ヨーロッパ諸国でも男女同権になるのは第二次大戦後が多いので、特に日本が遅れていたわけではない。

    1. 日本の変革は独自の物も多いと思ってます
      聖徳太子が中国へ送った書状などからも
      でも御朱印船やら長崎の出島や各地の密航貿易(笑)で海外情報はそれなりに得ていたと思います
      朝鮮半島は中国の盲腸状態だったんでしょうか?自ら情報収集にも動かない

  7. シンシアリーさん
     以前、「朝鮮は儒教によって、なんちゃらかんちゃら…」というブログ話に、「自分の頭で考えろ」と上から目線でコメントしました。
     ローマ帝国以来、西欧諸地域にキリスト教が国教として導入されましたが、左の頬を打たれて右の頬を差し出す国はありません。「全能絶対の神の創造物である世界において、存在する王権等の支配序列は神の意志である」この論理(倫理)がポイントでしょう。
    しかし、王が権力闘争に負ければ、首は飛び王族から新たな王に挿げ替えられる。日本でも同様で、天皇は伝統的権威として敬われているが、武力での権力闘争で負けた場合、天皇経験者クラスは島流し・皇子クラスは殺され、新たな天皇が即位する。
     中国に於ける儒教は、秦の焚書坑儒・劉邦(漢の高祖)の儒者嫌悪のように、武力により権力を握った後の支配イデオロギーとして取り入れられたが、現実の支配能力を失った権力者は滅亡する。
     さて、朝鮮人が歴史的に義を重んじてきたか。シンシアリーさんの以前のブログにあったように、秀吉軍が漢城に迫ると、王は逃げ・民衆は王宮から略奪し・王子や将軍を捕まえ日本軍につき出す。満州族(金、後に清)に服属して宗主国の明を攻める。日清戦争では宗主国の清の為にと、日本軍と戦うこともしない。
     韓国で儒教と称するものの「正しい」とは、噛みつきそうな犬は叩かないが、その犬が水に落ちると無慈悲に叩く、と言う事なら、韓国人は韓国儒教的に正しい(上)と思います。また、以上の理由から朝鮮人はレミングにはならないと思います。
    正しく上であると思います。

    1. >中国に於ける儒教は、秦の焚書坑儒・劉邦(漢の高祖)の儒者嫌悪のように、武力により権力を握った後の支配イデオロギーとして取り入れられたが、現実の支配能力を失った権力者は滅亡する。
      中国に於ける儒教(原襦)は元々は古代の中国人の死生観であり、宗教なんですけどね。
      人は死後にどうなるのか?死んでも魂は存在し、子孫が位牌を祀る事で、
      位牌をよりしろにこの世に戻って来れる。が、子孫が死に絶えれば永久の死となる。
      このため、子孫を残す事を最重要とし、先祖崇拝を孝とする。
      で、その先祖崇拝を(子は親には絶対に逆らわない)→(目上には絶対服従)
      →民は天子様の子であり、絶対服従するべし→支配者のイデオロギーへと変貌
      でも朝鮮の儒教は中国で花開いた百花繚乱の哲学の部分が欠如して
      朝鮮朱子学のみを国教として、異学を禁止した。すなわち哲学を論じる事を禁止されていたので、
      民を思考停止の愚民化状態におく役割を担っていたのです。
      で、長らく属国化にされたりなどで虐げられた民族は
      現実逃避の妄想癖を持つ傾向がある 劣等感と空想癖には因果関係があるといわれていますが
      韓国人の(上)というのは、儒教というより現実逃避の空想癖に近いものだと思いますよ。
      韓国が日本よりも上だなんて、領土のでかさでも経済でも技術でもなく(精神的勝利)でしかないんですから

      現実逃避の人間が、現実を直視したときには崖から飛び降りたくなるものです。
      2010年のWHO統計では、人口10万人あたりの自殺者数で世界1位で、レミングになりやすい危うさを十分にもっていると考えられますよ。
      「日本より下だろ!」と、他国からいわれただけで、自殺しそうじゃん!

  8. 別にそれぞれのレベルにおいて、懲罰在るから、未だにね、田舎ではじかれて、居なくなったて、あるよ。

  9. 日本でも韓国を羨ましがってロウソク革命がー!とか言ってましたっけ
    その「韓国を羨ましがってる日本人」は暴徒ですよ
    そもそも日本人かどうかも怪しいような言葉を書いたプラカードを掲げてましたね
    「美くしい」とか「関税盗らる」とか
    自分は年間100冊以上小説を読み読解力も人並み以上の自信がありますが、何が言いたいのか全然分からない文章でした

  10. >「日本は国民の力で権力を覆したことが無い」ではなく、
    >「日本で国民の力で権力を覆したことがあってはならない」ではないのか、と。

    韓国人のイメージ思考でしょうね。
    彼の頭の中のイメージとして「国民の力で権力を覆す」=「ロウソク革命」であり、
    「戦って(デモして)勝つ」ことこそ「国民の力で権力を覆す」こととして
    定義されていると考えられます。
    「ルール通り秩序を守って権力を覆し」ても、たぶんこの人には通じなそうですw
    アナーキーな暴動的デモで戦って勝つことを自慢する人達なのでw

    1. >彼の頭の中のイメージとして「国民の力で権力を覆す」=「ロウソク革命」であり、
      >「戦って(デモして)勝つ」ことこそ「国民の力で権力を覆す」こととして
      >定義されていると考えられます。
      >「ルール通り秩序を守って権力を覆し」ても、たぶんこの人には通じなそうですw
      >アナーキーな暴動的デモで戦って勝つことを自慢する人達なのでw

      革命を暴力だとはき違えているんですよね。
      でも、世界の革命とは、まず思想改革 啓蒙運動です。
      人々 に正しい知識を与え、合理的な考え方をするように教え導くこと。「大衆を啓蒙する」

      だからまず革命の先端は、学問からで、思想家がでて
      弁論を交わし、多くの市民に指示されてはじめて、革命がおきるわけ。クーデター 国家に対する一撃(攻撃)とは違うわけ

      韓国には、クーデターの歴史はあるけど、革命はなかった。

      日本は、明治維新 がある。アジアが西洋列強の植民地にされているのを見て、日本全体が新しく近代国家と変貌し
      「西洋列強 と肩を並べられる国民国家をつくろう」とのスローガンに、多くの若い武士が共鳴し、藩を越えて団結し、新政府を樹立した。
      明治維新こそ、思想改革と啓蒙運動による革命に他なりません。
      権力闘争はその新政府を樹立後に起きただけで

コメントは受け付けていません。