頭の中の日本

ご存知、韓国は日本を評するにおいて、いつも上から目線です。

それは、「見下す」よりは「見下さないといけない」というもので、日本はいつでもどこでも韓国より劣等な存在でなければなりません。それが「正しい」ことだと韓国では認識されています。

この考えは昔も変わりませんでした。しかし、極めて一部、韓国人の頭の中の日本と現実の日本の差を警告する人たちはいます。

1475年、王に「日本と喧嘩してはいけません」と遺言を残した人がいます。今日は彼の遺言を紹介しましょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この記事は2012年4月、東北大震災の1年1ヶ月後の朝鮮日報の「一事一言」というコーナーに載っているものです。

<・・(東北大震災のことで)韓国人たちはひそひそ話に盛り上がる。もう日本は終わった、日本を学ぶ必要などない、と。振り返ってみると、3・11以前にも韓国人は日本に対して同じことを述べていた。いまは米国と中国の世紀だから、日本を学ぶ必要はない。政治・経済的に没落して放射能まで汚染された日本を何しに研究するのかと、真顔で聞く人が少なくない。

私は(記者は)このように答える。そのような話は、日本の将来に関する韓国人の希望を反映したもので、現実とは乖離があると。たとえ日本が極東の小国に転落しても、私たちが生きている間、日本が東アジアで完全に存在感を喪失することは起こらないだろうと。国力の大小にかかわらず、日本は中国とともに韓半島の歴史に影響を与える「常數(常に考慮すべき要因)」であることに変わりはない。

「懲毖録」の最初の部分は、申叔舟(シン・シュクジュ)が成宗(当時の朝鮮王)に「日本との和親を失ってはなりません」と遺言を残す逸話が載っている。当時、日本の国力は中国と比較にならないほど弱く、朝鮮との関係は比較的安定であった。しかし、安心せず、常に日本を観察し、平和を維持しなければならないというのが申叔舟が伝えたかったことであろう・・>

http://v.media.daum.net/v/20120427032907101

 

私が知っていることに間違いが無ければ、ですが・・この遺言、詳しくは「日本と失和してはなりません」です。王が「何か残したいことがあるのか」と聞くと、申さんが「日本と失和してはなりません」と答えました。すなわち「日本と喧嘩してはなりませんぞ」、と。

申叔舟は1475年に他界したとなっていますから、この遺言を残したのも1475年だとすると・・すでに日本の国力は朝鮮よりずっと強くなっていました。しかし、朝鮮は実際の国力の差を認識せず、日本を見下していました。そのことで、申叔舟は「日本と喧嘩するなよどうなってもしらないぞ」と言いたかったのでしょう。つか、名のある文官としての人生を送った彼が、わざわざ遺言でこんなことを言ったとは。いったい朝鮮の日本観ってどういうものだったのでしょうか。

申叔舟が死んでから約540年が過ぎた今でも、世界で日本を見下すのは韓国人だけだと言われています。韓国人の頭の中では、そうでなければならないからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“頭の中の日本” への81件の返信

  1. 1475年というと日本は室町時代中期で応仁の乱の終わり頃ですね。
    韓国人が特に日本を非難する時に盛んに使う「歴史に学ばない民族に未来はない」ってのが、キレイな弧を描くブーメランになって頭に突き刺さっている図が浮かびます。

  2. あぁ なぜか朝鮮日報の鮮于鉦(ソンウジョン)の書いた『韓国外交、このままではまた日本にやられる』のコラムを思い出しました。

    1. わかります。自分も多少冷めてる韓国の意見を見ると冷静でわかってる韓国人もいるんだという驚きとわかってる人でもこの程度なのかという落胆が綯交ぜになった気分でもにょりますね。

  3. 韓国人は、自分の「あるべき姿」と現実の自分の姿とのギャップを認識することはあるのでしょうか。素朴な疑問です。

  4. アレですね、常識ある知的レベルの高い韓国人ならば日本と日本人を「見下さないといけない」ですね。
    反日であることは、常に正しい態度。日本と日本人は正しいウリに従うべき!ですねー。

    1. 大昔、呉善花さんの本で、祖父母(両親?)や済州島の地元の人があまり反日的でなかったのは、教養がないからだと思っていたというのを読んだことを思い出します。最初はそれが俄には信じられなかったのに、今では常識となりました(笑)

      1. >ヒロモルさん
        そう、ソレ、ソレ。
        反日的な俺(ワタクシ)カッコいい!
        親日的?無教養、ダサーイ。田舎もん!かな?

  5. 見下すって言うか強烈なレイシズムですよね。
    嫌いとか見下すとか、まだまだ柔らかい言い方ですよ。

  6. この、『「見下す」よりは「見下さないといけない」、それが「正しい」こと』という話を聞く度に、余計腹立つと思うんですよね。どっちにしても「見下す」という結果を受けている日本から見れば変わりはない。

    今も昔も変わらないのか、その1475年に、よもや朝鮮にそんなに見下されているとは、当時の日本の人は思いもしないですよね。
    大体日本史の中で朝鮮との関係って上代以外あまり出て来ないですよ。中国のことならよく出て来ますが。

    そうでなければならないだかなんだか知りませんが自分たちの頭の中だけにして頂いて、現実の日本には迷惑をかけないようにして頂きたいものです。気分悪いから本当に。

  7. ACジャパンのCMに採用されて有名になった、金子みすゞさんの詩があります。

    「遊ぼう」っていうと
    「遊ぼう」っていう。
    「馬鹿」っていうと
    「馬鹿」っていう。
    「もう遊ばない」っていうと
    「遊ばない」っていう。
    そうして、あとで
    さみしくなって、
    「ごめんね」っていうと
    「ごめんね」っていう。
    こだまでしょうか、
    いいえ、誰でも。

    通常の感覚では「見下すから見下される」んですよ。
    「相手を見下しているのに自分が尊敬されない」と怒っている国民は、私の知る限りでは韓国民だけです。

  8. この後1000年も怨むらしいから大丈夫ww
    国とミンジョクが存在しているかは不明ww

  9. あ、やっぱり柳成龍の懲毖録か。文禄・慶長の役でひどい目にあった反省文を綴った懲毖録で柳成龍が、応永の外寇で対馬にこてんぱんにやられた後の時代を生きた申叔舟の言に共感を抱くのはある意味当然かも。

    1. お詳しいですね。戦争のことだけでなく、申叔舟は外交関連でも活躍した人で、通信使として日本を訪問したりしました。いろいろ、思うところがあったのでしょう。

    2. 申叔舟「海東諸国記」書いた人ですね。
      柳成龍は「懲毖録」と。

  10. 500年経っても変わらないんじゃ、今後も変わる事は無いんだろうな。

コメントは受け付けていません。