頭の中の日本

ご存知、韓国は日本を評するにおいて、いつも上から目線です。

それは、「見下す」よりは「見下さないといけない」というもので、日本はいつでもどこでも韓国より劣等な存在でなければなりません。それが「正しい」ことだと韓国では認識されています。

この考えは昔も変わりませんでした。しかし、極めて一部、韓国人の頭の中の日本と現実の日本の差を警告する人たちはいます。

1475年、王に「日本と喧嘩してはいけません」と遺言を残した人がいます。今日は彼の遺言を紹介しましょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この記事は2012年4月、東北大震災の1年1ヶ月後の朝鮮日報の「一事一言」というコーナーに載っているものです。

<・・(東北大震災のことで)韓国人たちはひそひそ話に盛り上がる。もう日本は終わった、日本を学ぶ必要などない、と。振り返ってみると、3・11以前にも韓国人は日本に対して同じことを述べていた。いまは米国と中国の世紀だから、日本を学ぶ必要はない。政治・経済的に没落して放射能まで汚染された日本を何しに研究するのかと、真顔で聞く人が少なくない。

私は(記者は)このように答える。そのような話は、日本の将来に関する韓国人の希望を反映したもので、現実とは乖離があると。たとえ日本が極東の小国に転落しても、私たちが生きている間、日本が東アジアで完全に存在感を喪失することは起こらないだろうと。国力の大小にかかわらず、日本は中国とともに韓半島の歴史に影響を与える「常數(常に考慮すべき要因)」であることに変わりはない。

「懲毖録」の最初の部分は、申叔舟(シン・シュクジュ)が成宗(当時の朝鮮王)に「日本との和親を失ってはなりません」と遺言を残す逸話が載っている。当時、日本の国力は中国と比較にならないほど弱く、朝鮮との関係は比較的安定であった。しかし、安心せず、常に日本を観察し、平和を維持しなければならないというのが申叔舟が伝えたかったことであろう・・>

http://v.media.daum.net/v/20120427032907101

 

私が知っていることに間違いが無ければ、ですが・・この遺言、詳しくは「日本と失和してはなりません」です。王が「何か残したいことがあるのか」と聞くと、申さんが「日本と失和してはなりません」と答えました。すなわち「日本と喧嘩してはなりませんぞ」、と。

申叔舟は1475年に他界したとなっていますから、この遺言を残したのも1475年だとすると・・すでに日本の国力は朝鮮よりずっと強くなっていました。しかし、朝鮮は実際の国力の差を認識せず、日本を見下していました。そのことで、申叔舟は「日本と喧嘩するなよどうなってもしらないぞ」と言いたかったのでしょう。つか、名のある文官としての人生を送った彼が、わざわざ遺言でこんなことを言ったとは。いったい朝鮮の日本観ってどういうものだったのでしょうか。

申叔舟が死んでから約540年が過ぎた今でも、世界で日本を見下すのは韓国人だけだと言われています。韓国人の頭の中では、そうでなければならないからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“頭の中の日本” への81件の返信

  1. 当時はともかく、今、本当に見下してるのかな?
    見下したくて、見下そうとして失敗して、惨めになって、癇癪起こして、喚き散らしているだけじゃない?
    どう見ても3ランクくらい日本より韓国は下の国だよ。

  2. シンシアリーさんの頭の中の日本と実際の日本に変化はありますか?

  3. 無理だな〜
    なんせ、この時代ですら水車無かった(必要性が無かった?訳でもないハズです)訳でしょう。
    歴史を見直せば、多くの教訓があるのですがね。(日本人は変態ヲタク気質の為に、たくさん記録を残すのですけどね。)
    そのうち
    「アンゴルモア」とか読んで、「こんな訳あるかー!!」と抗議が出版社とかにF5攻撃とかすんのかな。
    変なフラグ立ったらすまん

  4. それはそれで良いと思います。

    加えて地理的要因と中華思想の影響も有るのではないかと思います。

  5. 個人的には、韓国人が「もう日本は終わった、日本を学ぶ必要などない」と思ってくれたほうが、都合がいいんですが。

    しかし韓国人は、口でもアンケートでも、「もう日本は終わった、日本を学ぶ必要などない」と大半は言いますが、実際にそう思っている韓国人はすごく少数だと思います。

    韓国人が「もう日本は終わった」と本当に思っているなら、そんなことはいわなくていい筈ですからね。

    「日本は韓国人差別の国、もう終わった国、放射能汚染の国」と言い卑下しながら、韓国人旅行者は押し寄せてくる。

    韓国人が世界中で日本を卑下し、野蛮な下の国にしようとするのは、日本が韓国人の視線から見て、下の国じゃないからなんですよ。

    日本が上にいるから、韓国人は日本を引きずり降ろそうとするんですね。

  6. 彼らにはそれでいいのではないですか?
    日本も南朝鮮など見ていませんし…
    諸悪の根源の害務省もようやく「最も重要な隣国」という形ばかりの表現をやめたことですし…

      1. 日本と韓国(ROK)はお互いに最も重要な隣人です。東アジアにおける平和と繁栄の確保には、日韓の良好な関係が不可欠です。日本は、より広い視野から、政治、経済、文化などのあらゆる分野において、韓国との将来的かつ多面的な関係を構築するために着実に努力する。

        英語版をGoogle翻訳です。「重要」は残ってますね

  7. >ご存知、韓国は日本を評するにおいて、いつも上から目線です。


    その事を当時の日本人がどう見ていたかですよね?

    朝鮮通信使の絵を見てください。
    (朝鮮側には絵を残すだけの余裕はもちろん無いですw)

    日本側の朝鮮通信使の絵は、日本人がいつも笑っています。
    個人的に面白いなと思うのは、子供が通信使に書(今で言うサインかな)を求めてる図です。
    笑い堪えてる感じ。

    通信使の馬術の絵も女・子供が前方で、後方の武士はよそ見してます。

    結果が、例の通信使を模したお祭りになってるんでしょう。(個人的には、チンドン屋の起源ではないかと疑っています。)

    日本人って、表情を表わさないと西洋人からは思われていた時代もありました。

    1. 恐ろしいのは
      通信使の絵には「異常」に笑ってる日本人が多いことを
      全く指摘しない日本の専門家だよ。

      同じ事を地方の小藩のサムライにしたら、どーなるかも分かってるだろうに

  8. だから○○は嫌われる・・・(笑)
    彼の国に「姿見」は無いのでしょうか?
    ああ・・・あるから整形するのか。(笑)
    でもね、表面だけ取り繕っても中身がダメなら、それはすぐ見破られるんですよ。(笑)
    そういう小手先だけの事を延々と続けて悦に入ってるんだから、もう”救いようが無い”ですね。

コメントは受け付けていません。