頭の中の日本

ご存知、韓国は日本を評するにおいて、いつも上から目線です。

それは、「見下す」よりは「見下さないといけない」というもので、日本はいつでもどこでも韓国より劣等な存在でなければなりません。それが「正しい」ことだと韓国では認識されています。

この考えは昔も変わりませんでした。しかし、極めて一部、韓国人の頭の中の日本と現実の日本の差を警告する人たちはいます。

1475年、王に「日本と喧嘩してはいけません」と遺言を残した人がいます。今日は彼の遺言を紹介しましょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この記事は2012年4月、東北大震災の1年1ヶ月後の朝鮮日報の「一事一言」というコーナーに載っているものです。

<・・(東北大震災のことで)韓国人たちはひそひそ話に盛り上がる。もう日本は終わった、日本を学ぶ必要などない、と。振り返ってみると、3・11以前にも韓国人は日本に対して同じことを述べていた。いまは米国と中国の世紀だから、日本を学ぶ必要はない。政治・経済的に没落して放射能まで汚染された日本を何しに研究するのかと、真顔で聞く人が少なくない。

私は(記者は)このように答える。そのような話は、日本の将来に関する韓国人の希望を反映したもので、現実とは乖離があると。たとえ日本が極東の小国に転落しても、私たちが生きている間、日本が東アジアで完全に存在感を喪失することは起こらないだろうと。国力の大小にかかわらず、日本は中国とともに韓半島の歴史に影響を与える「常數(常に考慮すべき要因)」であることに変わりはない。

「懲毖録」の最初の部分は、申叔舟(シン・シュクジュ)が成宗(当時の朝鮮王)に「日本との和親を失ってはなりません」と遺言を残す逸話が載っている。当時、日本の国力は中国と比較にならないほど弱く、朝鮮との関係は比較的安定であった。しかし、安心せず、常に日本を観察し、平和を維持しなければならないというのが申叔舟が伝えたかったことであろう・・>

http://v.media.daum.net/v/20120427032907101

 

私が知っていることに間違いが無ければ、ですが・・この遺言、詳しくは「日本と失和してはなりません」です。王が「何か残したいことがあるのか」と聞くと、申さんが「日本と失和してはなりません」と答えました。すなわち「日本と喧嘩してはなりませんぞ」、と。

申叔舟は1475年に他界したとなっていますから、この遺言を残したのも1475年だとすると・・すでに日本の国力は朝鮮よりずっと強くなっていました。しかし、朝鮮は実際の国力の差を認識せず、日本を見下していました。そのことで、申叔舟は「日本と喧嘩するなよどうなってもしらないぞ」と言いたかったのでしょう。つか、名のある文官としての人生を送った彼が、わざわざ遺言でこんなことを言ったとは。いったい朝鮮の日本観ってどういうものだったのでしょうか。

申叔舟が死んでから約540年が過ぎた今でも、世界で日本を見下すのは韓国人だけだと言われています。韓国人の頭の中では、そうでなければならないからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“頭の中の日本” への81件の返信

  1. 19世紀のイギリスでは戦争をすることが貴族の権利だった。
    そこから裕福な者には社会貢献することが義務があると考える習慣外国人身に付いた。

    韓国では何かを見下す事が教養の証であり、強さの証明なんだよ、きっと。
    そこから日本人を見下す事がエリートの証明みたいになってるんだよ。
    体のいい踏み絵にしてるんだろ。

    彼等は最下層の中国人だから。

  2. 日本はこれまで、中国と戦い、ロシアと戦い、アメリカと戦って、大変な思いをして、今の日本を築き上げてきたわけです。おまけに韓国や台湾の面倒まで見て。

    どこの国とも戦わずして、大国の着物の裾にしがみついてきた韓国なんか相手にもならないし、問題外。ヤドカリは一生ヤドカリ。

    人の国に来て、内政干渉どころかデモまでして、何を喚こうがもう日本人にはバレバレ。

    そもそも、パソコンのCPUを最初に開発したのは嶋さんという日本人だし、彼がいなければ、インテルもマイクロソフトも韓国ご自慢のサムスンだって存在しない。

    そんな現実を知ってか知らずか、ただただ日本を貶めるだけの中国や朝鮮半島に永遠に未来は来ないと私は確信しています。

  3. 朝鮮人の無能さに輪をかけて無知に至らしめる素晴らしい上から目線の高さには益々上を目指して頂きたいですね。

    遠く見えない高さ迄上り詰めて、日本とは全く違う人の集まりと一目瞭然と成れば益々宜しいでしょう。

    同じ人と思う所から改むるに必要でしょう。

  4. ルイス・フロイスのローマへの報告に、豊臣秀吉に謁見に来た朝鮮使節があまりに見すぼらしい姿なので、京都の人々が笑い物にしていたという記述があります。
    京都の人々が、観念的な理由でなく、現実に見たものを根拠に判断しているのが、注目するべき所です。
    その頃にはかなりの経済的基盤の落差があり、価値観が形成されていた。けっして「朝鮮ノ進ンダ文化」に憧れてはいなかった事を示してます。
    後代、朝鮮通信使は「日本人は我が国の進んだ文化を求めてます」と報告しますが、上のものを喜ばせるために、作った虚報であった事でしょう。

    その頃から日本の発展を知っていたけど、「いやー、行って見たけど日本ってカスな国でしたよ。アッハッハ」と言う話に頼り切って安心してたんでしょうね。今みたいに。

    1. 時代は下りますが、日東壮遊歌は必見ですね。朝鮮使節が日本の大阪・京都・江戸の町をみていて嫉妬爆発させてましたねw

  5. 先日、車の中から歩道を観ていたら、噂に聞く両班歩き(多分)をしているおじさんを視たんですが、なんでしょうあれ、やはり自分は両班の子孫だと言うのは未だにブランドなんでしょうかね。

  6. 見下すなら、それでも良い。なんでそんな国に働きに来るんだよ。認知と行動を一致させられないから国中が心を病むんだよ。

  7. 「見下す」のは華夷秩序からの考え方でしょ、清と日本が関わりを持つようになった頃はまだ日本も気概があって、

    清が日本を見下して「足袋が豚の足の様だ」なんて評すれば、おまえらの弁髪も「豚のしっぽみたいだろ」
    清が「倭寇」と言えば、お前らも「元寇」だろうがと
    言い返したましたが・・・
    日本が気概を失ったのが原因のひとつかもしれませんね

  8. 韓国は、上にいる日本を見下すために、逆立ちをするのか。それとも、色鏡を使っているのか。

  9. 中華思想にどっぷり首までつかった朝鮮の王朝と両班が日本を馬鹿にするのはまだわかるんです。日本は朝鮮と違って儒教国家では無かった。男女混浴なんて儒教からいったら外道だろうし、いいとこ同士で結婚もするし、親が死んでも3年間喪に服すなんてこともしなかった。
    でも儒教を極めことが正義だと考えていた朝鮮の両班達が日本を馬鹿にするのはわかるんだけど、両班がまともに相手しなかったと思われる朝鮮の良民や農民や白丁や奴婢みたいな下の階層の人達まで日本を卑下していたのが不思議です。両班は下の階層の人に日本人が賤しい民族だと教えていたのかな?って。
    そして農民や白丁や奴婢までもが苛烈な暮らしの中で「下には下がある」と日本人を見下して優越感に浸っていたのかな?
    と思ってみたり。

    なんで日本人蔑視する考えが朝鮮民族の中にそんなに浸透していたのかな?って。

    1. 昔の日本人に対する野蛮人というイメージは平気で裸になるということがあるとどこかで読んだような気がします

      朝鮮に比べてはるかに蒸し暑い気候が影響しているでしょうが日本では裸は普通でした

      きっと俺たちはあんな野蛮人とは違うと思ったのでしょう

      1. 欧米人は子供でも、公園でもTVドラマでも映画でも、直ぐ上半身裸に成りますよね。毛橙はやっぱり野蛮人だと思いますよ。

    2. >朝鮮の良民や農民や白丁や奴婢みたいな下の階層の人達まで日本を卑下していたのが不思議です。

      彼等は俗物なんじゃないかな。
      スノッブ、つまり気取り屋なんだと思う。
      自分が潰れる事から逃れる為に何かを見下さないと耐えられない。
      その対象が台湾だったり日本だったり。
      その為に中国人を気取って周辺国を見下す事が精神武装だったんだと思う。

    3. 当時の下層階級は、「朝鮮の現実」以外を知る術がありません。
      字も読めず、風聞もごく僅か。
      多分、外の世界を想像することさえ難しかっただろう、と容易に想定できます。

      そういう人たちが「お偉い」両班様に「お前らは、我々によって『文明の庇護の下』にあるから、野蛮人ども、例えば裸で暮らし魚を生で喰らう倭人より、幸せなのだ」と言い聞かせられれば、信じ込んでしまうでしょう。両班の中にも、慈悲深い人はいて、親切にそう教えてくれたでしょうから。

      つまり「倭人というもの」が何だか分からないけど、とりあえず蔑視します。
      今も、構図は同じですね。両班を「マスコミ」や「大学教授」に置き換えると…。字も読めないし…。

      ついでに言っておけば、普通の両班は、下層民が「そんなことを考えること自体」を、許しませんでした。

  10. 申叔舟は1443年に通信使として日本に派遣され、京都に来ているのですね。当時はまだ南朝と北朝に分かれて各地で戦争をしていた時期。今の韓国人なら日本は終わったと言うところでしょう。しかし集賢殿に入るだけの頭脳の持ち主。日本とのいい関係は朝鮮にとって重要だと考えた。儒学者なのに小中華思想に染まらなかった。かつての百済・伽耶と同じ政治リアリズムに立った。首陽大君(後の世宗)のクーデターでは功臣となったのは単なる儒学者ではなく、政治リアリズムを身につけていたから。世宗・文宗・端宗・世祖・成宗と5代の王に仕え、政治の枢要にあったことは彼の政治家としての能力の高さを示す。
    今の韓国の政治家に申叔舟のような人物はいませんね。保守・進歩に関係なく反日一色だもの。

コメントは受け付けていません。