頭の中の日本

ご存知、韓国は日本を評するにおいて、いつも上から目線です。

それは、「見下す」よりは「見下さないといけない」というもので、日本はいつでもどこでも韓国より劣等な存在でなければなりません。それが「正しい」ことだと韓国では認識されています。

この考えは昔も変わりませんでした。しかし、極めて一部、韓国人の頭の中の日本と現実の日本の差を警告する人たちはいます。

1475年、王に「日本と喧嘩してはいけません」と遺言を残した人がいます。今日は彼の遺言を紹介しましょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この記事は2012年4月、東北大震災の1年1ヶ月後の朝鮮日報の「一事一言」というコーナーに載っているものです。

<・・(東北大震災のことで)韓国人たちはひそひそ話に盛り上がる。もう日本は終わった、日本を学ぶ必要などない、と。振り返ってみると、3・11以前にも韓国人は日本に対して同じことを述べていた。いまは米国と中国の世紀だから、日本を学ぶ必要はない。政治・経済的に没落して放射能まで汚染された日本を何しに研究するのかと、真顔で聞く人が少なくない。

私は(記者は)このように答える。そのような話は、日本の将来に関する韓国人の希望を反映したもので、現実とは乖離があると。たとえ日本が極東の小国に転落しても、私たちが生きている間、日本が東アジアで完全に存在感を喪失することは起こらないだろうと。国力の大小にかかわらず、日本は中国とともに韓半島の歴史に影響を与える「常數(常に考慮すべき要因)」であることに変わりはない。

「懲毖録」の最初の部分は、申叔舟(シン・シュクジュ)が成宗(当時の朝鮮王)に「日本との和親を失ってはなりません」と遺言を残す逸話が載っている。当時、日本の国力は中国と比較にならないほど弱く、朝鮮との関係は比較的安定であった。しかし、安心せず、常に日本を観察し、平和を維持しなければならないというのが申叔舟が伝えたかったことであろう・・>

http://v.media.daum.net/v/20120427032907101

 

私が知っていることに間違いが無ければ、ですが・・この遺言、詳しくは「日本と失和してはなりません」です。王が「何か残したいことがあるのか」と聞くと、申さんが「日本と失和してはなりません」と答えました。すなわち「日本と喧嘩してはなりませんぞ」、と。

申叔舟は1475年に他界したとなっていますから、この遺言を残したのも1475年だとすると・・すでに日本の国力は朝鮮よりずっと強くなっていました。しかし、朝鮮は実際の国力の差を認識せず、日本を見下していました。そのことで、申叔舟は「日本と喧嘩するなよどうなってもしらないぞ」と言いたかったのでしょう。つか、名のある文官としての人生を送った彼が、わざわざ遺言でこんなことを言ったとは。いったい朝鮮の日本観ってどういうものだったのでしょうか。

申叔舟が死んでから約540年が過ぎた今でも、世界で日本を見下すのは韓国人だけだと言われています。韓国人の頭の中では、そうでなければならないからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

174+

“頭の中の日本” への81件の返信

  1. >世界で日本を見下すのは韓国人だけだと言われています。

    これも韓国が自分で言っているんだよね
    韓国マスコミ見ているとよく出てくるフレーズ
    自慢なんだね

  2. >韓国人の頭の中の日本と現実の日本の差

    在日朝鮮人・韓国人の頭の中の韓国と現実の韓国の差ってどうなんだろう。
    ソウルでは高層ビルや高層アパートが林立し、テレビ、スマホ、半導体、自動車など工業製品でで世界を席巻し、韓流ドラマやKポップが東南アジアで大流行している姿を見て、韓国に帰りたいとは思わないものだろうか。

  3. 日本人を含む一般的な人々にとっては、「理想」とは「実現するために目指すべきもの」です。現実ではないし、不可能かもしれない。けど、それに少しでも近づけるよう努力する、そんな目標となるものです。

    しかし、韓国人は違うのでしょうね。彼等にとっては「理想」はイコール「現実」なんでしょう。理想と現実が衝突すれば、彼等は躊躇なく現実を否定する、歪曲し改竄し捏造する、精神勝利に逃げる。

    だからこそ、韓国人は進歩も発展も改善もしないのでしょう。理想に向けての努力をしないのですから。彼等の理想は常に実現しているのだから当然です。

  4. 日本をフラットに評価する専門家だってどの時代にもいる。
    でも支持されるのは日本を見下す方法を編み出す専門家。
    選択肢不在の情報偏向ではなく主体的な取捨選択の結果で、
    過去も現在も日本分析を欲する人が少なかったのでしょう。

    日本を見下す。日本が野蛮な存在に。野蛮な日本は危険。
    脅威に直面した時、脅威を過小評価するという習性は
    人間に精神衛生上備わる防衛機構ってやつでしょうか。
    危険な日本への不安を解消するため日本を見下さなければ
    ならなくなるという無限ループが発生してると思われます。

    脅威の過小評価はパニックになるよりマシなんだけど、
    韓国は常にパニック状態だからただデメリットしかない。
    現実の危険の兆候を無視して「後頭部を殴られる」が
    頻発しちゃってるのは日本相手に限った話でもないし。

    1. >日本分析を欲する人が少なかった

      いやいやいや、韓国では新聞からして、日本分析がいっぱいですよ。
      もっともこのように、大半頓珍漢に間違っているんだけど。

      1. 分析という言葉の定義や範囲も広いですからね。ただ
        高次の解析に進むアマチュアが育たなかったのは確か。

        マスメディアの論調は不完全と感じる人が少数でもいれば
        ネットに議論の土壌が生まれたり専門の書籍が売れるなり
        そういった社会変化が起こるのが自然な流れなのですが。

        権威者のレベルを評価する市民がいないと言うべきか。

  5. 韓国という国の頭の中は、日本への関心でいっぱいなんですよ、まるでストーカーみたいに。
    いっぽうで(一般的な)日本人は韓国への関心がまったくない。

    だから韓国人は、日本でKPOOPが大人気だと喜び、日本の会社へ国をあげて就職しようとする。
    日本のテレビ番組を見て、それをパクリ新番組として放送する。

    韓国人はその民族優越思想から、日本を下に見るように要求されていますが。
    実際にどちらが上かははっきり理解しているんです。その事実が、韓国人を世界中で卑日へと駆り立てるんです。

    1. 七誌殿の常套句「韓国は上、日本は下」が韓国人の脳内幻覚であることを認めましたね。
      「実際にどちらが上かははっきり理解しているんです。その事実が、韓国人を世界中で卑日へと駆り立てるんです。」
      世界中が、韓国人の異常な脳内幻覚を嘲笑しています。
      ただし一部の韓国利権屋と七誌殿を除いて。

  6. ミミズク岩から見下ろす景色は最高だろう、さあ飛ぼうニダ。

  7. 申叔舟ですか、『海東諸国記』の著者ですね。
    『海東諸国記』は、日本でも岩波文庫で出ています。(今は絶版かな?) はっきり言って、なかなか素晴らしい本です。
    細かい間違いはありますが、大まかには日本を客観的に紹介する、外交官向けのガイドブックのような本であり、歪んだ先入観を排除した本です。
    当時の琉球の言葉も簡単に紹介されていて、今の沖縄方言とかなり近い事が分かるというのも、読者としては有難い本です。

    韓国人としてマズいのは、「韓国の領土」であるはずの対馬が「日本国対馬島」として紹介されているのは、隠したいかも。(笑)

    それより100年ぐらい前に宋希(「王」へんに、「景」)によって書かれた、『老松堂日本行録』の方が、これも貴重な記録だが、日本への偏見が満ちています。(笑) こちらは、日本人を数える時に、「一倭あり」という感じ。
    日本は8世紀初頭まで公式に「倭」を「ヤマト」と呼んで国号としていたぐらいなので、そういう記述で、「なるほど、倭とは蔑称なのだな」と分かります。まあ蔑称だから、「日本」と書き換えて「ヤマト」と訓読みする事にしたのでしょうけど。(西暦712年から、720年の間の頃に。)
    そちらは、「応永の外寇」(朝鮮による対馬襲撃)後の対応をめぐる本ですが、面白いなあと思ったのは、京都で室町幕府(将軍足利義持)との文書交換の際に、朝鮮側は明朝の元号を使った。すると室町幕府から、「それは困る。こちらも独自の元号を用いているのだから、そっちも独自の元号で記してもらわないと」と言ったら、「朝鮮は蛮夷ではないのだから、大明の正朔を奉じている。独自の元号などと野蛮な事は出来ない」と強硬に突っぱねたという記載。あれはなかなか朝鮮らしい理屈だと思います。

    申叔舟に話を戻せば、15世紀後半と言えば日本も室町時代で、確かに室町幕府は日本の統一政権というには弱過ぎたというのはあります。しかも、応仁の乱末期、すでに戦国時代です。
    総合国力としては、さすがに韓国人学者でも「すでに10世紀ごろには日本が上だった」という人もいますが、当時、政治に関心を失って戦乱をよそに道楽に耽っていた将軍足利義政の頃ですから、朝鮮が国家としての日本を恐れる必要は無かったころだとは思います。(なので、申の記述にも、日本の守護大名についての記載が実に詳細。)
    強いて言えば、倭寇の取り締まりは誰に言えばいいのか?という問題でしょうか。(とは言え、実はそのころすでに倭寇は、朝鮮の『世宗実録』の1446年についての記載にあるように、「倭寇と言っても、倭人は一、二割に過ぎず、他は我が国の民が倭人の格好をして偽装しているに過ぎない」と書かれていたように、朝鮮人倭寇の割合が高かった事が窺えますが。)

    話は逸れましたが、とにかく『海東諸国記』のように、客観的なガイドブックがあったにもかかわらず、はなからイデオロギーや固定されたイメージで勝手に決め付けをしてしまう韓国人のクセは、今も昔も変わっていないなと思います。

    で、いつも思うのですが、韓国人は、そういう昔の自分らの祖先が書いた本を、本当に大切にしませんよね。
    『三国史記』にしろ、『高麗史』にしろ、『朝鮮王朝実録』にしろ、『海東諸国記』にしろ。

    1. まぁ 半島は 歴史の事実は 隠したいし 消して リセットするからね
      教養 品性が 育ちにくい。

  8. 韓国人が日本人を見下している、という話題がでるたびに、いしいひさいち先生の「地底人を罵る最低人」というネタが思い浮かびます。

    1. 懐かしいの〜 最近 漫画から 足が遠のいたので お元気ですか?
      いしいさん。

  9. 紛れもない「親日派」です。
    申叔舟の子孫を草の根分けても探し出し、一族郎等の全財産を剥奪し、後ろ手に縛り上げて晒し者にしなければなりません。

    ブラックジョークのつもりで、こう書いてるけど…文政権(と、その後継者)は、そのうち、本気でやるかもなあ。

  10. 華夷秩序に属する身として常に日本の上位であらねばならない。
    この時点で歪んでるけど競争意識を持つこと自体は悪くない。

    なら、理想に近づくため自分を高める努力を国ですればいい。
    そのために何すりゃいいのか考えるのは大変かもしれないけど
    政治や教育でやれること、やるべきことはたくさんあるはず。
    けど、日本を引き下げ(卑下)るという手段を選びたがる。

    見下せば面倒な努力をしなくて済みますからね。実に合理的。
    その前に理想を捨てたほうが楽になれると思うんですが……。
    日本に無関心になってストレスためない生き方するよりは
    反日でストレスを溜めて発散する娯楽を選んじゃうのかな。

    1. 納得出来る コメでございます。
      短略的思考で、現状突破行動 (または、火病とも言うけど)する韓国人

    2. 朝鮮特有なんですよ。

      自立した国の場合、上か下かを判定するのは自分自身(神に仮託することもありますが)や現実です。特に敵対国の国力の判定ミスは生死に関わります。
      ところが朝鮮の場合、上か下かを判定するのは中国(皇帝)なのです。中国から下賜された理想は判定基準ですから捨てられません。

      しかし生存戦略としては朝鮮は正しかったのです。
      結局、日本に喧嘩を売られた時に守ってくれたのは中国だったのですから。
      独力でどんなに頑張っていたとしても”秀吉”は防げませんでした。敵は世界レベルでチートだったのだから。
      (それにしても、朝鮮の周りは日中蒙米露とチート揃い。険しい山も河もない地勢ではどうしようもありません。民族が生き残ったのは凄いことです。)

      1. >mottonさん

        まったく逆です、朝鮮人は、日本と中国の間にあったからこそ生き残ったんですよ。
        どちらかしかいなければ、滅亡しているでしょうね。

        1. 中国だけなら滅亡しているかもしれないが、日本は関係ない。

          アメリカはその東アジアの地政学を理解していなかったから、朝鮮戦争で中国の参戦を想定できなかった。

    3. いくら競争意識を持ったところで、日本には敵わないし追い付けもしないんですよ。
      だから韓国人が日本を越えようとする努力はすべてムダになる。

コメントは受け付けていません。