頭の中の日本

ご存知、韓国は日本を評するにおいて、いつも上から目線です。

それは、「見下す」よりは「見下さないといけない」というもので、日本はいつでもどこでも韓国より劣等な存在でなければなりません。それが「正しい」ことだと韓国では認識されています。

この考えは昔も変わりませんでした。しかし、極めて一部、韓国人の頭の中の日本と現実の日本の差を警告する人たちはいます。

1475年、王に「日本と喧嘩してはいけません」と遺言を残した人がいます。今日は彼の遺言を紹介しましょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この記事は2012年4月、東北大震災の1年1ヶ月後の朝鮮日報の「一事一言」というコーナーに載っているものです。

<・・(東北大震災のことで)韓国人たちはひそひそ話に盛り上がる。もう日本は終わった、日本を学ぶ必要などない、と。振り返ってみると、3・11以前にも韓国人は日本に対して同じことを述べていた。いまは米国と中国の世紀だから、日本を学ぶ必要はない。政治・経済的に没落して放射能まで汚染された日本を何しに研究するのかと、真顔で聞く人が少なくない。

私は(記者は)このように答える。そのような話は、日本の将来に関する韓国人の希望を反映したもので、現実とは乖離があると。たとえ日本が極東の小国に転落しても、私たちが生きている間、日本が東アジアで完全に存在感を喪失することは起こらないだろうと。国力の大小にかかわらず、日本は中国とともに韓半島の歴史に影響を与える「常數(常に考慮すべき要因)」であることに変わりはない。

「懲毖録」の最初の部分は、申叔舟(シン・シュクジュ)が成宗(当時の朝鮮王)に「日本との和親を失ってはなりません」と遺言を残す逸話が載っている。当時、日本の国力は中国と比較にならないほど弱く、朝鮮との関係は比較的安定であった。しかし、安心せず、常に日本を観察し、平和を維持しなければならないというのが申叔舟が伝えたかったことであろう・・>

http://v.media.daum.net/v/20120427032907101

 

私が知っていることに間違いが無ければ、ですが・・この遺言、詳しくは「日本と失和してはなりません」です。王が「何か残したいことがあるのか」と聞くと、申さんが「日本と失和してはなりません」と答えました。すなわち「日本と喧嘩してはなりませんぞ」、と。

申叔舟は1475年に他界したとなっていますから、この遺言を残したのも1475年だとすると・・すでに日本の国力は朝鮮よりずっと強くなっていました。しかし、朝鮮は実際の国力の差を認識せず、日本を見下していました。そのことで、申叔舟は「日本と喧嘩するなよどうなってもしらないぞ」と言いたかったのでしょう。つか、名のある文官としての人生を送った彼が、わざわざ遺言でこんなことを言ったとは。いったい朝鮮の日本観ってどういうものだったのでしょうか。

申叔舟が死んでから約540年が過ぎた今でも、世界で日本を見下すのは韓国人だけだと言われています。韓国人の頭の中では、そうでなければならないからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

174+

“頭の中の日本” への81件の返信

  1. 日本を使って精神的なバランスをとっているだけに見えます。
    ただ、朝鮮民族にとって精神的世界が形作る主観的認識が対応すべき現実な状態で、必然己を包括する外のそのまた外からの俯瞰した視点や客観的視点は必要無く、自分の脆弱さや邪悪な衝動に対して気付けないようになっている。

  2. >それは、「見下す」よりは「見下さないといけない」と
    >いうもので、日本はいつでもどこでも韓国より劣等な存
    >在でなければなりません。

    シンシアリーさんのこの説明はショッキングですよ。
    これは韓国人が明確なレイシズムをしているということですから。
    ぜひ、世界にこの事実を広報してほしいです。

  3. 白村江の戦いって日本人は習うので、???といった感じ。

    あの時代に半島で代理戦争を行った日本と舞台となった当時の朝鮮の差は明らかでしょう。

  4. その後、1800年頃に朝鮮王国史上、屈指の実学者とされるチョン・ヤギョンが日本論という文章で、「今や日本の方が学問が進んでしまった。恥ずかしい」と書き、さらには20世紀には植民地になり、その指導のもとで近代化が始まり、戦後は日本の援助のおかげで何とか一人前の体裁を保てるようになった。

    その国の子孫が、ウリミンジョクは昔から優秀で、劣等民族である倭人どもに先進文化を教えてやった、などと言って見下した態度をとる。

    だいたい植民地の方の人間が旧宗主国の人間を見下すなどというのは、多分、世界で例がないでしょう。

    何回同じ間違いをしても反省なし。論理的思考の出来ない前近代的な思考様式。本当に、われわれ日本人は大変だと思います。

    1. >名無しの権兵衛
      >その後、1800年頃に朝鮮王国史上、屈指の実学者とされるチョン・ヤギョンが日本論という文章で、「今や日本の方が学問が進んでしまった。恥ずかしい」と書き、さらには20世紀には植民地になり、その指導のもとで近代化が始まり、戦後は日本の援助のおかげで何とか一人前の体裁を保てるようになった。

      朝鮮民族が、もっとも認めたくない歴史認識として
      高麗と朝鮮は、唐、随、宋、元、明、清の属国であり
      独立国だった時代が全くないという事実であり
      その一方で日本は古来より独立国であり、悠久の過去から21世紀の現在にまで
      (中国の軍隊に、日本の土地を踏ませたことが一度もない)
      その逆に、中国の土地を日本の軍隊が侵略して、上海には日本の租界があり、
      青島を日本の植民地としていた過去がある。
      (19世紀の清は西洋列強に、虫食い状態の半植民地状態にされていて、
      ドイツが武力で青島を征服したのを第一次世界大戦の戦利品として、日本の植民地に変えられていた)

      1820年にチリのアタカマ砂漠で、大量の火薬原料の大鉱床が発見されるまでは、イギリスもスペインも火薬の原料を清から輸入するため清の従属国としての礼をとっていた(西洋人は礼を知らない野蛮人であるからとの理由で三跪九叩頭礼は免除されていた)
      韓国は、自分たちもイギリスやスペインと同等に、あくまでも貿易目的の従属国の儀礼であり
      実質は対等な国だったとうその歴史を自国民に学校で教えている。(戦争敗北の属国であり、日本のおかげで独立するまで、貢物以外にも戦争賠償金を毎年支払わされ続けていた)

      ここの歴史認識というより、歴史的事実が韓国人には「あーあー!聞こえないー」状態なんですよね

      1. 陳 舜臣の「阿片戦争」など読むと、悔しい!との感じがありますね
        「清にも優秀な人材が居たのに」との
        日本生まれですが中国人なんだとな感じさせる部分も
        韓国人はもっと強烈で「属国」であった事を消去する方向なんでしょうかね

  5. 国王は申さんの忠告を受け入れなかった。
    大統領はシンさんの忠告を聞いてくれるでしょうか。

  6. 見下すだけなら、まあご勝手にと思います。
    しかし、韓国はその見下した相手に何度も集ったり、欧米で評価されるようになった様々な日本文化(ソメイヨシノ・茶道・侍・etc.)をウリナラ起源と言い出したり、根も葉もない日本の悪口を世界中に喧伝し回るだけでなく、そういった活動を国を挙げて称賛し、そのくせ韓国が経済危機等に陥ると「昔酷いことをした日本がウリナラを助けるのは当然、礼なんか言わないニダ」という態度。

    そういったことが「嫌韓」を拡大させているんですよねぇ… ハァァ…(溜息) 
    でも、そういった韓国人に怒り続けるのも疲れてくる今日この頃。千年も恨み続ける韓国人のパワーだけは見倣うべき?(笑

  7. 韓国人が論理性を持てないってのは
    こう言う所にも原因があるんでしょうね

  8. ■朱子学の悪い所
    ■奴隷奴婢の悪い所
    あと
    ■時折世界の植民地解放闘争の先頭を走ってるみたいな物言いが見られます。劉少奇が唱えた中共のテーゼです。
    ■戦勝国アメリカの当時の日本を見下す差別感
    もかなりミックスされていると思う。
    ■キリスト教的にはあっと言う間に布教出来た朝鮮が日本より勿論上でしょうし、こういった宣教師欧米人の史観もあるだろう
    こうした各種史観のいいとこ取りでつまみ食いで、全部「善(正義)(聖なる無辜の被害者)」は韓国で「邪悪」は日本。

    1. >名無しさん さん

       それらの混ざり合った結晶が、連合国史観を土台とする「朝鮮民族主義歴史観」なんでしょう。

  9. 上なら目線いいんじゃないですか!
    割れた色眼鏡(市民団体)で見える世界わ?
    日本人の表情・しぐさ・目線・風景ましてや目の前から消えたことを理解できるか

  10. 韓国人の「頭の中の日本」は妄想と捏造、希望的観測でできています。つまり本当の日本ではありません。まあ認めたくないからでしょうが、歪んだ「反日宗教」の名の元で見ているからでしょう。
    なので、本当の意味で「見下す」事は、何一つもできてないのが現実なのです。それが歪んだ異常な性格をもたらし「火病」なる韓国特有の病気に繋がっているとおもっています。

    「見下したい」「見下さなければならない」というのが正解ではないでしょうか?

    日本人は韓国ごときから決して「見下されている」などと感じてもいませんし、ただ滑稽で哀れなだけです。だってリアルに見て、何か一つでも「見下される」ような事が見つけられないからです。そして、日本から韓国をみれば「見下す」というより「見限っている」国です。それはシンさんもでしょ?
    嘘の捏造の国、韓国、自分の国をシンさんは「見限った」
    親の欲目から見てもそうなのだから、他人である日本人は言わずもがなでしょう。
    そういう意味でシンさんは可哀想だと思わざる得ません。
    私は日本人である事が誇りです。
    日本人に生まれて本当に良かった。そう、世界中の人に自慢したいくらいです。(親バカ心理かもですが)

コメントは受け付けていません。