教師、女子高生たちに「日本に勝つために避妊などせずとにかく子を産め」

4日前のニュースですが・・読んでちょっと吹き出しました。たまにはこういうネタもいいかな(いつもこういうネタばかりな気もしますが)と思って、エントリーしてみます。

韓国、ある女子高等学校。

教師が「いいかお前たち、避妊薬を飲まず避妊具も使うんじゃないぞ。子を産むべきなのだ」と熱弁したことが話題になりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

なんでこんな話になったのかというと、自治体の教育庁の調査結果、「日本に勝たないといけない」という趣旨で話して、こうなったみたいです。

「私たちがウェノム(倭奴)に及ばない理由は、子を産まないからだ」というなぞの展開となり、避妊せず子を産めという極論になった、と。

多分、日本に勝たないといけない!と話して、自分で熱くなりすぎた(興奮した?)んじゃないでしょうか。

出産「率」で見ると・・いまは韓国が日本より低いけど、結構長い間、韓国のほうが高かった気がしますが。

http://v.media.daum.net/v/20180413165342550?d=y

 

さすがに韓国でもこういうのが笑いのネタ扱いですが、ある意味、韓国社会そのものが「日本に勝つためにはとにかく噓をつけ」と教えている教育機関みたいなものですから・・・それに比べると、まだかわいい意見なのかもしれません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“教師、女子高生たちに「日本に勝つために避妊などせずとにかく子を産め」” への71件の返信

  1. まあエキセントリックな教師のバカ発言は置いとくとして、

    どこを起点とするかで、全く違う印象になるバカ話ですが、
    一応、東アジアの近代化の起点として、明治維新頃を起点とすると、

    当時の人口の概数、日本3200万人、朝鮮800万人、清4億人

    現在の当時からの大体の比率、日本4.0、朝鮮9.0、中共3.5

    朝鮮民族はむしろ増えすぎの部類ではないかと。

  2. 日本に勝つって・・・?
    何を以て”勝った”というのでしょうか?
    訳が分かりません・・・(笑)

  3. > ある女子高等学校 > 大田某女子高 > 大田女子高校
    まんまやん w

    もしやカソリック系かな と思ったのだけど公立でした.
    1937年創立の歴史ある女子高です.日帝残滓だね きっと

  4. 彼らには興味のない事だろうけど、中国人や韓国人は蔑称にウェノムとか倭寇とかよく言うけど、後期は中国人が多かったんだけどね。ふと思い出し。

  5. 無自覚なセクハラも確かに悪いけど、教師が平気で侮蔑語を発して全く問題にならない社会全体の異常さ。
    その点にいつ気がつくのかね。永遠に無理かな。

    ところで、왜놈も機械翻訳では日本と訳されちゃうんですね。
    日本に及ばない   
    倭奴に及ばない
    えらい違いだと思います。

    倭奴と訳されれば、もっと背景やニュアンスが伝わって、日本で知韓が進むのに。
    こういうニュースのとりあげかたははシンシアリーさんならではだと思います。感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。