トランプ氏「米朝首脳会談で拉致問題を取り上げる」と明言

読売新聞他各紙の報道によりますと、トランプ氏が日本人拉致問題を北朝鮮との首脳会談で取り上げると明言しました。

「安倍首相は17日午後(日本時間18日未明)、米フロリダ州パームビーチでトランプ米大統領と会談し、6月初旬までに予定される米朝首脳会談でトランプ氏が日本人拉致問題を取り上げることを約束した」(読売新聞)とのことです。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180418-OYT1T50009.html

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

また、首脳会談のために北朝鮮とかなり高いレベルでの接触があるとしながらも、もちろんうまくいかないかもしれない(北朝鮮との首脳会談を見送る)可能性も示したと産経新聞が報道しています。

https://www.sankei.com/world/news/180418/wor1804180019-n1.html

また、首脳会談の準備のための話し合いにおいて、ロイターが「トランプが金正恩と直接話した」と報道して韓国では速報扱いでしたが、ホワイトハウスが「(最高位級の話し合いをしているが)それは事実ではない」と話しました。

http://v.media.daum.net/v/20180418084440674?rcmd=rn

 

 

 著書関連のお知らせ 

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

138+

69 Replies to “トランプ氏「米朝首脳会談で拉致問題を取り上げる」と明言”

  1. かつての連中の同胞として申し上げます。
    唯、どんなイリーガルな手段を以てしても、あの血脈を地上から消滅させるべきです。
    「ここまで人間は出来るのか」という話を”内輪の話”としてたくさん聞いてきました。親戚で、かつての帰国運動に騙されて行方不明になった人も少なからずいます。

    また新たな悪魔が出てくるかもしれませんが、一旦この一族は全て消してしまうべきです!

    1. >かつての連中の同胞として申し上げます。

      ぴこさんを帰化された日本人だとお見受けしてお訪ねします。
      前々から疑問だったのですよ。朝鮮半島以外で暮らす
      同胞の中に英雄とその英雄を指示する団体はでないのでしょうか?

      例えば中国では天安門事件のあと、大勢の民主化運動を
      していた学生達は、海外に逃げさって、国外からいまだに中国の民主化運動を続けてます。有名なところではアメリカに本部を置き日本にも支部のある(大紀元)があります。

      彼らはロシアのペレストロイカを参考に、ソ連内部の不満の高まりから、共産党の脱退者が続出し、ゴルバチョフが再構築「ペレストロイカ」を試みて、社会主義→民主化させたわけですが

      血を流す事が革命ではなく、多くの一般大衆に「この支配者ではだめだから、統治者を変えよう!支配体制を改革しよう」と、
      その思想と意識を変えることこそが革命です。

      つまり1人でも1万人でも殺すだけなら単なる殺人者で
      助けを必要としている人を、助けたならば英雄となるわけです。

      金ブタ一族を公職追放して、北朝鮮の政治体制を変えて
      男女共に人生の一番いい時を、徴兵というなの共生労働から解放し、国民は自由に国内外を移動でき、美しい少女は強制的に、
      喜び組に入れられることもなく、絶対権力に怯える事もなく、
      選挙で自分の好きな政治家を選ぶ権利を与えられる。

      これを自分たちの手で行おう。金と力の足りないところは、
      海外から援助を請おう。でも、外国に支配させずに統治は同胞の手で行おう。
      という英雄は、現在、だれも出現しないのですか?
      日露戦争で、ロシアの革命の若者達に日本政府が当時の金で100万円の大金を与えたし、第一次世界大戦では、ドイツがスイスにいたレーニンを秘密裏にソ連に送り込んで、ロマノフ王朝崩壊後の貴族による臨時議会政治を、ぶちこわさせてレーニンによる社会主義国を誕生させました。

      もっといえば、金日成だって、元はソ連の軍人で、国籍もロシア生まれの朝鮮系ロシア人だったのですが、ソ連の援助の元で
      北朝鮮の支配者になりました。

      正直、日本もアメリカも韓国も、北朝鮮内の大勢の人を殺したくないのです。なので「あの血脈を地上から消滅させるべき」といわれても、それに賛同する人達は朝鮮民族くらいかと。
      いやマジでそこまで残酷になれないよ。
      ただし「金ブタ一族を公職追放して、北の同胞に自由を与えたい」というなら、多くの国がよろこんで協力し、朝鮮民族自身の手による革命の手助けをしますよ。

      いないの?だれひとり祖国を解放したいという英雄は?

      1. 自己レス訂正
        >日本にも支部のある(大紀元)があります。
        >彼らはロシアのペレストロイカを参考に、ソ連内部の不満の高まりから、共産党の脱退者が続出し、ゴルバチョフが再構築「ペレストロイカ」を試みて、社会主義→民主化させたわけですが

        (大紀元)はロシアのペレストロイカを参考に、中国内部で共産党の脱退者を増やすべく、文の力で中国人達の思想と意識を変えて、
        中国内部から共産党を崩壊させ民主主義に変えようとしています。
        でした。同胞同士が血を流さない革命が信条だそうです。

    2. >唯、どんなイリーガルな手段を以てしても、あの血脈を地上から消滅させるべきです。
>「ここまで人間は出来るのか」という話を”内輪の話”としてたくさん聞いてきました。親戚で、かつての帰国運動に騙されて行方不明になった人も少なからずいます。
      血を流さないイリーガルな手段であれば、ホンタイジ方式や、武田信玄方式などがおすすめです。
      ホンタイジ方式
      16世紀に日本が朝鮮半島を攻めたときに、例え「民の半分が死んでも、王の一族さえ生き残っている限りは、
      朝鮮王朝は平気!」と、降伏の気配もなかったのに、大清皇帝ホンタイジは、ソウル郊外の山城の仁祖がいる南漢山城を包囲して兵糧攻めにし仁祖は投降、朝鮮を超短期間にて、敵味方の死者の数も極めて少なく朝鮮を属国にした。
      要点 逃げ出した朝鮮王を疎開先で包囲し、食糧不足で苦しめて「土下座して家来になるなら命は助けてやる」といって投降させた。
      武田信玄方式
      実の父親が武田信玄を嫌っていて、弟に大名の座をつかせようとした。が、弟と家来からは人望が厚く、父親を追放して武田信玄を大名にしようといわれた。が、実の父親は殺せないので、親戚に協力してもらい、孫の顔を見に遊びにこい。と、誘い出し(遊びのお誘いだから軍隊を連れずにわずかなお供だけで)でかけさせた。楽しませて返ろうとすると、武田信玄の軍隊が道を全て封鎖して自国領に戻れなくしていた。「親戚の家に隠居部屋を作ってあるので、そこでそのまま隠居暮らしをしてください。私が大名になります」と、父を騙して大名の座を奪った。
      この方法なら、血を流さずに済むかと

      1. 眠り猫様

        仕事で返信が遅くなり申し訳ございません。
        そして、長きに渡って御説を賜り、感謝の意の堪えません(ちょっと日本語ヘンですねw)
        ありがとうございます。

        さて、結論から申します・・・

        いません。
        今後も出て来ることはないでしょう。

        かの民族が何故自主独立を勝ち取ることができないのか・・・?その大きな理由はもう既にあちこちで語られているので、そちらをご参照いただければ宜しいかと思いますので、ここでは市井の視線からみた理由を思いつくまま書いてみたいと思います。
        あくまでも「私見」です。

        ①目の前の事(自分の事)しか見えない。

        ある意味、これが最大にして唯一の理由かもしれません。天下国家を論ずる暇があったらその日の食い扶持を何とかしなきゃ・・・そんな連中です。逆に自分の食い扶持を奪おうとするモノは全て敵である。「ウリ」と「ナム」の関係性ですね。
        とにかく視野が狭すぎるし、大局的にモノを見ようとする発想が皆無ですから、「滅私」に奉ずる人物が出て来ようもありませんし、「仮に」出て来たとしてもその他大勢が傑物の志を理解出来るはずもありません。

        ②他人の足を引っ張ることが大好き

        それ故、建設的な発想というのがありません。
        朝鮮のことわざにもそういうのが確かありましたが・・・
        あの連中ほど派閥争いが大好きな民族はいません。それでも日本統治下でしっかりした教育を受けてきた世代の中には、太平洋戦争終結後に何とか自分達で自分達の国を!と立ち上がる英雄「候補」もいました(例えば呂運亨や朴憲永など)。しかしその「候補」達はことごとく「足を引っ張られて」この世を去っています。自分達の食い扶持が取られるとでも思うんでしょうか?
        1945年8月15日~朝鮮戦争開戦までの朝鮮半島における大混乱の極みがそれを証明していると思います。
        そこから導かれるのが次の・・・

        ③決断力が無い

        これも大きなファクターです。①にも通じることですが、金日成のような権謀術数に走るアジテーターはいても、人心掌握術に長けた優れた「カリスマ」はあの民族には未だかつていません。
        何故か?
        肝が据わっていないからです。
        女々しいんです。度胸が無いんです。
        ect・・・
        事を大きく構えるには、時には自分に大きく(いい意味での)プレッシャーを与えることが必要になってきますが、彼らはリスクの大きさに恐れを為し、逃げることを選択します。

        ・・・・・とまぁ思いつくまま書いてみましたが、自分にもそのDNAがあるのかと思うと非常に複雑な想いです。

        文章力が全く無いなりに、自分の考えを綴ってみました。
        御目汚し、失礼致しました。

    3. 一族の範囲が曖昧ですね。
      多分、金王朝の親戚だけじゃ意味ない気がします。
      そもそも始祖の素性からして胡散臭い家系だから
      神輿の役は誰でも構わないような気がするので。

      おそらく軍上層部を根絶やしにしないと
      頭潰そうと何度でも再生してくるのでは。
      他の支配体制のノウハウも知らないだろうし。

      仮に軍上層部を入れ替えても後進国とかでの
      クーデターみたいに何も変わらないオチも……。

  2. 拉致問題に関しては何度も北朝鮮に騙されて、もう日本政府が交渉しても無駄か、、というところまで来た、と思っています。北朝鮮が核を放棄すれば、日本政府は、カネで解決する、つまり被害者をカネで買い戻すという行動を取りやすくなります。
    カネで解決は不本意でありますし、米国に依存するのも格好悪いですが、長年待っている家族のことを思えば、その道筋をトランプ大統領が付けてくれたらありがたいと思います。今度こそ、と期待して良いんだろうか?と思ってしまいますが。

    1. 朝鮮人相手に、金で解決しようとすれば、金だけ取られるだけですよ。小泉は嘘つきで、それを逆手に取ったけど。
      慰安婦合意で、あなたはそれを学ぶべきだね。

    2. 我が国に侵略して日本人を誘拐拉致し北朝鮮に監禁してる侵略国から日本人を取り戻すには我が軍が北朝鮮に攻め込み奪還するしかない。

      日本に侵略して日本人を殺し拉致監禁して大金を脅し取った誘拐殺人犯南KOREA軍の真似をして
      金をゆすりとろうと我が国に侵略して日本人を拉致監禁した北朝鮮に人質を取り戻すため大金を出せば、ますます北朝鮮軍が日本に侵略して日本人を誘拐拉致監禁しまくりますよ。

  3. 北朝鮮が,非核化にどこまの対応を見せるか だろうなぁ

    南北会談はどうでもいい.既に予定調和路線しかないので,仮に宣言がどこまで踏込んでも米朝会談で覆る.

    人権問題は会談お議題になる.もし,米が引くとしたならココだろう.そのために,一度テーブルに載せるのではないか.

    日本として,拉致問題への姿勢は示した.人権問題とラップするので,先ずは共通目標の非核化を優先させ,非核化に真摯に応じるなら次のステップとなる可能性もある.

    ただし,非核化の対応が不完全ならば,人権問題も合わせて非難の対象となる.この辺は匙加減の駒かも知れない.

    暫く前からCIA主導が顕となってきた.米は軍も使うが作戦計画の中心をCIAと使い分ける場合がある.(例えばソマリアはモガディシュの件以降CIA案件ときく)

    個人的には,ロシアが気になる.ロシアは中国のような面子を気にしないが,政府組織の往来は中国より密に思えるからだ.シリアの件は背景として影響する.それが織り込み済かは判らない.

    ふーむ,どうなるかねぇ

  4. まあ、一部に覚悟を持つ人はいますけどモリカケで盛り上がる人が多いうちは武力奪還とか無理ですね。自分も1940年代の段階で既に先進的とは言えなかった憲法が良いとは全く思いませんけど

コメントは受け付けていません。